デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1440338

薬物スクリーニング:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Drug Screening - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.76円
薬物スクリーニング:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

薬物スクリーニング市場規模は、2024年に73億米ドルと推定され、2029年までに155億4,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に16.35%のCAGRで成長します。

薬物スクリーニング-市場

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックが市場に及ぼす影響は重大なものとなることが予想されます。 Current Consulting Group(CCG)が2021年 8月に実施した最近の調査によると、雇用主の約21%が、パンデミック中に従業員に対して実施された薬物検査の数が61%以上減少したと報告しています。これには、在宅勤務する従業員の増加による検査を受ける人の減少や、職場の薬物検査の安全性やCOVID-19感染症の予防策に対する一般的な懸念など、いくつかの要因が考えられます。また、『Population Health Management』2021年に掲載された調査論文によると、処方薬と違法薬物の検査の大幅な減少が観察され、毎週の検査量は70%減少しました。したがって、医薬品スクリーニングの減少はパンデミック中に市場に大きな影響を与えました。ただし、パンデミック後の期間における薬物スクリーニングの需要は増加すると予想されており、それによって予測期間中の市場の成長が促進されます。

世界の薬物スクリーニング市場を推進する主な要因は、薬物およびアルコールの消費量の増加、厳格なアルコールおよび薬物検査法、医薬品開発に対する政府の資金提供、および規制当局の承認です。国連薬物犯罪事務所(UNODC)が2022年に発行した「世界薬物報告書2021」によると、薬物使用者数は22%増加しました。 2021年のUNODCの調査結果によると、約2億人が大麻を喫煙しており、これは世界人口の4%を占めています。さらに、同じ情報源によると、大麻使用者の数は約18%増加しました。さらに、約2,000万人がコカインを消費しており、これは世界人口の0.4%に相当します。したがって、人口の薬物消費量の増加により、薬物スクリーニングの需要が増加し、調査期間における市場全体の成長を促進すると予想されます。

さらに、主要企業によるいくつかの取り組みは、調査対象市場の成長を推進する要因の1つです。たとえば、2021年8月、南カリフォルニアのクエスト・ダイアグニクスとセレクト・ヘルスは、メディケイドとメディケアの二重資格登録者向けにセレクト・ヘルスの検査ネットワークを拡大し、診断情報サービスを強化する契約を締結しました。

ただし、一部の国ではアルコールと薬物の摂取が禁止されており、特に先進国では職場での薬物検査が禁止されているため、世界の薬物スクリーニング市場の成長が妨げられる可能性があります。

薬物スクリーニング市場の動向

尿サンプルセグメントは予測期間中に大幅な増加を示すと予想される

尿検査は、薬物の最も一般的な検査方法の1つです。非侵襲性やサンプル中の多数の薬物を検出できる機能など、尿検査に関連する利点により、予測期間中のセグメントの成長が促進されると予想されます。尿検査では、1~4日以内、場合によってはさらに長期間使用された薬物を検出できます。

尿薬物検査は、長期のオピオイド療法を受けている患者をモニタリングする重要な部分であり、長期のベンゾジアゼピンまたは興奮剤療法を受けている患者にも実施することが提案されています。また、オピオイド依存性をチェックするための重要な検査の1つです。したがって、オピオイドの過剰摂取の有病率の上昇が、予測期間中の市場の成長を促進すると予想されます。たとえば、2021年に発表された世界保健機関のデータによると、オピオイドにはケシの実から抽出される化合物に加え、脳のオピオイド受容体と相互作用する類似の特性を持つ合成および半合成化合物が含まれています。同じ情報源によると、世界中で約2億7,500万人(15~64歳の世界人口の5.5%)が少なくとも1回は薬物を使用しました。そのうち、約6,200万人がオピオイドを使用していました。

さらに、主要企業によるいくつかの発売も、この分野の成長を推進する要因の1つです。例えば、シスメックスは、尿沈渣検査分野向けの新製品「全自動尿中有形成分分析装置 UF-1500」を2022年9月に発売します。

さらに、2021年 2月の国立医薬品調査の記事によると、尿検査による薬物検査が提案されており、多くの場合、業界の将来および現在の従業員に対して実施されています。軍隊関係者、民事および裁判所制度における仮釈放者および保釈申請者、運送業界の労働者、そして全国的に有名なスポーツ選手など。したがって、前述の要因により、調査対象セグメントは予測期間中に健全な成長を遂げると予想されます。

北米は予測期間中に市場でかなりのシェアを保持すると予想される

北米は高レベルのアルコール摂取に関連する深刻な問題のため、医薬品スクリーニング業界で大きなシェアを握ると予想されています。また、違法薬物の消費量の増加、薬物乱用と闘うための政府資金の利用可能性、国内の厳格な規則の存在が薬物検査を奨励しています。たとえば、Quest Diagnosticsは2022年 4月に薬物検査を実施し、2021年 1月から12月までの間に1,100万件の身元不明の尿、毛髪、口腔液サンプルの結果を収集しました。2022年 3月に発行されたQuest Diagnosticsの年次薬物指数データによると、 2021年1月から12月までの間に、従業員の検査でマリファナの陽性反応が出た。同じ報告書によると、600万を超える尿サンプルに基づくと、米国の従業員の陽性率が最も高かったのはマリファナで、同期間に8.3%増加しました。したがって、人々の薬物消費量の増加により、薬物スクリーニング検査の需要が増加し、ひいては市場全体の成長に利益をもたらすと予想されます。

さらに、主要企業によるいくつかの企業活動も、この部門の成長を推進する要因の1つです。たとえば、2021年 9月、LabCorpは、東メキシコ湾岸で臨床検査サービスを提供するため、Infirmary health(米国)と複数年契約を締結しました。

さらに、症状を監視し、薬物乱用下にあるかどうかを判断するために、米国政府によってさまざまな取り組みが実施されています。たとえば、2021年 2月に発行されたNCBIの記事によると、2018年患者および地域社会法は、薬物乱用に対抗するために国によって施行された法律でした。したがって、薬物およびアルコール乱用の増加と体内の中毒を検出するための厳格な規制は、予測期間中にこの地域の市場の成長に役立つと予想されます。

薬物スクリーニング業界の概要

医薬品スクリーニング市場は、世界的および地域的に事業を展開している複数の企業が存在するため、本質的に適度に細分化されています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 薬物とアルコールの消費量の増加
    • 薬物とアルコールの検査を義務付ける厳格な法の施行
  • 市場抑制要因
    • いくつかのイスラム諸国での飲酒禁止
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品およびサービス別
    • 消耗品
    • 機器
    • 迅速検査装置
    • サービス
  • サンプルタイプ別
    • 尿サンプル
    • 口腔液サンプル
    • 毛髪サンプル
    • その他のサンプル
  • エンドユーザー別
    • 薬物検査研究所
    • 病院
    • その他
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東とアフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • LabCorp(Laboratory Corporation of America Holdings)
    • Quest Diagnostics
    • Abbott Laboratories
    • Thermo Fisher Scientific, Inc.
    • Alfa Scientific Designs, Inc.
    • OraSure Technologies, Inc.
    • Siemens Healthineers
    • F. Hoffmann-La Roche Ltd
    • Shimadzu Corporation
    • LifeLoc Technologies
    • Dragerwerk AG &Co. KGaA
    • Premier Biotech, Inc.

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 90436

The Drug Screening Market size is estimated at USD 7.30 billion in 2024, and is expected to reach USD 15.54 billion by 2029, growing at a CAGR of 16.35% during the forecast period (2024-2029).

Drug Screening - Market

The impact of the COVID-19 pandemic on the market is expected to be significant. According to a recent survey conducted by the Current Consulting Group (CCG) in August 2021, about 21% of employers have reported a decline of 61% or more in the number of drug tests undertaken on their employees during the pandemic. This is attributed to several factors, including a decrease in the number of people being tested because of an increase in the number of employees working from home and general concerns about workplace drug testing safety and COVID-19 safeguards. Also, as per the research article published in Population Health Management, 2021, a significant decrease in the testing for prescription and illicit drugs was observed, with a weekly test volume decrease of 70%. Thus, decreased drug screening had a significant impact on the market during the pandemic. However, the demand for drug screening during the post-pandemic period is expected to increase, thereby boosting the growth of the market over the forecast period.

The key factor driving the global drug screening market are increased drug and alcohol consumption, strict alcohol and drug testing legislation, government funding for pharmaceutical development, and regulatory approvals. According to the World Drug Report 2021 published by United Nations Office on Drugs and Crime (UNODC) in 2022, the number of people using drugs increased by 22%. As per the UNODC findings in 2021, around 200 million people smoked cannabis, which accounted for 4% of the global population. Furthermore, according to the same source, the number of cannabis users increased by around 18%. In addition, around 20 million people consumed cocaine, which accounted for 0.4% of the global population. Thus, the rising consumption of drugs among the population is expected to increase the demand for drug screening, in turn, fueling the overall market growth in the studied period.

Moreover, several initiatives by the key players are one of the factors propelling the growth of the studied market. For Instance, In August 2021, Quest diagnostics and select health of south California entered into an agreement to expand select health's laboratory network for its Medicaid and Medicare dual-eligible enrollees and to enhance diagnostics information services.

However, prohibitions on the consumption of alcohol and drugs in some countries, as well as restrictions prohibiting drug testing at work, particularly in developed economies may hinder the global drug screening market's growth.

Drug Screening Market Trends

Urine Sample Segment is Expected to Show Significant Growth Over the Forecast Period

Urine testing is one of the most common testing methods for drugs. Benefits associated with urine testing such as non-invasiveness and the ability to detect large numbers of drugs in the sample are expected to drive the segment growth over the forecast period. Urine testing can detect drugs used within 1 to 4 days, sometimes even longer.

Urine drug testing is an important part of monitoring patients with long-term opioid therapy, and it has been suggested for patients receiving long-term benzodiazepine or stimulant therapy too. Also, it is one of the crucial tests to check opioid dependency. Thus, the rising prevalence of opioid overdose is expected to drive market growth over the forecast period. For instance, according to the World Health Organization data published in 2021, opioids include compounds that are extracted from the poppy seed as well as synthetic and semi-synthetic compounds with similar properties that can interact with brain opioid receptors. According to the same source, about 275 million people (or 5.5% of the global population aged 15-64 years) used drugs at least once globally. Among them, approximately 62 million people used opioids.

Moreover, several launches by the key players are one of the factors propelling the growth of the segment. For instance, In September 2022, Sysmex Launches the UF-1500 Fully Automated Urine Particle Analyzer, a New Product for the Urine Sediment Testing Field.

Additionally, as per the National Insitute on Drug Research article in February 2021 Drug' testing by urinalysis has been suggested and in many cases implemented for prospective and current employees in the industry; for personnel of the armed forces, for parolees and bail seekers in civil and court systems, for workers in the transportation industry, and for individuals who are nationally known athletes. Thus, owing to the aforementioned factors, the studied segment is expected to witness healthy growth over the forecast period.

North America is Expected to Hold Significant Share in the Market Over The Forecast Period

North America is expected to hold significant share in the drug screening industry due to the serious problem related to high levels of alcohol intake. Also, the increasing consumption of illegal drugs, the availability of government funding to combat drug abuse, and the existence of strict rules in the country are encouraging drug screening. For instance, in April 2022, Quest Diagnostics performed drug testing and collected 11 million unidentifiable urine, hair, and oral fluid sample results between January and December 2021. According to Quest Diagnostics' annual drug index data published in March 2022, with 7.5 percent of employees testing were positive for marijuana between January and December 2021. According to the same report, based on over six million urine samples, marijuana had the highest positive rates in the United States workforce increasing by 8.3% in the same period. Hence, the rising consumption of drugs among people is expected to increase the demand for drug screening tests, in turn, benefitting the overall market growth.

Moreover, several company activities by the key players are one of the factors propelling the growth of the segment. For instance, in September 2021, LabCorp entered into a multi-year agreement with Infirmary health (united states) to offer laboratory testing services on the eastern gulf coast.

Furthermore, various initiatives are being implemented by the United States government to monitor the symptoms and to determine whether a person is under drug abuse. For instance, as per the NCBI article published in February 2021, the Patients and Communities Act of 2018 was a law implemented by the country to counter-acting drug abuse. Thus, the rising drug and alcohol abuse and strict regulations to detect intoxication in the body are expected to help the market growth in the region over the forecast period.

Drug Screening Industry Overview

The drug Screening Market is moderately fragmented in nature due to the presence of several companies operating globally as well as regionally. The key players operating in the global drug screening market are LabCorp (Laboratory Corporation of America Holdings), Quest Diagnostics, Abbott Laboratories, Thermo Fisher Scientific, Inc., Alfa Scientific Designs, Inc., OraSure Technologies, Inc., Siemens Healthineers, F. Hoffmann-La Roche Ltd, Shimadzu Corporation, LifeLock Technologies, Dragerwerk AG & Co. KGaA, and Premier Biotech, Inc.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Growing Drug & Alcohol Consumption
    • 4.2.2 Enforcement of Stringent Laws Mandating Drug & Alcohol Testing
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Ban on Alcohol Consumption in Several Islamic Countries
  • 4.4 Porter's Five Force Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Product and Service
    • 5.1.1 Consumables
    • 5.1.2 Instruments
    • 5.1.3 Rapid Testing Devices
    • 5.1.4 Services
  • 5.2 By Sample Type
    • 5.2.1 Urine Samples
    • 5.2.2 Oral Fluid Samples
    • 5.2.3 Hair Samples
    • 5.2.4 Other Samples
  • 5.3 By End User
    • 5.3.1 Drug Testing Laboratories
    • 5.3.2 Hospitals
    • 5.3.3 Others
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South Korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Middle East and Africa
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 LabCorp (Laboratory Corporation of America Holdings)
    • 6.1.2 Quest Diagnostics
    • 6.1.3 Abbott Laboratories
    • 6.1.4 Thermo Fisher Scientific, Inc.
    • 6.1.5 Alfa Scientific Designs, Inc.
    • 6.1.6 OraSure Technologies, Inc.
    • 6.1.7 Siemens Healthineers
    • 6.1.8 F. Hoffmann-La Roche Ltd
    • 6.1.9 Shimadzu Corporation
    • 6.1.10 LifeLoc Technologies
    • 6.1.11 Dragerwerk AG & Co. KGaA
    • 6.1.12 Premier Biotech, Inc.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS