デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444041

造影剤:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Contrast Media - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.89円
造影剤:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

造影剤市場規模は2024年に57億7,000万米ドルと推定され、2029年までに65億9,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に7.44%のCAGRで成長します。

造影剤- 市場

COVID-19のパンデミックの影響で、医療システムは大きな課題に直面しています。COVID-19のパンデミック中、ほとんどの慢性疼痛治療は緊急ではないとみなされたため、ウイルス感染のリスクを軽減するためにすべての外来治療が延期または制限されました。逆に、胸部CTスキャンは、COVID-19の診断に使用される著名な手法です。COVID-19患者のCT診断に関する最初の研究は、2020年 1月にランセットジャーナルに発表されました。それ以来、肺塞栓症に対する胸部CTは、代替診断と診断の両方において効率的であるため、病気の予後診断にますます使用されるようになりました。

造影剤市場の成長の主な要因には、慢性疾患の発生率の増加、画像誘導処置および診断に対する需要の増加、造影剤の多数の承認などが含まれます。画像ガイドに基づいた処置は、がんが悪性か良性かを判断するのに役立ちます。世界の発展途上国と先進国の両方でがんの罹患率が増加し、症例数が増加しているため、患者が早期に診断を受けるのに役立つ処置を提供する必要があります。

世界中で複数の種類の慢性疾患が蔓延しているため、画像診断の需要はかつてないほど高まっています。メディケア支払諮問委員会(MedPAC)がメディケア・メディケイド・サービスセンター(CMS)に宛てた報告書によると、メディケア受益者1人当たりの画像サービスの増加量は、医師が提供する他のすべてのサービスの中で最も高くなっています。

画像誘導手術(IGS)は時間の経過とともに受け入れられてきています。これらの処置は、複数の症状の診断と治療に役立ちます。手術中のイメージングを改良する必要性と要求が高まっているため、データ収集、処理、表示の独自の方法、およびイメージングのプロセスと治療におけるその応用の完全な理解が必要です。このニーズは画像誘導処置によって十分に満たされており、その結果、診断および治療のための画像誘導処置の需要が増加し、したがって市場成長の要因となっています。

造影剤市場動向

ヨウ素系造影剤セグメントは造影剤市場で主要なシェアを握ると予想される

ヨウ素化造影剤は、ヨウ素を含む静脈内放射線造影剤(放射線撮影用色素)の一種で、放射線撮影の際に血管構造や臓器の可視性を高めます。ヨウ素添加コントラストは、がんなどの病気の診断における視認性の向上に役立ちます。現在使用されているヨード造影剤は、2、4、6個のトリヨード化ベンゼン環を化学修飾して構成されています。

ヨウ素化造影剤のX線減衰能力は、画像化する組織に存在するヨウ素分子の数に依存し、画像化に使用されるX線エネルギーに反比例します。したがって、特定の目的に使用される造影剤の種類と量は、必要な画像特性によっても異なります。イオン造影剤の使用増加により、この分野は将来的に成長すると予想されています。

北米は予測期間中引き続き市場の優位性を維持すると予想される

北米は造影剤市場で大きなシェアを占めており、予測期間中も大きな変動はなく同様の傾向を示すと予想されます。最初のガドリニウムベースの造影剤が米国で承認されました。米国では過去10年間に4つの薬剤が承認されており、その結果、業界ではより効率的で、より正確で、安全な薬剤を探し続けるという強い傾向が生まれています。米国では、造影剤の売上が今後数年間で増加すると予想されています。さまざまな画像モダリティの中でも、超音波市場向けの造影剤の売上は高い成長率が見込まれています。米国は、北米最大の造影剤の消費市場です。心血管疾患や神経疾患などの慢性疾患の増加が、米国における市場成長の主な原動力となっています。

造影剤業界の概要

造影剤市場は、いくつかの大手企業の存在により統合されています。市場シェアの点では、現在、いくつかの大手企業が市場を独占しています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 慢性疾患の発生率の増加
    • 画像ガイドに基づいた処置と診断に対する需要の高まり
    • 造影剤の多数の承認
  • 市場抑制要因
    • 造影剤に関連する副作用とアレルギー反応
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • ヨード造影剤
    • ガドリニウムベース造影剤
    • マイクロバブル造影剤
    • バリウムベース造影剤
  • 処置別
    • X線/コンピュータ断層撮影(CT)
    • 磁気共鳴画像法(MRI)
    • 超音波
  • 適応症別
    • 循環器疾患
    • 腫瘍
    • 胃腸疾患
    • 神経学的障害
    • その他
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
      • その他北米
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋
    • 中東とアフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Bayer AG
    • Bracco Diagnostic Inc.
    • GE Healthcare
    • Guerbet Group
    • Lantheus Medical Imaging Inc.
    • Spago Nanomedical AB
    • FUJIFILM Corporation
    • Beijing Beilu Pharmaceutical Co. Ltd
    • Taejoon Pharm

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 50987

The Contrast Media Market size is estimated at USD 5.77 billion in 2024, and is expected to reach USD 6.59 billion by 2029, growing at a CAGR of 7.44% during the forecast period (2024-2029).

Contrast Media - Market

The healthcare system has witnessed enormous challenges as a result of the COVID-19 pandemic. All outpatient treatments were postponed or restricted during the COVID-19 pandemic to reduce the risk of viral transmission, as most chronic pain therapies were regarded as non-urgent. Conversely, a chest CT scan is a prominent procedure used in the diagnosis of COVID-19. The first study on CT diagnosis of COVID-19 patients was published in the Lancet Journal in January 2020. Since then, the chest CT for pulmonary embolism has been increasingly used for a prognosis of the disease, as they are efficient in both alternative diagnoses and identifying complications of COVID-19. Thus, the market for contrast media is estimated to expand during the forecast period.

The major factors for the growth of the contrast media market include the increase in the incidences of chronic diseases, rising demand for image-guided procedures and diagnostics, and a large number of approvals for contrast agents. Image-guided procedures can help determine if a cancer is malignant or benign. With the increased prevalence and the increase in the number of cancer cases in both developing and developed economies of the world, it is necessary to provide procedures that can help patients get a diagnosis at the earlier stages.

The demand for diagnostics imaging is at an all-time high, with multiple types of chronic diseases prevalent globally. According to a report by the Medicare Payment Advisory Commission (MedPAC) to the Center for Medicare and Medicaid Services (CMS), the rise in the volume of imaging services per medicare beneficiary is the highest among all other services provided by physicians.

Image-guided surgeries (IGS) are gaining acceptance with time. These procedures are useful for diagnosis as well as treatment of multiple conditions. The rising need and demand for refinement of imaging during surgeries requires unique methods of data acquisition, processing, display, and a full understanding of the process of imaging and its applications in therapy. This need is very well served by image-guided procedures, and it has resulted in an increased demand for image-guided procedures for diagnostics and treatment, and hence, has served as a factor for market growth.

Contrast Media Market Trends

Iodinated Contrast Media Segment Expected to Hold a Major Share in the Contrast Media Market

Iodinated contrast media is a form of intravenous radiocontrast (radiographic dye) containing iodine, which enhances the visibility of vascular structures and organs during radiographic procedures. The iodinated contrast has helped improve visibility in the diagnosis of diseases, such as cancer. The iodinated contrast media being used now are made up of the chemical modifications of the 2, 4, and 6 tri-iodinated benzene rings.

The ability of an iodinated contrast media to attenuate X-rays depends on the number of iodine molecules present in the tissue to be imaged and is inversely related to the X-ray energy used for imaging. Therefore, the type and amount of contrast media used for a given purpose also depend on the imaging characteristics needed. The segment is expected to grow in the future due to the increasing usage of ionic contrast media.

North America Expected to Continue Market Dominance over the Forecast Period

North America holds a major share in the contrast media market and is expected to show a similar trend over the forecast period without significant fluctuations. The first gadolinium-based contrast agent was approved in the United States. Four agents were approved in the United States in the past decade, and this has resulted in a strong trend in the industry to continue to find more efficient, more accurate, and safe agents. The contrast media sales are expected to grow in the United States over the coming years. Among the different imaging modalities, sales of contrast media for the ultrasound market are expected to have a high growth rate. The United States is the largest consumer market for contrast media in North America. An increase in chronic diseases, such as cardiovascular and neurological diseases, is the major driving factor for the market's growth in the United States.

Contrast Media Industry Overview

The contrast media market is consolidated owing to the presence of a few major players. In terms of market share, a few of the major players are currently dominating the market. Some companies currently dominating the market include Bayer AG, Bracco Diagnostic Inc., GE Healthcare, Guerbet Group, Jodas Expoim, Lantheus Medical Imaging Inc., Spago Nanomedical AB, FUJIFILM Corporation, Beijing Beilu Pharmaceutical Co. Ltd, and Taejoon Pharm.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increase in the Incidences of Chronic Diseases
    • 4.2.2 Rising Demand for Image-guided Procedures and Diagnostics
    • 4.2.3 Large Number of Approvals for Contrast Agents
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Side Effects and Allergic Reactions Associated with Contrast Agents
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Type
    • 5.1.1 Iodinated Contrast Media
    • 5.1.2 Gadolinium-based Contrast Media
    • 5.1.3 Microbubble Contrast Media
    • 5.1.4 Barium-based Contrast Media
  • 5.2 By Procedure
    • 5.2.1 X-ray/Computed Tomography (CT)
    • 5.2.2 Magnetic Resonance Imaging (MRI)
    • 5.2.3 Ultrasound
  • 5.3 By Indication
    • 5.3.1 Cardiovascular Disease
    • 5.3.2 Oncology
    • 5.3.3 Gastrointestinal Disorders
    • 5.3.4 Neurological Disorders
    • 5.3.5 Other Indications
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
      • 5.4.1.4 Rest of North America
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South Korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Middle-East and Africa
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle-East and Africa
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Bayer AG
    • 6.1.2 Bracco Diagnostic Inc.
    • 6.1.3 GE Healthcare
    • 6.1.4 Guerbet Group
    • 6.1.5 Lantheus Medical Imaging Inc.
    • 6.1.6 Spago Nanomedical AB
    • 6.1.7 FUJIFILM Corporation
    • 6.1.8 Beijing Beilu Pharmaceutical Co. Ltd
    • 6.1.9 Taejoon Pharm

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS