デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444164

ROV:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

ROV - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 125 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.10円
ROV:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 125 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ROV(遠隔操作車両)市場規模は2024年に23億9,000万米ドルと推定され、2029年までに34億6,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に7.65%のCAGRで成長します。

ROV-マーケット

主なハイライト

  • 中期的には、アメリカ、アジア太平洋、中東およびアフリカ地域における海洋石油・ガス探査活動の増加と、海洋再生可能技術の成長が、予測期間中にROV市場を牽引すると予想されます。
  • 一方で、複数地域での海洋探査・生産活動の禁止により市場は抑制されることが予想されます。
  • それにもかかわらず、進行中の深海および超深海の石油・ガスの発見とシェールガスの探査は、予測期間中にROV配備の大きな機会を生み出すと予想されます。
  • 北米は世界の市場を独占しており、需要のほとんどは米国やメキシコなどから来ています。北米は、先進的で機動性の高いROV開発で依然として世界をリードしています。

遠隔操作車両(ROV)の市場動向

市場を独占するための石油とガスの応用

  • 世界の主要経済国が依然として石油ベースの製品に大きく依存しているため、石油・ガスへの依存度は高まっています。石油・ガス産業は、国際政治や経済に多大な影響力を発揮します。
  • 2022年の世界の石油生産量は日量9,987万7,000バレルを記録し、前年比11.1%増加しました。世界の人口増加は一次エネルギー消費量の増加を反映しており、2011年の520.90エクサジュールから2022年には604.04エクサジュールに増加しました。
  • 炭化水素の潜在的な世界埋蔵量の多くは海底にあり、炭化水素産業は、石油・ガスを発見し、それを首尾よく生産するために、海洋サイトで見られる条件に適した技術を開発してきました。石油・ガスの掘削リグは、最大2マイルの水深で稼働する場合があります。多くの深海井戸やパイプラインシステムは、設置、検査、修理、メンテナンスを行うために無人水中車両に依存しています。
  • 過去数年にわたり、遠隔操作車両(ROV)は、ニッチな用途の新興技術から、石油・ガス分野での広範な用途へと進化してきました。
  • 海洋産業における設備投資も世界中で大幅に増加しており、特定の活動を実行するためのさまざまな先進技術、ツール、機器の需要が増加しています。これには、海洋分野での保守点検作業を容易にするROVも含まれます。
  • たとえば、2022年のオフショア設備投資は約1,650億米ドルに達し、そのほとんどが井戸、探査、施設に費やされました。 2022年の設備投資は過去2年間と比較して21%増加します。さらに、海洋開発事業者は、2023年に投資を約1,780億米ドルに増加すると予想されています。このようなシナリオにより、予測期間中にROVの需要が増加すると予想されます。
  • 2022年2月、アラブ首長国連邦のアブダビ国営石油会社(ADNOC)は、水中の安全検査を容易にするために遠隔操作車両を導入しました。さらに、ADNOCは、ROVにより水中船体検査活動への人体曝露が軽減されると述べた。同社は運航コストを最大68%削減し、追加の支援船の一部を廃止すると予想しています。
  • 全体として、海洋石油、ガス、エネルギー事業の急速な成長により、ROVの需要は予測期間中に増加すると予想されます。遠隔操作のオフショアビークルに関連する技術にはいくつかの改良が加えられています。

北米が市場を独占する

  • この地域は世界的に最も発達した海洋石油・ガス産業の一つであり、主な重点分野はメキシコ湾とアラスカ沖合地域の広大な埋蔵量です。長年にわたって掘削深さが深くなるにつれて、技術的に回収可能な埋蔵量は大幅に増加し、これが投資の増加を招いています。
  • 米国が石油・ガスの生産能力拡大に多額の投資を行ったため、メキシコ湾はROV需要の世界のホットスポットとなった。 2021年の時点で、メキシコ湾地域は米国のオフショア生産量と総炭化水素生産量のそれぞれ97%と15%を占めています。この地域は、世界的にオフショアリグの配備密度が最も高い地域の一つです。これは、生産および掘削プラットフォーム、船舶、パイプラインネットワークなど、他の石油・ガスのインフラストラクチャで構成されます。
  • 米国は世界で最も多くの国防予算を支出しており、ROV船の研究開発の先駆者となっています。米国の軍事支出は2021年に8,007億米ドルに達しました。ROVは米国海軍の海中能力の重要な部分を形成しています。 2022年12月、オセアニアリング・インターナショナルは、同社の航空宇宙・防衛技術(ADTech)部門が米国海軍をサポートする複数年契約を結んだと発表しました。 Oceaneeringは、改良されたバージニア級海底戦争(SSW)プラットフォームをサポートします。
  • ROV技術がますます手頃な価格になるにつれ、米国の石油・ガス生産者は、データを取得し、海底資産や地表の定期的なメンテナンス作業を実行するためにROVサービスに投資してきました。ダイビングクルーに比べて初期費用が高いにもかかわらず、ROVは同じ量の作業を完了するのに必要な時間が短くなり、プロジェクト全体のOPEXが削減されます。
  • このため、メキシコ湾でのROVサービスに関しては、大手石油・ガス会社によって定期的に複数の契約が締結されています。 2022年9月、DOFサブシーUSAは、同社が地域の大手石油・ガス事業者からメキシコ湾で複数の契約を獲得したと発表しました。 DOF Subseaが運航するジョーンズ法準拠の船舶は、1年間で約180日間使用され、検査、メンテナンス、修理、軽工事、複数の現場での試運転サポートなどのさまざまな活動を実行します。
  • 2022年 3月、IKM Subseaは、海中常駐型遠隔操作車両(ROV)システムに、完全電気作業クラスのマニピュレーターであるNauticus Roboticsオリンピックアームを選択したと発表しました。同社は油圧マニピュレータからインテリジェント電動マニピュレータに切り替えました。新技術は潜水時間を延長しながら海中の信頼性と能力を向上させると主張しています。また、このシステムは、従来の作業用油圧アームと同様の強度、重量、サイズ特性を備えており、メンテナンスはほとんど必要ありません。この分野でのこのような活動により、コストが削減され、ROVの信頼性が向上すると期待されています。
  • このように、北米のROV部門は高度に発展しています。海洋建設および石油・ガスサービスの需要が増加するにつれ、この部門は予測期間中も急速な成長を続けると予想され、それによってこの地域のROVの需要が促進されます。

遠隔操作車両(ROV)業界の概要

ROV市場は半分に細分化されています。市場の主要企業には(順不同)、DeepOcean AS、DOF Subsea AS、Oceaneering International Inc.、Helix Energy Solutions Group Inc.、TechnipFMC PLC.などが含まれます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査範囲
  • 市場の定義
  • 調査の前提条件

第2章 エグゼクティブサマリー

第3章 調査手法

第4章 市場概要

  • イントロダクション
  • 2028年までの市場規模と需要予測(10億米ドル)
  • 最近の動向と発展
  • 政府の政策と規制
  • 市場力学
    • 促進要因
      • アメリカ、アジア太平洋、中東・アフリカ地域で増加する海洋石油・ガス探査活動
      • 洋上再生可能技術の成長
    • 抑制要因
      • 複数地域における海洋探査・生産活動の禁止
  • サプライチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品やサービスの脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ
    • ワーククラスROV
    • 天文台クラスROV
  • 用途
    • 石油・ガス
    • 防衛
    • その他の用途
    • 深海海洋探査
  • 活動
    • 調査
    • 点検・修理・メンテナンス
    • 埋葬と溝掘り
    • その他の活動
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • デンマーク
      • ノルウェー
      • 英国
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • その他アジア太平洋地域
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • コロンビア
      • その他南米
    • 中東とアフリカ
      • サウジアラビア
      • アラブ首長国連邦
      • ナイジェリア
      • その他中東およびアフリカ

第6章 競合情勢

  • 合併と買収、合弁事業、コラボレーション、および契約
  • 有力企業が採用した戦略
  • 企業プロファイル
    • DeepOcean AS
    • DOF Subsea AS
    • Helix Energy Solutions Group Inc.
    • TechnipFMC PLC
    • Bourbon Corporation SA
    • Fugro NV
    • Oceaneering International Inc.
    • Saab Seaeye Limited
    • Forum Energy Technologies Inc.
    • Saipem SpA
    • Delta SubSea LLC
    • ROVOP

第7章 市場機会と将来の動向

  • 現在進行中の深海および超深海の石油・ガスの発見
目次
Product Code: 53122

The ROV Market size is estimated at USD 2.39 billion in 2024, and is expected to reach USD 3.46 billion by 2029, growing at a CAGR of 7.65% during the forecast period (2024-2029).

ROV - Market

Key Highlights

  • Over the medium term, increasing offshore oil & gas exploration activities in the Americas, Asia-pacific, and Middle-east & African regions and growing offshore renewable technologies are expected to drive the ROV market during the forecast period.
  • On the other hand, the ban on offshore exploration and production activities in multiple regions is expected to restrain the market.
  • Nevertheless, the ongoing deepwater and ultra-deepwater oil and gas discoveries and shale gas explorations are expected to create huge opportunities for ROV deployment over the forecast period.
  • North America dominated the market worldwide, with most of the demand coming from the United States, Mexico, etc. North America is still leading the world with its advanced, highly maneuverable ROV development.

Remotely Operated Vehicles (ROV) Market Trends

Oil & Gas Application to Dominate the Market

  • The dependence on oil and gas increases as major economies globally still rely heavily on petroleum-based products. The oil and gas industry displays immense influence in international politics and economics.
  • In 2022, global oil production recorded 99,877 thousand barrels per day, an increase of 11.1% over the previous year. The increase in population globally reflected an increase in primary energy consumption, which stood at 604.04 exajoules in 2022, up from 520.90 exajoules in 2011.
  • Many potential global reserves of hydrocarbons lie beneath the sea, and the hydrocarbon industry has developed techniques suited to the conditions found in offshore sites, both to find oil and gas and produce it successfully. Oil and gas drilling rigs may operate in up to two miles of water depths. Many deepwater wells and pipeline systems rely on unmanned underwater vehicles to help perform installations, inspections, repairs, and maintenance.
  • Over the past few years, remotely operated vehicles (ROV) have evolved from emerging technology with niche uses to extensive applications in the oil and gas sector.
  • The capital expenditure in the offshore industry is also increasing significantly worldwide, increasing the demand for various advanced technologies, tools, and equipment for performing certain activities. This includes the ROVs, as they ease the maintenance and inspection work in the offshore sector.
  • For instance 2022, offshore CAPEX reached around USD 165 billion, mostly spent on wells, exploration, and facilities. With a rise of 21% in CAPEX in 2022 compared to the last two years. Moreover, the offshore E&P operators are expected to increase their investment to around USD 178 billion in 2023. Such a scenario is expected to increase demand for ROVs during the forecast period.
  • In February 2022, the United Arab Emirates, Abu Dhabi National Oil Company (ADNOC), introduced remote-operated vehicles for easier underwater safety inspections. Furthermore, ADNOC stated that ROVs reduce human exposure to underwater hull inspection activities. The company expects to reduce operating costs by up to 68% and eliminate some of the additional support vessels.
  • Overall, the demand for ROVs is expected to increase during the forecast period because of the rapidly growing offshore oil, gas, and energy operations. There have been several improvements in the technologies associated with remote-operated offshore vehicles.

North America to Dominate the Market

  • The region has one of the most well-developed offshore oil and gas industries globally, with the primary areas of focus being the vast reserves in the Gulf of Mexico and the offshore Alaska region. As drilling depths have increased over the years, the volume of technically recoverable reserves has increased significantly, which has attracted growing investments.
  • As the United States invested heavily in expanding its oil and gas production capacity, the Gulf of Mexico has become a global hotspot for ROV demand. As of 2021, the Gulf of Mexico region was responsible for 97% and 15% of U.S. offshore and total hydrocarbon production, respectively. The region has one of the highest global densities of offshore rig deployment. It comprises other oil and gas infrastructure, such as production and drilling platforms, marine vessels, and pipeline networks.
  • The United States spends the most globally on its defense budget and has pioneered R&D on ROV vessels. The military expenditure in the United States reached USD 800.7 billion in 2021. ROVs form a critical part of the U.S. Navy's subsea capabilities. In December 2022, Oceaneering International announced that the company's Aerospace and Defense Technologies (ADTech) segment had received a multi-year contract supporting the U.S. Navy. Oceaneering will support the modified Virginia Class Subsea and Seabed Warfare (SSW) platform.
  • As ROV technology has become increasingly affordable, oil and gas producers in the United States have invested in ROV services to obtain data and carry out routine maintenance work on subsea assets and surfaces. Despite the higher upfront cost compared to diving crews, ROVs need less time to complete the same amount of work, which reduces overall project OPEX.
  • Due to this, multiple contracts are routinely dealt out by major oil and gas companies for ROV services in the Gulf of Mexico. In September 2022, DOF Subsea USA announced that the company had been awarded multiple contracts in the Gulf of Mexico by leading regional oil and gas operators. The Jones Act-compliant vessel(s) operated by DOF Subsea will be utilized for around 180 days over a one-year term, performing a range of activities, including inspection, maintenance, repair, light construction, and commissioning support at multiple field locations.
  • In March 2022, IKM Subsea announced that it selected the Nauticus Robotics Olympic Arm, a fully electric work-class manipulator, for its subsea resident remotely operated vehicle (ROV) system. The company switched from hydraulic to intelligent electric manipulators. It claims that the new technology increases subsea reliability and capability while extending residency dive times. The system also has similar strength, weight, and size characteristics to traditional work-class hydraulic arms and requires little maintenance. Such activities in the sector are expected to reduce costs and increase the reliability of ROVs.
  • Thus, the ROV sector in North America is highly developed. As demand increases for marine construction and oil and gas services, the sector is expected to keep growing fast during the forecast period, thereby driving the demand for ROVs in the region.

Remotely Operated Vehicles (ROV) Industry Overview

The ROV market is semi-fragmented. Some of the major players in the market (in no particular order) include DeepOcean AS, DOF Subsea AS, Oceaneering International Inc., Helix Energy Solutions Group Inc., and TechnipFMC PLC., among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Scope of the Study
  • 1.2 Market Definition
  • 1.3 Study Assumptions

2 EXECUTIVE SUMMARY

3 RESEARCH METHODOLOGY

4 MARKET OVERVIEW

  • 4.1 Introduction
  • 4.2 Market Size and Demand Forecast in USD billion, till 2028
  • 4.3 Recent Trends and Developments
  • 4.4 Government Policies and Regulations
  • 4.5 Market Dynamics
    • 4.5.1 Drivers
      • 4.5.1.1 Increasing Offshore Oil & Gas Exploration Activities in the Americas, Asia-pacific, and Middle-east & Africa Region
      • 4.5.1.2 Growing Offshore Renewable Technologies
    • 4.5.2 Restraints
      • 4.5.2.1 Ban on Offshore Exploration and Production Activities in Multiple Regions
  • 4.6 Supply Chain Analysis
  • 4.7 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.7.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.7.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.7.3 Threat of New Entrants
    • 4.7.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.7.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Work Class ROV
    • 5.1.2 Observatory Class ROV
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Oil and Gas
    • 5.2.2 Defense
    • 5.2.3 Other Applications
    • 5.2.4 Deep Sea Marine Exploration
  • 5.3 Activity
    • 5.3.1 Survey
    • 5.3.2 Inspection, Repair, and Maintenance
    • 5.3.3 Burial and Trenching
    • 5.3.4 Other Activities
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 Denmark
      • 5.4.2.3 Norway
      • 5.4.2.4 United Kingdom
      • 5.4.2.5 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 India
      • 5.4.3.3 Japan
      • 5.4.3.4 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 South America
      • 5.4.4.1 Brazil
      • 5.4.4.2 Argentina
      • 5.4.4.3 Colombia
      • 5.4.4.4 Rest of South America
    • 5.4.5 Middle-East and Africa
      • 5.4.5.1 Saudi Arabia
      • 5.4.5.2 United Arab Emirated
      • 5.4.5.3 Nigeria
      • 5.4.5.4 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 DeepOcean AS
    • 6.3.2 DOF Subsea AS
    • 6.3.3 Helix Energy Solutions Group Inc.
    • 6.3.4 TechnipFMC PLC
    • 6.3.5 Bourbon Corporation SA
    • 6.3.6 Fugro NV
    • 6.3.7 Oceaneering International Inc.
    • 6.3.8 Saab Seaeye Limited
    • 6.3.9 Forum Energy Technologies Inc.
    • 6.3.10 Saipem SpA
    • 6.3.11 Delta SubSea LLC
    • 6.3.12 ROVOP

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Ongoing Deepwater and Ultra-Deepwater Oil and Gas Discoveries