デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444098

灌漑機械:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024-2029)

Irrigation Machinery - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 165 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
灌漑機械:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024-2029)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 165 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

灌漑機械市場規模は、2024年に175億2,000万米ドルと推定され、2029年までに250億9,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に7.46%のCAGRで成長します。

灌漑機械-市場

主なハイライト

  • 気候変動と地球温暖化の進行により降雨パターンが変化し、農業における灌漑が困難になっています。したがって、灌漑機械の使用により、世界中の数千エーカーに簡単に水を供給できるようになりました。最もよく使用されている現代の灌漑方法は、スプリンクラーと点滴灌漑です。それらは主に作物の成長と水分を維持するのに役立ちます。
  • 政府の補助金や政策、技術革新、水不足に対する懸念の高まりなどの重要な要因が市場の成長を推進しています。また、自然灌漑システムの不足と作物の生産性に対する需要の高まりにより、灌漑機械の市場は成長すると予想されています。
  • スプリンクラー灌漑機械は、世界の灌漑機械市場で最大のセグメントです。いくつかの主要な市場プレーヤーは、革新的な製品を開発し、強力な市場足場を維持するために研究開発に投資しています。収量の向上やその他の関連する利点を得るために効率的な灌漑システムの利用が増えていることと、主要な市場関係者による高度なモデルの継続的なイントロダクションが相まって、このシステムが調査対象市場の最大のセグメントとなっています。
  • 北米は最も急速に成長している市場とみなされています。この地域にある企業は新製品を発売しており、それにより、より迅速なイノベーションと製品発売で調査対象の市場を独占しています。政府の政策も、農家にさまざまな補助金を提供することで市場の成長を補っています。

灌漑機械市場の動向

政府からの補助金や金融機関からの支援

政府機関はさまざまな国で灌漑機械の普及を促進し、農民に複数の利益や補助金を提供することで高度な灌漑技術の導入を促進しています。これらの補助金は、農家が灌漑機械を購入して農場での灌漑作業を簡素化するのに役立ち、それによって世界中で灌漑可能な土地の増加に貢献しています。たとえば、ワールドデータアトラスによると、世界の総灌漑面積は2019年から2020年にかけて7,461万3,000ヘクタール増加しました。さらに、米国では、節水の強化と点滴灌漑への補助金により、水の消費量と作物の収量が増加すると予想されています。これにより、点滴灌漑機械の需要が増大すると予想されます。

これに加えて、ウガンダは主に農業に依存している地域です。それでも、水インフラの不足と、気候変動によりますます不安定になる降雨量は、農民たちが直面している課題のほんの2つにすぎません。農家の苦境を軽減するために、世界銀行は成果のためのウガンダ政府間財政移転プログラム(UgIFT)の一環として農業省とウガンダ全土の40の地方自治体を支援しています。 2020年9月、理事会は、教育、保健、水と環境、小規模灌漑(難民が多数居住する地域を含む)における地方自治体(LG)のサービス提供を強化するため、UgIFTへの3億米ドルの追加融資を承認しました。この取り組みは、農家が灌漑設備を低コストで購入し、灌漑設備の使い方を学び、作物に水をやる時期と方法を理解するのに役立ちました。

インド政府は、「Per Drop More Crop」制度に基づき、農家に点滴灌漑とスプリンクラー灌漑の導入を奨励するために、農家には目安単価の55%の割合で、その他の栽培者には45%の割合で補助金または財政援助を提供しています。水の利用効率を高めるシステム。これにより市場が強化されることが期待されます。近代的かつ高度な灌漑システムの導入に対する低利ローンと補助金に関する政府の有利な政策により、灌漑機械市場は世界中で大幅な成長を遂げる可能性があります。

北米が市場を独占

北米における灌漑システムの導入率はここ数年増加しています。水不足は重大な課題であり、灌漑機械システムの使用を促す重要な要因となっています。点滴やスプリンクラーなどのマイクロ灌漑システムは、水の無駄を減らし、生産性を向上させます。

機器の高度化と補助金という形での政府の取り組みが市場の成長を促進しています。連邦、州、地方レベルでの水開発プログラムと地下水汲み上げ技術の向上は、北米の灌漑地域の拡大に貢献しています。この地域の農家は、柔軟な金利と返済スケジュールで農機具ローンの形でタイムリーな補助金を利用することができました。これにより、小規模農家でも農業用灌漑設備に投資できるようになり、灌漑システムの市場が拡大しました。

たとえば、米国政府は、USDA直接オペレーティングローン、USDAオペレーティングマイクロローン、およびUSDA保証オペレーティングローンを通じて農機具の融資を行っています。 2018年の農業法案は、灌漑システムを含む農業システムに関連する高額な資本コストに対する融資をより容易に利用できるように、米国の農家に対する農業ローンの限度額をさらに引き上げました。融資や補助金の利用が可能になったことで農業用灌漑機械の需要が高まり、その結果、国内で調査対象となっている市場が成長しています。

カナダ統計局の報告によると、2020年のカナダの総灌漑面積は605,907ヘクタールでした。 345,581ヘクタールの畑作物が灌漑の大部分に貢献し、飼料作物が205,866ヘクタールを占めました。この国の広大な灌漑地域は、その後この地域の灌漑機械市場を牽引しています。

灌漑機械業界の概要

灌漑機械市場は統合されており、大手企業が調査対象市場の大きなシェアを占めています。これらの企業には、Orbia(Netafim Limited)、Jain Irrigation Systems Limited、The Toro Company、Vamont Industries、Rain Bird Corporationが含まれます。これらの主要企業は、事業拡大のための新製品の発売や買収に投資しています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 新規参入業者の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • 灌漑タイプ別
    • スプリンクラー灌漑
      • ポンプユニット
      • チューブ
      • カプラー
      • スプレー/スプリンクラーヘッド
      • 付属品と付属品
      • センサー
      • コントローラー
      • インジェクター
      • 流量計
    • 点滴灌漑
      • バルブ
      • 逆流防止装置
      • 圧力調整器
      • フィルター
      • エミッタ
      • チューブ
      • その他の点滴灌漑
    • ピボット灌漑
    • その他の灌漑タイプ
  • 用途の種類別
    • 穀物およびシリアル
    • 豆類と油糧種子
    • 果物と野菜
    • その他の用途タイプ
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
      • その他北米
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • オランダ
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • サウジアラビア
      • カンボジア
      • その他アジア太平洋地域
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • ペルー
      • その他南米
    • 中東とアフリカ
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ

第6章 競合情勢

  • 市場シェア分析
  • 最も採用されている戦略
  • 企業プロファイル
    • Nelson Irrigation Corporation
    • Orbia(Netafim Limited)
    • EPC Industries Limited
    • Jain Irrigation Systems Limited
    • Tl Irrigation Co.
    • The Toro Company
    • Valmont Industries
    • Deere &Company
    • Lindsay Corporation
    • Rain Bird Corporation
    • Rivulus Irrigation

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 52037

The Irrigation Machinery Market size is estimated at USD 17.52 billion in 2024, and is expected to reach USD 25.09 billion by 2029, growing at a CAGR of 7.46% during the forecast period (2024-2029).

Irrigation Machinery - Market

Key Highlights

  • The climatic changes and the increase in global warming have brought changes in rainfall patterns, making irrigation in agriculture difficult. Hence, the use of irrigation machinery has made it easy to serve thousands of acres around the world. The most-used modern irrigation methods are sprinkler and drip irrigation. They primarily serve to sustain crop growth and moisture.
  • Crucial factors, such as government subsidies and policies, technological innovations, and increasing concern over water scarcity, are driving the market's growth. Also, the market for irrigation machinery is anticipated to grow with increased scarcity of natural irrigation systems and enhanced demand for crop productivity.
  • Sprinkler irrigation machinery is the largest segment in the global irrigation machinery market. Several leading market players are investing in R&D to develop innovative products and maintain a strong market foothold. The growing usage of efficient irrigation systems for their better yield output and other associated benefits is coupled with the continuous introduction of advanced models by key market players to make it the largest segment of the market studied.
  • North America is considered the fastest-growing market. The companies located in the region are launching new products, thereby dominating the studied market with faster innovations and product launches. Government policies are also supplementing the growth of the market by providing various subsidies to the farmers.

Irrigation Machinery Market Trends

Subsidies from Governments and Support from Financial Institutions

Government organizations are promoting irrigation machinery in various countries to encourage the adoption of advanced irrigation technologies by providing multiple benefits or subsidies to farmers. These subsidies are helping farmers buy irrigation machinery to simplify the irrigation practices on the farm, thereby aiding the increased land under irrigation around the world. For instance, according to the World Data Atlas, the total irrigated area worldwide increased by 74,613 thousand hectares from 2019 to 2020. Additionally, in the United States, increasing water conservation and subsidies for drip irrigation are anticipated to enhance water consumption and crop yield. This is expected to augment the demand for drip irrigation machinery.

Along with this, Uganda is a region primarily dependent on agriculture. Still, the lack of water infrastructure and increasingly erratic rainfall due to climate change are just two of the challenges faced by its farmers. To help ease the hardships of farmers, the World Bank is supporting the Ministry of Agriculture and 40 local governments across Uganda as part of the Uganda Intergovernmental Fiscal Transfers Program for Results (UgIFT). In Sep 2020, the Board of Directors approved USD 300 million in additional financing to the UgIFT to boost local government (LGs) service delivery in education, health, water and environment, and micro irrigation, including in areas hosting large populations of refugees. This initiative helped farmers buy irrigation equipment at a lower cost, learn to use the irrigation equipment, and understand when and how to water crops.

The Indian government, under the Per Drop More Crop scheme, offers subsidies or financial assistance at a rate of 55% of the indicative unit cost to farmers and a rate of 45% to other cultivators in order to encourage farmers to install drip and sprinkler irrigation systems to promote the water use efficiency. This is expected to strengthen the market. Owing to favorable government policies regarding low-interest loans and subsidies for implementing modern and advanced irrigation systems, the irrigation machinery market is likely to witness significant growth worldwide.

North America Dominates the Market

The rate of adoption of irrigation systems in North America has increased over the past few years. Water scarcity is a significant challenge and a key driver for using irrigation machinery systems. Micro irrigation systems, such as drip and sprinklers, reduce water wastage and increase productivity.

The growing sophistication of equipment and government initiatives in the form of subsidies is driving market growth. Water development programs at the federal, state, and local levels and improvements in groundwater pumping technologies are contributing to the expansion of the irrigated area in North America. Farmers in the region have been able to avail themselves of timely subsidies in the form of agriculture equipment loans at flexible interest rates and repayment schedules. This has helped even small-scale farmers invest in agricultural irrigation equipment, thereby expanding the market of irrigation systems.

For instance, the US government extends loans on farm equipment through USDA Direct Operating Loans, USDA Operating Microloans, and USDA Guaranteed Operating Loans. The 2018 Farm Bill further increased the farm loan limit for US farmers to better access credit for high capital costs related to agriculture systems, including irrigation systems. The availability of loans and subsidies is propelling the demand for agricultural irrigation machinery, resulting in the growth of the market studied in the country.

As reported by Statistique Canada, the total irrigated area in the country in 2020 was 605,907 hectares. With 345,581 hectares, the field crops contributed to most of the irrigation, while the forage crops accounted for 205,866 hectares. The large, irrigated area in the country is driving the market for irrigation machinery subsequently in the region.

Irrigation Machinery Industry Overview

The irrigation machinery market is consolidated, with major players occupying a significant share of the market studied. These players include Orbia (Netafim Limited), Jain Irrigation Systems Limited, The Toro Company, Vamont Industries, and Rain Bird Corporation. These key players are investing in new product launches and acquisitions for business expansions.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions & Market Definition
  • 1.2 Scope Of The Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Threat of Substitute Products
    • 4.4.4 Threat of New Entrants
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Irrigation Type
    • 5.1.1 Sprinkler Irrigation
      • 5.1.1.1 Pumping Unit
      • 5.1.1.2 Tubing
      • 5.1.1.3 Couplers
      • 5.1.1.4 Spray/Sprinklers Heads
      • 5.1.1.5 Fittings and Accessories
      • 5.1.1.6 Sensors
      • 5.1.1.7 Controllers
      • 5.1.1.8 Injectors
      • 5.1.1.9 Flow Meters
    • 5.1.2 Drip Irrigation
      • 5.1.2.1 Valves
      • 5.1.2.2 Backflow Preventers
      • 5.1.2.3 Pressure Regulators
      • 5.1.2.4 Filters
      • 5.1.2.5 Emitters
      • 5.1.2.6 Tubing
      • 5.1.2.7 Other Drip Irrigations
    • 5.1.3 Pivot Irrigation
    • 5.1.4 Other Irrigation Types
  • 5.2 By Application Type
    • 5.2.1 Grains and Cereals
    • 5.2.2 Pulses and Oilseeds
    • 5.2.3 Fruits and Vegetables
    • 5.2.4 Other Application Types
  • 5.3 By Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
      • 5.3.1.4 Rest of North America
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Netherlands
      • 5.3.2.6 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Saudi Arabia
      • 5.3.3.5 Cambodia
      • 5.3.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Peru
      • 5.3.4.4 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle East and Africa
      • 5.3.5.1 South Africa
      • 5.3.5.2 Rest of Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Market Share Analysis
  • 6.2 Most Adopted Strategies
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 Nelson Irrigation Corporation
    • 6.3.2 Orbia (Netafim Limited)
    • 6.3.3 EPC Industries Limited
    • 6.3.4 Jain Irrigation Systems Limited
    • 6.3.5 T-l Irrigation Co.
    • 6.3.6 The Toro Company
    • 6.3.7 Valmont Industries
    • 6.3.8 Deere & Company
    • 6.3.9 Lindsay Corporation
    • 6.3.10 Rain Bird Corporation
    • 6.3.11 Rivulus Irrigation

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS