デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444367

自己免疫疾患診断:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Autoimmune Disease Diagnostics - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 114 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.76円
自己免疫疾患診断:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 114 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

自己免疫疾患診断市場規模は、2024年に52億1,000万米ドルと推定され、2029年までに68億4,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に5.60%のCAGRで成長します。

自己免疫疾患診断-市場

COVID-19パンデミックの第一波により、世界中でヘルスケアサービスのほぼすべての分野がある程度混乱しました。自己免疫疾患と診断された患者に対するCOVID-19症の悪影響も認識されています。 Autoimmunity Reviewsが2021年10月に発表した記事によると、2020年は2019年と比較してすべての欧州諸国で自己抗体検査数の減少が観察されました。すべての自己抗体検査は13%減少し、その範囲はスイスの1.4%から、米国(ギリシャ)では25.5%。この減少はパンデミックの第1波(2020年 3月から5月)中にすべての国で最も顕著であり、その3か月間で全体で45.2%減少しました。パンデミックの第2波(2020年10月から12月)では、減少はそれほど顕著ではありませんでした(6.8%)。したがって、 COVID-19は市場の成長に大きな影響を与えます。

自己免疫疾患の負担の増大や、技術の進歩に伴う疾患の診断に対する意識の高まりなどの要因が、市場の成長を推進しています。

自己免疫疾患の増加により、自己免疫疾患診断市場の成長が高まると予想されます。 2020年の多発性硬化症アトラス報告書によると、現在、世界中で280万人以上(米国の約100万人を含む)が多発性硬化症を抱えて暮らしています。自己免疫疾患はさらに蔓延しており、欧州諸国にとっては問題となっています。多発性硬化症トラストは、世界中で250万人が多発性硬化症に罹患していると推定しており、2020年に最も罹患率が高かったのは欧州でした。女性は男性よりも多発性硬化症を経験する頻度が高くなります。女性は男性よりも多発性硬化症をより頻繁に経験します。関節リウマチは200万人が罹患している一方、最も一般的な自己免疫疾患の1つである乾癬は、一般人口の2%~3%が罹患していると考えられています。使用率の上昇を促進する主な要因の1つは、調査、教育、支援、活動のプログラムの結果として自己免疫疾患に対する理解が進んだことです。

さらに、世界のさまざまな地域で自己免疫疾患の負担が増大し、健康と病気に対する意識の高まりにより、病気の早期発見のための診断の必要性が生まれ、市場の成長を促進しています。たとえば、自己免疫疾患の撲滅、痛みの軽減、自己免疫の社会経済的影響に取り組んでいる米国自己免疫関連疾患協会(ARDA)は、毎年 3月を自己免疫疾患啓発月間(ADAM)に指定しています。アメリカ腎臓基金(AKF)は、2021年2月に、ループスによって引き起こされる腎臓疾患であるループス腎炎について、新たに患者中心の教育と啓発キャンペーンを開始しました。AKFのキャンペーンは、ループス患者に、症状、診断、症状などに関して切望されていた情報を提供しました。そしてループス腎炎の治療。 AKFの広告は、GlaxoSmithKline plcからの助成金を利用して作成されました。同様に、2021年9月にScipher MedicineはVentegra Inc.とパートナーシップを締結しました。この提携により、Ventegraは顧客にScipherのPrismRA液体分子シグネチャテストへのアクセスを提供できるようになり、関節リウマチ患者(RA)にとって最も標的を絞った薬剤を決定するのに役立ちます。したがって、上記の要因により市場の成長が促進されると予想されます。

したがって、上記の要因により、市場は予測期間中の成長を予測すると予想されます。ただし、結果が出るまでの時間が遅く、複数の診断検査が必要であること、および規制上の不確実性と相まって高額な費用と償還の問題が市場の成長を妨げる可能性があります。

自己免疫疾患診断市場の動向

関節リウマチ部門は自己免疫疾患診断市場で主要な市場シェアを保持すると予想される

関節リウマチ(RA)は、主に関節内の滑膜組織を攻撃する自己免疫疾患です。この病気は主に高齢の患者が罹患します。人口の高齢化と技術の進歩も、この分野の成長を促進する主要な要因です。

関節リウマチは、ESR検査、C反応性タンパク質検査、リウマチ因子検査、環状シトルリン化ペプチド(CCP)抗体、抗核抗体(ANA)検査などの画像検査によって診断できます。

関節リウマチは高齢者に診断される一般的な疾患であり、高齢者人口の負担の増加により関節リウマチのリスクが高まり、市場の成長を促進します。たとえば、2022年の世界人口見通しによると、2022年に世界全体で65歳以上の人口は7億7,100万人で、2030年までに9億9,400万人、2050年までに16億人に達すると予測されています。

市場関係者による新製品の発売は市場の成長に貢献しています。たとえば、2022年 6月、PEPperPrint GmbHは、ギリシャのアテネで開催された第13回国際自己免疫会議で、関節リウマチ(RA)の早期診断のための新しいバイオマーカーセットを紹介しました。病気の早期診断のためのこのような革新は、市場の成長を推進すると予想されます。

したがって、上記の要因により、市場セグメントは予測期間中に大幅な成長を予測すると予想されます。

アジア太平洋は自己免疫疾患診断市場で最も急成長している地域です

アジア太平洋は、自己免疫疾患の負担とその診断に対する意識の高まりにより、予測期間中に大幅な市場の成長を示すと予想されます。さらに、市場関係者による戦略的取り組み、調査の増加、ヘルスケアインフラの開発も市場の成長に貢献しています。

ジョンソン・エンド・ジョンソン社の一部門であるヤンセン・アジア・パシフィックが発表した記事によると、 2022年 6月、関節リウマチ、乾癬、炎症性腸疾患などの自己免疫疾患、炎症疾患、肺疾患がアジア太平洋地域で増加していると発表しました。この地域はすでに慢性閉塞性肺疾患(COPD)の罹患率が世界で最も高く、全身性エリテマトーデス(SLE)の有病率も中国と東南アジアで最も高い地域となっています。したがって、これにより、今後数年間で診断の需要が創出される可能性があります。

さらに、国際糖尿病連盟の「糖尿病アルタス2021年版」によると、オーストラリアでは2021年に0~19歳の1万4,900人が1型糖尿病を患っており、2021年の1型糖尿病の発生率は1,500人でした。病気の負担により、適切な診断と治療の必要性が生じ、市場の成長が促進されます。

市場関係者による戦略的取り組みも市場の成長に貢献しています。たとえば、2022年 6月、アヴェスタゲンリミテッドは、インドでの遺伝子検査ポートフォリオの商業化に向けて、ウィプロリミテッドと4年間の戦略的提携を締結しました。このポートフォリオには、がん、神経変性疾患、自己免疫疾患、希少疾患などの疾患を中心とした特異性の高い分析を提供するゲノムパネルが含まれています。このような提携は市場の成長を促進すると期待されています。

したがって、上記の要因により、調査対象の市場はアジア太平洋地域での成長が予測されます。

自己免疫疾患診断業界の概要

自己免疫疾患診断市場の競争は中程度です。市場は重要な市場プレーヤーで構成されており、これらのプレーヤーは研究開発活動と効果的な成長戦略に焦点を当てています。最近、いくつかの診断会社が病院と戦略的提携を結びました。さまざまな地域にわたる大量の患者のニーズを満たすために、この傾向は今後数年間続くと予想されます。現在市場を独占している企業には、Abbott Laboratories、Biomerieux、Trinity Biotech、Bio-rad Laboratories、Thermo Fisher Scientificなどがあります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 自己免疫疾患の負担の増大と国民の意識の高まり
    • 技術の進歩と検査室の自動化の改善
  • 市場抑制要因
    • 結果が出るまでの時間が遅く、複数の診断テストが必要
    • 規制上の不確実性に伴う高額なコストと償還の問題
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • 疾患タイプ別
    • 全身性自己免疫疾患
      • 関節リウマチ
      • 乾癬
      • 全身性エリテマトーデス(SLE)
      • 多発性硬化症
      • その他の全身性自己免疫疾患
    • 局所性自己免疫疾患
      • 炎症性腸疾患
      • 1型糖尿病
      • 甲状腺
      • その他の局所性自己免疫疾患
  • 診断別
    • 抗核抗体検査
    • 自己抗体検査
    • 全血球計算(CBC)
    • C反応性タンパク質(CRP)
    • 尿検査
    • その他の検査
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東とアフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Abbott Laboratories
    • Biomerieux
    • Bio-rad Laboratories
    • Euroimmun AG
    • F. Hoffmann-la Roche
    • Inova Diagnostics Inc.
    • Myriad Genetics
    • Siemens Healthineers Inc.
    • Thermo Fisher Scientific
    • Trinity Biotech
    • Grifols, SA
    • Exagen Inc.
    • DIAsource ImmunoAssays SA
    • R-Biopharm AG

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 56476

The Autoimmune Disease Diagnostics Market size is estimated at USD 5.21 billion in 2024, and is expected to reach USD 6.84 billion by 2029, growing at a CAGR of 5.60% during the forecast period (2024-2029).

Autoimmune Disease Diagnostics - Market

The first wave of the COVID-19 pandemic has disrupted almost all areas of healthcare services to some extent throughout the world. The negative impact of COVID-19 on patients with autoimmune disease diagnostics has also been recognized. According to an article published in October 2021 by Autoimmunity Reviews, a decrease in the number of autoantibody tests was observed in all European countries in the year 2020 compared to 2019. All autoantibody tests saw a 13% decrease, ranging from 1.4% in Switzerland to 25.5% in the United States (Greece). The decrease was most pronounced in all countries during the first wave of the pandemic (March-May 2020), with an overall decrease of 45.2% in those three months. The decrease was less pronounced (6.8%) in the second wave of the pandemic (October-December 2020). Thus, Covid-19 has a significant impact on the growth of the market.

The factors such as the growing burden of autoimmune disease and rising awareness about the diagnosis of disease coupled with technological advancement are propelling the growth of the market.

Increasing autoimmune disorders are expected to increase the autoimmune disease diagnostics market growth. More than 2.8 million people worldwide, including about 1 million in the United States, are currently living with multiple sclerosis, according to the Atlas of Multiple Sclerosis Report from 2020. Autoimmune illnesses are becoming more prevalent, which is a problem for European nations. The Multiple Sclerosis Trust estimates that there are 2.5 million people worldwide who have multiple sclerosis, with Europe having the highest prevalence in 2020. Women experience multiple sclerosis more frequently than males. Women experience multiple sclerosis more frequently than males. Rheumatoid arthritis affects two million people, while psoriasis, one of the most prevalent autoimmune disorders, is thought to impact between 2% and 3% of the general population. One major factor driving rising usage rates is the increased understanding of autoimmune disorders as a result of programs for research, education, support, and activism.

Moreover, the growing burden of autoimmune diseases in different parts of the world coupled with rising awareness about health and diseases creates the need for the diagnostics for early detection of diseases and thus drives the growth of the market. For instance, the American Autoimmune Related Disease Association (AARDA), which is committed to the eradication of autoimmune illnesses, the reduction of pain, and the socioeconomic impact of autoimmunity, designates the month of March each year as Autoimmune Disease Awareness Month (ADAM). The American Kidney Fund (AKF) launched a new patient-focused education and awareness campaign on lupus nephritis, a kidney condition caused by lupus, in February 2021. The AKF campaign gave lupus patients much-needed information they need regarding the symptoms, diagnosis, and treatment of lupus nephritis. The advertising for AKF was created using grant funding from GlaxoSmithKline plc. Similarly, in September 2021, Scipher Medicine entered a partnership with Ventegra Inc. The collaboration will allow Ventegra to provide its customers with access to Scipher's PrismRA liquid molecular signature test, which aids in determining the most targeted medicine for rheumatoid arthritis patients (RA). Thus, the abovementioned factors are expected to increase the market growth.

Thus, owing to the abovementioned factors, the market is expected to project growth over the forecast period. However, the slow turnaround time of results and need for multiple diagnostic tests, and high cost and reimbursement issues coupled with regulatory uncertainties may hamper the growth of the market.

Autoimmune Disease Diagnostics Market Trends

Rheumatoid Arthritis Segment is Expected to Hold a Major Market Share in the Autoimmune Disease Diagnostics Market

Rheumatoid arthritis (RA) is an autoimmune disease that mainly attacks the synovial tissues within the joints. The disease predominantly affects elderly patients. The aging population and technological advancements are also major factors driving the growth of the segment.

Rheumatoid arthritis can be diagnosed using the ESR test, C-reactive protein test, rheumatoid factor test, cyclic citrullinated peptide (CCP) antibodies, antinuclear antibodies (ANA) test, and other imaging.

Rheumatoid arthritis is a common disease diagnosed in the elderly population, with the rise in the burden of the geriatric population risk of rheumatoid arthritis increases and thus drives the growth of the market. For instance, According to the World Population prospect, 2022, Globally, in 2022, there were 771 million people aged 65 years or over and is projected to reach 994 million by 2030 and 1.6 billion by 2050.

The launch of new products by the market players is contributing to the growth of the market. For instance, in June 2022, PEPperPrint GmbH introduce a novel biomarker set for the early diagnosis of rheumatoid arthritis (RA) at the 13th International Congress on Autoimmunity held in Athens, Greece. Such innovation for the early diagnosis of the disease is expected to propel the growth of the market.

Thus, owing to the abovementioned factors, the market segment is expected to project considerable growth over the forecast period.

Asia-Pacific is the Fastest Growing Region in the Autoimmune Disease Diagnostics Market

Asia-Pacific is anticipated to exhibit extensive market growth over the forecast period, owing to the rising burden of autoimmune diseases and awareness of their diagnosis. Additionally, the strategic initiatives taken by the market players, increasing research, and developing healthcare infrastructure are also contributing to the growth of the market.

According to an article published by Janssen Asia Pacific, a division of Johnson & Johnson Pte. Ltd., in June 2022, autoimmune, inflammatory, and pulmonary diseases, such as rheumatoid arthritis, psoriasis, and inflammatory bowel disease, are on the rise in the Asia Pacific. The region already has the world's highest burden of chronic obstructive pulmonary disease (COPD), as well as the highest prevalence of systemic lupus erythematosus (SLE) in China and Southeast Asia. Hence, this will likely create demand for diagnostics in the coming years.

Furthermore, according to the International Diabetes Federation, Diabetes Altas, 2021 Edition, in Australia, there are 14,900 people aged 0-19 years living with Type 1 diabetes in 2021, and the incidence of type 1 diabetes was 1,500 in 2021. Such a high burden of disease creates the need for the proper diagnosis and treatment and thus drives the growth of the market.

The strategic initiatives taken by the market players are also contributing to the growth of the market. For instance, in June 2022, Avesthagen Limited entered into a four-year strategic alliance with Wipro Limited for commercializing its genetic testing portfolio in India. The portfolio includes genome panels offering highly specific, disease-centric analysis for conditions including cancers, neurodegenerative diseases, autoimmune disorders, and rare disease conditions. Such a partnership is expected to boost the growth of the market.

Thus, owing to the abovementioned factors, the studied market is expected to project growth in the Asia-Pacific region.

Autoimmune Disease Diagnostics Industry Overview

The autoimmune disease diagnostics Market is moderately competitive. The market comprises significant market players, and these players are focusing on R&D activities and effective growth strategies. Recently, a few diagnostic companies entered into strategic partnerships with hospitals. This trend is expected to continue over the next few years to meet the high volume of patient needs across different regions. Some of the companies currently dominating the market are Abbott Laboratories, Biomerieux, Trinity Biotech, Bio-rad Laboratories, and Thermo Fisher Scientific, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Growing Burden of Autoimmune Diseases and Rising Public Awareness
    • 4.2.2 Technological Advancements and Improved Laboratory Automation
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Slow Turnaround Time of Results and Need for Multiple Diagnostic Tests
    • 4.3.2 High Cost and Reimbursement Issues Coupled with Regulatory Uncertainties
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Disease Type
    • 5.1.1 Systemic Autoimmune Disease
      • 5.1.1.1 Rheumatoid Arthritis
      • 5.1.1.2 Psoriasis
      • 5.1.1.3 Systemic Lupus Erythematosus (SLE)
      • 5.1.1.4 Multiple Sclerosis
      • 5.1.1.5 Other Systemic Autoimmune Diseases
    • 5.1.2 Localized Autoimmune Disease
      • 5.1.2.1 Inflammatory Bowel Disease
      • 5.1.2.2 Type 1 Diabetes
      • 5.1.2.3 Thyroid
      • 5.1.2.4 Other Localized Autoimmune Diseases
  • 5.2 By Diagnosis
    • 5.2.1 Antinuclear Antibody Tests
    • 5.2.2 Autoantibody Tests
    • 5.2.3 Complete Blood Count (CBC)
    • 5.2.4 C-reactive Protein (CRP)
    • 5.2.5 Urinalysis
    • 5.2.6 Others tests
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Spain
      • 5.3.2.6 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 South Korea
      • 5.3.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Middle East and Africa
      • 5.3.4.1 GCC
      • 5.3.4.2 South Africa
      • 5.3.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.3.5 South America
      • 5.3.5.1 Brazil
      • 5.3.5.2 Argentina
      • 5.3.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Abbott Laboratories
    • 6.1.2 Biomerieux
    • 6.1.3 Bio-rad Laboratories
    • 6.1.4 Euroimmun AG
    • 6.1.5 F. Hoffmann-la Roche
    • 6.1.6 Inova Diagnostics Inc.
    • 6.1.7 Myriad Genetics
    • 6.1.8 Siemens Healthineers Inc.
    • 6.1.9 Thermo Fisher Scientific
    • 6.1.10 Trinity Biotech
    • 6.1.11 Grifols, S.A.
    • 6.1.12 Exagen Inc.
    • 6.1.13 DIAsource ImmunoAssays SA
    • 6.1.14 R-Biopharm AG

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS