デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1441662

CNSバイオマーカー(中枢神経系バイオマーカー):世界市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Global Central Nervous System Biomarkers - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 115 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.56円
CNSバイオマーカー(中枢神経系バイオマーカー):世界市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 115 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界のCNSバイオマーカー(中枢神経系バイオマーカー)市場規模は、2024年に56億1,000万米ドルと推定され、2029年までに81億2,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に7.67%のCAGRで成長します。

世界のCNSバイオマーカー市場

世界中のCOVID-19の症例は、CNSバイオマーカー市場に大きな影響を与えました。 2021年1月に発表された研究「脳脊髄液中のCNS損傷のバイオマーカーは、COVID-19で上昇し、神経症状や疾患の重症度と関連」に基づき、さまざまな研究で、COVID-19により入院した患者において神経症状が頻繁に報告されていることが判明しました。そこで研究者らは、神経症状や疾患の重症度に関連するCNS損傷やその他の病理のバイオマーカーについて、COVID-19の神経症状を呈する患者の脳脊髄液(CSF)を検査しました。したがって、COVID-19患者における神経損傷の起源を調査し理解するには、より大規模なサンプルを用いた今後の研究が必要です。

バイオマーカーは、生物学的状態、疾患の有無、治療の効果を測定するために使用されます。過去10年間のゲノミクスとプロテオミクスの分野の進歩により、CNSバイオマーカーに関連する遺伝子調節経路に関する認識が向上しました。プロテオミクス技術は、正常組織と疾患組織の比較評価を通じて、創薬および開発のさまざまな分野で進歩してきました。プロテオミクス調査は、中枢神経系の診断と治療の両方において、関連するタンパク質バイオマーカーの発見において大きな可能性を秘めています。これは、疾患の早期診断、予後、中枢神経疾患の発症の監視において重要な役割を果たします。

また、さまざまな疾患状態におけるバイオマーカー開発のためのパイプライン研究の数も増加しており、CNSバイオマーカー市場の成長を促進すると予想されています。 2019年に発表された研究「中枢神経系腫瘍のバイオマーカー」によると、特定の診断、予後、予測バイオマーカーが検出され、それらは出現し続けています。したがって、特定のバイオマーカーの知識は、個別の治療と経過観察にとって非常に重要です。

したがって、高度な画像システムは、死亡率を低下させながら、さまざまな病気の早期診断に役立っています。ゲノミクス、プロテオミクス、イメージングシステムなどの関連技術の発展は、新しいバイオマーカーの進化に反映されています。CNSの複雑さを考慮すると、バイオマーカーは、いくつかの神経変性疾患の早期発見に重要な役割を果たし、診断を強化し、最終的にはより良い治療を提供すると期待されています。

ただし、CNSバイオマーカーの検査と診断の高コスト、および規制と償還システムに関連する特定の問題が、市場の成長に影響を与える阻害要因であることが判明しています。

CNSバイオマーカー市場動向

個別化医療部門は予測期間にさらなる成長を示すと予想される

精密医療、または個別化医療は、さまざまな病気に取り組むための最も有望なアプローチの1つであることがわかっています。市場の成長に貢献している主な要因は、脳およびその他の神経系がんの数の増加です。正確な生物学的マーカーの認識に役立つ診断ツールとしての用途が高まっています。神経疾患の治療のための画期的な製品の開発に注力している企業が増えています。

COVID-19のパンデミックは、個別化医療部門に影響を与えました。精密医療(PM)は、個人または集団レベルの固有の特性に合わせて治療と介入を調整することを目的としています。したがって、個別化医療は、COVID-19への対処に関連しています。サンアントニオ・フォー・プレシジョン・セラピューティクス・パートナーシップ(SAPPT)もまた、COVID-19の治療を加速する3つのプロジェクトへの資金提供を発表しました。

神経変性疾患におけるバイオマーカー調査は、個別化医療において急速に進歩している分野です。これらのマーカーの役割は診断だけでなく、予後の可能性や新しい治療法の開発における役割も持っています。したがって、多数の分子が評価され、さまざまな神経変性疾患と関連しています。アルツハイマー病とパーキンソン病は、2つの最も一般的な神経変性疾患であることがわかっています。

北米がCNSバイオマーカー市場を独占

慢性疾患の負担の増大、プロテオミクス、ゲノミクス、およびイメージングシステムの開発の高まり、個別化された医薬品と治療法の採用の増加により、米国のCNSバイオマーカー市場が牽引されると予想されます。

神経症状の増加は、COVID-19の入院患者で頻繁に報告されており、CNS損傷のバイオマーカーは血漿中で増加していると報告されているが、脳脊髄液(CSF)中ではあまり研究されていないです。したがって、COVID-19症例の増加に伴い、血清学的バイオマーカーを使用したCOVID-19患者のCNS損傷の証拠が増えています。

2020年のGLOBOCANの推計によると、米国では推定2,281,658人が新たにがんと診断され、612,390人ががんにより死亡しました。国立神経障害・脳卒中研究所は、主に特定の症状のより良い診断と治療を目的として、強力なバイオマーカーの発見と検証を促進できるアプローチに主に焦点を当てています。したがって、神経障害に関する懸念の高まりと新規バイオマーカーの研究開発への支出の増加により、市場は予測期間中に成長すると予想されます。

分子バイオマーカーは、CNS疾患の診断、予後、予測、治療反応と安全性の評価など、さまざまな目的で使用されます。ほぼすべての製薬会社が、単独または提携を通じて分子バイオマーカープログラムを策定しています。医薬品開発においては、より多くの分子バイオマーカーが同定され、検証されることが期待されています。

2019年、MC10 Inc.は、CNS疾患の新規デジタルバイオマーカーの開発を目的としたロチェスター大学との提携を発表しました。したがって、神経障害に関する懸念の高まりと新規バイオマーカーの研究開発への支出の増加により、市場は予測期間中に成長すると予想されます。

CNSバイオマーカー業界の概要

CNSバイオマーカー市場における世界のプレーヤーには、Acumen Pharmaceuticals Inc.、Alseres Pharmaceuticals Inc.、Aposense Ltd、Avacta Life Sciences Limited、Banyan Biomarks Inc.、Bio-Rad Laboratories Inc.、DiaGenic ASA、G-Biosciences、Merck KGaAが含まれます。プレーヤーは、革新的かつ技術的進歩のための研究開発に戦略的に投資し、活動範囲を拡大するために国内プレーヤーとのパートナーシップに焦点を当てています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • プロテオミクス、ゲノミクス、およびイメージングシステムの開発の台頭
    • 政府および民間企業からの投資の増加
    • バイオマーカーの臨床試験の成功による研究開発の増加
  • 市場抑制要因
    • CNSバイオマーカーの検査と診断の高コスト
    • 償還と規制の問題
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • CNSバイオマーカーの種類別
    • 安全性バイオマーカー
    • 有効性バイオマーカー
    • 検証バイオマーカー
    • その他
  • 用途別
    • 創薬・医薬品開発
    • 個別化医療
    • その他
  • エンドユーザー別
    • 診断研究所
    • クリニック/病院
    • 研究センター
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋
    • 中東とアフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Acumen Pharmaceuticals Inc.
    • Alseres Pharmaceuticals Inc.
    • Avacta Life Sciences Limited
    • Biomeriux(Banyan Biomarkers Inc.)
    • Bio-Rad Laboratories Inc.
    • G-Biosciences
    • Merck KGaA
    • Thermo Fisher Scientific Inc.
    • Eli Lilly and Company(Avid radiopharmaceuticals Inc.)
    • Proteome Sciences PLC(Service)
    • Enzo Biochem Inc.(Product Found)
    • HU Group Holdings(Fujirebio)
    • Acro Biosystems

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 47145

The Global Central Nervous System Biomarkers Market size is estimated at USD 5.61 billion in 2024, and is expected to reach USD 8.12 billion by 2029, growing at a CAGR of 7.67% during the forecast period (2024-2029).

Global Central Nervous System Biomarkers - Market

COVID-19 cases worldwide had a profound impact on the CNS biomarkers market. Based on the study "Biomarkers for central nervous system injury in cerebrospinal fluid are elevated in COVID-19 and associated with neurological symptoms and disease severity," published in January 2021, various studies found frequent reporting of neurological symptoms in patients hospitalized due to COVID-19. Thus, the researchers examined cerebrospinal fluid (CSF) from patients with neurological manifestations of COVID-19 for biomarkers of the central nervous system (CNS) injury and other pathology in relation to neurological symptoms and disease severity. Therefore, future studies in larger samples are needed to explore and understand the genesis of neurological injury in COVID-19 patients.

A biomarker is used to measure the biological state, presence of diseases, and effects of treatments. The advancements in the fields of genomics and proteomics during the past decade have improved awareness regarding genetic regulatory pathways related to (central nervous system) CNS biomarkers. The proteomics technologies have advanced in various areas of drug discovery and development through a comparative assessment of normal and diseased tissues. Proteomics research has great potential in the discovery of relevant protein biomarkers in both diagnostics and therapies for the central nervous system. It plays a crucial role in earlier disease diagnosis, prognosis, and monitoring of the development of central nervous disease.

There is also an increasing number of pipeline studies for the development of biomarkers in various disease conditions, which is expected to boost the central nervous system biomarkers market growth. According to the study "Biomarkers in tumors of the central nervous system" published in 2019, specific diagnostic, prognostic, and predictive biomarkers were detected, and they continue to emerge. Hence, the knowledge of specific biomarkers is of great importance for individualized treatment and follow-up.

Therefore, advanced imaging systems are aiding the early diagnosis of various diseases while reducing the mortality rate. The development in related technologies, such as genomics, proteomics, and imaging system, is reflected in the evolution of newer biomarkers. Considering the complexity of the central nervous system (CNS), biomarkers are now expected to play a significant role in the identification of several neurodegenerative diseases at an early stage, provide enhanced diagnosis, and eventually better treatment.

However, the high cost of CNS biomarker testing and diagnostics and certain issues related to regulatory and reimbursement systems are found to be the hindering factors impacting the growth of the market.

Central Nervous System Biomarkers Market Trends

Personalized Medicine Segment Expected to Show Better Growth in the Forecast Period

Precision medicine, or personalized medicine, is found to be one of the most promising approaches to tackling various diseases. The major factors that are contributing to the growth of the market are the rising number of brain and other nervous system cancers. It has its rising application as a diagnostic tool, which helps in recognizing the precise biological markers. There is an increasing number of companies that are found focusing on developing breakthrough products for the treatment of neurological diseases.

The COVID-19 pandemic impacted the personalized medicine segment. Precision medicine (PM) aims to tailor treatment and interventions to unique individual or population-level traits. Therefore, personalized medicine is relevant for addressing COVID-19 illness. The San Antonio Partnership for Precision Therapeutics (SAPPT) also announced the funding of three projects that would accelerate treatments for COVID-19 using precision medicine principles.

Biomarker research in neurodegenerative disease is a rapidly advancing area in personalized medicine. The role of these markers is not only diagnostic, but they also have prognostic potential or role in the development of new treatments. Therefore, a large number of molecules have been evaluated and associated with different neurodegenerative disorders. Alzheimer's disease and Parkinson's disease are found to be the two most common neurodegenerative disorders.

This evolution within precision medicine has profoundly impacted the biopharmaceutical industry, and multiple players from biopharma to diagnostics companies with multiple functions such as research and development to commercial operations will witness a change. Therefore, all these factors have helped in boosting the overall market.

North America Dominates the Central Nervous System Biomarkers Market

The growing burden of chronic diseases, rise in the development of proteomics, genomics, and imaging systems, and increasing adoption of personalized medicines and therapy are expected to drive the central nervous system (CNS) biomarkers market in the United States.

The increasing neurological symptoms have been frequently reported in hospitalized patients with COVID-19, and biomarkers of central nervous system (CNS) injury are reported to be increased in plasma but not extensively studied in cerebrospinal fluid (CSF). Therefore with the rising COVID-19 cases, there is increasing evidence of central nervous system (CNS) damage in COVID-19 patients by using serological biomarkers.

According to the estimates of the GLOBOCAN in 2020, there were an estimated 2,281,658 new cancer cases diagnosed and 612,390 deaths due to cancer in the United States. The National Institute of Neurological Disorders and Stroke is mainly focusing on approaches that could facilitate the discovery and validation of robust biomarkers, primarily for better diagnosis and treatment of certain conditions. Hence, with the rising concerns regarding neurological disorders and increasing spending on R&D of novel biomarkers, the market is expected to grow over the forecast period.

The molecular biomarkers are used for various purposes, including CNS disease diagnosis, prognosis, prediction, and assessment of treatment response and safety. Almost every pharmaceutical company is formulating a molecular biomarker program, either alone or through partnerships. More molecular biomarkers are expected to be identified and validated in drug development.

In 2019, MC10 Inc. announced the collaboration with the University of Rochester for the development of novel digital biomarkers for central nervous system diseases. Hence, with the rising concerns regarding neurological disorders and increasing spending on R&D of novel biomarkers, the market is expected to grow over the forecast period.

Central Nervous System Biomarkers Industry Overview

The global players in the central nervous system biomarkers market include Acumen Pharmaceuticals Inc., Alseres Pharmaceuticals Inc., Aposense Ltd, Avacta Life Sciences Limited, Banyan Biomarkers Inc., Bio-Rad Laboratories Inc., DiaGenic ASA, G-Biosciences, Merck KGaA, and Thermo Fisher Scientific Inc. The players strategically invest in the research and development for innovative and technological advancements and focus on partnerships with domestic players to expand their outreach.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Rise in the Development in Proteomics, Genomics, and Imaging System
    • 4.2.2 Rising Investments from Government and Private Players
    • 4.2.3 Increasing Research and Development with Successful Clinical Trials of Biomarkers
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High Cost of CNS Biomarkers Tests and Diagnostics
    • 4.3.2 Reimbursement and Regulatory Issues
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Type of CNS Biomarkers
    • 5.1.1 Safety Biomarkers
    • 5.1.2 Efficacy Biomarkers
    • 5.1.3 Validation Biomarkers
    • 5.1.4 Other Types of CNS Biomarkers
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Drug Discovery and Development
    • 5.2.2 Personalized Medicine
    • 5.2.3 Other Applications
  • 5.3 By End User
    • 5.3.1 Diagnostic Labs
    • 5.3.2 Clinics/Hospitals
    • 5.3.3 Research Centers
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South Korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Middle-East and Africa
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle-East and Africa
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Acumen Pharmaceuticals Inc.
    • 6.1.2 Alseres Pharmaceuticals Inc.
    • 6.1.3 Avacta Life Sciences Limited
    • 6.1.4 Biomeriux (Banyan Biomarkers Inc.)
    • 6.1.5 Bio-Rad Laboratories Inc.
    • 6.1.6 G-Biosciences
    • 6.1.7 Merck KGaA
    • 6.1.8 Thermo Fisher Scientific Inc.
    • 6.1.9 Eli Lilly and Company (Avid radiopharmaceuticals Inc.)
    • 6.1.10 Proteome Sciences PLC (Service)
    • 6.1.11 Enzo Biochem Inc. (Product Found)
    • 6.1.12 H.U. Group Holdings (Fujirebio)
    • 6.1.13 Acro Biosystems

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS