デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1440124

ローコード開発プラットフォーム:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Low-code Development Platform - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 160 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.09円
ローコード開発プラットフォーム:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 160 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ローコード開発プラットフォーム市場規模は、2024年に161億7,000万米ドルと推定され、2029年までに621億5,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に30.90%のCAGRで成長します。

ローコード開発プラットフォーム- マーケット

主なハイライト

  • ローコードの採用が急速に拡大したのは、企業がユーザーエクスペリエンスの向上、プロセスの自動化、重要なシステムのアップグレードなどのデジタルモダナイゼーションに移行した後です。コストが低いため、ローコード開発プラットフォームは理想的であることが判明しました。
  • ローコードの利点は、ドラッグアンドドロップインターフェイスであり、時間を節約できることです。ローコードでは、すべてのプロセスがグラフィカルインターフェイスを使用して視覚的に表示されるため、すべてが理解しやすくなります。開発者にとってアプリケーションの作成が容易になります。
  • ローコードソリューションは新しいものではありませんが、企業がさらなるデジタル変革を求めるステークホルダーの需要に応えることが求められる中、過去2年間でこのテクノロジーの需要が急増しました。ビジネスアプリケーションの配信を迅速化することで、企業はローコードツールを使用してデジタルトランスフォーメーションの取り組みを拡大できます。さらに、ローコードツールを使用すると、イノベーションにかかる時間が大幅に短縮されます。
  • ローコードソリューションを使用すると、組織は従来のオンプレミス開発よりも迅速かつ機敏に実用的なソリューションと統合を作成できます。以前は、統合は双方でカスタム開発を必要とする労働集約的なITプロセスでした。
  • ローコードソリューションは、競合他社または同様のプロバイダーと互換性がない可能性があります。ユーザーがソースコードをエクスポートできる場合でも、それが機能するかどうかはベンダーのプラットフォームに依存し、ユーザーはソースコードをバックアップとしてのみ使用できます。
  • COVID-19感染症のパンデミックによって引き起こされた混乱により、企業はローコードプラットフォームを採用する傾向が高まりました。これまでローコードプラットフォームシステムを導入していなかった企業は、自社のERPシステムをリモートオペレーションの新たな課題に簡単かつ迅速に適応させることができませんでした。一方で、ローコードプラットフォームを使用する企業は、大幅に早く適応しました。

ローコード開発プラットフォームの市場動向

大幅な成長を遂げる情報技術分野

  • IT企業は、ローコード開発プラットフォーム市場を独占する上で重要な役割を果たしました。これは、この業界で事業を展開している企業は、モバイルまたはオンライン(あるいはその両方)向けに、自社と顧客のために多くのアプリケーションを開発する必要があるためです。
  • ローコード開発プラットフォームの利点により、アプリの迅速な作成、共有、更新が可能になり、生産性の向上とリソース利用の最適化につながりました。このため、IT企業の間でLCDPの需要が高まっています。
  • 過去数年間、IT部門で活動する企業は、ソフトウェアアプリケーションに依存する開発者や顧客にとってLCDPが大きな利益をもたらすため、LCDPへの関心を高めてきました。
  • Caspioが実施した最近の調査によると、ローコードプラットフォームユーザーの63%がカスタムアプリの需要を満たすためのスキルとリソースを備えている一方、61%はカスタムアプリを時間通り、範囲内、予算内で正常に提供していると示唆しています。さらに、ローコードプラットフォームを使用している回答者の58%は、カスタムアプリリクエストに対する企業の需要に対応できると回答しました。
  • さらに、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックのさなか、インターネットを介して顧客や顧客と関わるための企業からのパッケージ化されたソフトウェアやアプリへの要望が高まり、この分野では膨大な受注残が発生しました。したがって、IT企業はこれらのプラットフォームを導入して、競争上の優位性と最適化されたリソース利用を確保する必要があります。

アジア太平洋地域が最大の市場シェアを保持すると予想される

  • アジア太平洋地域は、モバイルアプリケーションの採用増加により、予測期間中に大幅に成長すると予想されます。さらに、この地域にはリソースが限られた中小企業が多く含まれており、マネージドサービスの導入を余儀なくされています。この地域の政府も、国民により良いサービスを提供するためにモバイルファースト戦略を採用し、それによって市場を牽引しました。
  • ファーウェイ・世界・テクニカル・サービスは、General Digital Engine(GDE)プラットフォームを開始しました。 GDEは「1+4+N」アーキテクチャを採用しています。「1」はオープンなクラウドネイティブプラットフォームです。「4」は、データ共有、インテリジェントな生産フロー、機能共有、統合されたローコード自己開発を可能にする4つの機能を意味します。このプラットフォームは、通信事業者の計画、構築、保守、最適化、運用プロセスにデジタルおよびスマートテクノロジーを導入し、通信事業者やデジタルパートナーへの変革を支援し、運用で「N」個のアプリケーションシナリオを革新できるようにします。
  • 2023年 11月14日、OutSystems Japanは、クラウドネイティブアプリケーション開発のためのローコードソリューションOutSystems Developer Cloudを日本市場でデビューさせることを発表しました。 OutSystemsは、開発者およびエンタープライズ開発者向けに、高性能でローコードのアプリケーションプラットフォームを提供します。大規模なアプリケーションでも安全に利用でき、フロントエンドからバックエンドまでのフルスタック開発が可能です。
  • 2022年 1月、サンフランシスコに本拠を置くローコードプラットフォームRetoolは、ITサービスプロバイダーや新興企業から大きな注目を集める可能性があるため、独占的なサービスを提供してインドでの存在感を拡大する可能性があると発表しました。
  • インドでは、ローコードプラットフォームを含む多くのデジタルイニシアチブや開発が行われています。 2022年 7月、チェンナイに本拠を置くSaaS企業Kissflowは、統合されたローコード/ノーコード作業プラットフォームをリリースし、ビジネスのデジタル変革を加速しました。新しいプラットフォームは、企業全体のユーザー向けのあらゆるタスク管理を統合します。エンドユーザー、チーム、チームマネージャー、プロセススペシャリスト、シチズン開発者、IT開発者がすべて含まれます。

ローコード開発プラットフォーム業界の概要

ローコード開発プラットフォーム市場は適度に細分化されており、多くのプレーヤーが存在し、世界中でガバナンスに大きな課題、小規模ベンダーが累積的に大きな市場シェアを保持しています。豊富な資金を持つ市場ベンダーは戦略的なM&A活動に積極的に関与しており、中小企業は市場シェアを獲得するために製品イノベーション戦略に取り組んでいます。

  • 2022年 11月-SAPは、業界における資格のあるプログラマー不足に対処し、より幅広いビジネスユーザーにソフトウェア開発スキルを提供するために、新しいローコードアプリケーション開発ツールキットを導入しました。 SAPによると、これにより技術者以外のビジネスユーザーでもビジネスアプリケーションの構築や変更、ビジネスプロセスの自動化、企業Webサイトのデザインなどが可能になるといいます。
  • 2022年 3月-Zoho Corporationは、法人顧客や個人開発者によるビジネスアプリケーションの作成を支援するローコードソリューションZoho Creatorの最新版のリリースを発表しました。このアップグレードにより、ZohoのCreatorプラットフォームは、アプリケーション開発、ビジネスインテリジェンスと分析、プロセス自動化などを単一のプラットフォームに統合するとともに、ITチームによるセキュリティ、コンプライアンス、ガバナンスの管理も支援します。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • 新型コロナウイルス感染症による業界への影響の評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 迅速なカスタマイズとスケーラビリティのニーズの高まり
    • 企業のモビリティの向上
    • 必要なITスキルのギャップを解消
  • 市場の課題
    • ベンダー提供のカスタマイズへの依存

第6章 新たなテクノロジーの動向

第7章 市場セグメンテーション

  • 用途タイプ別
    • ウェブベース
    • モバイルベース
    • デスクトップおよびサーバーベース
  • 展開タイプ別
    • オンプレミス
    • クラウド
  • 組織規模別
    • 中小企業
    • 大企業
  • エンドユーザー業界別
    • BFSI
    • 小売とeコマース
    • 政府と防衛
    • 情報技術
    • エネルギーと公共事業
    • 製造業
    • ヘルスケア
    • その他のエンドユーザー業界
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ

第8章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Microsoft Corporation
    • Appian Corporation
    • Oracle Corporation
    • Pegasystems Inc.
    • Magic Software Enterprises Ltd
    • AgilePoint Inc.
    • Outsystems Inc.
    • Mendix Inc.
    • ZOHO Corporation
    • QuickBase Inc.
    • Clear Software LLC
    • Kony Inc. 8.14 ServiceNow Inc.
    • Skuid Inc.

第9章 ベンダー市場のポジショニング分析

第10章 投資分析

第11章 市場機会と市場の将来

目次
Product Code: 70119

The Low-code Development Platform Market size is estimated at USD 16.17 billion in 2024, and is expected to reach USD 62.15 billion by 2029, growing at a CAGR of 30.90% during the forecast period (2024-2029).

Low-code Development Platform - Market

Key Highlights

  • The rapid growth of low-code adoption happened after businesses moved to digital modernization, which included improving user experiences, automating processes, and upgrading critical systems. Due to their low cost, low-code development platforms proved ideal.
  • The advantage of low code is its drag-and-drop interface, which saves time. In low code, every single process is shown visually with the help of a graphical interface that makes everything easier to understand. It is easier for developers to create their applications.
  • Although low-code solutions are not new, the demand for the technology soared in the last two years as companies were challenged to meet stakeholder demand for more digital transformation. Through faster business application delivery, companies can expand digital transformation efforts with low-code tools. In addition, the time it takes to innovate is dramatically reduced with low-code tools.
  • Low-code solutions allow organizations to produce working solutions and integrations with more speed and agility than traditional on-premise developments. Integration used to be a labor-intensive IT process requiring custom development on both sides.
  • The low-code solution might not be compatible with any competitor or similar provider. Even if the user can export the source code, it will depend on the vendor's platform to work, and the user can only use it as a backup.
  • The disruption caused by the COVID-19 pandemic increased the tendency of enterprises to adopt low-code platforms. Companies that did not previously contain low-code platform systems could not easily and quickly adapt their ERP system to the new challenges of remote operations. On the other hand, companies with a low-code platform adapted significantly faster.

Low Code Development Platform Market Trends

Information Technology Segment to Witness Significant Growth

  • IT enterprises played a key role in dominating the low-code development platform market. This is because the firms operating in this vertical need to develop many applications, either for mobile or online (or both), for themselves and their clients.
  • The benefits of low-code development platforms enabled apps to be created, shared, and updated quickly, leading to improved productivity and optimized resource utilization. It is thus driving the demand for LCDPs among IT companies.
  • Over the past few years, enterprises operating in the IT sector showed greater interest in LCDPs, owing to their significant payoffs for their developers and customers relying on their software applications.
  • As per recent research conducted by Caspio, 63% of low-code platform users include the skill and resources to fulfill the demand for custom apps, whereas 61% suggest that they successfully deliver custom apps on time, on scope, and within budget. Further, 58% of respondents using low-code platforms indicated that they can keep up with the business's demand for custom app requests.
  • Further, amid the COVID-19 pandemic, the sector witnessed huge backlogs with the rising request for packaged software and apps from enterprises to engage with customers and clients over the Internet. Thus, IT enterprises are required to deploy these platforms to ensure a competitive advantage and optimized resource utilization.

Asia Pacific is Expected to Hold the Largest Market Share

  • The Asia-Pacific region is anticipated to grow significantly over the forecast period, owing to the increasing adoption of mobile applications. Additionally, the region includes many SMEs with limited resources, forcing them to adopt managed services. The governments in the region also adopted a mobile-first strategy to provide better services to their citizens, thereby driving the market.
  • Huawei Global Technical Service launched the General Digital Engine (GDE) platform. The GDE adopts the "1+4+N" architecture: "1" is an open cloud-native platform. "4" means four capabilities that enable data sharing, intelligent production flow, capability sharing, and integrated low-code self-development. The platform introduces digital and smart technologies into carriers' planning, construction, maintenance, optimization, and operation processes to help them transform into digital carriers and partners, enabling operations to innovate "N" application scenarios.
  • On November 14th, 2023, OutSystems Japan Co., Ltd. announced the debut of their low-code solution OutSystems Developer Cloud for cloud-native application development in the Japanese market. OutSystems offers a high-performance, low-code application platform for developers and enterprise developers. It can be utilized securely in large-scale applications and allows full-stack development from front-end to back-end.
  • In January 2022, San Francisco-based low-code platform Retool announced that it might expand its presence in India with exclusive offerings as it could see massive traction from IT service providers and startups.
  • Many digital initiatives and development, including low-code platforms, are occurring in India. In July 2022, Kissflow, a Chennai-based SaaS firm, released its unified low-code/no-code work platform, accelerating business digital transformation. The new platform combines the whole range of task management for enterprise-wide users. End users, teams, team managers, process specialists, citizen developers, and IT developers are all included.

Low Code Development Platform Industry Overview

The low-code development platform market is moderately fragmented, with many players, significant governance challenges globally, and smaller vendors cumulatively holding a major market share. The market vendors with deep pockets are actively involved in strategic M&A activities, while small companies are involved in product innovation strategies to gain market share.

  • November 2022 - SAP introduced a new low-code application development toolkit to address the industry's scarcity of qualified programmers and to deliver software development skills to a broader audience of business users. According to SAP, this will enable non-technical business users to construct and modify business applications, automate business processes, and design corporate websites.
  • March 2022 - Zoho Corporation announced the release of the newest edition of its low-code solution, Zoho Creator, which assists corporate customers and individual developers in creating business applications. With this upgrade, Zoho's Creator platform integrates, among other things, application development, business intelligence and analytics, and process automation into a single platform while also assisting IT teams in managing security, compliance, and governance.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Assessment of the Impact of COVID -19 on the Industry

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increasing Need for Rapid Customization and Scalability
    • 5.1.2 Increasing Enterprise Mobility
    • 5.1.3 Elimination of Gaps in Required IT Skills
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 Dependency on Vendor Supplied Customization

6 EMERGING TECHNOLOGY TRENDS

7 MARKET SEGMENTATION

  • 7.1 By Application Type
    • 7.1.1 Web-based
    • 7.1.2 Mobile-based
    • 7.1.3 Desktop- and Server-based
  • 7.2 By Deployment Type
    • 7.2.1 On-premise
    • 7.2.2 Cloud
  • 7.3 By Organization Size
    • 7.3.1 Small and Medium Enterprises
    • 7.3.2 Large Enterprises
  • 7.4 By End-user Vertical
    • 7.4.1 BFSI
    • 7.4.2 Retail and E-commerce
    • 7.4.3 Government and Defense
    • 7.4.4 Information Technology
    • 7.4.5 Energy and Utilities
    • 7.4.6 Manufacturing
    • 7.4.7 Healthcare
    • 7.4.8 Other End-user Verticals
  • 7.5 By Geography
    • 7.5.1 North America
    • 7.5.2 Europe
    • 7.5.3 Asia-Pacific
    • 7.5.4 Latin America
    • 7.5.5 Middle-East and Africa

8 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 8.1 Company Profiles
    • 8.1.1 Microsoft Corporation
    • 8.1.2 Appian Corporation
    • 8.1.3 Oracle Corporation
    • 8.1.4 Pegasystems Inc.
    • 8.1.5 Magic Software Enterprises Ltd
    • 8.1.6 AgilePoint Inc.
    • 8.1.7 Outsystems Inc.
    • 8.1.8 Mendix Inc.
    • 8.1.9 ZOHO Corporation
    • 8.1.10 QuickBase Inc.
    • 8.1.11 Clear Software LLC
    • 8.1.12 Kony Inc. 8.14 ServiceNow Inc.
    • 8.1.13 Skuid Inc.

9 VENDOR MARKET POSITIONING ANALYSIS

10 INVESTMENT ANALYSIS

11 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE OF THE MARKET