デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444340

スマートホーム:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Smart Homes - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.94円
スマートホーム:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

スマートホーム市場規模は2024年に1,201億米ドルと推定され、2029年までに3,709億5,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に25.30%のCAGRで成長します。

スマートホーム- 市場

不動産会社と建築家エコシステム全体で、ソーシャルディスタンスの実践を通じて定義された「ニューノーマル」により、再設計の基本に立ち返り、新時代の設計、効率、イノベーションを考慮して住宅用不動産商品を再発明することが求められました。再設計が行われるにつれて、まったく新しい一連のアメニティの必要性が再浮上し、注目を集めています。「ニューノーマル」において顧客に求められるものは、COVID-19のパンデミックをきっかけとした危機の中で変革を遂げ、住宅空間のパラダイムシフトをもたらしています。

主なハイライト

  • ホームオートメーションとスマートホームは、住宅内の幅広い監視ソリューション、制御、および自動化機能を参照して使用される2つの曖昧な用語です。単純なホームオートメーションソリューション(電動ガレージドアから自動セキュリティシステムに至るまで)とは異なり、スマートホームシステムでは、自動化システムと対話するためのユーザーインターフェイスとしてWebポータルまたはスマートフォンアプリケーションが必要です。
  • 世界的にセキュリティ問題に対処する必要性の重要性が増しており、予測期間中にスマートホームやコネクテッドホームの需要が高まると予想されます。さらに、セキュリティおよびアクセス規制装置、エンターテイメント制御装置、HVACコントローラなどの革新的なワイヤレス技術が市場の成長を促進すると期待されています。
  • 企業は継続的に新製品設計に投資しています。たとえば、GoogleのNestスマートホーム部門は最近、新しいスマートサーモスタットを導入しました。新しいNest Thermostatは、Nest Learning ThermostatまたはNest Thermostat Eよりもシンプルなモデルで、129.99米ドルという低価格で提供されます。これは、Nest Eよりも40米ドル低い、上位機種よりも120米ドル低くなります。第3世代のNest Learning Thermostatで、すぐに予約注文できるようになりました。
  • T-Mobileはまた、2024年までに5Gベースのホームネットワークを開始すると発表しました。その目的は、これまでサービスが十分に提供されていなかった米国全土の農村地域にサービス範囲を拡大することです。同社は現在、一部のT-Mobile顧客に4G LTEネットワーク上でサービスの試用版を提供しています。

スマートホーム市場の動向

HVACシステムは市場に最も大きく貢献しているもの1つ

米国科学アカデミー(NAS)の報告書によると、21世紀の最初の10年間は、20世紀の最初の10年間よりも0.8°C(1.4°F)気温が高かったそうです。気候変動の変化により、夏には電気冷却システムの需要が増加し、同時に冬には天然ガス、灯油、木材、電気暖房システムの需要が増加しています。

効率に関する政府の新たな規制の到来により、HVACシステムの使用量は増加すると予想されます。これにより、建物内の最先端の暖房および空調ユニット用のスマート HVAC制御システムへのゲートウェイが開かれました。したがって、政府の基準に従ってエネルギー効率を調整するには、既存のHVAC機器を交換または改造する必要があります。これにより、HVAC改修の必要性が高まり、市場全体の成長がプラスに増加します。

適切な空気の流れは湿度制御にも役立ちます。建物内の相対湿度が40%~60%に保たれていれば、ウイルスが居住者に感染する能力は低下します。 HVACシステムに補給空気が組み込まれている場合、換気も向上し、さらに健康的な環境が作成されます。複数の商用 HVACシステムでは、フィルターはMERV(最小効率報告値)で測定されます。

さらに、IoTセンサーのコスト削減により、OEMがより競争力のある低価格の製品を提供することも期待されており、HVAC機器市場に間接的に影響を与える可能性があります。コストを削減し、エネルギー効率を向上させるために、グリーンHVACシステムが開発されています。

2023年から、米国で販売されるすべての新しい住宅セントラル空気熱源ヒートポンプシステムは、新しい最小エネルギー効率規制および基準を満たすことが期待されます。これらのタイプの機器に対する最新の最低エネルギー効率基準は2015年に発効しました。新しい規制では、すべての空気熱源ヒートポンプの加熱効率の向上が求められています。

北米が市場の主要シェアを握る

スマートホームは増加傾向にあり、米国の約3,000万世帯が近い将来スマートホーム技術を導入すると予測されています。消費者が自宅に追加しようとしている製品には、コネクテッドカメラ(最も需要が高い)、ビデオドアベル(2番目に需要が高い)、コネクテッド電球、スマートロック、スマートスピーカーなどがあります。

米国エネルギー省によると、建築部門が使用する電力の約76%を占めており、それに伴う温室効果ガス(GHG)排出量が相当量発生しているため、国の規制に準拠するには建築におけるエネルギー消費を削減する必要があるとのことです。エネルギーと環境の課題を解決し、建物の所有者とテナントのコストを削減します。

ニューヨーク州エネルギー研究開発局(NYSERDA)によると、スマートテクノロジーとリアルタイムエネルギー管理システムを有効にすることで、コストを平均15%削減し、エネルギーの無駄を削減するエコシステムを構築することで収益を向上させることができます。

さらに、COVID-19症の影響により、複数のエネルギー管理ソフトウェアプロバイダーが健康評価ソリューションを構築することで、エネルギー管理システムを超えてサービスを拡張しています。そのような例の1つがハネウェルで、建物の所有者がエネルギー効率とともに建物環境の健全性を改善できるよう支援する統合ソリューションセットを立ち上げました。これらのソリューションは、建物の所有者がより清潔かつ安全に運営し、ソーシャルディスタンス政策を遵守するのにさらに役立ちます。

他のイノベーションもこの地域の市場をリードしています。たとえば、2021年 2月に、Aspinityは、窓ガラスの破損やその他の音響イベントなどの音響トリガーを常にリッスンしているバッテリー駆動のスマートホームデバイス向けに、音響イベント検出キット(EVK1)が利用可能になることを発表しました。このキットは、データをデジタル化する前に特定の音響イベントを識別することでシステムの電力効率を促進する完全アナログ機械学習プロセッサである、同社のanalogMLコアを備えています。

スマートホーム業界の概要

スマートホーム市場は競争が激しく、複数の大手企業で構成されています。市場シェアの点では、現在、いくつかの大手企業が市場を独占しています。市場は適度に細分化されているようです。突出したシェアを持つこれら大手企業は、海外への顧客基盤の拡大に注力しています。これらの企業は、市場シェアと収益性を高めるために、戦略的協力イニシアチブを活用しています。

  • 2021年 1月- サムスンはインドで大容量可変冷媒流量(VRF)空調システムを発売しました。このシステムは、商業施設や小売施設としての高級アパート、ヴィラ、バンガロー、住宅のわずか0.5平方メートルのスペースに設置できます。 Wi-Fi対応のDVM S Ecoシリーズは、スマートフォンのSmartThingsアプリを使用して、音声コントロールやコネクテッドホームエクスペリエンスなどのスマート機能を提供します。各室内機を個別に制御できるので利便性が向上します。エネルギー効率を高めるために、室外機の使用状況に基づいて、現在、毎日、毎週、さらには毎月のエネルギー消費量を監視できます。 DVM S Ecoシリーズは、一度に最大16台の室内ユニットをセットアップできる簡単な設置を提供します。
  • 2021年 3月-EmersonとAmeren Missouriは、EmersonのSensiスマートサーモスタットをAmeren Missouriの顧客に提供するパートナーシップを発表しました。即時割引とPeak Time Savingsプログラムへの参加により、Ameren Missouriの顧客は、必要な消費税を除く無料でEmersonのSensiスマートサーモスタットを入手できるようになります。参加者は、スマートフォンを使ってどこからでもサーモスタットを制御できる高度なテクノロジーを利用しながら、請求額を大幅に節約できます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
    • 代替製品の脅威
  • COVID-19が市場に与える影響の評価
  • テクノロジーのスナップショット
    • スマートホームで使用される主な通信および接続テクノロジー(Bluetooth、Wi-Fi、ZigBee、Z-waveなど)
    • 主要な業界標準とポリシー

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • エネルギー効率の高いソリューションに対する需要の高まり
    • セキュリティシステムの自動化ニーズの高まり
  • 市場抑制要因
    • 高額な設置および交換コスト

第6章 市場セグメンテーション

  • 製品
    • 快適さと照明
    • 制御と接続性
    • エネルギー管理
    • ホームエンターテイメント
    • セキュリティ
    • スマートアプライアンス
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • デンマーク
      • ノルウェー
      • スウェーデン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • その他アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
      • ブラジル
      • メキシコ
      • その他ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ
      • アラブ首長国連邦
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • ABB Ltd
    • Schneider Electric SE
    • Honeywell International Inc.
    • Emerson Electric Co.
    • Siemens AG
    • LG Electronics Inc.
    • Cisco Systems Inc.
    • Google Inc.
    • Microsoft Corporation
    • General Electric Company
    • IBM Corporation
    • Legrand SA
    • Lutron Electronics Co. Inc.
    • United Technologies Corporation
    • Smarthome Inc.
    • Control4 Corporation
    • Shenzhen Zhuohao Intelligent Electronic Development Co. Ltd(ACTOP)

第8章 投資分析

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 55960

The Smart Homes Market size is estimated at USD 120.10 billion in 2024, and is expected to reach USD 370.95 billion by 2029, growing at a CAGR of 25.30% during the forecast period (2024-2029).

Smart Homes - Market

Across real estate companies and the architect ecosystem, the 'new normal' defined through the social distancing practice resulted in a requirement to go back to the redesign basics and reinvent the residential real estate products by factoring in new-age designing, efficiency, and innovation. As the redesigning happens, the need for a totally new set of amenities has resurfaced and gained prominence. What the customer will need in the 'new normal' has undergone a revolution in the crisis triggered by the COVID-19 pandemic, and it is leading to a paradigm shift in residential spaces.

Key Highlights

  • Home automation and smart homes are two ambiguous terms used in reference to a wide range of monitoring solutions, controlling, and automating functions in a home. Unlike simple home automation solutions (which could range from motor-operated garage doors to automated security systems), smart home systems require a web portal or a smartphone application as a user interface to interact with an automated system.
  • Globally, the increasing importance of the need to counter security issues is anticipated to fuel the demand for smart and connected homes over the forecast period. Moreover, innovative wireless technologies, including security and access regulators, entertainment controls, and HVAC controllers, are expected to foster market growth.
  • The companies are continuously investing in new product designs. For example, Google's Nest smart-home division recently introduced a new smart thermostat. The new Nest Thermostat is a simpler model than the Nest Learning Thermostat or Nest Thermostat E and is offered at a lower price of USD 129.99, accounting for a difference of USD 40 less than the Nest E and USD 120 less than the top-of-the-line third-generation Nest Learning Thermostat. It was made available to pre-order immediately.
  • T-Mobile also announced that it will be launching a 5G-based home network by 2024. The aim is to extend coverage to previously underserved rural areas across the United States. It is currently offering a trial version of the service on its 4G LTE network to a select a number of T-Mobile customers.

Smart Home Market Trends

HVAC Systems are Among the Most Significant Contributors to the Market

According to a report from the US National Academy of Sciences (NAS), the first decade of the 21st century was 0.8°C (1.4°F) warmer than the first decade of the 20th century. The variation in climatic changes has led to the increasing demand for electrical cooling systems in summers and, simultaneously, for natural gas, heating oil, wood, and electrical heating systems in winters.

With the advent of new government regulations regarding efficiency, the usage of HVAC systems is expected to rise. This has opened a gateway to the smart HVAC control systems for the most advanced heating and air conditioning units in buildings. Thus, the already existing HVAC equipment would have to be either replaced or retrofitted to adjust the energy efficiency as per the government standards. This would drive the need for HVAC retrofitting, thereby augmenting the overall market's growth positively.

Proper airflow will also help in humidity control. If the buildings maintain a relative humidity of 40%-60% inside, this will decrease the virus's ability to infect occupants. If the HVAC system incorporates makeup air, it also will increase ventilation, thus creating an even more healthy environment. In multiple commercial HVAC systems, filters are measured in MERV (minimum efficiency reporting values).

Moreover, reducing IoT sensor costs is also expected to result in OEMs offering products for a more competitive and lower price, which could indirectly impact the HVAC equipment market. Green HVAC systems are being developed to bring down costs and improve energy efficiency.

Starting from 2023, all new residential central air-source heat pump systems sold in the United States are expected to meet new minimum energy efficiency regulations and standards. The latest minimum energy efficiency standards for these equipment types went into effect in 2015. The new regulations require an increase in the heating efficiency of all air-source heat pumps.

North America Holds the Major Share of the Market

Smart homes are on the rise, with nearly 30 million US households projected to add smart home technology in the near future. The products consumers are looking to add to their homes include connected cameras (highest demand), video doorbells (second-highest demand), connected light bulbs, smart locks, and smart speakers.

According to the US Department of Energy, the buildings sector accounted for about 76% of the electricity used, resulting in a considerable amount of associated greenhouse gas (GHG) emissions, thereby making it necessary to reduce energy consumption in buildings to comply with the national energy and environmental challenges and decrease costs to building owners and tenants.

According to the New York State Energy Research and Development Authority (NYSERDA), enabling smart technologies and real-time energy management systems can decrease costs by an average of 15% and improve the bottom line by creating an ecosystem that reduces energy waste.

Moreover, with the COVID-19 impact, multiple energy management software providers extend their services beyond energy management systems by building health assessment solutions. One such example is Honeywell, which launched an integrated set of solutions to help building owners improve the health of their building environments, along with energy efficiency. These solutions further help building owners operate more cleanly and safely and also comply with social distancing policies.

Other innovations have also led the market in the region. For instance, in February 2021, Aspinity announced the availability of its Acoustic Event Detection Kit (EVK1) for battery-operated, smart home devices that are always listening for acoustic triggers, such as window glass breaks or other acoustic events. The kit features the company's analogML core, a fully analog machine learning processor that promotes system power efficiency by identifying specific acoustic events before data digitization.

Smart Home Industry Overview

The smart homes market is highly competitive and consists of several major players. In terms of market share, a few of the major players currently dominate the market. The market appears to be moderately fragmented. These major players with a prominent share are focusing on expanding their customer base across foreign countries. These companies are leveraging on strategic collaborative initiatives to increase their market shares and profitability.

  • January 2021 - Samsung launched large-capacity Variable Refrigerant Flow (VRF) air conditioning systems in India that can be installed in just 0.5 sq. m of space in premium apartments, villas, bungalows, and houses as commercial and retail establishments. The Wi-Fi-enabled DVM S Eco series offers smart features, such as voice control and a connected home experience, using the SmartThings app on any smartphone. Each indoor unit can be controlled separately for enhanced convenience. To offer energy efficiency, current, daily, weekly, or even monthly energy consumption can be monitored on the basis of the usage of outdoor units. DVM S Eco series provides ease of installation, wherein up to 16 indoor units can be set up at once.
  • March 2021 - Emerson and Ameren Missouri announced a partnership to give away Emerson's Sensi smart thermostats to Ameren Missouri customers. Through instant discounts and participation in the Peak Time Savings program, Ameren Missouri customers will be getting Emerson's Sensi smart thermostat at no cost other than the required sales tax. Participants can significantly save on their bills while using advanced technology that will enable them to control their thermostats from anywhere with a smartphone.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Intensity of Competitive Rivalry
    • 4.2.5 Threat of Substitute Products
  • 4.3 Assessment of Impact of COVID-19 on the Market
  • 4.4 Technology Snapshot
    • 4.4.1 Major Communication and Connectivity Technologies used in Smart Homes (Bluetooth, Wi-Fi, ZigBee, and Z-wave, Among Others)
    • 4.4.2 Key Industry Standards and Policies

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increasing Demand for Energy-efficient Solutions
    • 5.1.2 Growing Need for Automation of Security Systems
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 High Installation and Replacement Costs

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 Product
    • 6.1.1 Comfort and Lighting
    • 6.1.2 Control and Connectivity
    • 6.1.3 Energy Management
    • 6.1.4 Home Entertainment
    • 6.1.5 Security
    • 6.1.6 Smart Appliances
  • 6.2 Geography
    • 6.2.1 North America
      • 6.2.1.1 United States
      • 6.2.1.2 Canada
    • 6.2.2 Europe
      • 6.2.2.1 Germany
      • 6.2.2.2 United Kingdom
      • 6.2.2.3 Denmark
      • 6.2.2.4 Norway
      • 6.2.2.5 Sweden
      • 6.2.2.6 Rest of Europe
    • 6.2.3 Asia-Pacific
      • 6.2.3.1 China
      • 6.2.3.2 Japan
      • 6.2.3.3 India
      • 6.2.3.4 Rest of Asia-Pacific
    • 6.2.4 Latin America
      • 6.2.4.1 Brazil
      • 6.2.4.2 Mexico
      • 6.2.4.3 Rest of Latin America
    • 6.2.5 Middle-East and Africa
      • 6.2.5.1 United Arab Emirates
      • 6.2.5.2 Saudi Arabia
      • 6.2.5.3 South Africa
      • 6.2.5.4 Rest of Middle-East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 ABB Ltd
    • 7.1.2 Schneider Electric SE
    • 7.1.3 Honeywell International Inc.
    • 7.1.4 Emerson Electric Co.
    • 7.1.5 Siemens AG
    • 7.1.6 LG Electronics Inc.
    • 7.1.7 Cisco Systems Inc.
    • 7.1.8 Google Inc.
    • 7.1.9 Microsoft Corporation
    • 7.1.10 General Electric Company
    • 7.1.11 IBM Corporation
    • 7.1.12 Legrand SA
    • 7.1.13 Lutron Electronics Co. Inc.
    • 7.1.14 United Technologies Corporation
    • 7.1.15 Smarthome Inc.
    • 7.1.16 Control4 Corporation
    • 7.1.17 Shenzhen Zhuohao Intelligent Electronic Development Co. Ltd (ACTOP)

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET