市場調査レポート
商品コード
1443959

抗生物質:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Antibiotics - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 150 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.58円
抗生物質:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 150 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

抗生物質市場規模は2024年に534億3,000万米ドルと推定され、2029年には652億2,000万米ドルに達すると予測され、予測期間中(2024-2029年)のCAGRは4.07%で成長します。

Antibiotics-Market

COVID-19の発生は抗生物質市場に影響を与えました。パンデミックの初期段階では、COVID-19の治療のために抗生物質の需要が大幅に増加しました。例えば、2020年3月、ファイザー社は、フランスで実施されたコロナウイルス(COVID-19)の臨床試験において、アジスロマイシン(ジスロマック)とヒドロキシクロロキンを使用した良好なデータを発表しました。この臨床試験の後、アジスロマイシンはCOVID-19の治療薬として広く使用されるようになりました。さらに、2021年7月のNCBIの調査論文およびMordor Intelligenceの分析によると、COVID-19は、インドにおける2020年6月から9月までの間に、抗生物質の非CAF(小児に適切な製剤)合計で約2億1,600万回の過剰投与、およびアジスロマイシンの3,800万回の過剰投与に寄与しました。そのため、パンデミック(世界的大流行)時には抗生物質の需要が高まり、市場は高成長を遂げました。しかし、パンデミック後は安定した成長が見込まれます。

抗MRSA/VRE薬の出現、感染症負担の増加、脆弱な高齢化社会、効果的で新しい抗生物質の必要性が市場の成長促進要因となっています。例えば、WHOの2022年10月の報告によると、2021年には約1,060万人が結核に罹患しました。これは2020年から4.5%の増加であり、世界中で160万人が結核が原因で死亡しています。同出典はまた、薬剤耐性結核(DR-TB)の負担が2020年から2021年にかけて3.0%増加し、2021年には450000人のリファンピシン耐性結核(RR-TB)が新たに発生したと報告しています。さらに、症例の3分の1はインド、中国、インドネシア、フィリピン、パキスタン、ナイジェリア、バングラデシュ、南アフリカの8カ国から報告されています。したがって、このような感染症の高い蔓延は抗生物質の需要を促進し、市場の成長をさらに急増させる可能性があります。

都市化と自然生息地の破壊、気候変動、生態系の変化は、あらゆる年齢層における感染症罹患率の高さに寄与している3大要因です。例えば、2022年8月に発表されたユニセフのデータによると、全世界で小児10万人当たり1,400件以上、つまり毎年小児71人に1人の割合で肺炎が発生しており、最も発生率が高いのは南アジア(小児10万人当たり2,500件)と西・中央アフリカ(小児10万人当たり1,620件)です。同様に、2021年のERSジャーナルによると、2020年には約36,580,965人の欧州人がCOPDに罹患すると推定されています。Mordor Intelligenceの分析によると、2050年には約49,453,852人の欧州人がCOPDに苦しむことになります。抗生物質は様々な病気の治療に広く使われています。そのため、このような高い疾病の蔓延は、予測期間中の市場成長にプラスの影響を与えると予想されます。

しかし、抗生物質耐性や活発な研究に携わる企業の減少といった要因が、予測期間中の抗生物質市場の成長を抑制すると予想されます。

抗生物質市場の動向

セファロスポリン系抗生物質が予測期間中に著しい成長を遂げる見込み

セファロスポリン系抗生物質はβラクタム系抗生物質で、細菌細胞壁のペプチドグリカン合成を阻害します。グラム陽性菌やグラム陰性菌による幅広い感染症に対応します。これらの抗生物質は、肺炎、皮膚感染症、耳感染症、髄膜炎、上気道感染症などを治療するのが一般的です。

