デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444110

バイオプラスチック:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Bioplastics - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 190 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
バイオプラスチック:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 190 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

バイオプラスチック市場規模は、2024年に209万トンと推定され、2029年までに463万トンに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に17.25%のCAGRで成長します。

バイオプラスチック-市場

COVID-19の発生により、世界中で全国的なロックダウンが製造活動とサプライチェーンに混乱をもたらし、生産停止は2020年に市場に影響を与えました。しかし、状況は2021年に回復し始め、予測期間中の市場の成長軌道を回復しました。

主なハイライト

  • 研究対象の市場を推進する重要な要因は、バイオプラスチックを促進するパラダイムシフトを促進する環境問題です。さらに、パッケージングの需要の高まりが市場の成長を促進すると考えられます。
  • ただし、より安価な代替品が入手可能になると、市場の成長が妨げられる可能性があります。
  • エレクトロニクス業界での使用の増加は、市場に新たな成長機会をもたらす可能性があります。
  • 欧州が最も高い市場シェアを占めており、予測期間中に市場を独占すると予想されます。

バイオプラスチック市場動向

フレキシブルパッケージングが市場を独占すると予想される

  • バイオプラスチックは自然に害がなく、分解しやすいため、軟包装材に使用されています。
  • 食品、医薬品、飲料ボトルなどの包装フィルムや包装用フィルムに使用されています。また、ナプキンやティッシュ、トイレットペーパー、おむつ、生理用ナプキン、食品包装紙用のボール紙やコート紙、カップや皿を作るためのコートボール紙などの非食品製品の包装にも使用されます。さらに、柔軟なバラ詰め包装にも使用されます。
  • コーンスターチから作られたバイオプラスチックは、柔軟なバラ詰め包装に応用されています。
  • ポリ乳酸(PLA)は主に食品の包装に使用され、バイオポリエチレンテレフタレート(PET)、バイオポリエチレン、バイオポリプロピレンは包装フィルムとして主に使用されています。
  • Packmediaによると、2021年のフレキシブルコンバータパッケージの世界市場は、前年比8%増の1,020億米ドルと推定されています。
  • Packmediaによると、米国と中央および東アジアがそれぞれ市場の28%を占めています。欧州レベルでは、売上高で約+6.4%、販売量で+1.6%の成長を遂げています。 2022年の成長見通しは、欧州と同じようにそれぞれ2.9%と2%です。
  • 世界の包装業界は成長しています。アジア太平洋には、バイオプラスチックの最も重要な製造能力、つまり45%が含まれています。さらに、消費者の間での意識の高まりと、中国、インド、日本などの国々での政府の厳格な禁止により、この地域でのバイオプラスチックの消費が促進されています。したがって、上記の要因は、予測期間中に市場にプラスの影響を与えると予想されます。

欧州が市場を独占する

  • 欧州はバイオプラスチック市場全体を支配しており、需要のほとんどはドイツ、フランス、イタリア、英国から来ています。
  • ドイツの食品・飲料産業は、6,000社を超える中小企業部門が特徴です。 2021年の食品・飲料市場の収益は32億2,200万米ドルと推定されています。市場は予測期間中、年間6.83%の成長が見込まれており、国内の軟包装・硬質包装産業とバイオプラスチックの消費を牽引しています。
  • 連邦統計局によると、ドイツの農業による国内総生産(GDP)は、2021年第3四半期の74億1,000万ユーロ(約86億1,000万米ドル)から第4四半期には76億4,000万ユーロ(約88億8,000万米ドル)に増加しました。 2021年。
  • フランスは欧州最大の農業部門の本拠地です。同社は世界の農業市場でトップクラスの生産者であり、テンサイ、ワイン、牛乳、牛肉と子牛肉、シリアル、油糧種子を生産しています。しかし、その国は深刻な干ばつに見舞われました。フランスの主要農業労働組合FNSEAによると、春から夏にかけてフランスを襲った猛暑と雨不足を受けて、44万戸の農場のうち1万4000戸の農場が補償請求を行った。
  • 2021年、フランスは約135万1,308台の自動車を生産し、2020年と比較して3%増加しました。
  • イタリアの包装産業は世界最大規模の産業の一つです。この国には、大小合わせて7,000社近くの包装会社が活動しています。スーパーマーケット小売業の重要性の高まりと消費者の購買習慣の変化により、国内の包装材の需要が増加しています。さらに、輸出により梱包材の必要性も高まっています。
  • 2021年最初の3四半期の自動車総生産台数は、イタリアの自動車生産台数が2020年第1四半期から第3四半期に比べて20%増加し、60万586台に達しました。さらに、2021年の全体の自動車生産台数は約79万5,856台となり、2020年と比べて2%増加し、販売台数は約77万7,165台となった。電気自動車の人気の高まりは、今後の業界全体の成長をサポートすると予想されます。
  • 英国は欧州で第4位のプラスチック消費国です。この国は、先進プラスチックや改質プラスチックの開発において最も革新的で先進的な国の一つとして知られています。しかし、石油由来の非生分解性プラスチックが環境に与える影響についての意識が高まっているため、同国はバイオプラスチックに注目しています。
  • 英国はハイエンド家電製品の欧州最大の市場であり、英国に本拠を置くエレクトロニクス企業は約18,000社あります。国際貿易省によると、英国のエレクトロニクス部門は地元経済に年間約160億ポンド(約218億6,000万米ドル)の価値をもたらしています。
  • したがって、この地域の市場シナリオは、予測期間を通じてバイオプラスチックの需要を高めると予想されます。

バイオプラスチック産業の概要

バイオプラスチック市場は細分化されています。市場の主要企業には(順不同)、Braskem、Novamont SpA、NatureWorks LLC、Indorama Ventures Public Company Limited、Total Corbion PLAなどがあります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • パラダイムシフトを促す環境要因
    • 包装材におけるバイオプラスチックの需要の拡大
  • 抑制要因
    • より安価な代替品の入手可能性
  • 業界のバリューチェーン
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の程度
  • 特許分析

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ
    • バイオベースの生分解性物質
      • でんぷん系
      • ポリ乳酸(PLA)
      • ポリヒドロキシアルカノエート(PHA)
      • ポリエステル(PBS、PBAT、PCL)
      • その他の生物由来の生分解性物質
    • バイオベースの非生分解性物質
      • バイオポリエチレンテレフタレート(PET)
      • バイオポリエチレン
      • バイオポリアミド
      • バイオポリトリメチレンテレフタレート
      • その他の非生分解性物質
  • 用途
    • 柔軟な包装
    • 硬質包装
    • 自動車および組立事業
    • 農業と園芸
    • 工事
    • テキスタイル
    • 電気および電子
    • その他の用途
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東とアフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ

第6章 競合情勢

  • 合併と買収、合弁事業、コラボレーション、および契約
  • 市場シェア分析
  • 有力企業が採用した戦略
  • 企業プロファイル(概要、財務**、製品とサービス、最近の展開)
    • Trinseo
    • Arkema
    • BASF SE
    • BIOTEC
    • Braskem
    • Danimer Scientific
    • Rodenburg Biopolymers
    • Futerro
    • Indorama Ventures Public Company Limited
    • Minima
    • Natureworks LLC
    • Novamont SpA
    • Total Corbion PLA

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 52183

The Bioplastics Market size is estimated at 2.09 Million tons in 2024, and is expected to reach 4.63 Million tons by 2029, growing at a CAGR of 17.25% during the forecast period (2024-2029).

Bioplastics - Market

Due to the COVID-19 outbreak, nationwide lockdowns around the globe disrupted manufacturing activities and supply chains, and production halts impacted the market in 2020. However, the conditions started recovering in 2021, restoring the market's growth trajectory during the forecast period.

Key Highlights

  • A significant factor driving the market studied is the environmental issues encouraging a paradigm shift to promote bioplastics. Additionally, the growing demand for packaging will likely favor the market's growth.
  • However, the cheaper alternatives availability is likely to hamper the market's growth.
  • Growing use in the electronics industry will likely provide new growth opportunities for the market.
  • Europe accounts for the highest market share and is expected to dominate the market during the forecast period.

Bioplastics Market Trends

Flexible Packaging is Expected to Dominate the Market

  • Bioplastics are used in flexible packaging as they are not harmful to nature and are easily degradable.
  • They are used in packaging films for food items, medicines, beverage bottles, and packaging films. It is also used in packaging non-food products, such as napkins and tissues, toilet paper, nappies, sanitary towels, cardboard and coat paper for food wrapping paper, and coated cardboard to make cups and plates. Moreover, they are used in flexible and loose-fill packaging.
  • Bioplastics made of cornstarch have applications in flexible and loose-fill packaging.
  • Polylactic acid (PLA) is used mainly in packaging food items, while bio polyethylene terephthalate (PET), bio polyethylene, and bio polypropylene are majorly used as packaging films.
  • According to Packmedia, in 2021, the world market for flexible converter packaging was estimated at USD 102 billion, up 8% from the previous year.
  • According to Packmedia, the United States and Central and East Asia each share 28% of the market. At the European level, growth is around +6.4% for sales and +1.6% in volume. Growth prospects for 2022, again at the European level, are 2.9% and 2%, respectively.
  • The global packaging industry is growing. Asia-Pacific includes the most significant manufacturing capacity for bioplastics, i.e., 45%. Moreover, the increasing awareness among consumers and the government's strict ban in countries like China, India, and Japan have promoted bioplastic consumption in the region.
  • Thus, the abovementioned factors are expected to impact the market during the forecast period positively.

Europe to Dominate the Market

  • Europe dominated the overall bioplastics market, with most of the demand coming from Germany, France, Italy, and the United Kingdom.
  • Germany's food and beverage industry are characterized by its small and medium-sized enterprise sector of over 6,000 companies. The revenue in the food and beverage market was estimated at USD 3,222 million in 2021. The market is expected to grow annually by 6.83% during the forecast period, driving the country's flexible and rigid packaging industry and bioplastic consumption.
  • According to the Federal Statistical Office, the Gross domestic product (GDP) from agriculture in Germany increased to EUR 7.64 billion (~USD 8.88 billion) in the fourth quarter of 2021 from EUR 7.41 billion (~USD 8.61 billion) in the third quarter of 2021.
  • France is home to the largest agricultural sector in Europe. It is among the top producers in the global agriculture market and produces sugar beets, wine, milk, beef and veal, cereals, and oilseeds. However, the country experienced severe droughts. According to France's main agricultural trade union, FNSEA, 14,000 farms out of 440,000 filed compensation claims following the extreme heat and lack of rain that ravaged France during the spring and summer.
  • In 2021, France produced about 13,51,308 units of vehicles, which increased by 3% in comparison to 2020.
  • Italy's packaging industry is one of the largest in the world. There are nearly 7,000 significant and minor packaging companies active in the country. The growing importance of supermarket retailing and the changing consumer purchasing habits are increasing the packaging demand in the country. Besides, exports are adding to the need for packaging materials.
  • The total production of automobiles in the first three quarters of 2021, Italy's automotive production increased by 20% over Q1-Q3 of 2020 and reached 600,586 vehicles. Moreover, the overall vehicle production in 2021 came to about 795,856 units, which increased by 2% compared to 2020, with a volume of about 777,165. The growing popularity of electric vehicles is expected to support the overall industry growth in the upcoming future.
  • The United Kingdom is the fourth-largest consumer of plastics in Europe. The country is identified as one of the most innovative and advanced countries in terms of developing advanced and modified plastics. However, the country is focusing on bioplastics due to the increasing awareness about the environmental impact of petroleum-based non-biodegradable plastics.
  • The United Kingdom is the largest European market for high-end consumer electronics products, with about 18,000 UK-based electronics companies. According to the Department for International Trade, the electronics sector in the United Kingdom is worth around GBP 16 billion (~USD 21.86 billion) yearly to the local economy.
  • Hence, the market scenario in the region is expected to boost the demand for bioplastics throughout the forecast period.

Bioplastics Industry Overview

The bioplastics market is fragmented. Some of the key players in the market (not in any particular order) include Braskem, Novamont SpA, NatureWorks LLC, Indorama Ventures Public Company Limited, and Total Corbion PLA.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Environmental Factors Encouraging a Paradigm Shift
    • 4.1.2 Growing Demand for Bioplastics in Packaging
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Availability of Cheaper Alternatives
  • 4.3 Industry Value Chain
  • 4.4 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitutes
    • 4.4.5 Degree of Competition
  • 4.5 Patent Analysis

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Volume)

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Bio-based Biodegradables
      • 5.1.1.1 Starch-based
      • 5.1.1.2 Polylactic Acid (PLA)
      • 5.1.1.3 Polyhydroxy Alkanoates (PHA)
      • 5.1.1.4 Polyesters (PBS, PBAT, and PCL)
      • 5.1.1.5 Other Bio-based Biodegradables
    • 5.1.2 Bio-based Non-biodegradables
      • 5.1.2.1 Bio Polyethylene Terephthalate (PET)
      • 5.1.2.2 Bio Polyethylene
      • 5.1.2.3 Bio Polyamides
      • 5.1.2.4 Bio Polytrimethylene Terephthalate
      • 5.1.2.5 Other Non-biodegradables
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Flexible Packaging
    • 5.2.2 Rigid Packaging
    • 5.2.3 Automotive and Assembly Operations
    • 5.2.4 Agriculture and Horticulture
    • 5.2.5 Construction
    • 5.2.6 Textiles
    • 5.2.7 Electrical and Electronics
    • 5.2.8 Other Applications
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 Italy
      • 5.3.3.4 France
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle-East and Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles (Overview, Financials**, Products and Services, and Recent Developments)
    • 6.4.1 Trinseo
    • 6.4.2 Arkema
    • 6.4.3 BASF SE
    • 6.4.4 BIOTEC
    • 6.4.5 Braskem
    • 6.4.6 Danimer Scientific
    • 6.4.7 Rodenburg Biopolymers
    • 6.4.8 Futerro
    • 6.4.9 Indorama Ventures Public Company Limited
    • 6.4.10 Minima
    • 6.4.11 Natureworks LLC
    • 6.4.12 Novamont SpA
    • 6.4.13 Total Corbion PLA

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Growing Use in the Electronics Industry