デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1441701

グリーンビルディング材料:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Green Building Materials - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 150 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.54円
グリーンビルディング材料:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 150 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

グリーンビルディング材料市場規模は2024年に2,720億5,000万米ドルと推定され、2029年までに4,327億9,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に9.73%のCAGRで成長します。

グリーンビルディング材料- 市場

2020年と2021年上半期のCOVID-19の発生は、政府が課した禁止や制限により世界の建設セクターに大きな影響を及ぼし、グリーンビルディング材料市場の成長が制限されました。主要住宅全域での厳格なロックダウン措置により住宅登録が停止され、住宅ローンの支払いが遅れたため、住宅用不動産が最も大きな打撃を受けました。しかし、これらの制限が解除されて以来、このセクターは順調に回復しています。住宅販売の増加、新しいプロジェクトの立ち上げ、新しいオフィスや商業スペースの需要の増加が、過去2年間の市場回復を牽引してきました。

主なハイライト

  • 中期的には、エネルギー効率の高い建物におけるグリーンビルディング材料の潜在的な応用が、調査対象の市場の成長を推進する主要な原動力となっています。さらに、グリーンビルディングの建設を支援し、すべての建設部門にわたって標準的な慣行を保証する有利な政府政策もあります。これらの政策により、建材メーカーは製品に環境に優しい材料組成/システムをさらに組み込むようになっています。
  • 反対に、従来の建物と比較した場合、グリーンビルディング建設への初期資本投資が高額であることが、予測期間中に調査された市場の成長を抑制すると予想される重要な要因です。
  • それにもかかわらず、カーボンニュートラルの達成に対するさまざまな経済の関心の高まり、グリーンビルディングの運用コストの時間の経過による低下、リサイクル建築の増加動向により、近い将来、世界市場に有利な成長機会が生まれる可能性があります。
  • 予測期間中は北米が市場を独占すると予想されます。この優位性は、住宅、商業、産業、インフラ分野におけるフレーム、屋根材、断熱材、その他のさまざまな用途に対する高い需要に起因しています。

グリーンビルディング材料市場の動向

住宅用最終用途産業におけるグリーンビルディング材料の消費の増加

  • 住宅産業は、グリーンビルディング材料の主要なエンドユーザー産業です。エネルギー効率が高く、耐湿性があり、耐久性があり、メンテナンスが容易な材料が好まれる傾向にあるため、住宅建築ではさまざまなタイプのグリーンビルディング材料が人気を集めています。個人の安全、グリーンビルディング材料に対する意識と親近感の高まり、政府規制などの要因により、住宅用途でのグリーンビルディング材料の使用は継続的に増加しています。
  • 繊維セメントサイディング、熱変性木材、竹、フライアッシュまたはアッシュクリート、麻コンクリート、再生プラスチックなどは、住宅建設業界での採用が増加しているグリーンビルディング材料です。セルロース、麻、コルクなどの他の天然素材も断熱用途に使用されます。
  • 綿、ジュート、ウールなどの天然繊維、テラゾーなどの再生材料、再生コンクリート、スタッコ、石材、ゴム系材料なども、住宅分野のさまざまな用途に使用されるグリーンビルディング材料です。
  • さまざまな国の政府は、グリーン住宅プロジェクトの建設を促進するためにグリーン住宅奨励金を提供しています。例えば、米国とスペインの税額控除、シンガポールのグリーンマーク奨励プログラム、ニュージーランドの補助金は、国内での住宅用グリーンビルディングの建設を促進しており、調査対象の市場に有利に働く可能性が高いです。
  • 昨年、日本はグリーンビルディングのリーダーシップにおいて大きな進歩を遂げ、エネルギーと環境設計における素晴らしいリーダーシップ(LEED)ポートフォリオを拡大し続けています。日本では268以上のプロジェクトがLEEDに参加しており、その面積は約2,950万平方フィートです。
  • また、ドイツのKreditanstalt fur Wiederaufbau(KfW)プログラムは、規格のパフォーマンスを超えて認証評価を満たす建設および改修プロジェクトに対して低金利の融資と助成金を提供しています。
  • 中国は世界最大の建設市場です。中国政府は、グリーンビルディングへの取り組みを盛り込んだ同国の第13次5カ年計画を優先しました。国の気候公害への取り組みでは、2020年までに建設されるすべての新しい建物の50%が環境に優しいと認定されることが求められています。
  • インドには約6,548件のグリーンビルディングプロジェクトが登録されています。 2021年 6月、IIAとCII-IGBCは、建築設計と計画の分野で環境に優しい建築手法を推進する協定に署名しました。
  • 上記のすべての要因により、住宅建設用途におけるグリーンビルディング材料の使用と需要は、予測期間中に成長すると予想されます。

北米が市場を独占

  • 北米では、あらゆる種類の建設活動におけるグリーンビルディング材料の高レベルの消費が、グリーンビルディング材料市場の成長を促進する主な要因となっています。
  • LEED評価システムは、米国で最も広く使用されているグリーンビルディング評価システムです。これは、健全で効率的、炭素削減、コスト削減のグリーンビルディングのためのフレームワークを提供します。 LEED認証を受けた建物は、コストを節約し、効率を向上させ、二酸化炭素排出量を削減します。
  • USGBCによると、2022年 10月の時点で、米国には約20,125件の認定LEEDプロジェクト、21,068件のシルバープロジェクト、21,206件のゴールドプロジェクト、7,027件のプラチナプロジェクトがありました。
  • 米国エネルギー情報局によると、2021年の住宅部門と商業部門によるエネルギー消費量は四捨五入されて21,000兆BTUとなり、これは国の最終用途エネルギー消費量の28%を占めています。建物からの高いエネルギー需要は米国政府の注目を集めており、同政府は低所得地域の約45万戸の住宅をエネルギー効率の高い構造に改造し、国の光熱費を削減するために31億6,000万米ドルを投資する計画を発表しました。
  • カナダ政府は、環境を保護し気候変動の影響を軽減するために、国内の温室効果ガス総排出量を2030年までに2005年のレベルより40~45%削減し、2050年までに実質ゼロに到達することを約束しています。このような目標を達成するために、国の2022年度予算では、カナダグリーンビルディング戦略の策定に1億5,000万カナダドルが計上されました。この戦略は、市場を変革し、この目標を達成するためにコストを削減するために各国の行動を動員します。
  • WGBCによると、カナダでグリーンビルディングの分野で最も業績が良いのは、新しい施設建設です。現在、国内のすべての新規プロジェクトの3分の1以上がグリーンプロジェクトであり、この数は今後数年間で大幅に増加する可能性があります。環境規制とエネルギー消費量の削減は、カナダのグリーンビルディング産業の成長を促進する要因です。
  • USGBCによると、2021年、メキシコはLEED認証の平方フィート(平方フィート)で世界第10位の位置を占め、合計 47のプロジェクトの面積は10,285,729.57平方フィートでした。
  • また、2021年12月の時点で、メキシコの2つのREIT、フィブラ・マッコーリーとフィブラ・ショップは、改修投資とより高い品質オンエントリー基準の組み合わせを通じて、ポートフォリオ全体をグリーン認定する手続きを進めています。メキシコの民間企業も、LEEDとグリーンビルディングへの取り組みを表明しています。
  • 上記のすべての要因は、予測期間中に北米のグリーンビルディング材料市場の成長を促進する可能性があります。

グリーンビルディング材料業界の概要

世界のグリーンビルディング材料市場は細分化されており、多くのプレーヤーが市場の小さなシェアを占めています。主要企業には、Sika AG、Kingspan Group、Holcim、Saint-Gobain(CertainTeed)、BASF SEなどがあります(順不同)。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 断熱性とエネルギー効率の高い建物に対する需要の増加
    • グリーンビルディングに対する政府の有利な政策
  • 抑制要因
    • 従来の建物と比較して初期設備投資が高額
  • 業界のバリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品やサービスの脅威
    • 競合の程度

第5章 市場セグメンテーション(金額ベースの市場規模)

  • 用途
    • 骨組み
    • 断熱材
    • 屋根
    • 外壁サイディング
    • 内装仕上げ
    • その他
  • 最終用途産業
    • 住宅
    • 商業
    • 工業・機関
    • インフラ
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東とアフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • 合併と買収、合弁事業、コラボレーション、および契約
  • 市場シェア(%)/ランキング分析
  • 有力企業が採用した戦略
  • 企業プロファイル
    • BASF SE
    • Binderholz GmbH
    • Dupont
    • Holcim
    • Interface Inc.
    • Kingspan Group
    • Owens Corning
    • PPG Industries Inc.
    • Saint-Gobain(Certainteed)
    • Sika AG
    • Soben International(Asia-Pacific)Ltd

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 48069

The Green Building Materials Market size is estimated at USD 272.05 billion in 2024, and is expected to reach USD 432.79 billion by 2029, growing at a CAGR of 9.73% during the forecast period (2024-2029).

Green Building Materials - Market

The outbreak of COVID-19 in 2020 and the first half of 2021 significantly affected the global construction sector due to government-imposed bans and restrictions, thereby limiting the growth of the green building materials market. Residential real estate was the worst hit as strict lockdown measures across major cities resulted in the suspension of home registrations and slow disbursements of home loans. However, the sector has been recovering well since these restrictions were lifted. An increase in house sales, new project launches, and an increasing demand for new offices and commercial spaces have been leading the market recovery over the last two years.

Key Highlights

  • Over the medium term, the potential application of green building materials in energy-efficient buildings is the major driving factor driving the growth of the market studied. Furthermore, there are favorable government policies that support green building construction and ensure standard practices across all construction sectors. These policies are prompting the manufacturers of construction materials to include more green material compositions/systems in their products.
  • On the flip side, the high first capital investments for green building construction when compared to conventional buildings is the key factor anticipated to restrain the growth of the market studied over the forecast period.
  • Nevertheless, the increasing focus of various economies on achieving carbon neutrality, the declining operation costs of green buildings over time, and the growing trends in recycled construction are likely to create lucrative growth opportunities for the global market soon.
  • North America is expected to dominate the market during the forecast period. This dominance is attributed to the high demand for framing, roofing, insulation, and various other applications in the residential, commercial, industrial, and infrastructure sectors.

Green Building Materials Market Trends

Increasing Consumption of Green Building Materials in the Residential End-use Industry

  • The residential industry is the major end-user industry for green building materials. Various types of green building materials are gaining popularity in residential buildings owing to the increasing preference for materials that are energy-efficient, moisture-resistant, durable, and easy to maintain. Factors like personal safety, increasing awareness and affinity toward green building materials, and government regulations favor the continuous increase in the use of green building materials for residential applications.
  • Fiber cement siding, thermally modified wood, bamboo, fly ash or ashcrete, hempcrete, and recycled plastic are some green construction materials that are witnessing increased adoption in the residential construction industry. Other natural materials, like cellulose, hemp, and cork, are used for insulation applications.
  • Natural fibers such as cotton, jute, and wool, recycled materials such as terrazzo, and recycled concrete, stucco, stone, and rubber-based materials are also among the green building materials employed in various applications in the residential sector.
  • The governments of various countries are providing green housing incentives to promote the construction of green residential projects. For instance, tax credits in the United States and Spain, the Green Mark incentive program in Singapore, and subsidies in New Zealand are promoting the construction of green residential buildings in the country, which is likely to favor the market studied.
  • Over the last year, Japan made significant strides in green building leadership and continues to expand its impressive Leadership in Energy and Environmental Design (LEED) portfolio. Japan has more than 268 projects participating in LEED, comprising approximately 29.5 million sq. ft.
  • Also, the Kreditanstalt fur Wiederaufbau (KfW) program in Germany provides low-interest loans and grants for construction and renovation projects that meet certification ratings beyond code performance.
  • China is the world's largest construction market. The Chinese government prioritized the country's 13th Five Year Plan, which has schemes for green building initiatives. The country's national climate commitment calls for 50% of all new buildings constructed by 2020 to be certified green.
  • India has around 6,548 registered green building projects. In June 2021, the IIA and the CII-IGBC signed an agreement to boost green building methods in the areas of architectural design and planning.
  • Owing to all the above factors, the usage and demand of green building materials for residential construction applications are expected to grow during the forecast period.

North America to Dominate the Market

  • In North America, the high level of consumption of green building materials across all types of construction activities is the primary factor driving the growth of the green building materials market.
  • The LEED rating system is the most widely used green building rating system in the United States. It provides a framework for healthy, efficient, carbon-saving, and cost-saving green buildings. LEED-certified buildings save money, improve efficiency, and lower carbon emissions.
  • According to the USGBC, as of October 2022, the United States had around 20,125 Certified LEED projects, 21,068 Silver projects, 21,206 Gold projects, and 7,027 Platinum projects.
  • According to the US Energy Information Administration, the energy consumption by the residential and commercial sectors in 2021 was rounded to 21 quadrillion Btu, which made up 28% of the country's end-use energy consumption. The high energy demand from buildings has drawn the attention of the US government, which has announced its plans to invest USD 3.16 billion to transform around 450,000 homes in low-income areas into energy-efficient structures and cut down on the country's utility bills.
  • The Government of Canada has committed to reducing the country's total GHG emissions to 40-45% below 2005 levels by 2030 and to reach net zero by 2050 in order to protect the environment and reduce the impacts of climate change. To achieve such goals, the country's budget for 2022 committed CAD 150 million to develop the Canada Green Buildings Strategy. This strategy will mobilize national action to transform markets and reduce costs to meet this goal.
  • According to the WGBC, the best-performing sector for green buildings in Canada is new institutional construction. Currently, over one-third of all new projects in the country are green, and this number is likely to grow significantly in the coming years. Environmental regulations and reduction in energy consumption are the factors driving the growth of the green building industry in Canada.
  • According to the USGBC, in 2021, Mexico held the 10th position globally in terms of square feet (sq. ft) of LEED certification, with a value of 10,285,729.57 sq. ft in a total of 47 projects.
  • Also, as of December 2021, two Mexican REITs, Fibra Macquarie and Fibra Shop, were in the process of certifying their entire portfolios green through a combination of retrofit investments and higher quality-on-entry standards. Privately-owned Mexican firms are also displaying their commitment to LEED and green building.
  • All the above-mentioned factors are likely to fuel the growth of the North American green building materials market over the forecast period.

Green Building Materials Industry Overview

The global green building materials market is fragmented, with many players having small shares of the market. Some of the major companies (in no particular order) are Sika AG, Kingspan Group, Holcim, Saint-Gobain (CertainTeed), and BASF SE.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Increasing Demand for Insulation and Energy-efficient Buildings
    • 4.1.2 Favorable Government Policies for Green Buildings
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 High Initial Capital Investment Compared to Conventional Buildings
  • 4.3 Industry Value-Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Value)

  • 5.1 Application
    • 5.1.1 Framing
    • 5.1.2 Insulation
    • 5.1.3 Roofing
    • 5.1.4 Exterior Siding
    • 5.1.5 Interior Finishing
    • 5.1.6 Other Applications
  • 5.2 End-use Industry
    • 5.2.1 Residential
    • 5.2.2 Commercial
    • 5.2.3 Industrial and Institutional
    • 5.2.4 Infrastructure
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 Italy
      • 5.3.3.4 France
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle East & Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle East & Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share (%)**/Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 BASF SE
    • 6.4.2 Binderholz GmbH
    • 6.4.3 Dupont
    • 6.4.4 Holcim
    • 6.4.5 Interface Inc.
    • 6.4.6 Kingspan Group
    • 6.4.7 Owens Corning
    • 6.4.8 PPG Industries Inc.
    • 6.4.9 Saint- Gobain (Certainteed)
    • 6.4.10 Sika AG
    • 6.4.11 Soben International (Asia-Pacific) Ltd

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Increasing Focus on Achieving Carbon Neutrality by Several Economies
  • 7.2 Other Opportunities