デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1440416

オープンソースERP:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Open Source ERP - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.91円
オープンソースERP:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

オープンソースERP市場規模は2024年に25億9,000万米ドルと推定され、2029年までに41億7,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に10.05%のCAGRで成長します。

オープンソースERP-マーケット

オープンソースERPソフトウェア市場の発展の主な推進力は、ビジネスイニシアチブにおける機能の習熟度とシンプルさ、クラウドおよびポータブルアプリケーションの選択肢の急増、情報主導型のダイナミクスにおける一般的な拡大の必要性です。

主なハイライト

  • さらに、COVID-19感染症のパンデミック中にクラウドベースのERPの人気が殺到し、ERP市場の発展に影響を与えると予想されます。
  • オープンソースERPは、多額のライセンスやサポート料金を支払わずにERPシステムをアップグレードまたはカスタマイズしたい中小企業(SME)にとって有益です。ほとんどのオープンソースERPソフトウェアシステムは、ライセンス不要のオプションを提供するオープンソースデータベースおよびオペレーティングシステムとして使用できます。オープンソースERPが使用されるもう1つの理由は、それが完全なソースコンテンツであり、ソフトウェアを実装するためのベンダーロックインや依存関係がないことです。
  • 従来のERPテクノロジーは非常に長い間存在していましたが、それでも、IoT、AI、総合的な情報調査などの最先端のイノベーションの転用によりビジネスが拡大し、発展を推進してきました。 ERPとIoTベースのガジェットを組み合わせることで、協会は不要なリソースなどの問題を区別して処理できます。同様に、IoTイノベーションによるサイクルの機械化により、人間の介入なしにプラントの活動が予定どおりに維持されます。
  • COVID-19感染症のパンデミック中、クラウドベースのERPプログラミングにより、中断をサポートする組織のサポートが急増しました。さらに、ERPプログラミングの取り決めは、リモートアクセス、コンピュータ化された情報トランザクション、ロボット化された改良、継続的な職場制御などのさまざまなハイライトを通じて、ビジネス全体の対策を効果的に機能させます。
  • パンデミックはまた、世界中の組織が実際の職場を遠隔の職場に移転することを妨げています。この要因により、ERPプログラミングに必要な洪水が発生し、その後ERP市場の発展を迎えました。

オープンソースERP市場動向

最高の市場成長を実現するクラウド導入

  • クラウドベースのオープンソースERPソリューションは比較的安価であり、中小企業と大企業組織の両方にメリットをもたらします。クラウドベースのERPソフトウェアは、企業のハードウェアではなくベンダーのリモートサーバーにインストールされます。ソリューションの中にはサービスベースで提供されるものもあるため、SaaS型ERPソリューションとも呼ばれます。
  • SaaS ERPには、ベンダーがホストする同じソフトウェアプラットフォームを複数の顧客が使用できるようにするマルチテナントソフトウェアアーキテクチャが組み込まれています。利点としては、展開の迅速化、ソフトウェア実装の初期コストの削減、シングルテナント SaaSアプリケーションの簡単なカスタマイズ、簡単な構成とメンテナンスプロセス、自動データバックと災害復旧、そして最後に、簡単な統合と移行が挙げられます。
  • さらに、デジタル変革の進展に伴い、教育会社、広告およびメディアプラットフォーム、ITサービス、製造部門、ヘルスケア部門、小売、運輸および物流、卸売業者などのさまざまなエンドユーザーが、オープンソースのクラウド ERPを組み込み始めています。
  • さらに、自動化、標準化、簡素化、革新の必要性は、あらゆる業界や地域の顧客にとって不可欠であり、市場調査を推進しています。したがって、ベンダーも、既存のオープンソースクラウド ERPSに新しいアップグレードを導入するために、大規模な研究開発に投資しています。

北米が最大のシェアを握ると予想される

  • オープンソースソフトウェアは、この地域のビジネス活動において重要な足場を獲得しており、当然のことながら、オープンソースERPソリューションはプロセスの進化における次のステップとなります。オープンソースのERPおよびCRMソリューションは、企業が購入してそのまま使用できます。
  • この地域におけるクラウドへの急速な移行により、オープンソースERP市場の成長が促進されています。 Epicor Softwareの2021年年次インサイトレポートによると、2021年には米国の中堅必須企業の94%がERPを導入しており、2020年にはクラウドが戦略的優先事項であると宣言した25%から増加しています。
  • さらに、94%がクラウドがビジネスの将来性を確保するのに役立つと信じています。オープンソースクラウド ERPは、この地域で事業を展開する製造業者にとって中心的な投資戦略の1つです。オープンソースのERP倉庫管理システム(WMS)などの採用は、クラウドの導入と一致しています。
  • パーソナライズされた適切なエクスペリエンスを顧客に提供する必要があるため、高度にカスタマイズ可能なダッシュボードなどの機能でそれらのニーズに対応できるオープンソースERPシステムが必要になります。 Movable InkのAudience of One Report 2021による調査によると、消費者の61%が、企業が自社のブランドコンテンツでパーソナライズされたエクスペリエンスを作成した場合、商品やサービスを購入する可能性が高いと回答しました。(n=1,000人の米国消費者)。

オープンソースERP業界の概要

オープンソースERP市場は非常に細分化されており、ERPNext、Dolibarr、Metasfresh、Odooなどの多数の競合他社が存在します。市場のプレーヤーは、市場シェアを獲得するためにパートナーシップ、製品開発、合併、買収などの戦略的活動を採用しています。市場における主な発展の一部は次のとおりです。

  • 2021年 9月-Deltek Incは、米国に拠点を置く企業向けの新サービスであるDeltek Paymentsを発表しました。これは、ERP顧客の支払いプロセスのデジタル変革と最新化を支援するための新サービスです。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • 業界のバリューチェーン分析
  • COVID-19感染症が市場に与える影響の評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • シームレスな顧客エクスペリエンスに対する需要の高まり
    • AI、IoT、アナリティクスなどの先端技術の融合
  • 市場抑制要因
    • 手動からソフトウェアテストプロセスへの移行を実装するための複雑さの増大
  • 規制状況
  • 主な使用例

第6章 市場セグメンテーション

  • 展開モード別
    • クラウド
    • オンプレミス
  • 組織規模別
    • 中小企業
    • 大企業
  • エンドユーザー業界別
    • 情報技術
    • BFSI
    • 通信
    • ヘルスケア
    • 小売り
    • 教育
    • その他のエンドユーザー業界
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • iDempiere
    • xTuple
    • Dolibarr
    • Metasfresh
    • ERPNext
    • Compiere
    • ERP5
    • Bitrix24
    • OpenPro
    • Openbravo
    • MixERP
    • TRYTON

第8章 投資分析

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 91107

The Open Source ERP Market size is estimated at USD 2.59 billion in 2024, and is expected to reach USD 4.17 billion by 2029, growing at a CAGR of 10.05% during the forecast period (2024-2029).

Open Source ERP - Market

The key drivers of the development of the open-source ERP software market are the proficiency and simplicity of features in business initiatives, the proliferation of cloud and portable application choices, and the need for a popular expansion in information-driven dynamics.

Key Highlights

  • In addition, the popularity of cloud-based ERP floods during the COVID-19 pandemic is expected to impact the development of the ERP market.
  • Open source ERP is beneficial for small and medium-sized enterprises (SMEs) who want to upgrade or customize their ERP system without paying a large license or support fee. Most open-source ERP software systems can be used as open-source databases and operating systems that offer license-free options. Another reason open source ERP is used is that it is complete source content, and there are no vendor lock-ins or dependencies to implement the software.
  • Traditional ERP technology has been around for a very long time, but nevertheless, the diversion of cutting-edge innovations such as IoT, AI, and comprehensive information research has expanded and driven business development. By combining ERP and IoT-based gadgets, associations can distinguish and handle issues such as unwanted resources. Similarly, the mechanization of cycles through IoT innovation keeps plant activities on schedule without human intervention.
  • During the COVID-19 pandemic, cloud-based ERP programming called for a surge to support organizations to support interruptions. In addition, ERP programming arrangements effectively function business-wide measures through a variety of highlights, including remote access, computerized information transactions, robotized refinement, and ongoing workplace control.
  • Pandemics also constrain organizations worldwide from moving their real workplaces to distant workplaces. This factor caused the flood required for ERP programming and subsequently met the development of the ERP market.

Open Source ERP Market Trends

Cloud Deployments to Witness Highest Market Growth

  • Cloud-based open source ERP solutions are comparatively cheaper that benefit both SMEs and large enterprise organizations. The cloud-based ERP software is installed in the vendor's remote serves instead of the company's hardware. Some of the solutions are provided based on services, and therefore they are also called SaaS ERP solutions.
  • The SaaS ERPs incorporate multi-tenant software architecture that allows multiple customers to use the same software platform hosted by the vendor. Some of the advantages include faster deployment, lower upfront costs for software implementation, easy customization of single-tenant SaaS applications, easy configuration, and maintenance process, automatic data back and disaster recovery, and lastly, easy integration and migration.
  • Further, with growing digital transformation, various end-users like education firms, advertising and media platforms, IT services, manufacturing department, healthcare sectors, retail, transportation and logistics, and wholesale distributors, among others, have started incorporating open-source cloud ERPs.
  • Further, the need for automation, standardization, simplification, and innovation is imperative for the customers across industries and geographies, driving the market study. Therefore, vendors are also investing in significant research and development to introduce a new upgrade to the existing open-source cloud ERPS.

North America is Expected to Hold the Largest Share

  • Open-source software has gained an essential foothold in business work in the region, and, naturally, open-source ERP solutions are the next step in the evolution of the process. The open-source ERP and CRM solutions can be purchased by a company and used as-is.
  • The rapid shift to the cloud in the region is driving the growth of the market for open source ERPs. According to Epicor Software's 2021 Annual Insights Report, 94% of mid-sized essential businesses in the United States are adopting ERPs in 2021, up from 25% that declared cloud a strategic priority in 2020.
  • In addition, 94% believed the cloud would help future-proof their businesses. Open source cloud ERP is one of the central investment strategies for the manufacturers operating in the region. The adoption of an open-source ERP warehouse management system (WMS), among others, is in line with cloud adoption.
  • The need to deliver personalized and relevant experiences to the customers leads to open source ERP systems that can accommodate those needs with features like highly customizable dashboards. According to a survey by Movable Ink's Audience of One Report 2021, 61% of consumers suggested that they were likely to buy goods or services when a company created a personalized experience in their branded content. (n=1,000 US consumers).

Open Source ERP Industry Overview

The open-source ERP market is highly fragmented, with a large number of competitors like ERPNext, Dolibarr, Metasfresh, Odoo, etc. Players in the market adopt strategic activities such as partnerships, product development, mergers, and acquisitions to capture the market share. Some of the key developments in the market are:

  • September 2021 - Deltek Inc announced a new offering for US-based businesses, Deltek Payments, a new offering to help ERP customers digitally transform and modernize their payment processes.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Threat of New Entrants
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Assessment of Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increasing Demand for Seamless Customer Experience
    • 5.1.2 Integration of Advanced Technologies such as AI, IoT, and Analytics
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Rising Complexities to Implement Transition from Manual to Software Testing Process
  • 5.3 Regulatory Landscape
  • 5.4 Key Use Cases

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Deployment Mode
    • 6.1.1 Cloud
    • 6.1.2 On-premises
  • 6.2 By Organization Size
    • 6.2.1 Small and Medium Sized Companies
    • 6.2.2 Large Companies
  • 6.3 By End-user Verticals
    • 6.3.1 Information Technology
    • 6.3.2 BFSI
    • 6.3.3 Telecommunication
    • 6.3.4 Healthcare
    • 6.3.5 Retail
    • 6.3.6 Education
    • 6.3.7 Other End-user Verticals
  • 6.4 By Geography
    • 6.4.1 North America
    • 6.4.2 Europe
    • 6.4.3 Asia-Pacific
    • 6.4.4 Latin America
    • 6.4.5 Middle-East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles*
    • 7.1.1 iDempiere
    • 7.1.2 xTuple
    • 7.1.3 Dolibarr
    • 7.1.4 Metasfresh
    • 7.1.5 ERPNext
    • 7.1.6 Compiere
    • 7.1.7 ERP5
    • 7.1.8 Bitrix24
    • 7.1.9 OpenPro
    • 7.1.10 Openbravo
    • 7.1.11 MixERP
    • 7.1.12 TRYTON

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET