デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1443957

体外診断用医薬品:市場シェア分析、産業動向、成長予測(2024年~2029年)

In Vitro Diagnostic - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 186 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.58円
体外診断用医薬品:市場シェア分析、産業動向、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 186 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

体外診断用医薬品市場規模は2024年に1,021億8,000万米ドルと推定され、2029年には1,316億6,000万米ドルに達すると予測され、市場推計・予測期間(2024~2029年)のCAGRは5.20%です。

In Vitro Diagnostic-Market

SARS-CoV2ウイルス感染を迅速かつ正確に診断するための体外診断用医薬品(IVD)キットや試薬の需要が世界的に高まっていることから、COVID-19の大流行は体外診断用医薬品にスポットライトを当てました。COVID-19の発生は、体外診断がさまざまな生物学的サンプルを検査することから、市場にプラスの影響を与えました。これはCOVID-19のような感染症の診断に役立ちました。検査はCOVID-19の大流行を抑える上で極めて重要なステップです。2021年4月に発表された「COVID-19が体外診断業界に与えた影響」と題された記事では、人体から採取したサンプルで実施されるIVD検査がCOVID-19対策に不可欠なツールであったと述べられています。COVID-19後の業界は、遠隔採取やデジタルパソロジーといったパンデミックに必要な技術革新の利用が増加したため、大きく成長しました。また、主要企業によるCOVID-19診断用キットの迅速な発売が、パンデミック時の市場を牽引しました。

例えば、2021年5月、国防研究開発機構(DRDO)は、わずか75分で結果が得られるCOVID-19抗体検出キットを開発しました。さらに2020年2月、米国FDAは診断薬の入手を早めるための新たな方針を発表しました。公衆衛生上の緊急事態と判断され、COVID-19の診断のための体外診断用医薬品の緊急使用の認可が正当化されました。

世界の体外診断用医薬品市場の成長は、慢性疾患や感染症の高い流行、ポイントオブケア(POC)診断薬の使用の増加、体外診断用医薬品の先端技術、個別化医療やコンパニオン診断薬に対する認識と受容の高まりにも起因しています。米国疾病予防管理センター(CDC)によると、2021年には米国で20歳以上の成人約1,820万人が冠動脈疾患(CAD)に罹患しています。心臓病は米国の人々の死因の第一位です。慢性疾患の罹患率の高さは、膨大な診断手技の需要を増加させ、それが市場を牽引しています。さらに、現在の市場は、体外診断用医薬品市場における先端技術の使用によっても成長しています。従来の診断法から、遺伝子レベルで機能する新世代の診断法へのパラダイムシフトが起きています。これは、遺伝子検査、分子診断、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)、次世代シーケンシング(NGS)などの先端技術が体外診断用医薬品のプラットフォームに組み込まれたことで可能になりました。また、高度な機能を備えた製品の発売が増加していることも、市場を牽引すると予想されます。例えば、2022年6月、 Agilient Technologiesは、欧州連合の新しいIVDR規制に準拠して使用するIVD準拠の機器、キット、試薬を発売しました。

すべての発展はさておき、製品の承認に関する厳しい規制と煩雑な償還手続きは、市場の成長を抑制すると予想されるいくつかの要因です。

体外診断用医薬品(IVD)市場の動向

試薬が製品セグメントで最大の市場シェアを占める見込み

市場セグメンテーションには、メーカーが体外診断プロセスで使用することを意図した化学的、生物学的、免疫学的成分、溶液、製剤が含まれます。多くの診断プラットフォームが高コストであることから、メーカーはエンドユーザーに技術をそのまま販売するのではなく、機器をリースするのが一般的です。このような取り決めでは、リースは、契約期間中に機器に関連する試薬やアッセイを購入する契約と結びついています。

さらに、世界の慢性疾患の負担増に伴い、体外診断用医薬品に対する需要が増加し、様々な検査プラットフォームで使用される試薬の需要が急増しています。国際糖尿病連合糖尿病アトラス第10版2021年によると、世界の糖尿病患者(20~79歳)は合計5億3,700万人です。2030年には世界で6億4,300万人、2045年には7億8,300万人の糖尿病患者が存在することになります。慢性疾患に罹患する人口の増加は、その状態をモニタリングするためにタイムリーな臨床検査を必要とするため、予測期間中、試薬セグメントの成長を促進すると予想されます。

また、主要な市場参入企業による買収も市場の成長に寄与すると予想されます。例えば、2022年3月にMedix BiochemicaはmyPOLS Biotec GmbHの株式を100%取得しました。myPOLS Biotecを買収することで、Medix BiochemicaはIVD原料のポートフォリオを追加し、分子診断用試薬の品揃えを増やしました。この買収により、Medix Biochemicaは世界の存在感を増し、分子診断におけるさらに高度な科学的・技術的能力を顧客に提供することになりました。

北米が市場を独占し、予測期間中もその支配は続くと予想される

北米は現在、体外診断用医薬品市場で大きな成長を遂げており、今後も数年間はその牙城を守り続けると予想されます。この地域は、ヘルスケア産業が確立しており、慢性疾患の有病率が上昇していることから、将来的に市場シェアを拡大すると予想されます。米国は、医療費の増加とポイント・オブ・ケア検査の急速な普及により、北米地域の市場の大半を占めています。2022年7月に更新された慢性疾患に関する疾病対策予防センターのデータによると、慢性疾患は米国で毎年死亡と障害の主な原因となっています。同国における慢性疾患の増加は、同国における体外診断用医薬品の成長に拍車をかけています。さらに、米国がん協会によると、2022年1月、がんは心臓病に次いで米国で2番目に多い死因であり続けています。2022年には、米国で新たに190万人のがん患者が発生し、60万9360人ががんで死亡すると予想されており、これは1日に約1670人が死亡していることになります。さらに、米国では慢性疾患を持つ人々が医療施設を最も頻繁に利用しています。入院や処方箋記入の大半を占めるため、市場成長の原動力となっています。同地域における対象疾患や慢性疾患の負担の大きさ、早期診断に対する需要の高まりは、米国における調査対象市場の成長を促進する他の主な要因です。

加えて、同地域での製品上市数の増加や北米における主要プレイヤーの集中も、市場を牽引する主な要因となっています。例えば、2020年5月にBio-Rad Laboratories Inc.のSARS-CoV-2 Droplet Digital PCR(ddPCR)検査キットが米国食品医薬品局(FDA)から緊急使用許可(EUA)を取得しました。SARS-CoV-2 Droplet Digital PCR(ddPCR)検査はBio-RadのQX200およびQXDx ddPCRシステムで実行されます。

体外診断(IVD)産業概要

体外診断市場は、世界的および地域的に事業を展開する複数の企業の存在により、本質的に断片化されています。競合情勢には、Thermo Fischer Scientific Inc.、Abbott Laboratories、Siemens Healthcare GmbH、F. Hoffmann-La Roche AGなど、市場シェアを持ち知名度の高い国際企業や地元企業の分析が含まれます。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 慢性疾患の高い有病率
    • ポイントオブケア(POC)診断薬の使用の増加
    • 体外診断用医薬品における先端技術
    • 個別化医療とコンパニオン診断に対する認識と受容の高まり
  • 市場抑制要因
    • 製品承認に関する厳しい規制
    • 煩雑な償還手続き
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手・消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競合企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション

  • 検査タイプ別
    • 臨床化学
    • 分子診断学
    • 免疫診断学
    • 血液学
    • その他の検査
  • 製品別
    • 検査機器
    • 試薬
    • その他の製品
  • 用途別
    • 使い捨て体外診断用医薬品
    • 再利用可能な体外診断用医薬品
  • 用途別
    • 感染症
    • 糖尿病
    • がん/腫瘍学
    • 心臓病学
    • 自己免疫疾患
    • 腎臓病学
    • その他の用途
  • エンドユーザー別
    • 診断研究所
    • 病院・クリニック
    • その他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東・アフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Biomerieux SA
    • Danaher Corporation
    • F. Hoffmann-La Roche Ltd
    • Becton, Dickinson and Company
    • Bio-Rad Laboratories Inc.
    • Abbott Laboratories
    • Arkray Inc.
    • Sysmex Corporation
    • Siemens Healthcare GmbH
    • Thermo Fischer Scientific Inc.
    • Qiagen NV
    • Grifols SA
    • AgilentTechnologies Inc.
    • Diasorin

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 49602

The In Vitro Diagnostic Market size is estimated at USD 102.18 billion in 2024, and is expected to reach USD 131.66 billion by 2029, growing at a CAGR of 5.20% during the forecast period (2024-2029).

In Vitro Diagnostic - Market

The COVID-19 pandemic turned the spotlight on in vitro diagnostics since there is an increasing demand for IVD kits and reagents for the rapid and accurate diagnosis of SARS-CoV2 virus infection among the global population. The outbreak of COVID-19 positively impacted the market, as in vitro diagnostics involve testing various biological samples. This helped in diagnosing infectious diseases, such as COVID-19. Testing was a crucial step in controlling the COVID-19 pandemic. The article titled ' the impact of COVID-19 on the Invitro Diagnostic Industry', published in April 2021, mentioned that IVD tests conducted on samples from the human body were indispensable tools in combating COVID-19. The industry grew significantly post-COVID-19 due to the increased use of pandemic-necessitated innovations such as remote collections and digital pathology. Also, the rapid launch of diagnostic kits for the diagnosis of COVID-19 by key players drove the market during the pandemic.

For instance, in May 2021 the Defense Research and Development Organization (DRDO) developed a COVID-19 antibody detection kit that offers results in just 75 minutes. Additionally, in February 2020, the US FDA issued a new policy to expedite the availability of diagnostics. A public health emergency was determined, justifying the authorization of emergency use of IVDs for the diagnosis of COVID-19.

The growth of the global IVD market can also be attributed to the high prevalence of chronic and infectious diseases, increasing use of point-of-care (POC) diagnostics, advanced technologies in in-vitro diagnostic products, and increasing awareness and acceptance of personalized medicine and companion diagnostics. According to the Centers for Disease Control and Prevention (CDC), in 2021, around 18.2 million adults aged 20 and older had coronary artery disease (CAD) in the United States. Heart disease is the leading cause of death among people in the United States. The high incidence of chronic diseases increases the demand for huge diagnostic procedures, which, in turn, drives the market. Additionally, the current market is also growing due to the use of advanced technologies in the IVD market. There has been a paradigm shift from traditional diagnostics to a new generation of diagnostics that work at the gene level. This was made possible by the inclusion of advanced technologies, such as genetic testing, molecular diagnostics, polymerase chain reaction (PCR), and next-generation sequencing (NGS) in the IVD platform. Also, increasing product launches with advanced features are expected to drive the market. For instance, in June 2022, Agilient Technologies launched IVD-compliant instruments, kits, and reagents for use in compliance with the new European Union IVDR regulation.

All developments aside, the stringent regulations regarding product approvals and cumbersome reimbursement procedures are a few factors expected to restrain the market growth.

In Vitro Diagnostics (IVD) Market Trends

Reagents are Expected to Hold the Largest Market Share in the Product Segment

The reagent segment of the market includes chemical, biological, or immunological components, solutions, or preparations intended by the manufacturer to be used during the in-vitro diagnosis process. Given the high cost of many diagnostic platforms, it is common for manufacturers to lease equipment instead of selling technology outright to end users. In these arrangements, the lease is tied to contracts to purchase associated reagents or assays for the equipment over the life of the contract.

Additionally, with the increasing burden of chronic diseases worldwide, the demand for in-vitro diagnostics increases, surging the demand for reagents used in the various testing platforms. According to the International Diabetes Federation Diabetes Atlas Tenth edition 2021, a total of 537 million individuals (20-79 years old) worldwide have diabetes. By 2030, there will be 643 million diabetics worldwide, and by 2045, there will be 783 million. The increasing population affected by chronic diseases, which require timely clinical tests for monitoring their conditions, is expected to boost the growth of the reagents segment over the forecast period.

Also, the acquisitions by key market players are expected to contribute to the growth of the market. For instance, in March 2022 Medix Biochemica acquired 100% shares of myPOLS Biotec GmbH, By acquiring myPOLS Biotec, Medix Biochemica has added to its portfolio of IVD raw material and increased its selection of reagents for molecular diagnostics. This acquisition increases the company's global presence and provides customers with even more advanced scientific and technological capabilities in molecular diagnostics.

North America Dominates the Market and is Expected to Continue its Dominance in the Forecast Period

North America currently has significant growth in the market for IVDs, and it is expected to continue its stronghold for a few more years. This region is expected to increase its market share in the future, owing to the well-established healthcare industry and the rising prevalence of chronic diseases. The United States holds most of the market in the North American region due to the rising healthcare expenditure and the rapid adoption of point-of-care testing. According to the Centers for Disease Control and Prevention data on chronic diseases updated in July 2022, chronic diseases are the leading cause of death and disability every year in the United States. The rising number of chronic diseases in the nation adds to the growth of in-vitro diagnostics in the country. Additionally, according to the American Cancer Society, in January 2022, cancer continues to be the second most common cause of death in the United States, after heart disease. A total of 1.9 million new cancer cases and 609,360 deaths from cancer are expected to occur in the United States in 2022, which is about 1,670 deaths a day. Moreover, people with chronic conditions are the most frequent users of healthcare facilities in the United States. They account for the majority of hospital admissions and prescription filling, and thus, they drive the growth of the market. The high burden of the target and chronic diseases in the region and increasing demand for early diagnostics are the other major factors that are driving the growth of the studied market in the United States.

Additionally, the growing number of product launches in the region and the high concentration of key players in North America act as major factors in driving the market. For instance, in May 2020, Bio-Rad Laboratories Inc.'s SARS-CoV-2 Droplet Digital PCR (ddPCR) test kit was granted Emergency Use Authorization (EUA) by the United States Food and Drug Administration (FDA). The SARS-CoV-2 Droplet Digital PCR (ddPCR) test runs on Bio-Rad's QX200 and QXDx ddPCR systems.

In Vitro Diagnostics (IVD) Industry Overview

The In Vitro Diagnostic market is fragmented in nature due to the presence of several companies operating globally as well as regionally. The competitive landscape includes an analysis of a few international as well as local companies which hold market shares and are well known including Thermo Fischer Scientific Inc., Abbott Laboratories, Siemens Healthcare GmbH, and F. Hoffmann-La Roche AG, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 High Prevalence of Chronic Diseases
    • 4.2.2 Increasing Use of Point-of-care (POC) Diagnostics
    • 4.2.3 Advanced Technologies in In Vitro Diagnostic Products
    • 4.2.4 Increasing Awareness and Acceptance of Personalized Medicine and Companion Diagnostics
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Stringent Regulations Regarding Product Approvals
    • 4.3.2 Cumbersome Reimbursement Procedures
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Test Type
    • 5.1.1 Clinical Chemistry
    • 5.1.2 Molecular Diagnostics
    • 5.1.3 Immuno Diagnostics
    • 5.1.4 Hematology
    • 5.1.5 Other Test Types
  • 5.2 By Product
    • 5.2.1 Instruments
    • 5.2.2 Reagents
    • 5.2.3 Other Products
  • 5.3 By Usability
    • 5.3.1 Disposable IVD Devices
    • 5.3.2 Reusable IVD Devices
  • 5.4 By Application
    • 5.4.1 Infectious Disease
    • 5.4.2 Diabetes
    • 5.4.3 Cancer/Oncology
    • 5.4.4 Cardiology
    • 5.4.5 Autoimmune Disease
    • 5.4.6 Nephrology
    • 5.4.7 Other Applications
  • 5.5 By End Users
    • 5.5.1 Diagnostic Laboratories
    • 5.5.2 Hospitals and Clinics
    • 5.5.3 Other End Users
  • 5.6 Geography
    • 5.6.1 North America
      • 5.6.1.1 United States
      • 5.6.1.2 Canada
      • 5.6.1.3 Mexico
    • 5.6.2 Europe
      • 5.6.2.1 Germany
      • 5.6.2.2 United Kingdom
      • 5.6.2.3 France
      • 5.6.2.4 Italy
      • 5.6.2.5 Spain
      • 5.6.2.6 Rest of Europe
    • 5.6.3 Asia-Pacific
      • 5.6.3.1 China
      • 5.6.3.2 Japan
      • 5.6.3.3 India
      • 5.6.3.4 Australia
      • 5.6.3.5 South Korea
      • 5.6.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.6.4 Middle-East and Africa
      • 5.6.4.1 GCC
      • 5.6.4.2 South Africa
      • 5.6.4.3 Rest of Middle-East and Africa
    • 5.6.5 South America
      • 5.6.5.1 Brazil
      • 5.6.5.2 Argentina
      • 5.6.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Biomerieux SA
    • 6.1.2 Danaher Corporation
    • 6.1.3 F. Hoffmann-La Roche Ltd
    • 6.1.4 Becton, Dickinson and Company
    • 6.1.5 Bio-Rad Laboratories Inc.
    • 6.1.6 Abbott Laboratories
    • 6.1.7 Arkray Inc.
    • 6.1.8 Sysmex Corporation
    • 6.1.9 Siemens Healthcare GmbH
    • 6.1.10 Thermo Fischer Scientific Inc.
    • 6.1.11 Qiagen NV
    • 6.1.12 Grifols SA
    • 6.1.13 AgilentTechnologies Inc.
    • 6.1.14 Diasorin

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS