デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1443908

研究所用化学薬品:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Laboratory Chemicals - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
研究所用化学薬品:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

研究所用化学薬品の市場規模は、2024年に276億8,000万米ドルと推定され、2029年までに341億7,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に4.30%のCAGRで成長します。

研究所用化学薬品-市場

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生は、2020年の市場に悪影響を及ぼしました。しかし、その後、市場はパンデミック前のレベルに達しており、予測期間中に着実に成長すると予想されています。

主なハイライト

  • 研究所用化学薬品市場は、生物学および化学科学の分野での研究開発活動の成長と廃水処理での使用量の増加によって牽引されています。
  • ただし、実験用化学物質の代替品の入手可能性は、市場の成長を妨げる可能性があります。
  • 細胞培養、組換えDNA、生物療法などの技術の進歩とナノ材料の開発は、将来の市場の機会として機能すると予測されています。
  • 研究開発活動の増加により、欧州地域が市場を独占すると予想されています。

研究所用化学薬品市場動向

より高い成長の可能性を示するための産業用途

  • 研究所用化学薬品は、臭素化から多数の極低温反応に至るまで、さまざまな工業プロセスで広く使用されています。
  • 最も一般的な実験室化学プロセスには、酸塩化物の調製、カルボキシル化、イオン交換反応、ニトロ化、スズキカップリング、ウィリアムソンエーテル合成などがあります。
  • これらの化学物質は、再結晶および蒸留プロセスでさまざまな市販製品を製造するために不可欠です。
  • 農業生産量の増加により、世界市場での硫酸の需要が高まっています。 2026年までに、利用可能なカロリーは後発開発途上国で1日あたり平均2,450 kcalに達し、他の新興諸国では3,000 kcalを超えると予測されています。これにより、世界市場における作物の需要が増加すると予想され、その結果、農業調査の需要も増加し、化学製造における研究所用化学薬品の必要性が高まる可能性があります。
  • 現在、米国は世界最大の医療機器産業です。米国商務省国際貿易局(ITA)のプログラムであるSelectUSAによると、この国の医療機器市場は世界最大の医療機器市場であり、その価値は1,560億米ドルに達すると推定されています。
  • 米国が公表したデータによる。 CMS(保険計理士事務所)によると、予測期間中にヘルスケア支出が大幅に増加すると予想されます。
  • 労働安全、労働安全、災害防止のため、同様に持続可能で環境への危険性が低い新しい化学物質を配合するための研究開発部門への投資が増加しています。したがって、産業部門からの需要の高まりにより、研究所用化学薬品の需要も増加すると予想されます。

欧州地域が市場を独占すると予想される

  • イタリアの産業は長年にわたり大きく変化し、国際市場を志向し、競争力を強化しています。
  • イタリアには世界最大級の化学品市場があります。この国は欧州連合で3番目に化学品収入が多く、地域の化学品売上高の11%以上を占めています。イタリアは主要な化学品生産国であるだけでなく、国際的にも主要な化学品輸出国でもあります。
  • その焦点は主に中程度から高度なテクノロジー分野(製薬、機械、化学産業など)にあります。伝統的な分野においても、特許出願の急増が示すように、イタリアの産業は強力なイノベーションに焦点を当てていました。
  • イタリアの製薬産業は、近年、生産、投資、貿易において大幅に成長しました。 CDMO(Contract Development Manufacturing Organization)はイタリアの製薬産業の主要な構造であり、生産段階をサードパーティの施設にアウトソーシングすることで機能し、それによって高い生産成長を可能にします。
  • ドイツの医薬品市場は、世界市場での地位を強化するためにドイツに進出している世界有数の医薬品製造企業によって、最も有望なサブセクターとして認識されています。例えば、2022年 8月、重要な世界的製薬企業であるバイエルは、ドイツのレバークーゼンにある自社サイトで2億8,698万米ドルを投資してSolida-1医薬品生産施設の開発を進めています。この施設は2024年に稼働開始予定で、がんや心血管疾患の治療薬の生産に特化する予定です。
  • アイルランドは世界の医薬品生産の5%以上に貢献している著名な製薬拠点です。アイルランドの製薬部門の長年にわたる成長は、世界最大の製薬会社9社の存在によって特徴づけられ、アイルランドは世界の売上上位10社のうち7社を生産することができています。さらに、この部門は10年間で新しい施設の設立に約80億米ドルの投資から恩恵を受けてきました。
  • イタリアには5,000社を超える製薬会社があり、主要企業にはMenarini、Chiesi、Angelini、Bracco、Recordati、Alfasigmaなどが含まれます。市場需要の緩やかかつ継続的な増加に対応し、これらの企業は過去10年間にわたり生産額の継続的な成長を維持してきました。
  • イタリアの製造業は、税制上の優遇措置を受けて、特にインダストリー4.0技術に関連したさまざまな生産工場の改修を開始しています。このような開発はすべて、予測期間中に実験用化学物質の需要を押し上げると予想されます。

研究所用化学薬品業界の概要

研究所用化学薬品市場は、世界およびローカルの企業の存在により、部分的に細分化されていると推定されています。研究所用化学薬品市場で認知されている主な企業(順不同)には、ITW Reagents Division、Merck KGaA、Beckman Coulter Inc.、General Electric、およびAvantor Inc. などが含まれます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 生物・化学分野での研究開発活動の拡大
    • 廃水処理における使用量の増加
    • その他の 促進要因
  • 抑制要因
    • 実験用化学物質の代替品の入手可能性
    • その他の抑制要因
  • 業界のバリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品やサービスの脅威
    • 競合の程度

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ
    • 分子生物学
    • サイトカインおよびケモカインの検査
    • 炭水化物の分析
    • 免疫化学
    • 細胞/組織培養
    • 環境試験
    • 生化学
    • その他のタイプ
  • 用途
    • 産業用
    • 学術・教育
    • 政府
    • ヘルスケア(医薬品)
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • スペイン
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東とアフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ

第6章 競合情勢

  • 合併と買収、合弁事業、コラボレーション、および契約
  • 市場シェア(%)**/ランキング分析
  • 有力企業が採用した戦略
  • 企業プロファイル
    • Avantor Inc.
    • BD BioScience
    • Beckman Coulter Inc.
    • BiosYnth SRL
    • Carlo Erba Reagents SRL
    • GE Healthcare
    • ITW Reagents Division
    • Merck KGaA
    • Meridian Life Science Inc.
    • Mitsubishi Rayon Co. Ltd
    • Morphisto GmbH
    • PerkinElmer Inc.
    • R&D Systems
    • Sigma-Aldrich Corp.
    • UJIFILM Wako Chemicals

第7章 市場機会と将来の動向

  • 細胞培養、組換えDNA、生物療法などの技術の進歩
  • ナノマテリアル開発に向けた調査活動の増加
目次
Product Code: 48894

The Laboratory Chemicals Market size is estimated at USD 27.68 billion in 2024, and is expected to reach USD 34.17 billion by 2029, growing at a CAGR of 4.30% during the forecast period (2024-2029).

Laboratory Chemicals - Market

The COVID-19 outbreak negatively impacted the market in 2020. However, the market has since reached pre-pandemic levels and is expected to grow steadily during the forecast period.

Key Highlights

  • The laboratory chemicals market is driven by growing R&D activities in the field of biological and chemical sciences and increasing usage in wastewater treatment.
  • However, the availability of substitutes for laboratory chemicals is likely to hinder the market's growth.
  • Advancements in technologies, such as cell culture, recombinant DNA, and biotherapeutics, and the development of nanomaterials are projected to act as an opportunity for the market in the future.
  • Due to increasing research and development activities, Europe region is expected to dominate the market.

Laboratory Chemicals Market Trends

Industrial Application to Witness the Higher Potential Growth

  • Laboratory chemicals are extensively used in various industrial processes, ranging from bromination to numerous cryogenic reactions.
  • Some of the most common laboratory chemical processes include acid chloride preparations, carboxylation, ion-exchange reactions, nitration, Suzuki coupling, and Williamson's ether synthesis.
  • These chemicals are essential to manufacture various commercial products in re-crystallization and distillation processes.
  • Increasing agricultural output is boosting the demand for sulphuric acid in the global market. By 2026, calorie availability is projected to reach 2,450 kcal on average in least-developed countries and exceed 3,000 kcal per day in other developing countries. This is expected to increase the demand for crops in the global market, which, in turn, may increase the demand for agricultural research, thus, driving up the need for laboratory chemicals in chemical manufacturing.
  • Currently, the United States is the largest medical device industry in the world. According to SelectUSA, a program by The International Trade Administration (ITA), US Department of Commerce, the medical devices market in the country is the largest medical devices market in the world, which is valued at USD 156 billion and is estimated to reach USD 208 billion by 2023.
  • As per data published by the United States; CMS (Office of the Actuary), healthcare expenditure is expected to increase significantly during the forecast period.
  • Occupational and industrial safety and disaster prevention have led to increasing investments in the R&D department to formulate new chemicals that are equally sustainable and less hazardous to the environment.
  • Hence, growing demand from the industrial sector is expected to increase the demand for laboratory chemicals.

Europe Region is Expected to Dominate the Market

  • The Italian industry has changed significantly over the years, orienting itself toward international markets and strengthening its competitiveness.
  • Italy has one of the world's largest chemical marketplaces. The country has the third-largest chemical revenue in the European Union, accounting for above 11% of regional chemical sales. Aside from being a major chemical producer, Italy is also a major chemical exporter internationally.
  • Its focus has been mainly on medium to high-technology sectors (such as pharmaceuticals, mechanics, and the chemical industry). Even in the traditional sectors, the Italian industry focused on strong innovation, as evidenced by the sharp increase in patent applications.
  • The Italian pharmaceutical industry has grown considerably in production, investments, and trade over recent years. CDMO (Contract Development Manufacturing Organization) is the main structure of the Italian pharmaceutical industry, which functions by outsourcing production stages to third-party facilities, thereby enabling high production growth.
  • The pharmaceutical market in Germany is identified as a top-prospect sub-sector by world-leading pharmaceutical manufacturing companies, which are expanding into the country to strengthen their position in the global market. For instance,
  • In August 2022, the critical global pharmaceutical player, Bayer, is undergoing the development of the Solida-1 pharmaceutical production facility at its site in Leverkusen in, Germany, for an investment of USD 286.98 million. The facility, which is expected to come on stream in 2024, shall be dedicated to producing drugs for treating cancer and cardiovascular diseases.
  • Ireland is a prominent pharmaceutical location contributing to more than 5% of global pharmaceutical production. The growth in Ireland's pharmaceutical sector over the years is marked by the presence of 9 of the world's largest pharmaceutical companies, enabling the country to produce 7 of the top 10 selling drugs globally. Further, the sector has benefitted from around USD 8 billion investment in setting up new facilities over the 10 years.
  • Italy boasts over 5,000 pharmaceutical companies, with top players including Menarini, Chiesi, Angelini, Bracco, Recordati, and Alfasigma, among others. Responding to the gradual and continuous rise in market demand, these companies have maintained continued growth in production value through the last decade.
  • The Italian manufacturing sector has started renovating various production plants, particularly concerning Industry 4.0 technologies, supported by tax incentives.
  • All such developments are expected to boost the demand for laboratory chemicals during the forecast period.

Laboratory Chemicals Industry Overview

The laboratory chemicals market is estimated to be partially fragmented, with the presence of global and local players. Major recognized players in the laboratory chemicals market (not in any particular order) include ITW Reagents Division, Merck KGaA, Beckman Coulter Inc., General Electric, and Avantor Inc.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Growing R&D Activities in the Field of Biological and Chemical Sciences
    • 4.1.2 Increasing Usage in Wastewater Treatment
    • 4.1.3 Other Drivers
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Availability of Substitutes for Laboratory Chemicals
    • 4.2.2 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Value)

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Molecular Biology
    • 5.1.2 Cytokine and Chemokine Testing
    • 5.1.3 Carbohydrate Analysis
    • 5.1.4 Immunochemistry
    • 5.1.5 Cell/Tissue Culture
    • 5.1.6 Environmental Testing
    • 5.1.7 Biochemistry
    • 5.1.8 Other Types
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Industrial
    • 5.2.2 Academia/Educational
    • 5.2.3 Government
    • 5.2.4 Healthcare (Pharmaceutical)
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 Italy
      • 5.3.3.4 France
      • 5.3.3.5 Spain
      • 5.3.3.6 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle-East and Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share(%)**/Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Avantor Inc.
    • 6.4.2 BD BioScience
    • 6.4.3 Beckman Coulter Inc.
    • 6.4.4 BiosYnth SRL
    • 6.4.5 Carlo Erba Reagents SRL
    • 6.4.6 GE Healthcare
    • 6.4.7 ITW Reagents Division
    • 6.4.8 Merck KGaA
    • 6.4.9 Meridian Life Science Inc.
    • 6.4.10 Mitsubishi Rayon Co. Ltd
    • 6.4.11 Morphisto GmbH
    • 6.4.12 PerkinElmer Inc.
    • 6.4.13 R&D Systems
    • 6.4.14 Sigma-Aldrich Corp.
    • 6.4.15 UJIFILM Wako Chemicals

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Advancement in Technologies, such as Cell Culture, Recombinant DNA, and Biotherapeutics
  • 7.2 Increasing Research Activities for Development of Nanomaterials