デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1440343

デジタルヘルス:世界市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Global Digital Health - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.16円
デジタルヘルス:世界市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界のデジタルヘルス市場規模は2024年に2,964億6,000万米ドルと推定され、2029年までに6,555億7,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に17.20%のCAGRで成長します。

世界デジタルヘルス-市場

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大と世界中でのロックダウンにより、ヘルスケアのデジタル提供がこれまで以上に重要になりました。たとえば、2021年4月に公開された記事「COVID-19をきっかけとした欧州デジタルヘルス革命」によると、欧州委員会はCOVID-19回復対応プログラムの一環としてEU4ヘルスプログラムを提案しました。このイニシアチブは、欧州の医療分野のデジタル変革のために51億ユーロを調達し、将来の国境を越えた健康上の脅威への備えを確保することを目的としていました。したがって、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のさなかのヘルスケアのデジタル変革に向けた欧州政府による投資の増加は、調査対象市場の成長に重要な役割を果たしました。このように、新型コロナウイルスCOVID-19はパンデミック段階のさなか市場の成長に重大な影響を及ぼしました。

デジタルヘルスケアの採用の増加、人工知能、IoT、ビッグデータの台頭、モバイルヘルスアプリケーションの採用の増加と政府の取り組みなども市場の成長を推進しています。

デジタルプラットフォームとシステムの開発のために政府が提供する助成金も市場の成長を促進しています。たとえば、2021年 5月、英国のヘルステック企業、my mヘルスとその協力者は、CUOREMAという名前のプロジェクトの開発に対してユーロスターズ助成金として250万ユーロを獲得しました。 CUOREMAプロジェクトは、患者中心の新しい心臓リハビリテーション支援システムの開発に焦点を当てます。

同様に、テクノロジーの導入と製品の発売の増加も市場の成長の重要な要素です。たとえば、2021年 6月に、MicroPort CRMはAlizeaTMおよびBoreaTMペースメーカーを発売しました。これらのペースメーカーにはBluetoothテクノロジーが搭載されており、欧州のSmartView Connectホームモニターと組み合わせてリモートモニタリングを効率化できます。これらのペースメーカーは、心臓専門医がデバイスを遠隔監視するのに役立ち、簡単な定期検査のために患者が病院に行く必要性が減り、ヘルスケアシステムの負担が軽減されます。

さらに、2020年 12月、Entremoはハンガリーの病院や介護施設で患者のバイタルサインを遠隔監視するために自社製品のリストバンドを導入しました。さらに、2021年3月にはスペインのモバイルネットワークYoigoが「Doctor Go」という遠隔医療サービスを開始しました。 Doctor Go遠隔医療サービスは、かかりつけ医や専門家とのビデオ相談のほか、電子処方箋や薬の配達のための遠隔薬局サービスを提供します。

したがって、上記の要因により、調査対象の市場は予測期間中に大幅に成長すると予想されます。ただし、患者データに関するセキュリティ上の懸念により、将来の市場の成長が妨げられる可能性があります。

デジタルヘルス市場の動向

mヘルスセグメントは、予測期間中にかなりの市場シェアを保持すると予想されます

mヘルス(モバイルヘルス)は、モバイルおよびワイヤレステクノロジを使用して健康目標の達成をサポートすることです。 mヘルスの最も一般的な用途は、消費者に予防ヘルスケアサービスについて教育するためにモバイルデバイスを使用することです。さらに、 mヘルスは病気の監視、治療サポート、流行の発生追跡、慢性疾患の管理にも使用されます。慢性疾患の負担の増大、技術の進歩、国民の健康に対する意識の高まり、政府の取り組みなどの要因が、予測期間中の市場セグメントの成長を推進しています。

市場の成長を促進するもう1つの要因は、調査研究の数の増加です。たとえば、2020年 10月に、「 mヘルスとeHealthは、アクセスが困難な人々の糖尿病と高血圧の管理を改善できるか。カンボジアのピアエデュケーターモデルをサポートするためのデジタルヘルスのプロセス評価から学んだ教訓」と題された研究結果が発表されました。「RE-AIMフレームワークを使用した」では、非感染性疾患(NCD)の負担が低中所得国(LMIC)で増加していると述べています。LMICでは、NCDによる死亡率は4:5であり、より貧しい人々に不均衡な影響を及ぼし、多大な被害をもたらしています。経済的負担。デジタル介入は、医療システムが不十分で携帯電話の普及率が高いなど、アクセスが困難な人々のNCD管理を改善できます。このような研究は、ヘルスケアシステムの負担を軽減する上でモバイルヘルスが有用であることを実証しています。

製品の発売も市場セグメントの成長を促進する可能性があります。たとえば、医療研究室によるサンプルの迅速かつ正確な処理を支援する革新的なクラウドソフトウェア会社であるGoMeyraは、2021年 5月に、GoMeyra passと呼ばれる、COVID-19感染症ワクチン接種の検証またはPCRおよび迅速な抗原検査の結果を共有するための無料モバイルアプリをリリースしました。 GoMeyra Passは、市場で最速のLIMSの1つであるGoMeyra検査情報管理システム(LIMS)と統合されており、認定検査機関の全国ネットワークが24時間以内にCOVID-19検査結果を提供できるようになります。さらに、欧州連合は、市民のエンパワーメントとパーソンセンタードケアのためのデジタルツールを優先するため、「欧州における信頼できるmヘルスラベルの推進:ヘルス&ウェルネスアプリの品質と信頼性に関する技術仕様の導入」というタイトルのプログラムを推進しており、その提出日はこのような取り組みは、今後のmヘルスの認知度やアクセスしやすさも向上させ、セグメントの成長を促進します。

したがって、上記の要因により、市場セグメントは予測期間中に成長が予測されると予想されます。

予測期間中、北米が市場を独占すると予想される

デジタルヘルスは、慢性疾患の負担の増大、先進ヘルスケア技術の高度な導入、政府や公的機関からの支援、製品やサービスの発売などの要因により、北米におけるヘルスケアの構成要素として急速に成長しています。

モバイルテクノロジーに対する需要の高まり、患者による在宅ケアの採用の増加、通院の減少により、予測期間中に市場の成長が促進されると予想されます。北米のヘルスケアでは、特にCOVID-19感染症パンデミックの最中に、人々が個人の健康管理に積極的に参加できるよう支援する遠隔医療アプリケーションの出現により、前向きな動向が見られます。スマートフォンとモバイルテクノロジーの存在により、臨床アプリケーションとライフスタイルアプリケーションの両方を使用して、健康的な行動を教育し、取り入れることが可能になります。

また、政府や公的機関の取り組みも市場を牽引すると予想されます。たとえば、2020年 3月、メディケアおよびメディケイドサービスセンター(CMS)は、メディケア遠隔医療サービスへのアクセスを拡大し、受益者がヘルスケア現場に出向かなくてもヘルスケア専門家から幅広いサービスを受けられるようにしました。さらに、2020年 3月6日からは、全国で遠隔医療を介して提供される病院、診療所、その他の訪問費がメディケアによって支払われるようになります。これは調査対象の市場にプラスの影響を与える可能性があります。

さらに、ベンダーは市場で生き残るためにパートナーシップ、コラボレーション、買収、合併、製品の発売に取り組んでいます。たとえば、2020年 11月にMorneau Shepellは、米国初の統合遠隔医療ソリューションを導入しました。このサービスの下で、地域の従業員とその家族は、すべての重要かつ当面の健康ニーズを満たすデジタルヘルスケアサポートにアクセスできます。また、2020年8月、AMD Global Telemedicine Inc.は、オンタリオ州に本拠を置く企業iTelemedと協力し、COVID-19感染症のパンデミック下でカナダ国内で疎外されている人々の満たされていないヘルスケアニーズに応える仮想ヘルスケアソリューションを提供しました。

したがって、前述の要因を考慮すると、調査対象の市場は、予測期間中に北米で大幅に成長すると予想されます。

デジタルヘルス業界の概要

デジタルヘルス市場の競争は中程度です。市場シェアの点では、現在、いくつかの大手企業が市場を独占しています。現在市場を独占している企業としては、Allscriptsヘルスケア Solutions Inc.、Koninklijke Philips NV、OTH.IO、International Business Machinery Corporation(IBM)、AMD Global Telemedicine Inc.などが挙げられます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • デジタルヘルスケアの採用の増加
    • 人工知能、IoT、ビッグデータの台頭
    • モバイルヘルスアプリケーションの採用の拡大
  • 市場抑制要因
    • サイバーセキュリティとプライバシーの問題
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • コンポーネント別
    • ハードウェア
    • ソフトウェア
    • サービス
  • テクノロジー別
    • 遠隔医療
    • mヘルス
    • 健康分析
    • デジタルヘルスシステム
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東とアフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • AdvancedMD Inc.
    • Allscripts Healthcare Solutions Inc.
    • AT &T
    • Athenahealth Inc.
    • Oracle Corporation(Cerner Corporation)
    • AMD Global Telemedicine Inc.
    • Cisco Systems
    • iHealth Lab Inc
    • International business Machinery Corporation(IBM)
    • Koninklijke Philips NV
    • McKesson Corporation
    • OTH.IO

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 90465

The Global Digital Health Market size is estimated at USD 296.46 billion in 2024, and is expected to reach USD 655.57 billion by 2029, growing at a CAGR of 17.20% during the forecast period (2024-2029).

Global Digital Health - Market

With the strike of COVID-19 and lockdowns all over the globe, the digital delivery of healthcare became more important than ever. For instance, according to the article "The European digital health revolution in the wake of COVID-19," published in April 2021, the European Commission proposed the EU4Health program as part of a COVID-19 recovery response program. The initiative aimed to raise EUR 5.1 billion for the digital transformation of the European health sector and ensure preparedness for future cross-border health threats. Thus, the increased investments by European governments toward the digital transformation of healthcare amid COVID-19 played a significant role in the growth of the studied market. Thus, COVID-19 had a profound impact on the growth of the market amid the pandemic phase.

The factors such as increasing adoption of digital healthcare, the rise in artificial intelligence, IoT, and big data, growing adoption of mobile health applications coupled with initiatives taken by the government are also propelling the growth of the market.

The grants provided by the government for the development of digital platforms and systems are also driving the growth of the market. For instance, in May 2021, the United Kingdom health tech company, my mhealth, and collaborators were awarded EUR 2.5 million in Eurostars Grants for the development of their project, named CUOREMA. The CUOREMA project will focus on developing a new, patient-centered cardiac rehabilitation support system.

Similarly, increasing adoption of technology and product launches are key factors for the growth of the market. For instance, in June 2021, MicroPort CRM launched AlizeaTM and BoreaTM pacemakers, which are equipped with Bluetooth technology for streamlined remote monitoring when paired with the SmartView Connect home monitor in Europe. These pacemakers help the cardiologists monitor the devices remotely and decrease the patient's need to travel to the hospital for a simple routine examination, thus reducing the burden on the healthcare system.

Moreover, in December 2020, Entremo deployed its product, a wristband, to remotely monitor the vital signs of patients in hospitals and nursing homes in Hungary. Additionally, in March 2021, the Spanish mobile network Yoigo launched a telemedicine service named "Doctor Go". The Doctor Go telemedicine service offers video consultations with family doctors and specialists, as well as telepharmacy services for electronic prescriptions and the delivery of medicines.

Hence, due to the abovementioned factors, the studied market is expected to grow significantly during the forecast period. However, security concerns regarding patient data may hinder market growth in the future.

Digital Health Market Trends

mHealth Segment is Expected to Hold a Significant Market Share Over the Forecast Period

mHealth, or Mobile Health, is the use of mobile and wireless technologies to support the achievement of health objectives. The most common application of mHealth is the use of mobile devices to educate consumers about preventive healthcare services. Moreover, mHealth is also used for disease surveillance, treatment support, epidemic outbreak tracking, and chronic disease management. Factors such as the growing burden of chronic diseases, advancements in technology, rising awareness about health among the population, and initiatives taken by the government are driving the growth of the market segment over the forecast period.

Another factor driving the growth of the market is the increasing number of research studies. For instance, in October 2020, a research study was published titled "Can mHealth and eHealth improve management of diabetes and hypertension in a hard-to-reach population? lessons learned from a process evaluation of digital health to support a peer educator model in Cambodia using the RE-AIM framework" stated that the burden of non-communicable diseases (NCDs) is increasing in low- and middle-income countries (LMICs), where NCDs cause 4:5 deaths, disproportionately affect poorer populations, and carry a large economic burden. Digital interventions can improve NCD management for these hard-to-reach populations with inadequate health systems and high cell phone coverage. Such studies demonstrate the usefulness of mobile health in reducing the burden on the healthcare system.

Product launches are also likely to favor the growth of the market segment. For instance, in May 2021, GoMeyra, an innovative cloud software company that helps medical laboratories process samples faster and more accurately, launched a free mobile app for sharing COVID-19 vaccination verification or PCR and rapid antigen test results called GoMeyra pass. GoMeyra Pass integrates with the GoMeyra lab information management system (LIMS), one of the fastest LIMS on the market that allows its nationwide network of accredited laboratories to provide COVID-19 test results within 24 hours. Additionally, the European Union is promoting a program titled "Promoting a trusted mHealth label in Europe: uptake of technical specifications for Quality and Reliability of Health and Wellness Apps" to prioritize digital tools for citizen empowerment and for person-centered care, whose submission date was in September 2021. Such initiatives also increase the awareness and accessibility of mHealth in the upcoming future and thus promote segment growth.

Thus, owing to the abovementioned factors, the market segment is expected to project growth over the forecast period.

North America is Expected to Dominate the Market Over the Forecast Period

Digital health is a rapidly growing component of healthcare in North America owing to factors such as the growing burden of chronic diseases, the high adoption of advanced healthcare technologies, support from the government and public authorities, and the launch of products and services.

The rising demand for mobile technologies, rising adoption of home care by patients, and reduction in hospital visits are expected to propel the market's growth over the forecast period. Healthcare in North America is experiencing positive trends with the emergence of telemedicine applications that help the population to be active in personal health management, especially during the COVID-19 pandemic. Smartphones and the presence of mobile technology make it possible to use both clinical and lifestyle applications to help educate and adopt healthy behaviors.

Also, the initiatives by the government and public organizations are expected to drive the market. For instance, in March 2020, the Centers for Medicare and Medicaid Services (CMS) widened access to Medicare telehealth services so beneficiaries could get a broader range of services from healthcare professionals without traveling to healthcare settings. Additionally, from March 6, 2020, Medicare will pay for hospital, office, and other visits furnished via telehealth across the country. This is likely to have a positive impact on the market studied.

Moreover, vendors are engaged in partnerships, collaborations, acquisitions, mergers, and product launches to sustain in the market. For instance, in November 2020, Morneau Shepell introduced its first unified telemedicine solution in the United States. Under this service, regional employees and their families get access to digital health care support for all their crucial and immediate well-being needs. Also, in August 2020, AMD Global Telemedicine Inc. collaborated with iTelemed, an Ontario-based company, to provide virtual healthcare solutions to cater to the unmet healthcare needs of the marginalized populations within Canada during the COVID-19 pandemic.

Thus, given the aforementioned factors, the studied market is expected to grow significantly in North America over the forecast period.

Digital Health Industry Overview

The digital health market is moderately competitive. In terms of market share, a few of the major players are currently dominating the market. Some of the companies which are currently dominating the market are Allscripts Healthcare Solutions Inc., Koninklijke Philips N.V., OTH.IO, International Business Machinery Corporation (IBM), and AMD Global Telemedicine Inc., among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing Adoption of Digital Healthcare
    • 4.2.2 Rise in Artificial Intelligence, IoT, and Big Data
    • 4.2.3 Growing Adoption of Mobile Health Applications
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Cybersecurity and Privacy Concerns
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Component
    • 5.1.1 Hardware
    • 5.1.2 Software
    • 5.1.3 Services
  • 5.2 By Technology
    • 5.2.1 Telehealth
    • 5.2.2 mHealth
    • 5.2.3 Health Analytics
    • 5.2.4 Digital Health Systems
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Spain
      • 5.3.2.6 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 South Korea
      • 5.3.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Middle East and Africa
      • 5.3.4.1 GCC
      • 5.3.4.2 South Africa
      • 5.3.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.3.5 South America
      • 5.3.5.1 Brazil
      • 5.3.5.2 Argentina
      • 5.3.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 AdvancedMD Inc.
    • 6.1.2 Allscripts Healthcare Solutions Inc.
    • 6.1.3 AT & T
    • 6.1.4 Athenahealth Inc.
    • 6.1.5 Oracle Corporation (Cerner Corporation)
    • 6.1.6 AMD Global Telemedicine Inc.
    • 6.1.7 Cisco Systems
    • 6.1.8 iHealth Lab Inc
    • 6.1.9 International business Machinery Corporation (IBM)
    • 6.1.10 Koninklijke Philips N.V.
    • 6.1.11 McKesson Corporation
    • 6.1.12 OTH.IO

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS