デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1443982

ヒトマイクロバイオーム:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Human Microbiome - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 110 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.10円
ヒトマイクロバイオーム:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 110 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ヒトマイクロバイオーム市場規模は、2024年に9億米ドルと推定され、2029年までに19億2,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に16.37%のCAGRで成長します。

ヒトマイクロバイオーム- 市場

ヒトマイクロバイオームは、いくつかの呼吸器疾患や免疫との関連性から、最近注目されている分野となっています。腸内微生物叢は良好な免疫力と関連していることが知られています。研究者らは、放線菌、ファーミキュート、バクテロイデスなどの微生物の数の変動が肺、呼吸器、その他の疾患の発症につながることを報告しています。たとえば、2020年4月、Persephone Biosciences Inc.は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の予防と闘いに役立つ免疫力を高めるマイクロバイオーム治療薬と、どの患者がどのような状態にあるのかを予測するのに役立つ潜在的な便ベースの診断検査の開発を開始しました。COVID-19にかかった後に重篤な合併症を発症し死亡するリスクが最も高いです。したがって、マイクロバイオームに関する調査研究の増加が、この市場の成長を裏付ける重要な推進力となっています。パンデミックにより、微生物叢の治療法と診断についての意識が高まりました。したがって、パンデミック後の期間においても市場は同じ傾向をたどると予想されます。

この市場の成長を促進する他の重要な要因は、生活習慣病の負担の増大と高齢者人口の増加です。たとえば、国際糖尿病連盟の2021年の統計によれば、欧州では20~79歳の5,270万人が糖尿病を患っており、この数は2045年までに6,900万人に達すると予想されています。より多くの酪酸生成細菌は、インスリン抵抗性と2型糖尿病のリスクに利益をもたらし、糖尿病などの生活習慣病の負担を増加させ、予測期間にわたって市場の成長を促進すると予想されます。

この調査を支援するための資金提供イニシアチブと政府プログラムの増加は、市場の成長を促進すると予想される大きな影響力を持つレンダリングの推進力です。たとえば、国立衛生研究所によると、2022年 5月、米国連邦政府は2021年にマイクロバイオームの研究開発に8億6,400万米ドルを支出し、2022年には9億300万米ドルを支出すると予想されています。政府は予測期間にわたって市場の成長を推進しています。ただし、包括的な調査の欠如と政府の厳しい規制により、予測期間中の市場の成長が制限される可能性があります。

ヒトマイクロバイオーム市場動向

治療用途は、予測期間中に調査対象市場でかなりのシェアを保持すると予想される

マイクロバイオーム治療法は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)、炎症性腸疾患(IBD)、クロストリジウム・ディフィシル感染症、クローン病、糖尿病などに幅広い応用が見出されています。ヒトマイクロバイオームのより多くの治療応用を見つけるために調査機関や市場関係者によって行われる研究活動の増加などの要因が、病気の負担の増加と相まって、市場セグメントの成長に貢献しています。

調査研究の増加により、市場セグメントの成長が促進されると予想されます。たとえば、臨床試験によるものです。チューリッヒ大学は、将来の予防および治療アプローチに向けて、COVID-19患者の微生物叢を調査しました(MICRO-COV)。この研究は2020年4月に開始され、2023年12月までに完了する予定です。このような研究から得られた良好な結果は新製品の開発につながる可能性があり、将来的にこの市場セグメントの成長を促進する可能性があります。

さらに、2021年 6月にFrontiers in Microbiology Journalに掲載された記事では、ヒトの消化管マイクロバイオーム研究が機構研究に移行すれば、重要な臨床開発および治療開発を実現できる可能性があると報告しました。また、より効果的で標的を絞った治療法の開発はマイクロバイオームと病気の間の因果関係の特定に依存しており、今後の進歩は最先端の配列決定アプローチ、コンピューター解析、実験的アッセイの間の効果的なつながりに依存していることも示唆されました。このような研究は市場の成長を促進します。

また、協定と協力は、市場プレーヤー間の市場セグメントの成長を促進し、市場における地位を強化します。たとえば、2021年7月、セレス・セラピューティクス社はネスレ・ヘルス・サイエンスと、再発性クロストリディオイデス・ディフィシル感染症(CDI)に対するセレス社の治験中の経口マイクロバイオーム治療薬であるSER-109を米国とカナダで共同で商品化する契約を締結しました。この研究中のマイクロバイオーム治療法は、まったく新しい治療法への道を導く可能性があります。

北米が市場を独占しており、予測期間中も同様に推移すると予想される

北米は現在、生活習慣病や自己免疫疾患の発生率が上昇しているため、ヒトマイクロバイオームの市場を独占しており、強力な医薬品パイプラインも相まって、非常に利益の出る成長をもたらしていると考えられます。

この地域における病気の負担の増大も市場の成長を促進しています。たとえば、米国がん協会の2022年の推計によると、2022年に米国で新たにがんの症例が約1,918,030人報告されると予想されています。また、Globocan 2020の統計によれば、新たながん症例は274,364人であり、予想されています。 2040年までに新たな症例数は40万564人に達すると予想されています。したがって、免疫療法に対する患者の感受性を高めたり、化学療法剤の副作用を軽減したりするなど、腸内微生物叢が腫瘍治療において調節的な役割を果たすため、このようながん負担の増加が市場の成長を促進すると予想されます。

さらに、調査研究の増加とその調査に対する規制当局による支援も、この地域の市場の成長に貢献しています。たとえば、2022年 2月、4D pharma plcは、パーキンソン病の治療のための2つのライブバイオセラピー、すなわちMRx0005とMRx0029の治験新薬(IND)申請に対するFDA認可を取得しました。このような承認は市場の成長を促進すると予想されます。

したがって、上記の要因により、調査対象となった北米地域の市場は、予測期間中に大幅な成長が見込まれると予想されます。

ヒトマイクロバイオーム業界の概要

ヒトマイクロバイオーム市場は適度な競争があり、いくつかのプレーヤーが新製品を考案しています。 Axial Biotherapeutics, Inc、DuPont、Series Therapeutics、Second Genome、Synthetic Biologicsなどの企業が市場でかなりのシェアを占めています。主要企業は、効率的で安全な医薬品を開発することにより、治療薬パイプラインを強化することに注力しています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 生活習慣病の増加
    • 高齢者人口の増加
  • 市場抑制要因
    • 包括的な調査の欠如
    • 政府の厳しい規制
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • 用途別
    • 治療
    • 診断
  • 疾患別
    • 肥満
    • 糖尿病
    • 自己免疫疾患
    • がん
    • 胃腸疾患
    • 中枢神経系疾患
    • その他
  • 製品別
    • プロバイオティクス
    • プレバイオティクス
    • シンボティクス
    • その他
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋
    • 中東とアフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • AOBiome
    • Astarte Medical
    • Axial Biotherapeutics, Inc.
    • DuPont
    • Enterome
    • Evelo Biosciences Inc
    • Finch Therapeutics Group Inc.
    • Ginkgo Bioworks
    • Exeliom Biosciences SAS
    • Osel Inc.
    • Second Genome Inc.
    • Seres Therapeutics

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 50089

The Human Microbiome Market size is estimated at USD 0.9 billion in 2024, and is expected to reach USD 1.92 billion by 2029, growing at a CAGR of 16.37% during the forecast period (2024-2029).

Human Microbiome - Market

The human microbiome has become an area of interest in recent times because of its association with several respiratory diseases and immunity. The gut microbiome has been known to be associated with good immunity. Researchers have reported that variation in the number of microorganisms, such as actinobacteria, firmicute, and Bacteroidetes, leads to the development of lung, respiratory and other disorders. For instance, in April 2020, Persephone Biosciences Inc. started developing an immune-boosting microbiome therapeutic to help prevent and fight the novel coronavirus (SARS-CoV-2) and a potential stool-based diagnostic test designed to help predict which patients are at the highest risk for developing severe complications and mortality after suffering COVID-19. Thus, increasing research studies on the microbiome are the key drivers affirming the growth of this market. The pandemic has created awareness about microbiota therapeutics and diagnosis; thus, the market is expected to follow the same trend even during the post-pandemic period.

Other key factors propelling the growth of this market are the increasing burden of lifestyle-related diseases and the growing geriatric population. For instance, as per the International Diabetes Federation 2021, statistics, there are 52.7 million people aged 20-79 years in Europe having diabetes, and this number is expected to reach 69 million by the year 2045. Increased gut microbial diversity, along with specifically more butyrate-producing bacteria, benefitting insulin resistance and risk of type 2 diabetes, increases the burden of lifestyle diseases such as diabetes, and is expected to drive the growth of the market over the forecast period.

Increasing funding initiatives and government programs to support this research are high-impact rendering drivers anticipated to foster market growth. For instance, as per the National Institute of Health, in May 2022, the Federal Government of the United States incurred USD 864 million on research and development of the microbiome in 2021 and is expected to spend USD 903 million in 2022. Such investment by the government is propelling the growth of the market over the forecast period. However, a lack of comprehensive research and stringent government regulations are likely to limit the market growth over the forecast period.

Human Microbiome Market Trends

Therapeutic Applications Expected to Hold the Considerable Share in the Studied Market Over the Forecast Period

Microbiome therapeutics found a broad range of applications in COVID-19, Inflammatory Bowel Disease (IBD), C. difficile infections, Crohn's disease, and diabetes. The factors, such as rising research activities undertaken by research institutes and market players for finding more therapeutic applications of the human microbiome, coupled with the rising burden of diseases, are contributing to the market segment's growth.

The increasing research studies are expected to boost the market segment's growth. For instance, as per clinical trials. gov, the University of Zurich investigated the microbiota in COVID-19 patients for future preventive and therapeutic approaches (MICRO-COV). The study was started in April 2020 and is expected to be completed by December 2023. The positive results from such studies could lead to the development of new products and thus may drive the market segment's growth in the future.

Additionally, an article published in Frontiers in Microbiology Journal in June 2021 reported that human gastrointestinal microbiome research could deliver critical clinical and therapeutic development if it shifts toward mechanistic studies. It also suggested that the development of more efficacious and targeted treatments relies on identifying causal links between the microbiome and disease, with future progress dependent on effective links between state-of-the-art sequencing approaches, computational analyses, and experimental assays. Such studies drive the growth of the market.

The agreements and collaborations also boost market segment growth among the market players to strengthen their position in the market. For instance, in July 2021, Seres Therapeutics Inc. entered into an agreement with Nestle Health Science to jointly commercialize SER-109, Seres' investigational oral microbiome therapeutic for recurrent Clostridioides difficile infection (CDI) in the United States and Canada. This investigational microbiome therapeutics may lead the way for an entirely new treatment modality.

North America Dominates the Market and Expected to do the Same Over the Forecast Period

North America currently dominates the market for the human microbiome due to the rising incidences of lifestyle-related diseases and autoimmune disorders in these regions coupled with a strong drug pipeline can also be attributed to the highly lucrative growth.

The growing burden of diseases in the region is also boosting the growth of the market. For instance, according to the American Cancer Society, 2022 estimates, there are about 1,918,030 new cases of cancer will be reported in the United States in 2022. Also, according to the Globocan 2020 statistics, there are 274,364 new cases of cancer and is expected to reach 400,564 new cases by 2040. Thus, such an increasing burden of cancer is expected to drive the growth of the market as gut microbiota play a regulatory role in tumor therapy including enhancing the sensitivity of patients to immunotherapy and reducing side effects of chemotherapeutic agents.

Additionally, the increasing research studies and support by the regulatory authorities for the investigation are also contributing to the growth of the market in the region. For instance, in February 2022, 4D pharma plc received FDA clearance for investigational new drug (IND) applications for two Live Biotherapeutics namely MRx0005 and MRx0029, for the treatment of Parkinson's disease. Such approvals are expected to drive the growth of the market.

Thus, owing to the abovementioned factors, the studied market in the North America region is expected to project significant growth over the forecast period.

Human Microbiome Industry Overview

The human microbiome market is moderately competitive, and several players are coming up with new products. Companies like Axial Biotherapeutics, Inc, DuPont, Series Therapeutics, Second Genome, and Synthetic Biologics hold substantial shares in the market. Key players are focusing on enhancing the therapeutics pipeline by developing efficient and safe drugs.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing Incidence of Lifestyle-related Diseases
    • 4.2.2 Growing Geriatric Population
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Lack of Comprehensive Research
    • 4.3.2 Stringent Government Regulations
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD Million)

  • 5.1 By Application
    • 5.1.1 Therapeutics
    • 5.1.2 Diagnostics
  • 5.2 By Disease
    • 5.2.1 Obesity
    • 5.2.2 Diabetes
    • 5.2.3 Autoimmune Disorders
    • 5.2.4 Cancer
    • 5.2.5 Gastrointestinal Disorders
    • 5.2.6 Central Nervous System Disorders
    • 5.2.7 Other Diseases
  • 5.3 By Product
    • 5.3.1 Probiotics
    • 5.3.2 Prebiotics
    • 5.3.3 Symboitics
    • 5.3.4 Other Products
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South Korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Middle East and Africa
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 AOBiome
    • 6.1.2 Astarte Medical
    • 6.1.3 Axial Biotherapeutics, Inc.
    • 6.1.4 DuPont
    • 6.1.5 Enterome
    • 6.1.6 Evelo Biosciences Inc
    • 6.1.7 Finch Therapeutics Group Inc.
    • 6.1.8 Ginkgo Bioworks
    • 6.1.9 Exeliom Biosciences SAS
    • 6.1.10 Osel Inc.
    • 6.1.11 Second Genome Inc.
    • 6.1.12 Seres Therapeutics

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS