デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1440296

生体認証カード:世界市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Global Biometric Card - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 165 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
生体認証カード:世界市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 165 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界の生体認証カード市場規模は、2024年に3億7,000万米ドルと推定され、2029年までに184億米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に117.76%のCAGRで成長します。

世界バイオメトリックカード-市場

銀行、小売、ゲーム、セキュリティなど、さまざまなエンドユーザーにわたる生体認証システムの需要の増加が、予測期間中の調査対象市場の成長を支えると予想されます。

主なハイライト

  • 生体認証カードは、組み込みチップ技術と、指紋、目の網膜、虹彩スキャン、顔パターン、音声認識などの生体認証技術を組み合わせて、店内での購入時にカード所有者の身元を確認します。バイオメトリックカードには、光ストリップまたはバーコード、ホログラフィックセキュリティイメージ、埋め込みチップなどのさまざまなセキュリティ機能を備えたスマートカードも含まれます。
  • 生体認証カードは、身体的および行動的特徴に基づいて個人を分析および認識する身分証明書の一種です。これらには、指紋、目の網膜、虹彩スキャン、顔のパターン、音声認識、体の動きが含まれます。バイオメトリックカードには、光ストリップまたはバーコード、ホログラフィックセキュリティイメージ、埋め込みチップなどのさまざまなセキュリティ機能を備えたスマートカードも含まれます。
  • スマートカードは、生体認証分析を使用して個人を識別するIDカードです。スマートカードはいくつかの形式で入手できますが、最も一般的で人気があるのは、内部メモリを備えたプロセッサを備えたもの、またはメモリチップで機能するものです。カードは、スキャナまたはリモートの電磁インターフェースとの直接の物理的接触を介して接続されます。カードは大量のデータを保存し、暗号化とデジタル署名を実行し、この情報を電磁カードリーダーなどのリモートの非接触システムに接続できます。この技術を使用することで、生体認証カードは従来の非接触型決済方法よりも高いセキュリティを提供します。取引処理中、カードは支払いを承認する前に、スキャナ上のユーザーの指紋とカードの安全なチップに保存されている参照データを比較します。個人データが銀行のサーバーに保持されたり、集中データベースに送信されたりすることはありません。したがって、盗難の場合でも、顧客は自分のアカウントでの不正行為を心配する必要がありません。これにより、保護層が追加され、ユーザーのアカウントの詳細が安全に保たれます。生体認証カードによるこの追加の保護には支払い基準がないため、消費者は高額または低額の取引を行うことができます。
  • 生体認証IDカードは、特により高いセキュリティを必要とする企業や個人向けのいくつかのソリューションに適用されます。さらに、競争の激しい分野の企業は、違法な複製や盗難に対する追加のセキュリティとして生体認証カードを選択する場合があります。高度なIDカードは、政府部門、調査機関、一部の大学や学校に提供されています。
  • カードの生体認証に必要な技術は、現在使用されている決済カードに使用されている技術よりも高額な費用がかかります。消費者は、より安全な支払いカードに少額の料金を支払うことをいとわないかもしれませんが、生体認証カードの現在のコストは、カード 1枚あたり約20米ドルと予想されており、ユーザーの間での採用が制限されています。
  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックは、非接触型決済に関しては触媒となっています。パンデミック後、テクノロジー部門は非接触ソリューションを開発し、間接的に、第2の認証要素なしで処理されるトランザクションレベルが向上しました。支払い制限がない生体認証決済カードは、セキュリティ上の懸念に対処しながら、あらゆる非接触トランザクションのニーズを満たします。

生体認証カード市場動向

決済部門が大幅な成長を示す

生体認証技術は、パスワードやPINに代わる安全かつ便利な手段として金融サービスで普及しつつあります。このテクノロジーは、消費者の生活をより管理しやすくし、身元を確認するためのより重要な選択肢を提供する可能性があると考えられています。

Fingerprint Cards ABによると、2026年までに年間約60億台の決済デバイスが出荷されると予想されています。また、これらのデバイスのほぼすべてが非接触型になると予想されています。さらに、同社は、潜在的なTotal Addressable Market(TAM)が、決済分野の生体認証センサーモジュールとソフトウェアで年間約30億ユニットになると見込んでいます。

決済部門が調査対象市場の成長に向けて秘めている可能性を考慮して、ベンダーは新製品の発売にますます注力し、生体認証カードの商品化を促進するために協力するようになっています。たとえば、2022年 4月、IDEX Biometrics ASAは、東欧での生体認証決済ソリューションの商業化に向けて、欧州の著名なカードメーカーの1つであるE-Kartとの提携を発表しました。

同様に、2022年 4月、世界の生体認証企業であるFingerprint Cards ABは、モロッコで少なくとも2つの新しい商用生体認証決済カードの発売の一部としてその技術が使用されると発表しました。このような動向は、予測期間中の調査対象市場の成長を支援すると予想されます。

アジア太平洋地域が最も高い成長率を示す

生体認証決済カードはこの地域の未来への道であり、スマートフォンの使用が増加しているにもかかわらず、ペースの速いアジア太平洋地域には決済カードの堅調な市場が存在します。中国人民銀行によると、中国の銀行カードの総枚数は2020年の89億5,400万枚から、2021年には92億4,700万枚に増加する見込みです。

同様に、日本クレジット協会によると、国内のクレジットカード発行枚数は2021年3月時点で2億9,531万枚となり、前年比約0.8%増加しました。

現在、さまざまな市場ベンダーが生体認証技術の統合に取り組んでいます。彼らは、この地域の銀行顧客ベースを大幅に拡大し、それをさまざまなエンドユーザーと統合する真の破壊的なサービスを提供することになります。たとえば、高度な指紋識別および認証ソリューションの著名なプロバイダーの1つであるIDEX Biometrics ASAは、2021年 6月に、中国建設銀行(CCB)が特定の「デジタル人民元」試験を拡大し、デジタル人民元によって保護されたスマートカードの発行を含めると発表しました。 IDEX Biometrics指紋センサーと生体認証ソフトウェア。

同様に、2021年7月、生体認証フィンテック企業のZwipeは、国際的なカード決済処理業者およびカードパーソナライゼーション局ICPSとの提携を発表し、Zwipe Pay ONE対応の生体認証決済カードをアジアとアフリカの銀行に提供することを発表しました。

生体認証カード業界の概要

世界の生体認証カード市場では、ビジネス能力をますます拡大している著名なベンダー間の激しい競合が見られます。そのため、市場では巨額の投資が見られ、競合が激化しています。この市場は、顧客ベースの拡大とその後の市場シェアの拡大に積極的に取り組んでいる複数の大規模企業によって特徴付けられています。そのため、市場における競合度は高いと考えられます。市場で活動している主要企業には、Zwipe AS、Thales Group、IDEX Biometrics、STMicroelectronicsなどが含まれます。

2022年 6月-ZwipeとFidor Bankは、2022年下半期にドイツで生体認証決済カードを試験導入する計画を発表しました。Zwipe Payテクノロジープラットフォームがこれを推進します。生体認証カードの発売は、消費者に可能な限り最も安全な方法でデジタルバンキングと支払いサービスへのアクセスを提供するというFidorの戦略に沿ったものです。

2022年 5月-Fingerprint Cards ABと、独立系モバイルPOS加盟店アクワイアラーおよびネットワークプロバイダーであるMswipeは、生体認証デビットカードおよびクレジットカードをインドに導入するための提携を発表しました。同社によると、この提携ではFingerprintsのT-Shapeモジュールとソフトウェアプラットフォームが目玉となるといいます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • COVID-19感染症が市場に与える影響の評価
  • 業界エコシステム分析
  • 生体認証カードの進化

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 新興国における金融包摂に基づく取り組みによる需要の拡大
    • 多要素認証への移行は市場の成長に良い兆し
  • 市場の課題
    • 非カード型生体認証デバイスとの強力な競合
    • 導入コストの上昇

第6章 市場セグメンテーション

  • 用途別
    • 決済
    • アクセス制御
    • 政府IDと金融包摂
    • その他の用途
  • エンドユーザー業界別
    • BFSI
    • 小売り
    • 政府
    • ヘルスケア
    • 営利団体
    • その他のエンドユーザー業界
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • 世界のその他の地域

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル*
    • Zwipe AS
    • Thales Group
    • IDEX Biometrics ASA
    • Goldpac Fintech
    • Fingerprint Cards AB
    • Seshaasai Business Forms(P)Ltd
    • IDEMIA Group
    • ST Microelectronics NV
    • Mastercard Incorporated
    • Visa Inc.
    • Ethernom Inc.
    • Samsung's System LSI Business
    • Shanghai Fudan Microelectronics Group Co. Ltd

第8章 投資分析

第9章 今後の展望

第10章 市場機会分析

目次
Product Code: 72464

The Global Biometric Card Market size is estimated at USD 0.37 billion in 2024, and is expected to reach USD 18.40 billion by 2029, growing at a CAGR of 117.76% during the forecast period (2024-2029).

Global Biometric Card - Market

Increasing demand for biometric authentication systems across various end-users, including banking, retail, gaming, and security, is expected to support the growth of the studied market during the forecast period.

Key Highlights

  • Biometric cards combine the embedded chip technology with biometric authentication technologies such as fingerprints, eye retina, iris scanning, facial patterns, voice recognition, etc., to verify the cardholder's identity for in-store purchases. Biometric cards also comprise smart cards with various security features, such as an optical strip or barcode, a holographic security image, and an embedded chip.
  • Biometric cards are forms of identification that analyze and recognize individuals based on their physical and behavioral traits. These include fingerprints, eye retina, iris scanning, facial patterns, voice recognition, and body movement. Biometric cards also comprise smart cards with various security features, such as an optical strip or barcode, a holographic security image, and an embedded chip.
  • A smart card is an identity card that uses biometric analysis to identify an individual. Smart cards are available in several forms, but the most common and popular are those with a processor with internal memory or those that function with a memory chip. The cards are connected via direct physical contact with a scanner or a remote electromagnetic interface. The cards can store large amounts of data, carry out their encryption and digital signatures, and connect this information to a remote, a contactless system like an electromagnetic card reader. By using this technology, biometric cards offer more security than conventional contactless payment methods. During the transaction processing, the card compares the user's fingerprint on the scanner with the reference data stored in the card's secure chip before authorizing the payment. No personal data is held on a bank's servers or sent to the centralized database. Hence, in case of theft, the customers will not have to worry about fraudulent activity on their accounts. It adds an extra layer of protection and ensures that the user's account details are kept secure. This added protection by the biometric cards does not have a payment threshold, allowing its consumers to make high or low-value transactions.
  • Biometric ID cards apply to several solutions, especially for companies and individuals requiring greater security. Moreover, companies in highly competitive fields may choose biometric cards as an added security against illegal duplication and theft. Advanced ID cards serve government sectors, research institutions, and some universities and schools.
  • The technology required for biometric authentication in cards involves a higher expense than the technology used in the payment cards that are being used currently. Although consumers may be willing to pay a small fee for a more secure payment card, the current cost of the biometric card, which is expected to be around USD 20 per card, restricts its adoption among users.
  • The COVID-19 pandemic has been a catalyst when it comes to contactless payments. Following the pandemic, the tech sector has developed contactless solutions, indirectly resulting in higher transaction levels being processed without a second authentication factor. With no payment limits, biometric payment cards meet the need for all contactless transactions while addressing security concerns.

Biometric Card Market Trends

Payments Segment to Show Significant Growth

Biometric technology is gaining ground in financial services as a secure and convenient alternative to passwords and PINs. This technology is increasingly being considered to have the potential to make the consumers' lives more manageable and provide them with more significant choices to confirm their identity.

According to Fingerprint Cards AB, around 6 billion payment devices are expected to be shipped annually by 2026. Also, almost all these devices are anticipated to be contactless. Moreover, the company depicts the potential Total Addressable Market (TAM) to be around 3 billion units per year for biometric sensor modules and software in the payment domain.

Considering the potential the payment sector holds for the growth of the studied market, vendors are increasingly focusing on new product launches and collaborating to facilitate the commercialization of biometric cards. For instance, in April 2022, IDEX Biometrics ASA announced its collaboration with E-Kart, one of the prominent card manufacturers in Europe, to commercialize biometric payment solutions in Eastern Europe.

Similarly, in April 2022, Fingerprint Cards AB, a global biometrics company, announced that its technology would be used as part of at least two new commercial biometric payment card launches in Morocco. Such trends are expected to support the growth of the studied market during the forecast period.

Asia Pacific to Exhibit the Highest Growth Rate

Biometric payment cards are a way to the future in the region, and there is a robust market for payment cards in the fast-paced Asia-Pacific region, even in the face of rising smartphone use. According to the People's Bank of China, the total number of bank cards in China will increase to 9,247 million in 2021, from 8,954 million in 2020.

Similarly, according to Japan Consumer Credit Association, the number of credit cards issued in Japan amounted to 295.31 million as of March 2021. It was an increase of about 0.8 percent compared to the previous year.

Various market vendors are currently working to integrate biometric technology. They will have a truly disruptive offering that will significantly expand the banking customer base in the region and integrate it with various end-users. For instance, in June 2021, IDEX Biometrics ASA, one of the prominent providers of advanced fingerprint identification and authentication solutions, announced that China Construction Bank (CCB) expanded certain "digital renminbi" trials to include the issuance of smart cards that are secured by IDEX Biometrics fingerprint sensors and biometric software.

Similarly, in July 2021, Zwipe, a biometric fintech company, announced its collaboration with the international card payment processor and card personalization bureau ICPS to bring Zwipe Pay ONE-enabled biometric payment cards to banks across Asia and Africa.

Biometric Card Industry Overview

The Global Biometric Card Market is seeing intense competition among prominent vendors, who are increasingly expanding their business capabilities. As such, huge investments are being witnessed in the market, increasing competition. The market is marked by several large-scale players actively working to increase their customer base and subsequently increase their market share. Therefore, the degree of competition is considered high in the market. Some of the major players operating in the market include Zwipe AS, Thales Group, IDEX Biometrics, and STMicroelectronics, among others.

June 2022 - Zwipe and Fidor Bank announced plans to pilot biometric payment cards in Germany during the second half of 2022. The Zwipe Pay technology platform will power this. The launch of biometric cards is in line with Fidor's strategy to provide its consumers with access to digital banking and pay services in the most secure way possible.

May 2022 - Fingerprint Cards AB and Mswipe, an independent mobile POS merchant acquirer & network provider, announced their collaboration to bring biometric debit and credit cards to India. According to the company, the partnership will feature Fingerprints' T-Shape module and software platform.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Assessment of Impact of COVID-19 on the Market
  • 4.4 Industry Ecosystem Analysis
  • 4.5 Evolution of Biometric Cards

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Growing Demand from Financial Inclusion-based Initiatives in Emerging Countries
    • 5.1.2 Move Toward Multi-factor Authentication Bodes Well for Market Growth
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 Strong Competition from Non-card Biometric Devices
    • 5.2.2 Higher Implementation Costs

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Application
    • 6.1.1 Payments
    • 6.1.2 Access Control
    • 6.1.3 Government ID and Financial Inclusion
    • 6.1.4 Other Applications
  • 6.2 By End-User Vertical
    • 6.2.1 BFSI
    • 6.2.2 Retail
    • 6.2.3 Government
    • 6.2.4 Healthcare
    • 6.2.5 Commercial Entities
    • 6.2.6 Other End-user Verticals
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Asia-Pacific
    • 6.3.4 Rest of the World

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles *
    • 7.1.1 Zwipe AS
    • 7.1.2 Thales Group
    • 7.1.3 IDEX Biometrics ASA
    • 7.1.4 Goldpac Fintech
    • 7.1.5 Fingerprint Cards AB
    • 7.1.6 Seshaasai Business Forms (P) Ltd
    • 7.1.7 IDEMIA Group
    • 7.1.8 ST Microelectronics NV
    • 7.1.9 Mastercard Incorporated
    • 7.1.10 Visa Inc.
    • 7.1.11 Ethernom Inc.
    • 7.1.12 Samsung's System LSI Business
    • 7.1.13 Shanghai Fudan Microelectronics Group Co. Ltd

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OUTLOOK

10 MARKET OPPORTUNITY ANALYSIS