デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444005

バイオインフォマティクス:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Bioinformatics - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 125 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
バイオインフォマティクス:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 125 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

バイオインフォマティクス市場規模は、2024年に163億6,000万米ドルと推定され、2029年までに239億7,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に7.94%のCAGRで成長します。

バイオインフォマティクス-市場

COVID-19が市場の成長に与えた影響は、その準備段階では多大でした。配列決定とデータ分析は、パンデミック中に環境、動物、人間内のウイルスの特性評価と検出に役立つツールと呼ばれており、その結果、いくつかの調査プラットフォームでこのようなコンピューター技術の使用率が高まりました。感染経路に関連する情報は公衆衛生管理と封じ込め対策にとって重要であり、ウイルスの変異性に関する知識はワクチンやより安価な診断法の開発に役立ちました。したがって、分析によると、SARS-CoV-2ウイルスの出現株と研究開発活動の増加により、パンデミック後の段階でも市場は同じ傾向をたどると予想されます。たとえば、2021年11月にイルミナは、シーケンス消耗品とクラウドベースのバイオインフォマティクスをカナダのCOVID-19プロジェクトに寄付しました。この寄付は、カナダのCOVID-19ゲノミクスネットワーク(CanCoGen)のHostSeqプロジェクトとVirusSeqプロジェクトを支援するためのものでした。したがって、市場参加者によるこのような取り組みは、予測期間中の市場の成長をサポートすると予想されます。

バイオインフォマティクス市場の成長要因には、核酸およびタンパク質配列決定に対する需要の高まり、民間および政府機関による取り組みの増加、プロテオミクスおよびゲノミクスの成長の加速、分子生物学および創薬に関する調査の増加などが含まれます。上記の要因により、世界のバイオインフォマティクス市場は、予測期間中に急速な成長を経験すると予想されます。

2021年 7月、インドのNational Institute of Technology, Rourkela(NIT-R)は、ビッグデータ分析を使用した新しい疾患バイオマーカーと治療戦略の開発を支援するバイオインフォマティクスおよび計算生物学センター(CBCB)を立ち上げました。したがって、新興諸国での計算生物学を使用したそのようなセンターの立ち上げが市場の成長を促進しています。

さらに、2021年 6月に「Mid-Year Review:New Drug Approvals」で発表されたデータによると、米国FDAと医薬品評価研究センター(CDER)は、2021年の中間時点で26の新しい分子実体(NME)を承認しました(2021年6月28日現在)。これは2020年通年の支持率53倍と同等でした。 59のNMEが認可された2018年を除き、2020年に認可されたNMEの数は過去10年間で2番目に多くなりました。FDAからの承認の増加により研究開発活動がさらに促進され、医薬品の設計と開発のプロセスを容易にするデータベースとソフトウェアが必要となり、市場の成長を促進します。さらに、BALL、Bioclipse、RasMol、AUTODOCKなどの技術的に高度なバイオインフォマティクスソフトウェアの導入と、医薬品開発プロセスの初期段階での毒性検出を支援するバイオマーカー発見プログラムの効果的かつ正確な分析のためのこれらのツールの市場利用の増加が、今後数年間で業界の成長を促進すると予想されています。たとえば、2022年 6月にMy Intelligent Machines(MIM)は、腫瘍学における医薬品開発のための強力なソフトウェアを発売しました。

ただし、データ統合のための明確に定義された標準と共通データ形式の欠如、データの複雑さに関する懸念、さらにはユーザーフレンドリーなツールの不足により、予測期間中の市場の成長が妨げられる可能性があります。

バイオインフォマティクス市場動向

シーケンス解析プラットフォームセグメントは、予測期間にわたって大きなシェアを保持すると予想される

バイオインフォマティクスにおけるシーケンス解析は、DNA、RNA、またはペプチドシーケンスを幅広い分析方法のいずれかに適用して、その特徴、機能、構造、または進化を理解するプロセスです。スループット、リード長、精度に関する次世代シーケンシング(NGS)技術の進歩は、マイクロバイオーム(遺伝)研究に大きな影響を与えました。これらの進歩により、16S rRNAアンプリコンの配列決定が大幅に改善されました。

Illumina MiSeq、Ion Torrent PGM、Roche 454 GS FLX Titaniumなどの市販のプラットフォームには、標準および修正されたライブラリー調製プロトコルが装備されています。これらのシーケンシング・分析プラットフォームは、パイロシーケンシングによって生成された16S rRNAアンプリコンシーケンシングからキメラ・その他のシーケンシングアーティファクトをバイオインフォマティクス的に除去することにより、シーケンシングエラーを減らすことができます。バイオインフォマティクス市場における配列分析のこのような利点は、市場セグメントの成長を促進すると予想されます。

さらに、いくつかの市場関係者は、さまざまな研究開発研究のために配列分析プラットフォームを利用しています。たとえば、2021年 12月に、Singular Genomics Systems Inc.は、世界で最も強力なベンチトップシーケンサーであるG4の商業発売を発表しました。次世代シーケンシングプラットフォームは、新しい高性能化学と高度なエンジニアリングを特徴としており、腫瘍学や免疫学の調査を含むさまざまなアプリケーションに精度、柔軟性、速度、パワーを提供します。

全体として、配列分析プラットフォームセグメントの市場は、主に次世代シーケンシングの利用増加により、予測期間中に大幅な成長を遂げると予想されます。

北米は健全な成長を見せており、予測期間中同じ傾向をたどると予想される

核酸や遺伝子工学に関する調査活動の増加、プロテオミクスやメタゲノムアプローチを活用した新規創薬予算の増加、生物学的データに対する意識の高まりなどにより、北米地域が市場をリードしています。分子生物学手法における革新の増加、新しいヘルスケア技術の高い採用率、ゲノムおよびプロテオミクス調査の普及率が、この地域のバイオインフォマティクス市場の主な促進要因となっています。

米国は、創薬、ゲノミクス、プロテオミクス構造予測の分野で行われている調査に大きく貢献しています。さまざまな大学や調査機関が、生成される大量のデータを処理できるさまざまなバイオインフォマティクスツールやデバイスを開発するために、国立衛生研究所(NIH)などの政府機関やゲイツ財団やメリンダ財団などの民間団体から資金提供を受けています。病気の予後と治療の選択肢を理解します。米国では生成されるゲノムデータとプロテオミクスデータの量が多いため、国内の生物学的データのデータベース開発と管理に対応するために巨額の投資が行われています。さらに、米国の消費者は新薬により多くのお金を払っているため、遺伝子治療や医薬品開発を目的とした公的および民間の調査に大規模な投資が行われています。新薬に対する消費者の嗜好の変化により、調査機関は継続的に新薬の発見に取り組んでいます。

2022年4月、ATCCは、動物およびヒトの細胞株および生物学的材料のコレクションからの配列データをQiagenに提供する契約をQiagenと発表しました。 Qiagenは、バイオテクノロジーおよび製薬業界向けに価値の高いデジタル生物学コンテンツを開発および提供するための情報からデータベースを構築し、認証された生物学的データセットを使用して新しい疾患経路を明らかにし、新しい治療標的を発見できるようにすると期待されています。米国地域におけるこのような発展は、調査対象市場の成長をさらに加速させています。

したがって、上記の要因により、北米地域では市場が飛躍的に成長すると予想されます。

バイオインフォマティクス業界の概要

バイオインフォマティクス市場は、複数の市場プレーヤーの存在により競争が激しくなっています。市場シェアの点では、現在、いくつかの大手企業が市場を独占しています。しかし、技術の進歩と製品の革新に伴い、中規模から中小企業は新製品を投入することで市場での存在感を高めています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 核酸およびタンパク質のシーケンシングに対する需要の増加
    • 政府や民間団体による取り組みの増加
    • プロテオミクスとゲノミクスの成長の加速
    • 分子生物学と創薬に関する研究の増加
  • 市場抑制要因
    • データ統合のための明確に定義された標準と共通データ形式の欠如
    • データの複雑さの懸念と使いやすいツールの欠如
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品・サービス別
    • ナレッジ管理ツール
    • バイオインフォマティクスプラットフォーム
    • バイオインフォマティクスサービス
  • 用途別
    • 微生物ゲノム
    • 遺伝子工学
    • 医薬品開発
    • オミックス
    • 個別化医療
    • その他
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋
    • 中東とアフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • 3rd Millennium Inc.
    • ABM
    • Agilent Technologies
    • BioWisdom Ltd
    • Quest Diagnostics(Celera Corporation)
    • Dassault Systemes
    • Data4Cure
    • Geneva Bioinformatics SA
    • Illumina Inc.
    • Lineage Cell Therapeutics(BioTime Inc.)
    • Ontoforce
    • PerkinElmer
    • Qiagen NV
    • Rosetta Biosoftware
    • Thermo Fischer Scientific(Life Technologies)

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 50460

The Bioinformatics Market size is estimated at USD 16.36 billion in 2024, and is expected to reach USD 23.97 billion by 2029, growing at a CAGR of 7.94% during the forecast period (2024-2029).

Bioinformatics - Market

The impact of COVID-19 on the market's growth was substantial in its preliminary phase. Sequencing and data analysis were termed useful tools for the characterization and detection of viruses in the environment, animals, and people during the pandemic, thereby resulting in higher usage of such computational technology across several research platforms. Information related to transmission chains was critical for public health control and containment measures, while knowledge of virus variability guided the development of vaccines and cheaper diagnostic methods. Thus, as per the analysis, the market is expected to follow the same trend over the post-pandemic phase due to emerging strains of the SARS-CoV-2 virus and an increase in research and development activities. For instance, in November 2021, Illumina donated sequencing consumables and cloud-based bioinformatics to Canadian COVID-19 projects. The donations were to support the HostSeq and VirusSeq projects of Canada's COVID-19 Genomics Network, or CanCoGen. Thus, such initiatives by the market players are anticipated to support the market's growth during the forecast period.

The growth factors for the bioinformatics market include the rising demand for nucleic acid and protein sequencing, rising initiatives from private and government organizations, the accelerating growth of proteomics and genomics, and rising research on molecular biology and drug discovery. Owing to the above factors, the global bioinformatics market is expected to experience rapid growth during the forecast period.

In July 2021, the National Institute of Technology, Rourkela (NIT-R), India, launched its Center for Bioinformatics and Computational Biology (CBCB), which will help develop novel disease biomarkers and therapeutic strategies using big data analysis. Thus, the launch of such centers using computational biology in developing countries is boosting the market growth.

Additionally, according to the data published in Mid-Year Review: New Drug Approvals in June 2021, the US FDA and Center for Drug Evaluation and Research (CDER) have authorized 26 new molecular entities (NMEs) at the halfway point of 2021 (as of June 28, 2021), which was on par with the full-year 2020 approval rate of 53 times. Except for 2018, when 59 NMEs were granted, the number of NMEs approved in 2020 was the second-highest in the last decade. The rising approvals from the FDA will further boost the research and development activities, which will in turn need databases and software to ease the process of drug design and development, in turn boosting the market's growth. Moreover, the introduction of technologically advanced bioinformatics software such as BALL, Bioclipse, RasMol, and AUTODOCK and the rising market usage of these tools for effective and accurate analysis of biomarker discovery programs that assist in toxicity detection during the initial stage of the drug development process is expected to boost the industry's growth over the upcoming years. For instance, in June 2022, My Intelligent Machines (MIMs) launched powerful software for drug development in oncology.

However, the lack of well-defined standards and common data formats for the integration of data and concerns about data complexity, as well as the shortage of user-friendly tools, are likely to hamper market growth over the forecast period.

Bioinformatics Market Trends

Sequence Analysis Platform Segment is Expected Hold a Significant Share Over the Forecast Period

In bioinformatics, sequence analysis is the process of subjecting a DNA, RNA, or peptide sequence to any of a wide range of analytical methods to understand its features, function, structure, or evolution. The advancements in next-generation sequencing (NGS) technologies regarding throughput, read length, and accuracy had a major impact on microbiome (genetic) research. These advancements have significantly improved 16S rRNA amplicon sequencing.

Commercially available platforms, like Illumina MiSeq, Ion Torrent PGM, and Roche 454 GS FLX Titanium, are equipped with standard and modified library preparation protocols. These sequencing and analysis platforms can reduce sequencing errors by bioinformatically removing chimeras and other sequencing artifacts from 16S rRNA amplicon sequences generated by pyrosequencing. Such advantages of sequence analysis in the bioinformatics market are expected to propel the growth of the market segment.

Furthermore, several market players have been utilizing sequence analysis platforms for various R&D studies. For instance, in December 2021, Singular Genomics Systems Inc. announced the commercial launch of the G4, the world's most powerful benchtop sequencer. The next-generation sequencing platform featured novel high-performance chemistry and advanced engineering to deliver accuracy, flexibility, speed, and power for a range of applications, including research in oncology and immunology.

Overall, the market for the sequence analysis platform segment is expected to witness significant growth over the forecast period, primarily due to an increase in the utilization of next-generation sequencing.

North America Witnessed the Healthy Growth and is Expected To Follow the Same Trend over the Forecast Period

The North American region is leading the market due to factors such as the rise in the number of research activities pertaining to nucleic acids and genetic engineering, the increase in the budget for novel drug discovery using proteomic and metagenomic approaches, and growing awareness about biological data. The increasing innovations in molecular biology procedures, the high adoption rate of new healthcare technologies, and the high prevalence of genomic and proteomic research studies are the primary drivers for the bioinformatics market in the region.

The United States contributes heavily to the research being conducted in the fields of drug discovery, genomics, and proteomics structure prediction. Various universities and research institutes have received funding from government organizations, like the National Institute of Health (NIH), and private organizations, like Gates and Melinda Foundation, for developing various bioinformatics tools and devices that can handle the bulk amount of data being generated to understand the disease prognosis and treatment options. Since the amount of genomic and proteomic data being generated is high in the United States, there are huge investments to cater to the database development and management of biological data in the country. Moreover, large-scale investments are being made in public and private research for gene therapy and drug development purposes since consumers in the United States are paying more for newer drugs. Due to consumers' shifting preferences for new drugs, research institutes are continuously engaging in novel drug discovery.

In April 2022, ATCC announced an agreement with Qiagen to provide them with sequencing data from its collection of animal and human cell lines and biological materials. Qiagen is expected to establish a database from the information to develop and deliver high-value digital biology content for the biotechnology and pharmaceutical industries, enabling the use of authenticated biological data sets to uncover new disease pathways and discover novel therapeutic targets. Such developments in the United States region are adding to the growth of the studied market.

Hence, owing to the above-mentioned factors, the market is expected to grow exponentially in the North American region.

Bioinformatics Industry Overview

The bioinformatics market is competitive with the presence of several market players. In terms of market share, a few of the major players currently dominate the market. However, with technological advancements and product innovations, mid-size to smaller companies are increasing their market presence by introducing new products. The major global players in the bioinformatics market include Illumina, Thermo Fisher Scientific, and Agilent Technologies, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing Demand for Nucleic Acid and Protein Sequencing
    • 4.2.2 Increasing Initiatives from Governments and Private Organizations
    • 4.2.3 Accelerating Growth of Proteomics and Genomics
    • 4.2.4 Increasing Research on Molecular Biology and Drug Discovery
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Lack of Well-defined Standards and Common Data Formats for Integration of Data
    • 4.3.2 Data Complexity Concerns and Lack of User-friendly Tools
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Products and Services
    • 5.1.1 Knowledge Management Tools
    • 5.1.2 Bioinformatics Platform
      • 5.1.2.1 Sequence Analysis Platform
      • 5.1.2.2 Sequence Alignment Platform
      • 5.1.2.3 Sequence Manipulation Platform
      • 5.1.2.4 Structural and Functional Analysis Platform
      • 5.1.2.5 Other Bioinformatics Platforms
    • 5.1.3 Bioinformatics Services
      • 5.1.3.1 Sequencing Services
      • 5.1.3.2 Database and Management Services
      • 5.1.3.3 Data Analysis
      • 5.1.3.4 Other Bioinformatics Services
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Microbial Genome
    • 5.2.2 Gene Engineering
    • 5.2.3 Drug Development
    • 5.2.4 Omics
    • 5.2.5 Personalized Medicine
    • 5.2.6 Other Applications
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Spain
      • 5.3.2.6 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 South Korea
      • 5.3.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Middle East and Africa
      • 5.3.4.1 GCC
      • 5.3.4.2 South Africa
      • 5.3.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.3.5 South America
      • 5.3.5.1 Brazil
      • 5.3.5.2 Argentina
      • 5.3.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 3rd Millennium Inc.
    • 6.1.2 ABM
    • 6.1.3 Agilent Technologies
    • 6.1.4 BioWisdom Ltd
    • 6.1.5 Quest Diagnostics (Celera Corporation)
    • 6.1.6 Dassault Systemes
    • 6.1.7 Data4Cure
    • 6.1.8 Geneva Bioinformatics SA
    • 6.1.9 Illumina Inc.
    • 6.1.10 Lineage Cell Therapeutics (BioTime Inc.)
    • 6.1.11 Ontoforce
    • 6.1.12 PerkinElmer
    • 6.1.13 Qiagen NV
    • 6.1.14 Rosetta Biosoftware
    • 6.1.15 Thermo Fischer Scientific (Life Technologies)

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS