デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444153

シリコーン:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Silicone - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 300 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=159.45円
シリコーン:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 300 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

シリコーン市場規模は2024年に301万トンと推定され、2029年までに387万トンに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に5.15%のCAGRで成長します。

シリコーン- 市場

COVID-19のパンデミック、一連の全国的なロックダウン、厳格な社会的距離の規範、世界のサプライチェーンネットワークの混乱により、シリコーン市場は妨げられました。世界中で多くの工場や産業が閉鎖され、シリコーンの需要に影響を与えました。しかし、健康と衛生に対する意識の高まりにより、ヘルスケア、パーソナルケア、消費者製品分野からの需要がさらに高まり、シリコーンの需要が刺激されています。

主なハイライト

  • 長期的には、シリコーン市場の成長を促進する主な要因は、ヘルスケア業界での使用量の増加、送電および配電部門からの需要の増大、および自動車業界での用途の増加です。
  • その一方で、地政学的緊張の影響と政府規制の増加により、市場の成長が妨げられる可能性があります。
  • さまざまなエンドユーザーからの電気活性ポリマー(EAP)に対する潜在的な需要の高まりは、予測期間中にシリコーン市場にとってチャンスとなる可能性があります。
  • アジア太平洋は他の地域の中でも市場を独占すると予想されており、中国とインドがこの地域の成長を牽引します。

シリコーン市場動向

産業プロセスでの使用の増加

  • 工業用消泡剤、工業用コーティング、油圧作動油および潤滑剤、RTV(室温加硫)シーラント、金型、およびポリマー用添加剤は、工業プロセス分野におけるシリコーンの主要な用途を代表しています。
  • 石油・ガス業界では、スペースと重量の制約から泡と廃棄物の管理が不可欠な海洋掘削でシリコーンが広く使用されています。シリコーンは掘削泥水に閉じ込められたガスを放出します。泡が存在するとプロセスが遅くなり、メンテナンス作業に時間がかかるため、消泡剤はエネルギーと化学薬品の使用を削減すると同時に生産速度を高めます。
  • シリコーンは、橋やトンネルで使用される耐食性、耐薬品性、耐熱性のコーティングなどの工業用コーティングにも主に使用されています。これらには、石油・ガス(製油所を含む)、電力、その他の産業(鉱業、廃棄物処理、紙パルプを含む)で使用される構造物のコーティングも含まれます。
  • したがって、世界の石油・ガス産業の拡大は、シリコーンの需要から恩恵を受けると予想されます。進行中のさまざまな拡張プロジェクトが成長を促進すると予想されます。例えば、国営石油精製会社ペトロチャイナは、2022年上半期までに中国南部の広東省にある掲陽製油所で日量40万バレルの稼働を開始する予定です。インドは石油・ガスの分野でアジア太平洋地域の主要経済国です。ガスセグメント。インドブランドエクイティ財団(IBEF)によると、インドの石油需要は2045年までに1,100万バレルに達すると予測されています。さらに、インドの天然ガス消費量は250億cu増加すると予想されています。メートル。 2024年までに。
  • 世界の海洋掘削リグの数は長年にわたって緩やかに増加しており、これに加えて、新規契約の獲得や欧州、アフリカ、米国からの生産活動の増加により、需要の増加が見られます。海洋探査機器向けの需要が大きく、近年ではシリコーン系消泡剤などの水処理薬品市場の成長を支えています。
  • 上記のすべての要因により、市場は予測期間中に回復後の力強い成長を示すと予想されます。

アジア太平洋地域が市場を独占すると予想される

  • アジア太平洋はシリコーンの主要消費国であり、最大のシェアを占めています。中国、インド、日本における市場の成長は、長年にわたるアジア太平洋シリコーン市場の成長の顕著な理由の1つとなっています。
  • 半導体はエレクトロニクス分野の大部分を占めており、半導体、PCB、ECUなどをシリコーンで封入、コーティング、接着、保護するためにシリコーンが使用されています。半導体産業協会によると、2020年の1,504億米ドルと比較して、2021年の中国における半導体販売額は1,829億3,000万米ドルとなり、調査対象市場の需要が増加しました。
  • 14,000 kmを超える海岸線といくつかの大きな港を有する中国は、世界最大の海洋国の1つです。この国には、いくつかの大きな造船コングロマリットがあります。中国国家造船総公司(CSSC)、中国造船工業総公司(CSIC)、シノトランス、COSCO Shipping、CMHIなどが、この国の造船業界の主要企業です。中国の造船所はばら積み貨物船、コンテナ船、石油タンカー、軍艦、旅客船、豪華船などのさまざまな船舶を建造しており、それによってシリコーンの需要が創出されています。
  • さらに、中国は世界最大のエレクトロニクス生産基地を持っています。 ZVEI Dia Elektroindustrieによると、中国のエレクトロニクス産業は2020年に約24億3,000万米ドルと評価され、2021年と2022年には前年比11%と8%の成長が見込まれており、巨大なシリコーン市場を提供しています。
  • また、インド・ブランド・エクイティ財団(IBEF)によると、インドの半導体製品の需要は2025年度までに4,000億米ドルに達すると予想されています。インドは生産連動型インセンティブ(PLI)制度に基づく半導体部門への投資として76,000カロールインドルピーを受け取ると推定されており、ウッタル・プラデーシュ州政府は同国の半導体ハブとしての浮上も目指しています。
  • 2020年の日本のエレクトロニクス産業の総生産額は約9兆9,600億円で、前年比96.6%となった。しかし、2021年8月までのエレクトロニクス産業の生産額は7兆1,930億円に増加し、これは2020年の最初の8か月額の113.4%となり、この地域のシリコーン消費が増加しました。
  • さらに、アジア太平洋地域は最大の自動車製造拠点であり、世界の生産シェアのほぼ60%を記録しています。 OICAによると、2021年最初の9か月の自動車総生産台数は3,267万台で、前年同期比11%増加しました。
  • 上記の要因は、予測期間中のこの地域のシリコーン市場の需要の増加に寄与する可能性があります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 自動車分野での応用の増加
    • ヘルスケア業界での使用の増加
    • 拡大する送配電需要
  • 抑制要因
    • 政府の規制
    • 地政学的影響
  • 業界のバリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品やサービスの脅威
    • 競合の程度

第5章 市場セグメンテーション

  • テクノロジー
    • エラストマー
    • 流体
  • エンドユーザー
    • 交通機関
    • 建設資材
    • エレクトロニクス
    • ヘルスケア
    • 産業プロセス
    • パーソナルケアおよび消費者製品
    • その他のエンドユーザー
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • ASEAN諸国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東とアフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ

第6章 競合情勢

  • 合併と買収、合弁事業、コラボレーション、および契約
  • 市場シェア(%)分析
  • 有力企業が採用した戦略
  • 企業プロファイル
    • BRB International BV(PETRONAS Chemicals Group Berhad)
    • CHT Group
    • Dow
    • DyStar Singapore Pte Ltd
    • Elkem ASA
    • Evonik Industries AG
    • Hoshine Silicon Industry Co. Ltd
    • Jiangsu Mingzhu Silicone Rubber Material Co. Ltd
    • Kaneka Corporation
    • Mitsubishi Chemical Holdings Corporation
    • Momentive
    • Shin-Etsu Chemical Co. Ltd.
    • Wacker Chemie AG
    • Wynca Group
    • Zhejiang Sucon Silicone Co. Ltd.

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 52990

The Silicone Market size is estimated at 3.01 Million tons in 2024, and is expected to reach 3.87 Million tons by 2029, growing at a CAGR of 5.15% during the forecast period (2024-2029).

Silicone - Market

The COVID-19 pandemic, the series of nationwide lockdowns, strict social distancing norms, and disruption in the global supply chain network hampered the silicone market. Many factories and industries were shut down globally, affecting the demand for silicone. However, due to increasing awareness of health and hygiene, a further rise in demand from the healthcare, personal care, and consumer products sectors has stimulated the demand for silicone.

Key Highlights

  • Over the long term, the major factors driving the silicone market's growth are the increased usage in the healthcare industry, the growing demand from the power transmission and distribution sector, and rising applications in the automotive industry.
  • On the flip side, the impact of geopolitical tensions and the rising number of government regulations are likely to hinder the growth of the market.
  • Rising potential demand for electroactive polymers (EAP) from various end-users is likely to be an opportunity for the silicone market over the forecast period.
  • Asia-Pacific is expected to dominate the market among other regions, with China and India leading the growth in the region.

Silicone Market Trends

Increasing Usage in Industrial Processes

  • Industrial anti-foaming agents, industrial coatings, hydraulic fluids and lubricants, RTV (Room-Temperature-Vulcanizing) sealants, molds, and additives for polymers represent the key application of silicones in the industrial processes sector.
  • In the oil and gas industry, silicones are widely used in offshore drilling, where managing foam and waste is essential because of space and weight constraints. Silicones enable gas trapped in the drilling mud to get released. Anti-foaming agents reduce the use of energy and chemicals while increasing production rates, as the presence of foam slows down the process and requires time for maintenance operations.
  • Silicone also finds its major application in industrial coatings like anti-corrosion, chemical-resistant, and heat-resistant coatings used on bridges and tunnels. They also include coatings on structures used in oil and gas (including refineries), power, and other industries (including mining, waste treatment, and pulp and paper).
  • Thus, expanding the global oil and gas industry is anticipated to benefit from the demand for silicone. Various expansion projects underway are expected to drive the growth. For instance, PetroChina, a state-controlled refinery company, is planning to start its 400,000 barrels per day Jieyang refinery in South China's Guangdong province by the first half of 2022. India is a major economy in the Asia-Pacific region in the oil and gas segment. According to India Brand Equity Foundation (IBEF), the oil demand in India is projected to reach 11 million barrels by the year 2045. Furthermore, natural gas consumption in India is expected to grow by 25 billion cu. m. by the year 2024.
  • The number of offshore drilling rigs globally has risen at a gradual rate over the years, and this, along with the new contract awards and the increase in production activities from Europe, Africa, and the United States, has led to an increase in the demand for offshore exploration equipment, in turn supporting the growth of the water treatment chemicals including silicone-based anti-foaming agents' market in the recent past.
  • Due to all the above factors, the market is expected to witness strong post-recovery growth during the forecast period.

Asia-Pacific Region is Expected to Dominate the Market

  • Asia-Pacific is the major consumer of silicone, accounting for the largest share. The growing market in China, India, and Japan has been one of the prominent reasons for the growth of the Asia-Pacific silicone market over the years.
  • Semiconductors form a major part of the electronics segment, which involves the usage of silicones as silicone encapsulates, coat, and adhere to and protect semiconductors, PCBs, and ECUs , and others. According to the Semiconductor Industry Association, the semiconductor sales value in China stood at USD 182.93 billion in 2021, compared to USD 150.4 billion in 2020, thereby, increased the demand for studied market.
  • With a coastline of over 14,000 km and several large ports, China is one of the world's largest maritime countries. The country has several large shipbuilding conglomerates: China State Shipbuilding Corporation (CSSC), China Shipbuilding Industry Corporation (CSIC), Sinotrans, COSCO shipping, and CMHI are a few major names in the country's shipbuilding industry. The Chinese shipyards build a variety of ships, such as bulk carriers, container ships, oil tankers, naval vessels, passenger vessels, luxury vessels, and others, thereby creating demand for silicone.
  • Moreover, China has the world's largest electronics production base. According to ZVEI Dia Elektroindustrie, China's electronics industry was valued at about USD 2,430 million in 2020, and it is forecasted to register 11% and 8% Y-o-Y in 2021 and 2022, thus providing a huge market for silicone.
  • Also, acccording to India Brand Equity Foundation (IBEF), India's demand for semiconductor goods will reach USD 400 billion by FY2025. With India estimated to receive INR 76,000 crore as investments in the semiconductor sector under the Production Linked Incentive (PLI) scheme, the Uttar Pradesh government is also aiming to emerge as a semiconductor hub in the country.
  • The total production value of the electronics industry in Japan was around JPY 9.96 trillion in 2020, which was 96.6% of the production value compared to the last year. However, the electronics industry production till August 2021 increased to JPY 7.193 trillion, which was 113.4% of the first eight months' value in 2020, thereby increasing the consumption of silicone in the region.
  • Furthermore, the Asia-Pacific region is the largest automotive manufacturing hub, registering almost 60% production share of the world. According to OICA, in the first nine months of 2021, the total production of vehicles stood at 32.67 million units, an increase of 11% compared to the same period last year.
  • The factors mentioned above may contribute to the increasing demand in the silicone market in the region during the forecast period.

Silicone Industry Overview

The silicone market is consolidated, with most of the share accounted for by key players. Some of the market's major players (not in any particular order) include Wacker Chemie AG, Dow, Shin-Etsu Chemical Co. Ltd, Momentive, and Elkem ASA, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Rising Application in Automotive Sector
    • 4.1.2 Increasing Usage in Healthcare Industry
    • 4.1.3 Growing Demand from Power Transmission and Distribution
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Government Regulation
    • 4.2.2 Geopolitical Impact
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Technology
    • 5.1.1 Elastomers
    • 5.1.2 Fluids
  • 5.2 End-user
    • 5.2.1 Transportation
    • 5.2.2 Construction Materials
    • 5.2.3 Electronics
    • 5.2.4 Healthcare
    • 5.2.5 Industrial Processes
    • 5.2.6 Personal Care and Consumer Products
    • 5.2.7 Other End-users
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 ASEAN Countries
      • 5.3.1.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 Italy
      • 5.3.3.4 France
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle-East and Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share (%) Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 BRB International B.V. (PETRONAS Chemicals Group Berhad)
    • 6.4.2 CHT Group
    • 6.4.3 Dow
    • 6.4.4 DyStar Singapore Pte Ltd
    • 6.4.5 Elkem ASA
    • 6.4.6 Evonik Industries AG
    • 6.4.7 Hoshine Silicon Industry Co. Ltd
    • 6.4.8 Jiangsu Mingzhu Silicone Rubber Material Co. Ltd
    • 6.4.9 Kaneka Corporation
    • 6.4.10 Mitsubishi Chemical Holdings Corporation
    • 6.4.11 Momentive
    • 6.4.12 Shin-Etsu Chemical Co. Ltd.
    • 6.4.13 Wacker Chemie AG
    • 6.4.14 Wynca Group
    • 6.4.15 Zhejiang Sucon Silicone Co. Ltd.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Rising Potential Demand For Electro Active Polymers (EAP)