デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1440125

クラウドファンディング:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Crowdfunding - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 124 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.49円
クラウドファンディング:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 124 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

クラウドファンディング市場規模は2024年に15億米ドルと推定され、2029年までに31億1,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に15.70%のCAGRで成長します。

クラウドファンディング-マーケット

主なハイライト

  • クラウドファンディングでは、群衆として知られる不特定のグループから多くの少額の資金を募ることが必要です。クラウドファンディングプラットフォームは、寄付者と受益者の間の仲介者となる可能性があります。この仲介者は、潜在的な寄付者の行動に影響を与えるために、大量のマーケティング手法を悪用する可能性があります。したがって、資金調達のためにソーシャルメディアプラットフォームなどのクラウドファンディングプラットフォームで使用されている影響要因を探すことが重要です。
  • 近年、クラウドファンディングは、従来の方法では資金調達に課題を抱えている起業家や新興企業にとって、未開発の広大な新たな機会として高く評価されています。スタートアップエコシステムをサポートする資金を集めるための専用のクラウドファンディングプラットフォームがあります。たとえば、今年 8月には、オランダの投資クラウドファンディング会社Symbidが、ブカレストにあるソフトウェア会社向けの共同投資プラットフォームであるSeedBlinkに買収されました。この買収により、西欧でのベンチャーパートナーの事業を拡大することで、SeedBlinkの範囲が拡大し、欧州のデジタルスタートアップへの株式投資のためのインフラストラクチャの統合と開発をあらゆる段階で準備することになります。
  • クラウドファンディングの取り組みを管理し、統計を追跡する共和国所有のポータルであるアローラ・プロジェクトによると、今年は5月末までに株式型クラウドファンディング・プラットフォームでスタートアップ企業に2億1,500万米ドル以上が投資され、昨年の約2億米ドルから増加しました。去年の同じ時期。昨年、クラウドファンディングプログラムでは総額 5億200万米ドルが集まりました。
  • 今年後半には、2020年に始まったオンデマンドのビジネス教育プラットフォームであるStartupStarterが主催する第2回株式クラウドファンディング週間カンファレンスに、世界中の起業家、発行体、投資家が直接集まります。株式クラウドファンディング週間は3つのイベントから構成されています。米国、カナダなどで民間資金を調達している最もクリエイティブな企業を紹介する、1日の没入型イベントです。ブラック・オン・ザ・ブロック(BOTB)を含めたこの完全没入型エクスペリエンスは、起業家や株式クラウドファンディングの世界で名を残したいと考えているBOTB視聴者にアクセスと機会を提供することに重点を置いています。
  • 市場シェアを拡大するには、クラウドファンディングプラットフォームとしてキャンペーンを使用することが重要です。一般人口における慢性疾患の有病率の増加は、クラウドファンディングの拡大を促進する主な原因の1つです。さらに、世界中のさまざまなプレーヤーが新興企業や成長企業に投資を開始しました。
  • 昨年 12月、ロンドンに本拠を置くエドテック企業Mind Stoneは、エキサイティングなクラウドファンディングキャンペーンで170万米ドルを受け取り、資金目標を上回り、Seedrsプラットフォームで最も大規模なエドテック資金調達キャンペーンの1つとなりました。さらに、昨年5月には、エレクトロサイクル開発における技術的パイオニアであるザイザー・モーターズは、電動バイクの開発と製造を支援するための公式ウェファンダー・キャンペーンを開始しました。
  • 企業は初めて、欧州全加盟国の潜在的な投資家とつながることができるようになりました。投資家を誘惑するために、有限責任会社の株式に似た譲渡可能な有価証券、ローン、または金融商品を利用して、クラウドソーシングを通じて毎年最大500万米ドルを生み出すことができます。
  • 世界の金融経済問題は多くの国に打撃を与えており、政府が地元住民の緊急のニーズに対応することが極めて困難になっています。流動性の欠如は政府、企業、家族、金融機関を含むすべての主体に影響を与えるため、この危機シナリオでは従来の資金源を動員することが困難です。
  • その結果、起業家としての経験は、目標を達成するために資金を集めることが困難であることに気づきました。従来の資金調達チャネルを通じて資金を調達することにはこうした課題があるため、クラウドファンディングは事業資金調達における重要な要素となっています。COVID-19の状況によりクラウドファンディングの成長が劇的に加速し、その変化はパンデミック後のシナリオでも続いています。

クラウドファンディング市場動向

報酬ベースのクラウドファンディングは市場の成長を促進すると期待されている

  • 報酬ベースのクラウドファンディングは、企業(多くの場合新興企業)がオンラインプラットフォーム経由でプレシードおよびシードマネーを求め、資金的貢献と引き換えに投資家にギフトまたは「特典」を提供するときに発生します。プリセールスは、人々、取り組み、または企業が非金銭的なインセンティブと引き換えに銀行家から資金を調達する取引です。これにより、組織は既存のネットワーク上に対話して構築し、使用できるネットワークを要求することができます。このタイプのクラウドソーシングは、通常、初期段階のビジネスや特殊なプロジェクトに適しています。
  • パンデミックにより、世界のパンデミックの影響を受けた人々を支援することを目的とした寄付金や報酬ベースのクラウドファンディング事件が増加しました。欧州大陸中のさまざまな人々(国民、商業団体、財団、慈善団体、信託団体を含む)によって作成された、COVID-19の報酬ベースのクラウドファンディングキャンペーンの数が大幅に増加しました。
  • Indiegogo, Inc.によると、ハードウェアとテクノロジーのクラウドファンディングは日本でも人気が高まると予想されています。昨年、Indieogoは大小の活動家と協力して、起業家精神にあふれたブランドが新しい視聴者にリーチし、少量の新商品をテストできるよう支援しました。
  • フォーブス・ジャパンによると、日本の起業家たちは昨年70億米ドル近くを調達し、数年後には年間100億米ドルに増加すると予想されています。
  • 企業への投資や融資を伴わない報酬型のクラウドファンディングにはリスクが伴います。それはすぐに、大義や訴えへの支持に対するサポーターに感謝の印を与えることから始まりました。多くの場合、寄付で購入した商品を返礼品とし、返礼品の代金を支払うという販売チャネルに変化しています。

欧州がかなりのシェアを握ると予想される

  • 欧州のクラウドファンディング市場におけるシェアと成長は、この地域のより多くの政府がクラウドファンディングモデルのルールを組織するにつれて増加する可能性があります。欧州連合諸国はまた、この地域のクラウドファンディングサイトが他のEU地域全体で運営できるようにする法律を制定する予定であるとされています。
  • ドイツのさまざまなクラウドファンディングプラットフォームは、初心者から経験豊富な投資家に民間投資の機会を提供しています。ドイツのクラウドソーシングサイトは最もよく規制されており、ベストプラクティスを遵守しています。ドイツのクラウドファンディングウェブサイトは中小企業や不動産への投資の選択肢を提供し、ユーザーに富を蓄積させます。
  • thecrowdspace.comによると、ドイツにはP2P融資、株式、負債、寄付、報酬、ミニ債券専用のプラットフォームが112か所あります。また、ドイツには株式クラウドソーシングのサイトが25か所あります。これらは、不動産、グリーンエネルギー、新興企業、芸術、中小企業、健康と科学、社会的活動、教育、または農業に重点を置き、個人投資家および認定投資家にさまざまな投資の可能性を提供します。最小投資額は、セクターまたは特定のプラットフォームの目的に応じて、プラットフォームごとに異なります。
  • 欧州のクラウドファンディング市場は最近大きな進歩を遂げています。欧州におけるテクノロジーの進歩とプロップテックビジネスの増加により、不動産、銀行、その他の業界に新たなクラウドファンディングの機会が生まれました。
  • たとえば、今年 4月に行われたHeuraの2回目のEquity for Good Rebelsクラウドファンディングキャンペーンでは、わずか12時間で約422万米ドルが集まり、欧州で最も急成長している植物ベースの企業としての評判を確固たるものにしました。 Crowdcubeキャンペーンでは、欧州全土から4,500人の投資家がGood Rebelコミュニティに参加しました。Good Rebelコミュニティは、タンパク質への移行を加速するという使命を担っています。
  • いくつかの海外プラットフォームが積極的にドイツの投資家に求愛しているか、ドイツでの事業拡大を試みていることからもわかるように、ドイツはクラウドファンディングの主要市場となっています。しかし、最近まで、ドイツの民間クラウドファンディング企業に対する規制環境はもっと良かったかもしれません。国境を越えたサービス提供に対する主な障壁の1つは、統一法の欠如でした。そのため、クラウドファンディングサービスプロバイダーに関するEU規制(ECSPR)が作成されたとき、当初、ドイツが他のEU諸国と同じくらい簡単に施行するには支援が必要であると思われました。その結果、2021年6月、ドイツ議会はクラウドファンディングサービスプロバイダーに対するEU規制を施行する国内法を制定する法案を可決しました。

クラウドファンディング業界の概要

世界のクラウドファンディング市場は、市場を独占する数社の存在と、相互に競争する他の多くの企業の存在により、適度に統合されています。また、これらの企業は、業界固有のエンドユーザーアプリケーション向けの幅広いテクノロジーを顧客に提供するために多大な投資を行っています。市場における最近の動向には次のようなものがあります。

2022年 10月、韓国のボードゲームメーカーであるBad Cometは、最新ボードゲームをKickstarterキャンペーンとして開始すると発表しました。

2022年 4月、Crowdcubeはフランス向けWebサイトを立ち上げました。 Crowdcubeは、英国および欧州全土で証券をクラウドソーシングするためのプラットフォームです。最近の規制変更により、かねてより欧州で活動してきたクラウドキューブは、欧州加盟国全体で発行者が最大500万ユーロ(527万米ドル)を調達できるよう支援することが容易になります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界のバリューチェーン分析
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が市場に与える影響の評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 無料のプロモーション源としてのソーシャルメディアの使用
    • 投資家の将来を見据えた戦略的行動と投資家間の社会的交流の増加
  • 市場抑制要因
    • 時間のかかるプロセスと厳格な規制遵守

第6章 市場セグメンテーション

  • 製品タイプ別
    • 報酬型クラウドファンディング
    • 株式クラウドファンディング
    • 寄付およびその他の製品タイプ
  • エンドユーザー用途別
    • カルチャー部門
    • テクノロジー
    • 製品
    • ヘルスケア
    • その他のエンドユーザー用途
  • 地域
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • 中東とアフリカ
    • ラテンアメリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Kickstarter PBC
    • Indiegogo Inc.
    • GoFundMe Inc.
    • Fundable LLC
    • Crowdcube Limited
    • GoGetFunding
    • Crowdfunder Inc.
    • Alibaba Group Holding Limited
    • Wefunder Inc.
    • Fundly
    • Jingdong Inc.
    • Suning.com Co. Ltd
    • Owners Circle
    • Realcrowd Inc.

第8章 投資分析

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 70122

The Crowdfunding Market size is estimated at USD 1.5 billion in 2024, and is expected to reach USD 3.11 billion by 2029, growing at a CAGR of 15.70% during the forecast period (2024-2029).

Crowdfunding - Market

Key Highlights

  • Crowdfunding entails soliciting many small amounts of money from an undefined group known as the crowd. Crowdfunding platforms could be intermediaries between donors and beneficiaries. This intermediary could exploit a plethora of marketing techniques to influence the behavior of the potential donor. Therefore it is essential to look for the influencing factors that are being used on crowdfunding platforms such as social media platforms for raising funds.
  • In recent years, crowdfunding has been acclaimed as an untapped and vast new opportunity for entrepreneurs and startups that face challenges in obtaining funding from traditional methods. There is a dedicated crowdfunding platform for raising funds to support the startup ecosystem. For instance, in August this year, Dutch investment crowdfunding company, Symbid, was bought by SeedBlink, a co-investment platform for software firms situated in Bucharest. By expanding the venture partners' operations in Western Europe, the acquisition will expand SeedBlink's reach as it prepares to consolidate and develop the infrastructure for equity investment in European digital startups at all stages.
  • According to the Arora Project, a Republic-owned portal that curates crowdfunding initiatives and tracks statistics, more than USD 215 million was invested in startups on equity crowdfunding platforms in the current year until the end of May, up from about USD 200 million in the same period last year. Last year, crowdfunding programs raised a total of USD 502 million.
  • Later this year, entrepreneurs, issuers, and investors from around the world will gather in person for the second annual Equity Crowdfunding Week Conference, organized by StartupStarter, an on-demand business education platform that began in 2020. Equity Crowdfunding Week is a three-day immersive event that showcases the most creative firms raising private financing in the United States, Canada, and beyond. With the inclusion of black on the block (BOTB), this fully immersive experience will now focus on offering access and opportunities to the BOTB audience wanting to make a mark in the world of entrepreneurs and equity crowdfunding.
  • Using campaigns as crowdfunding platforms is crucial in expanding the market share. The increased prevalence of chronic illnesses among the general population is one of the primary causes encouraging the expansion of crowdfunding. Furthermore, various players across the globe started investing in startups and growth companies.
  • In December last year, Mind Stone, a London-based edtech firm, received USD 1.7 million in an exciting crowdfunding campaign, exceeding its funding goal and becoming one of the most extensive edtech financing campaigns on the Seedrs platform. Further, in May last year, Zaiser Motors, a technological pioneer in developing the Electrocycle, launched an official Wefunder campaign to support developing and manufacturing of its electric motorbike.
  • Companies can now connect with potential investors across all Europe member states for the first time. To entice investors, they can employ transferrable securities, loans, or financial products that resemble shares of limited liability corporations to generate up to USD 5 million each year through crowdsourcing.
  • The global financial and economic problems have hurt many nations, making it extremely difficult for governments to address the urgent needs of local populations. Traditional sources of finance are challenging to mobilize in this crisis scenario as lack of liquidity impacts all agents, including the government, businesses, families, and financial institutions.
  • As a result, the entrepreneurial experience found itself challenging to raise money to fulfill its goal. Due to these challenges in obtaining finance through conventional fundraising channels, crowdfunding has become a significant factor in business financing. The COVID-19 situation dramatically accelerated the growth of crowdfunding, and the change is continuing in the post-pandemic scenario.

Crowdfunding Market Trends

Reward-Based Crowdfunding is Anticipated to Augment the Growth of the Market

  • Reward-based crowdfunding occurs when a firm (often a start-up) seeks pre-seed and seed money via an online platform and provides investors with a gift or "perk" in exchange for their financial contribution. Pre-sales are transactions in which people, initiatives, or businesses raise funds from bankers in exchange for a non-monetary incentive. It allows organizations to interact and build on an existing network and solicit that can be used. This type of crowdsourcing is typically appropriate for early-stage businesses or specialized projects.
  • The pandemic resulted in increased contributions and reward-based crowdfunding incidents targeted at assisting those impacted by the worldwide pandemic. The number of COVID-19 reward-based crowdfunding campaigns created by various persons (including citizens, commercial organizations, foundations, charities, and trusts) throughout the European continent increased significantly.
  • According to Indiegogo, Inc., hardware and technology crowdfunding is expected to gain popularity in Japan. Last year, Indieogo collaborated with small and large campaigners to assist entrepreneurial brands in reaching new audiences and testing small batches of new goods.
  • According to Forbes Japan, Japanese entrepreneurs raised almost USD 7,000 million last year, expected to rise to USD 10,000 million annually in a few years.
  • Reward-based crowdfunding, which does not include making an investment in or a loan to a company, carries inherent risks. It soon advanced from giving supporters a token of thanks for their support of a cause or an appeal. In many instances, it has transformed into a sales channel where the gift is the product bought with the contribution, thereby giving the gift's price in return.

Europe is Expected to Hold Significant Share

  • The European crowdfunding share of the market and growth is likely to increase as more governments in the area organize rules for the crowdfunding model. The European Union nations are also allegedly going to establish laws to allow crowdfunding sites in the region to operate across other EU regions.
  • Different crowdfunding platforms in Germany give novice and experienced investors access to private investment opportunities. German crowdsourcing sites are among the most well-regulated and adhere to best practices. German crowdfunding websites provide choices for investment in SME and real estate and let users accumulate wealth.
  • In Germany, there are 112 platforms dedicated to P2P lending, equity, debt, donations, rewards, and mini-bonds, according to thecrowdspace.com. Retail and accredited investors can invest through them in several company sectors, including logistics, real estate, green energy, startups, personal loans, art, small and medium-sized enterprises (SMEs), health & science, social causes, education, farming, sport, and maritime. Additionally, Germany has 25 sites for equity crowdsourcing. They provide various investment possibilities for retail and accredited investors, emphasizing real estate, green energy, startups, art, SME, health & science, social causes, education, or farming. The minimum investment amount varies from platform to platform depending on the sector or specific platform objectives.
  • The European crowdfunding market has recently made tremendous strides. Technology advancements and increasing proptech businesses in Europe have created new crowdfunding opportunities in real estate, banking, and other industries.
  • For instance, In April this year, Heura's second Equity for Good Rebels crowdfunding campaign raised almost USD 4.22 million in just 12 hours, cementing its reputation as Europe's fastest-growing plant-based firm. The Crowdcube campaign saw 4,500 investors from all over Europe join the Good Rebel community, which is on a mission to speed the protein transition.
  • Germany is a key market for crowdfunding, as evidenced by the several foreign platforms aggressively courting German investors or trying to extend their operations there. However, until recently, Germany's regulatory climate for private crowdfunding enterprises could have been better. One of the main barriers to cross-border service provision was the absence of unified law, so when the EU regulation on Crowdfunding Service Providers (ECSPR) was created, it initially seemed that Germany would need help to implement it as easily as other EU nations. As a result, on June 2021, the German Parliament passed a bill into national legislation that implements the EU regulation on Crowdfunding Service Providers.
  • Even though the local level of the German crowdfunding regulation has some shortcomings, it is anticipated that the robust German FinTech industry, in general, and crowdfunding, in particular, will not be negatively impacted by the new rule, and the German crowdfunding platforms will witness a steady rise in the study period.

Crowdfunding Industry Overview

The global crowdfunding market is moderately consolidated due to the presence of a few companies dominating the market with the presence of many other companies competing between themselves. Also, these companies are investing extensively in offering customers a wide range of technologies for industry-specific end-user applications. Some of the recent developments in the market are:

In October 2022, Bad Comet, a South Korean board game manufacturer, announced the launch of their newest board game as a Kickstarter campaign.

In April 2022, Crowdcube launched a France-facing website. Crowdcube is a platform for crowdsourcing securities in the UK and throughout Europe. Recent regulatory changes will make it easier for Crowdcube, which has been active in Europe for some time, to support issuers in raising up to Euro 5 million (USD 5.27 million) throughout European member states.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Value Chain Analysis
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Threat of New Entrants
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.4 Assessment on the Impact of COVID-19 on the market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Use of Social Media as a Free of Cost Promotion Source
    • 5.1.2 Increasing Investor Forward looking Strategic Behaviour and Social Interactions among Investors
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Time Consuming Process and Stringent Regulatory Compliance

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Product Type
    • 6.1.1 Reward-based Crowdfunding
    • 6.1.2 Equity Crowdfunding
    • 6.1.3 Donation and Other Product Types
  • 6.2 By End-User Application
    • 6.2.1 Cultural Sector
    • 6.2.2 Technology
    • 6.2.3 Product
    • 6.2.4 Healthcare
    • 6.2.5 Other End-User Applications
  • 6.3 Geography
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Asia-pacific
    • 6.3.4 Middle East & Africa
    • 6.3.5 Latin America

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Kickstarter PBC
    • 7.1.2 Indiegogo Inc.
    • 7.1.3 GoFundMe Inc.
    • 7.1.4 Fundable LLC
    • 7.1.5 Crowdcube Limited
    • 7.1.6 GoGetFunding
    • 7.1.7 Crowdfunder Inc.
    • 7.1.8 Alibaba Group Holding Limited
    • 7.1.9 Wefunder Inc.
    • 7.1.10 Fundly
    • 7.1.11 Jingdong Inc.
    • 7.1.12 Suning.com Co. Ltd
    • 7.1.13 Owners Circle
    • 7.1.14 Realcrowd Inc.

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET