市場調査レポート
商品コード
1441688

炭酸カルシウム:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024-2029)

Calcium Carbonate - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 150 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.46円
炭酸カルシウム:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024-2029)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 150 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

炭酸カルシウム市場規模は、2024年に1億6,442万トンと推定され、2029年までに1億9,136万トンに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に3.08%のCAGRで成長します。

炭酸カルシウム- 市場

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生とそれに伴うロックダウンと社会的距離の規範により、自動車、建設、その他の製造部門のさまざまな産業が完全に閉鎖されました。ただし、市場は現在、パンデミック前のレベルに達していると推定されています。

主なハイライト

  • 中期的には、世界の炭酸カルシウム市場を牽引する主な要因は、アジア太平洋地域での建設活動の成長と、製紙業界におけるカオリンから炭酸カルシウムへの置き換えです。
  • 炭酸カルシウムに関連する健康被害は、予測期間中の市場の成長を妨げると予想されます。
  • グリーンアプリケーションの重要性の高まりにより、調査対象の市場に新たな機会が提供されると予想されます。
  • 中国、インド、日本などの主要消費国を含むアジア太平洋地域が世界市場を独占しています。

炭酸カルシウム市場動向

紙セクターが市場を独占

  • 炭酸カルシウムは、充填剤やコーティング目的で使用されるため、製紙産業での用途に考慮される必須成分の1つです。 CaCO3は、不透明度、明るさ、滑らかさなどの優れた特性を備えているため、筆記用、印刷用、および包装用の紙の製造に理想的な成分となっています。
  • これは鉱物充填剤であり、紙の生産コストを大幅に削減します。鉱物は繊維に比べて乾燥しやすいため、基礎材料のコストも削減できます。炭酸カルシウムは、印刷用紙の表面に光沢と平滑性を与えるため、紙のコーティングにも使用されます。
  • 現在のシナリオでは、CaCO3が他の製紙用充填材よりも優勢です。炭酸カルシウムが好まれる主な理由は、より光沢があり嵩高い紙への需要です。アルカリ製紙プロセスにおけるCaCO3の使用には大きな利点があります。
  • 製紙業界では、炭酸カルシウムがカオリンの代替品として使用されています。合成された沈降炭酸カルシウムはカオリンよりも明るくて白いため、多くのメーカーが紙の充填やコーティングの目的でそれを使用しています。より優れた不透明度、光沢、高輝度、表面仕上げを実現し、印刷適性を向上させます。
  • 炭酸カルシウムはカオリンの代替品としてだけでなく、木材パルプや添加剤としても使用されます。アルカリ製紙プロセスでは、製紙工場で充填材として炭酸カルシウムが使用されます。炭酸カルシウムは、紙の製造に使用される充填剤と顔料の合計の32%を占めます。
  • 現在、製紙産業における炭酸カルシウムの市場需要はアジア太平洋がリードしており、中国が最大の消費国となっています。紙包装およびティッシュ製品の需要の増加が、アジア太平洋地域の市場を牽引すると予想されます。インド製紙協会(IPMA)によると、インドの製紙産業は世界の紙生産量の約4%を占めています。この業界の推定売上高は70,000カロールインドルピー(約84億7,456万米ドル)(国内市場規模は80,000カロールインドルピー(約96億8,521万米ドル))、財務への貢献は約5,000カロールインドルピー(約6億533万米ドル)。
  • 包装材の需要は、この地域の急速な経済成長と食料消費の増加によって促進されています。ティッシュの需要は、人口増加と衛生基準の向上によって促進されています。
  • 前述のすべての要因により、予測期間中に炭酸カルシウムの需要が増加すると予想されます。

アジア太平洋が世界市場を独占すると予想される

  • アジア太平洋地域は、この地域での建設活動の増加により、炭酸カルシウム市場をリードすると予測されています。
  • この地域での建設産業の成長に伴い、炭酸カルシウムの需要は、特に中国、インド、インドネシアなどの新興国における経済活動の増加と新たな投資機会によって促進されると予想されます。
  • 中国は、国土の22.5%を占める広大な森林保護区により、世界最大の紙パルプ生産国です。この業界は近代的で高度に機械化されており、労働力は安価です。中国では政府の植林計画により森林面積が増加しています。
  • 中国は、プラスチック、接着剤およびシーラント、ゴム、塗料およびコーティングの世界最大の製造国および消費国です。プラスチック、接着剤とシーラント、塗料とコーティングの大部分は、自動車産業と建設産業で消費されています。自動車産業はゴムの主要消費者です。
  • インド政府の「2022年までにすべての人に住宅を」計画も、業界にとって大きな変革をもたらします。さらに、連邦内閣は、国内の主要都市で約1,600の停滞している住宅プロジェクトを再生させるため、35億8,000万米ドルのオルタナティブ投資基金(AIF)の設立を承認しました。
  • インド製紙協会(IPMA)によると、インドの紙パルプ市場は年間約6~7%成長しているにもかかわらず、業界は過去3年間で生産量の減少を目の当たりにしました。これは着実な増加を示している消費とは対照的です。
  • 全体として、この地域のさまざまなエンドユーザー産業からの需要が増加しているため、アジア太平洋の炭酸カルシウム市場が世界市場を独占すると予測されています。

炭酸カルシウム業界の概要

炭酸カルシウム市場は本質的に部分的に統合されています。市場の主要企業には、Omya AG、Mineral Technologies Inc.、Imerys、Shiraishi Group、Sibelcoなどが含まれます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • アジア太平洋地域で拡大する建設活動
    • 急速に成長する包装および製紙産業
    • 製紙産業におけるカオリンの炭酸カルシウムへの代替
  • 抑制要因
    • 炭酸カルシウムに関連する健康被害
    • その他の拘束具
  • 業界のバリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品やサービスの脅威
    • 競合の程度

第5章 市場セグメンテーション(市場規模(数量))

  • タイプ
    • 粉砕炭酸カルシウム(GCC)
    • 沈降炭酸カルシウム(PCC)
  • 用途
    • 建設資材原料
    • ダイエットサプリ
    • 熱可塑性プラスチック用添加剤
    • フィラーと顔料
    • 接着剤の成分
    • 燃料ガスの脱硫
    • 土壌中和剤
    • その他の用途
  • エンドユーザー産業
    • プラスチック
    • 接着剤およびシーラント
    • 建設
    • 塗料とコーティング
    • 医薬品
    • 自動車
    • 農業
    • ゴム
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • ASEAN諸国
      • オーストラリアとニュージーランド
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • ロシア
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東とアフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ

第6章 競合情勢

  • 合併と買収、合弁事業、コラボレーション、および契約
  • 市場ランキング分析
  • 有力企業が採用した戦略
  • 企業プロファイル
    • Chemical &Mineral Industries Pvt. Ltd
    • FUJIAN SANMU NANO CALCIUM CARBONATE CO. LTD
    • GLC Minerals
    • Gulshan Polyols Ltd
    • Huber Engineered Materials
    • Imerys
    • Kemipex
    • Lhoist
    • Maruo Calcium Co. Ltd
    • Minerals Technologies Inc.
    • Mississippi Lime Company
    • Newpark Resources Inc.
    • OKUTAMA KOGYO CO. LTD
    • Omya AG
    • Provale Holding SA
    • SCHAEFER KALK GmbH &Co. KG.
    • Shiraishi Kogyo Kaisha Ltd
    • Sibelco

第7章 市場機会と将来の動向

  • プラスチックおよびゴム業界からのナノ炭酸カルシウムの需要の高まり
  • グリーンアプリケーションの新たな重要性
目次
Product Code: 47719

The Calcium Carbonate Market size is estimated at 164.42 Million tons in 2024, and is expected to reach 191.36 Million tons by 2029, growing at a CAGR of 3.08% during the forecast period (2024-2029).

Calcium Carbonate - Market

The outbreak of COVID-19 and resultant lockdowns and social distancing norms led to the complete shutdown of various industries in the automotive, construction, and other manufacturing segments. However, the market is currently estimated to have reached pre-pandemic levels.

Key Highlights

  • Over the medium term, major factors driving the global calcium carbonate market are growing construction activities in the Asia-Pacific region and the replacement of kaolin with calcium carbonate in the paper industry.
  • Health hazards associated with calcium carbonate are expected to hinder the market's growth during the forecast period.
  • The emerging importance of green applications is expected to provide new opportunities for the market studied.
  • The Asia-Pacific region, which includes the major consumption countries, such as China, India, and Japan, dominates the global market.

Calcium Carbonate Market Trends

Paper Sector to Dominate the Market

  • Calcium carbonate is one of the essential ingredients considered for applications in the paper industry, as it is employed as fillers and for coating purposes. The working qualities of CaCO3, like opacity, brightness, and smoothness, make it an ideal component for the manufacturing of writing, printing, and packaging-grade paper.
  • It is a mineral filler, which substantially reduces the production cost of paper. As the minerals are easier to be dried than fibers, it also reduces the cost of basic materials. Calcium carbonate is also used in paper coating, as it brings out the brightness and smoothness on the surface of printing paper.
  • In the present scenario, CaCO3 is dominant over other papermaking filler materials. The main reason behind the preference for calcium carbonate is the demand for brighter and bulkier paper. There are significant advantages to the use of CaCO3 in the alkaline papermaking process.
  • In the paper industry, calcium carbonate is used as a replacement for kaolin. Since the synthesized precipitated calcium carbonate is brighter and whiter than kaolin, many manufacturers have been using it for paper filling and coating purposes. It offers better opacity, gloss, high brightness, surface finishing, and improves printability.
  • Calcium carbonate is not only used as a substitute for kaolin but also for wood pulp and additives. In the alkaline papermaking process, calcium carbonate is used in a paper mill as a filler material. Calcium carbonate amounts for 32% of the total share of filler and pigments used in paper production.
  • Currently, the Asia-Pacific leads the market demand for calcium carbonate in the paper industry, with China being the leading consumer. Increasing demand for paper packaging and tissue products is expected to drive the market in the Asia-Pacific region. According to the Indian Paper Manufacturers Association (IPMA), the Indian paper industry accounts for about 4% of the world's production of paper. The estimated turnover of the industry is INR 70,000 crore (~USD 8,474.56 million) (domestic market size of INR 80,000 crores (~USD 9,685.21 million)), and its contribution to the exchequer is around INR 5,000 crore (~USD 605.33 million).
  • The packaging demand is driven by rapid economic upticks and growing food consumption in the region. The tissue demand is driven by population growth and improving hygiene standards.
  • All the aforementioned factors are expected to boost the demand for calcium carbonate during the forecast period.

Asia-Pacific Expected to Dominate the Global Market

  • The Asia-Pacific region is projected to lead the market for calcium carbonate owing to increasing construction activities in the region.
  • Along with the growing construction industry in the region, the demand for calcium carbonate is expected to be driven by increasing economic activities and new investment opportunities in emerging economies, such as China, India, and Indonesia, among others.
  • China is the largest pulp and paper producing country in the world, owing to large forest reserves, which amount to 22.5% of the land area. The industry is modern and highly mechanized, and labor is cheap. Forest cover is increasing in China owing to the government's afforestation initiatives.
  • China is globally the largest manufacturer and consumer of plastics, adhesives and sealants, rubber, and paints and coatings. The majority of plastics, adhesives and sealants, and paints and coatings are consumed by the automotive and construction industries. The automotive industry is the major consumer of rubber.
  • The Indian government's 'Housing for All by 2022' scheme is also a major game-changer for the industry. Additionally, the Union Cabinet has approved the setting up of a USD 3.58 billion alternative investment fund (AIF) in order to revive around 1,600 stalled housing projects across the top cities in the country.
  • According to the Indian Paper Manufacturers Association (IPMA), even though India's pulp and paper market has been growing around 6-7% per annum, the industry witnessed a drop in production over the past three years. This contrasts with the consumption, which is exhibiting a steady rise.
  • Overall, with the demand increasing from various end-user industries in the region, the Asia-Pacific market for calcium carbonate is projected to dominate the global market.

Calcium Carbonate Industry Overview

The calcium carbonate market is partially consolidated in nature. Some of the major players in the market include Omya AG, Mineral Technologies Inc., Imerys, Shiraishi Group, and Sibelco, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Growing Construction Activities in the Asia-Pacific Region
    • 4.1.2 Rapidly Increasing Packaging and Paper Industry
    • 4.1.3 Replacement of Kaolin with Calcium Carbonate in Paper Industry
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Health Hazards Associated with Calcium Carbonate
    • 4.2.2 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Volume)

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Ground Calcium Carbonate (GCC)
    • 5.1.2 Precipitated Calcium Carbonate (PCC)
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Raw Substance for Construction Material
    • 5.2.2 Dietary Supplement
    • 5.2.3 Additive for Thermoplastics
    • 5.2.4 Filler and Pigment
    • 5.2.5 Component of Adhesives
    • 5.2.6 Desulfurization of Fuel Gas
    • 5.2.7 Neutralizing Agent in Soil
    • 5.2.8 Other Applications
  • 5.3 End-user Industry
    • 5.3.1 Paper
    • 5.3.2 Plastic
    • 5.3.3 Adhesives and Sealants
    • 5.3.4 Construction
    • 5.3.5 Paints and Coatings
    • 5.3.6 Pharmaceutical
    • 5.3.7 Automotive
    • 5.3.8 Agriculture
    • 5.3.9 Rubber
    • 5.3.10 Other End-user Industries
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 Asia-Pacific
      • 5.4.1.1 China
      • 5.4.1.2 India
      • 5.4.1.3 Japan
      • 5.4.1.4 South Korea
      • 5.4.1.5 ASEAN Countries
      • 5.4.1.6 Australia and New Zealand
      • 5.4.1.7 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.2 North America
      • 5.4.2.1 United States
      • 5.4.2.2 Canada
      • 5.4.2.3 Mexico
    • 5.4.3 Europe
      • 5.4.3.1 Germany
      • 5.4.3.2 United Kingdom
      • 5.4.3.3 Italy
      • 5.4.3.4 France
      • 5.4.3.5 Russia
      • 5.4.3.6 Rest of Europe
    • 5.4.4 South America
      • 5.4.4.1 Brazil
      • 5.4.4.2 Argentina
      • 5.4.4.3 Rest of South America
    • 5.4.5 Middle East and Africa
      • 5.4.5.1 Saudi Arabia
      • 5.4.5.2 South Africa
      • 5.4.5.3 Rest of Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Chemical & Mineral Industries Pvt. Ltd
    • 6.4.2 FUJIAN SANMU NANO CALCIUM CARBONATE CO. LTD
    • 6.4.3 GLC Minerals
    • 6.4.4 Gulshan Polyols Ltd
    • 6.4.5 Huber Engineered Materials
    • 6.4.6 Imerys
    • 6.4.7 Kemipex
    • 6.4.8 Lhoist
    • 6.4.9 Maruo Calcium Co. Ltd
    • 6.4.10 Minerals Technologies Inc.
    • 6.4.11 Mississippi Lime Company
    • 6.4.12 Newpark Resources Inc.
    • 6.4.13 OKUTAMA KOGYO CO. LTD
    • 6.4.14 Omya AG
    • 6.4.15 Provale Holding SA
    • 6.4.16 SCHAEFER KALK GmbH & Co. KG.
    • 6.4.17 Shiraishi Kogyo Kaisha Ltd
    • 6.4.18 Sibelco

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Rising Demand from the Plastic and Rubber Industry for Nano-calcium Carbonate
  • 7.2 Emerging Importance of Green Applications