最初のセファロスポリンは1945年に発見されました。時代とともに、様々な細菌に対するセファロスポリンの有効性を改善するために多くの進歩がなされました。それぞれの改良は世代と呼ばれました。現在、セファロスポリンには5つの世代があります。適用範囲が広く、投与経路(経口または静脈内)が柔軟なため、セファロスポリンは世界中で広く処方・使用されており、これがこのセグメントの主な促進要因となっています。また、感染症罹患率の増加に伴い、各社は提供する製品を進化させ、新製品を上市し、新たな製品ラインを開発するためにM&A戦略を採用しています。例えば、2021年10月、ノバルティスの子会社であるサンドは、グラクソ・スミスクライン(GSK)のセファロスポリン抗生物質事業を5億米ドルで買収しました。この買収により、サンドは100以上の市場で販売されているGSKのジナート、ジナセフ、フォータムブランドの権利を獲得しました。

様々な感染症に対するセファロスポリンの高い効率性も、同分野の成長を促進すると予想されています。例えば、2021年10月のNCBI調査によると、COVID-19患者に対する抗生物質の使用はかなりの治療効果を示しています。それは、重症肺炎患者やグルココルチコイドや他の免疫抑制剤治療を受けている患者で明らかです。この研究ではまた、セフタジジムとセフェピムがCOVID-19に対して良好な阻害活性を示したと述べています。また、セフタジジムとセフェピムの再利用は、中等度および重度のCOVID-19患者の症状改善に非常に有効であると結論づけました。

したがって、上記の要因により、セファロスポリンセグメントは予測期間中に大きな成長を遂げると予想されます。

北米が予測期間中に大きな成長を遂げる見込み

北米は予測期間中、抗生物質市場を独占すると予想されます。この成長の背景には、感染症の負担が大きいことや高齢化が進んでいることから、同地域での抗生物質の需要や消費が高いことなどがあります。例えば、2022年10月のCDC報告によると、2021年には米国で7,174件以上の結核の新規症例が報告されました。同報告書によると、結核の有病率はヒスパニック系またはラテン系で最も高く、国内で報告された結核症例の約30.0%を占めています。従って、このような感染症の高い有病率は、この地域における抗生物質の需要を促進し、市場の成長を促進すると予想されます。

主要製品の上市、市場参入企業やメーカーの集中、主要企業間の買収や提携、米国における疾患の有病率の高さなどは、同国における抗生物質市場の成長を促進する要因の一部です。例えば、ミズーリ大学の研究者が2021年10月に発表した調査によると、米国では肺炎が成人1万人当たり24.8件発生していると報告されています。同様に、CDCの2021年11月の記事によると、風邪は米国で毎年数百万人が罹患しています。大人は年に2~3回風邪を引き、子供はさらに多くの風邪を引く。このように、細菌性感染症の負担が大きいことから、米国は北米地域の抗生物質市場で大きなシェアを占めると予想されます。

従って、北米地域では前述の要因から市場の成長が見込まれています。

抗生物質産業の概要

抗生物質市場は非常に断片化されており、複数の大手企業で構成されています。市場シェアの面では、現在、少数の重要な企業が市場を独占しています。競合情勢には、Johnson & Johnson、Pfizer PLC、Bayer AG、Novartis AG、Abbott Inc.など、市場シェアを持ち知名度の高い国際企業や地元企業の分析が含まれます。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 抗MRSA/VRE薬の登場
    • 感染症負担の増加
    • 脆弱な高齢化人口
  • 市場抑制要因
    • 抗生物質耐性
    • 積極的な調査に取り組む企業の減少
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品タイプ別
    • セファロスポリン
    • ペニシリン系
    • フルオロキニロン系
    • マクロライド系
    • カルバペネム系抗生物質
    • アミノグリコシド系抗生物質
    • スルホンアミド系
    • その他の製品タイプ
  • スペクトル別
    • 広域スペクトル抗生物質
    • ナロースペクトル抗生物質
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東・アフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Johnson & Johnson Inc.
    • Merck & Co. Inc.
    • Pfizer Inc.
    • Bayer Healthcare AG
    • Novartis AG
    • Abbott Laboratories
    • F. Hoffmann-La Roche AG
    • Otsuka Pharmaceutical Co. Ltd
    • Eli Lilly and Company
    • Daiichi Sankyo
    • Astellas Pharma

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 49644

The Antibiotics Market size is estimated at USD 53.43 billion in 2024, and is expected to reach USD 65.22 billion by 2029, growing at a CAGR of 4.07% during the forecast period (2024-2029).

Antibiotics - Market

The outbreak of COVID-19 impacted the antibiotics market. During the initial phase of the pandemic, the demand for antibiotics significantly increased for treating COVID-19. For instance, in March 2020, Pfizer announced positive data by using azithromycin (Zithromax) and hydroxychloroquine in a coronavirus (COVID-19) clinical trial, performed in France. Following these clinical trials, azithromycin became a widely used drug for treating COVID-19. Furthermore, according to a July 2021 NCBI research article and as per the Mordor Intelligence analysis, COVID-19 contributed to about 216.0 million excess doses of non-CAF (child-appropriate formulations) of antibiotics in total and 38 million extra doses of azithromycin between June and September 2020 in India. Therefore, the market witnessed high growth during the pandemic due to such high demand for antibiotics. However, it is expected to observe stable growth after the pandemic.

The emergence of Anti-MRSA/VRE drugs, the increasing burden of infectious diseases, the vulnerable aging population, and the need for effective and newer antibiotics are driving the market growth. For instance, according to the October 2022 report of the WHO, around 10.6 million people suffered from TB in 2021. It was an increase of 4.5% from 2020, and 1.6 million people died from TB across the globe. The same source also reported that the burden of drug-resistant TB (DR-TB) increased by 3.0% between 2020 and 2021, with 450000 new cases of rifampicin-resistant TB (RR-TB) in 2021. Furthermore, one-third of the cases were reported from eight countries, including India, China, Indonesia, Philippines, Pakistan, Nigeria, Bangladesh, and South Africa. Therefore, such a high prevalence of infectious diseases may propel the demand for antibiotics, further surging market growth.

The urbanization and destruction of natural habitats, climate change, and changing ecosystems are three major factors contributing to the high rate of infectious diseases in all age groups. For instance, as per the UNICEF data published in August 2022, there were more than 1,400 cases of pneumonia per 100,000 children, or 1 case in 71 children each year, globally, with the highest incidence occurring in South Asia (2,500 cases per 100,000 children) and West and Central Africa (1,620 cases per 100,000 children). Similarly, as per the ERS journal of 2021, it was estimated that around 36,580,965 Europeans suffered from COPD in 2020. According to Mordor Intelligence analysis, approximately 49,453,852 Europeans will suffer from COPD in 2050. Antibiotics are widely used for treating various types of diseases. Therefore, such a high disease prevalence is anticipated to impact the market growth over the forecast period positively.

However, factors such as antibiotic resistance and fewer companies involved in active research are expected to impede the growth of the antibiotics market over the forecast period.

Antibiotics Market Trends

Cephalosporins is Expected to Witness Considerable Growth Over the Forecast Period

Cephalosporins are a beta-lactam antibiotic that inhibits peptidoglycan synthesis in the bacterial cell wall. It manages a wide range of infections from gram-positive and gram-negative bacteria. These antibiotics commonly treat pneumonia, skin infections, ear infections, meningitis, upper respiratory tract infections, etc.

The first cephalosporin was discovered in 1945. With time, many advancements were made to improve the cephalosporin efficacy against various bacteria. Each upgrade was termed a generation. Currently, there are five generations of cephalosporins. Due to their broad applicability and flexible route of administration (oral or intravenous), cephalosporins are prescribed and used widely worldwide, which is the major driving factor for the segment. In addition, with the growing incidence of infection, the companies are evolving their product offerings, launching new ones, and adopting merger and acquisition strategies to develop new product lines. For instance, in October 2021, Novartis' subsidiary Sandoz acquired GlaxoSmithKline's (GSK) cephalosporin antibiotics business for USD 500 million. The transaction has granted Sandoz the rights to GSK's Zinnat, Zinacef, and Fortum brands, sold in more than 100 markets.

The high efficiency of cephalosporin in combating various infections is also expected to propel segment growth. For instance, according to the October 2021 NCBI research study, antibiotics use for COVID-19 patients has shown considerable therapeutic benefits. It is evident in patients with severe pneumonia and those receiving glucocorticoids or other immunosuppressant therapeutics. The study also stated ceftazidime and cefepime demonstrated good inhibitory activity toward COVID-19. It also concluded ceftazidime and cefepime repurposing are highly effective for moderate and severe COVID-19 patient symptomatic improvement.

Therefore, owing to these factors mentioned above, the cephalosporin segment is expected to witness considerable growth over the forecast period.

North America Expected to Witness Significant Growth Over the Forecast Period

North America is expected to dominate the antibiotics market over the forecast period. The growth is due to factors such as the high antibiotics demand and consumption in the region due to the high burden of infectious diseases and the growing aging population. For instance, according to the October 2022 CDC report, in 2021, more than 7,174 new cases of TB were reported in the US. The same source also noted that the prevalence of TB was to be highest among Hispanic or Latino persons, who accounted for about 30.0% of the total TB cases reported in the country. Thus, such a high prevalence of infectious diseases is expected to drive the demand for antibiotics in the region, thereby propelling market growth.

Key product launches, high concentration of market players or manufacturer's presence, acquisitions and partnerships among significant players, and the high prevalence of diseases in the US are some of the factors driving the growth of the antibiotics market in the country. For instance, according to the study published by researchers from the University of Missouri in October 2021, pneumonia was reported to be 24.8 cases per 10,000 adults in the United States. Similarly, according to the November 2021 article of the CDC, the common cold affects millions of people in the US each year. Adults have 2-3 colds yearly, and children get even more. Thus, due to the country's high burden of bacterial infectious diseases, the US is expected to hold a significant share of the antibiotics market in the North American region.

Therefore, the studied market growth is anticipated in the North America Region due to the aforementioned factors.

Antibiotics Industry Overview

The antibiotics market is highly fragmented and consists of several major players. In terms of market share, few significant players currently dominate the market. The competitive landscape includes an analysis of a few international and local companies that hold market shares and are well known, including Johnson & Johnson, Pfizer PLC, Bayer AG, Novartis AG, and Abbott Inc., among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Emergence of Anti-MRSA/VRE Drugs
    • 4.2.2 Increasing Burden of Infectious Diseases
    • 4.2.3 Vulnerable Aging Population
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Antibiotic Resistance
    • 4.3.2 Fewer Companies Involved in Active Research
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD Million)

  • 5.1 By Product Type
    • 5.1.1 Cephalosporins
    • 5.1.2 Penicillins
    • 5.1.3 Fluroquinilones
    • 5.1.4 Macrolides
    • 5.1.5 Carbapenems
    • 5.1.6 Aminoglycosides
    • 5.1.7 Sulfonamides
    • 5.1.8 Other Product Types
  • 5.2 By Spectrum
    • 5.2.1 Broad-spectrum Antibiotics
    • 5.2.2 Narrow-spectrum Antibiotics
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Spain
      • 5.3.2.6 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 South Korea
      • 5.3.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Middle East and Africa
      • 5.3.4.1 GCC
      • 5.3.4.2 South Africa
      • 5.3.4.3 Rest of Middle-East and Africa
    • 5.3.5 South America
      • 5.3.5.1 Brazil
      • 5.3.5.2 Argentina
      • 5.3.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Johnson & Johnson Inc.
    • 6.1.2 Merck & Co. Inc.
    • 6.1.3 Pfizer Inc.
    • 6.1.4 Bayer Healthcare AG
    • 6.1.5 Novartis AG
    • 6.1.6 Abbott Laboratories
    • 6.1.7 F. Hoffmann-La Roche AG
    • 6.1.8 Otsuka Pharmaceutical Co. Ltd
    • 6.1.9 Eli Lilly and Company
    • 6.1.10 Daiichi Sankyo
    • 6.1.11 Astellas Pharma

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS