デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1439875

信号発生器:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Signal Generator - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.46円
信号発生器:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

信号発生器の市場規模は、2024年に17億2,000万米ドルと推定され、2029年までに24億2,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に7.23%のCAGRで成長します。

信号発生器- 市場

信号発生器は周波数シンセサイザーとも呼ばれ、ほぼすべてのRF/マイクロ波テストおよび測定システムの重要な機器です。これらは、さまざまな電子デバイスやシステムのテスト、修理、トラブルシューティングに広く使用されています。さらに、今後数年間で世界の検査測定市場で最も急速に成長するセグメントになると予想されています。信号発生器は、単純な連続波デバイスから、優れたソフトウェア制御、変調機能、およびユーザーインターフェイスを備えた高度な変調デバイスに進化しました。線形性、帯域幅、信号生成機能を強化する新しいソフトウェア技術の使用などの改善により、信号発生器の市場シェアはさらに拡大します。

主なハイライト

  • この需要は、無線通信、航空宇宙および防衛、自動車産業、5Gなどの新技術によって促進されると予想されます。 5Gの研究開発と設計活動は主にRFジェネレーターの需要に影響を与えます。無線規格の継続的な開発により、予測期間中にこの機器の必要性がさらに高まることが予想されます。業界では、従来のアナログ変調からIQ変調などの複雑なベクトル形式に至るまで、より複雑な波形も求められています。 5Gや次世代無線セルラー技術などの新技術により、市場の要件はより高い動作周波数とより広い変調帯域幅に移行すると予想されます。
  • マイクロ波アクセス用無線相互運用性(WiMAX)、第3世代(3G)無線、第4世代(4G)無線、広帯域符号分割多元接続(WCDMA)などの規格の急速な発展は、5G領域の成長を促進します。これにより、信号発生器の需要がさらに増加することになります。テストは、すべてのアプリケーションの中で最も広く使用されると予測されています。モノのインターネット(IoT)の導入が進むにつれて、多くのデバイスがインターネットに接続されています。コストの関係で、短期的にはすべてのアプリケーションやデバイスに低レイテンシが提供されるわけではありませんが、いくつかのデバイスやアプリケーションには低レイテンシ、またはレイテンシなしの要望が存在しており、メーカーにテストの機会を提供し、メーカーは信号発生器を利用します。
  • 2021年 2月、STI Vibration Monitoring Inc.は、振動および変位測定用のコンパクトでポータブルなデバイスであるCMCP-TKSGフィールド信号発生器を発売しました。 CMCP-TKSGフィールド信号発生器は、振動監視システムの設置、メンテナンス、トラブルシューティング、校正検証を行うエンジニアや技術者に最適です。バッテリ駆動のCMCP-TKSGは、固定周波数の加速度、速度または変位信号、およびギャップ/位置モニタ用のDC電圧をシミュレートします。信号振幅は、事前定義された10段階で調整することも、可変出力設定を使用して手動で調整することもできます。
  • 企業もパートナーシップに参加しています。たとえば、2021年11月、セキュリティおよび航空宇宙企業のロッキード・マーティンとキーサイト・テクノロジーズは、5Gを推進し、航空宇宙および防衛アプリケーションのミッションクリティカルな通信をサポートする信号発生器の応答とセキュリティをチェックするためのパートナーシップを発表しました。
  • 市場での成功には、相互運用性と専用のテスト機器の必要性についてエンドユーザーを教育することが不可欠です。現時点では、プロアクティブなソリューションの必要性がエンドユーザーに認識されていないため、信号発生器の大規模な使用は制限されています。エンドユーザーがさまざまな同一システムから適切な答えを特定できないため、採用が制限されます。COVID-19感染症のパンデミックは市場に打撃を与え、顧客の嗜好が必需品へと移り、自動車やエレクトロニクスの需要が減少しました。航空宇宙部門も国境閉鎖と海外渡航禁止により大幅な落ち込みを見せた。したがって、これらの業界に製品を供給するベンダーは、2020年第1四半期に収益の減少を報告しました。

信号発生器の市場動向

自動車が大きなシェアを握ると予想される

  • 自動車産業は、調査対象市場の原動力の1つです。新興国における電気自動車の導入の増加は、予測期間中の市場の成長を支援する可能性があります。車両における電子部品やセンサーの使用が増加したため、センサー、ソレノイド、アクチュエーター、一次および二次点火、通信データストリームのテストとトラブルシューティングに信号発生器が必要になりました。自動車業界では、信号発生器は一般に、車内エンターテインメントや、リバースパーキングセンサーやリモートキーなどの運転支援装置をテストするために使用されます。
  • 近年、自動運転車技術やハイブリッドパワートレインシステムの研究開発におけるテスト要件により、信号発生器の需要が増加しています。世界の自動車メーカーは、自動運転車技術で使用されるレーダーやセンサーの安全性、品質、信頼性を確保するために信号発生器を使用することが増えています。信号発生器は、レーダー、センサー、中央演算装置などの重要なデバイス間の通信リンクをテストします。近年の電気・電子車両技術の進歩により、テスト、トラブルシューティング、診断において信号発生器がほぼ必須になりました。
  • 欧州連合はまた、自動車事故の際に迅速な支援を提供する新しい規制である緊急通報(eCall)システムを導入しました。上記の要因により、2018年第1四半期以降に欧州市場で販売されるすべての新車には、eCallをサポートする車載システム(IVS)の搭載が必須となります。これらのシステムは、販売前に適切にテストする必要があります。繰り返しの標準テストを確実に行うには、研究室で標準準拠のGNSS信号でIVSを刺激する必要があり、信号発生器が重要な役割を果たします。
  • また、新しいeCall規制には、隣接帯域干渉の影響からGNSSベースのデバイスを保護するための新しい標準が追加されています。この標準は、欧州電気通信標準協会(ETSI)によって展開されました。この規格により、欧州連合で発売された新規または変更されたGNSS製品が隣接する帯域の干渉に耐え、中断することなく動作を継続できることが保証されます。これらのシステムもテストする必要があるため、信号発生器の需要が生じます。
  • 自動運転車の開発により、安全な運転のために導入されるセンサーやレーダーベースのシステムの需要が増加しています。これらのセンサーとレーダーは、約40 kHzのスペクトル範囲を持つ超音波周波数に基づいています。車載エンターテインメントシステムの導入が増加し、研究開発への投資が増加するにつれて、新しい自動車システムでは50~100 MHzの周波数の信号発生器の需要が生じています。

アジア太平洋は大幅な成長が見込まれる

  • アジア太平洋地域では、信号発生器市場が大幅に成長すると予想されています。この増加は、特に中国、インド、韓国などの国々で信号発生器の需要が急増しているためです。アジア太平洋でのLTE導入の増加も市場の成長を推進しています。エリクソンは、アジア太平洋のLTE加入者数は2020年に約30億件となり、2019年の3億件から増加すると予測しています。自動車メーカーやエレクトロニクスメーカーの間で信号発生器の需要が高まっており、この地域全体の市場成長を後押ししています。
  • 2021年 10月、チャイナモバイルは、5Gテクノロジーを検証するために、ローデ・シュワルツのR&S SMM100Aベクトル信号発生器を選択しました。新しい信号源は、現在および将来の5Gテクノロジーを検証する調査用途で5G信号を生成します。このプロジェクトは、チャイナモバイルとローデ・シュワルツ・チャイナ間の長期的な協力を継続します。また、チャイナモバイルは、5Gテストプロジェクト用にR&S SMM100Aベクトル信号発生器を調査に装備しました。
  • 2021年 1月、ローデ・シュワルツは、このクラスでミリ波テスト機能を備えた唯一のベクトル信号発生器であるR&S SMM100Aを発表しました。この機器は、生産に入って将来の製品や技術を開発する最先端の無線通信デバイス用のデジタル信号を生成するという厳しい期待に応えます。新しいR&S SMM100Aベクトル信号発生器はこのニーズを満たし、100 MHz~44 GHzの周波数範囲全体にわたって優れたRF特性を示します。 LTEや5G NR、最新のWLAN標準、Wi-Fi 6、Wi-Fi 6E(最大7.125 GHz)など、あらゆるワイヤレス標準で使用されるすべての帯域をカバーします。
  • 2022年 1月、アンリツ株式会社は、5G NR受信機テスト用の新しい干渉波形パターンMX371055AおよびLTE受信機テスト用干渉波形パターンMX371054Aソフトウェアをオーストラリアで発売すると発表しました。これらのツールは、信号発生器MG3710Eを使用して、5GおよびLTEユーザー機器(UE)およびモジュールの受信感度とスループットをテストするための3GPP干渉波形パターンを生成します。これらのツールをMG3710Eに搭載し、無線通信テストステーションMT8000A、無線通信アナライザMT8821Cと組み合わせることで、3GPPのRFコンプライアンス試験で求められる干渉評価試験を容易に行うことができます。

信号発生器業界の概要

信号発生器市場は、多くの企業が市場で大きなシェアを占めているため、非常に細分化されています。研究開発努力の増加、新技術、信号発生器の採用の増加により、スペクトラム・アナライザ市場に有利な機会がもたらされています。全体として、既存の競合他社間の競争企業間の敵対関係は非常に高いです。

  • 2021年 5月- モジュラー信号生成および処理インターフェイスのプロバイダーであるLYNX Technikは、最新のgreenMachine汎用ハードウェアデバイス Callisto+を発表しました。 Callisto+は2x 3G対応で、同じ機能セットとパフォーマンスで既存のgreenMachine Titanハードウェア(4K対応)を補完します。 Callisto+は、4Kが不要または必要な場合に、よりコスト効率の高いエントリーレベルの信号処理ソリューションをユーザーに提供します。
  • 2021年5月- 世界を接続し安全にするイノベーションを加速する高度な設計および検証ソリューションを提供するテクノロジー企業、Keysight Technologies Inc.は、顧客が性能をテストできるKeysight N9042B UXA Xシリーズ信号アナライザ・ソリューションの発売を発表しました。航空宇宙、防衛、衛星通信におけるミリ波(mmWave)の革新。
  • 2021年 6月-Wireless Telecom Group Inc.は、同社のBoontonブランドが、高性能信号生成機能と直感的なユーザーインターフェイスを組み合わせた新しいシリーズの機器であるSGX1000 RF信号発生器を導入し、信号生成市場に参入したと発表しました。 SGX1000は、最新のBoonton計測器プラットフォーム上に構築されており、コンパクトな形状で使いやすい最新のインターフェイスを提供し、半導体、航空宇宙、医療、軍事、通信などの一般用途向けに手頃な価格帯で高性能の信号生成を提供します。産業。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 業界のバリューチェーン分析
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • 市場促進要因
    • 電子デバイスの導入の増加
    • 最新の通信システム
    • 任意波形発生器の需要の増加
  • 市場抑制要因
    • 価格圧力を引き起こす激しい競合
    • 輸入原材料に対する高い輸入関税と税金
  • COVID-19が業界に与える影響の評価

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品別
    • 汎用信号発生器
      • RF信号発生器
      • マイクロ波信号発生器
      • 任意波形発生器
    • 特殊用途信号発生器
      • ビデオ信号発生器
      • オーディオ信号発生器
      • ピッチジェネレーター
    • ファンクションジェネレーター
      • アナログファンクションジェネレータ
      • デジタルファンクションジェネレーター
      • スイープファンクションジェネレータ
  • テクノロジー別
    • 2G
      • 携帯電話用世界システム(GSM)
      • 符号分割多元接続(CDMA)
    • 3G
      • 広帯域符号分割多元接続(WCDMA)
      • 符号分割多元接続(CDMA2000)
    • 5G~4G
      • 3GPPロングタームエボリューション(LTE)
      • ワイマックス
  • 用途別
    • 設計
    • 試験
    • 製造業
    • トラブルシューティング
    • 修理
    • その他の用途
  • エンドユーザー産業別
    • 通信
    • 航空宇宙と防衛
    • 自動車
    • 電子機器製造
    • ヘルスケア
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Keysight Technologies Inc.
    • Rohde &Schwarz Gmbh &Co. Kg
    • National Instruments Corporation
    • Anritsu Corporation
    • Tektronix Inc.(Keithley Instruments Inc.)
    • Teledyne Technologies Incorporated
    • B&K Precision Corporation
    • Fluke Corporation
    • Stanford Research Systems
    • Good Will Instrument Co. Ltd
    • Yokogawa Electric Corporation

第7章 投資分析

第8章 市場の将来

目次
Product Code: 69456

The Signal Generator Market size is estimated at USD 1.72 billion in 2024, and is expected to reach USD 2.42 billion by 2029, growing at a CAGR of 7.23% during the forecast period (2024-2029).

Signal Generator - Market

Signal generators are also called frequency synthesizers and are crucial instruments of almost all RF/microwave test -and -measurement systems. They are extensively used to test, repair, and troubleshoot various electronic devices and systems. Further, they are expected to be the fastest-growing segment in the global test-measurement market over the next few years. Signal generators have evolved from simple continuous-wave devices to advanced modulation devices with superior software control, modulation capabilities, and user interfaces. Improvements such as using new software techniques that enhance the linearity, bandwidth, and signal creation capabilities further increase the market share for signal generators.

Key Highlights

  • It is expected that the demand will be driven by wireless communications, aerospace and defense, automotive industries, and new technologies such as 5G. 5G R&D and design activity primarily impact demand for RF Generators. Continued development of wireless standards is further expected to push the need for this equipment over the forecast period. The industry also demands more complex waveforms, ranging from traditional analog modulation to complex vector formats such as IQ modulation. A shift in market requirements toward higher operating frequencies and wider modulation bandwidths is expected due to new technologies such as 5G and the next generation of wireless cellular technology.
  • The rapid development of standards such as wireless interoperability for microwave access (WiMAX), third-generation (3G) wireless, fourth-generation (4G) wireless, and wideband code-division multiple access (WCDMA) will aid in growth in the 5G domain. This would further increase the demand for signal generators. Testing is forecast to be the most widely used among all the applications. With the increased adoption of the Internet of Things (IoT), many devices are connected to the internet. While low latency is not provided for all applications and devices in the short term due to costs, the desire for low or no latency for several devices and applications exists and offers opportunities to test manufacturers, who then utilize signal generators.
  • In February 2021, STI Vibration Monitoring Inc. launched its CMCP-TKSG field signal generator, a compact, portable device for vibration and displacement measurements. The CMCP-TKSG field signal generator is ideal for engineers and technicians who perform installation, maintenance, troubleshooting, and calibration verification on vibration monitoring systems. The battery-powered CMCP-TKSG simulates a fixed frequency acceleration, velocity or displacement signal, and DC voltages for gap/position monitors. The signal amplitude can be adjusted in 10 pre-defined increments or manually adjusted using the variable output setting.
  • Companies are also involved in partnerships. For instance, in November 2021, Lockheed Martin, a security and aerospace company, and Keysight Technologies Inc. announced a partnership to advance 5G to check the response and security of signal generators to support mission-critical communications for aerospace and defense applications.
  • Educating end users on interoperability and the need for specialized testing equipment is essential for market success. At present, the lack of end-user awareness of the need for proactive solutions limits the large-scale use of a signal generator. End-user inability to identify the appropriate answer from various identical systems limits adoption. The COVID-19 pandemic harmed the market, with customers' preferences moving toward essential items, dropping the demand for automobiles and electronics. The aerospace sector also witnessed a significant decline due to the closing of borders and the international travel ban. Thus, vendors supplying these industries reported a decline in revenue in the first quarter of 2020.

Signal Generator Market Trends

Automotive Expected to Hold Significant Share

  • The automotive industry is one of the driving forces for the market studied. The growing adoption of electric cars in emerging countries may support market growth over the forecast period. Due to the increased use of electronic components and sensors in vehicles, signal generators have become necessary for testing and troubleshooting sensors, solenoids, actuators, primary and secondary ignitions, and communication data streams. In the Automotive industry, signal generators are generally used to test in-car entertainment and driver assisting aids such as reverse parking sensors and remote keys.
  • In recent years, the demand for signal generators has increased due to testing requirements in the R&D of autonomous vehicle technologies and hybrid power-train systems. Global automakers increasingly use signal generators to ensure the safety, quality, and reliability of radars and sensors used in autonomous vehicle technologies. Signal generators test the communication link between critical devices such as radars, sensors, and the central computing unit. Advances in electrical and electronic vehicle technology, which occurred over recent years, made signal generators in testing, troubleshooting, and diagnosis almost mandatory.
  • The European Union has also deployed a new regulation, the emergency call (eCall) system, which offers fast assistance in the event of a car accident. Due to the above factor, all new vehicles sold in the European market after the first quarter of 2018 are necessitated to have an In-Vehicle System (IVS) supporting eCall. These systems are required to be appropriately tested before being sold. It is necessary to stimulate the IVS with standard conform GNSS signals in a laboratory to ensure repetitive and standard testing, where a signal generator plays a prominent role.
  • Also, to the new eCall regulations, there is a new standard to safeguard GNSS-based devices from the consequences of adjacent band interference. This standard was deployed by the European Telecommunications Standards Institute (ETSI). The standard ensures that any new or altered GNSS product launched in the European Union can withstand adjacent band interference and continue operating without interruption. These systems also need to be tested, generating demand for signal generators.
  • The development of autonomous cars has increased the demand for sensors and radar-based systems deployed for safe operation. These sensors and radars are based on an ultrasonic frequency with a spectrum range of around 40 kHz. With the increasing deployment of the in-car entertainment systems and growing investments in R&D, new automotive systems generate the demand for signal generators with frequencies of 50-100 MHz.

Asia-Pacific Expected to Witness Significant Growth

  • The Asia-Pacific region is expected to witness significant growth in the signal generator market. The increase is due to the surging demand for signal generators, especially in nations, like China, India, and South Korea. The growing LTE adoption in Asia-Pacific is also driving the market's growth. Ericsson estimated that Asia-Pacific would account for approximately 3 billion LTE subscriptions in 2020, increasing from 300 million LTE subscriptions in 2019. There is a rising demand for signal generators among automotive and electronics manufacturers, helping the market grow across the region.
  • In October 2021, China Mobile selected the R&S SMM100A vector signal generator from Rohde & Schwarz to validate its 5G technology. The new signal source generates 5G signals in research applications to verify current and future 5G technologies. The project continues the long-term cooperation between China Mobile and Rohde & Schwarz China. Also, China Mobile has equipped its research lab with the R&S SMM100A vector signal generator for 5G test projects.
  • In January 2021, Rohde & Schwarz introduced the R&S SMM100A, the only vector signal generator with mmWave testing capabilities in its class. The instrument meets the rigorous expectations for generating digital signals for the most advanced wireless communication devices entering production and developing future products and technologies. The new R&S SMM100A vector signal generator meets this need, displaying excellent RF characteristics across the entire frequency range from 100 MHz to 44 GHz. It covers all the bands used by any wireless standards, including LTE and 5G NR, and the latest WLAN standards, Wi-Fi 6, and Wi-Fi 6E (up to 7.125 GHz).
  • In January 2022, Anritsu Corporation announced the launch of its new Interference Waveform Pattern for 5G NR Receiver Test MX371055A and Interference Waveform Pattern for LTE Receiver Test MX371054A software in Australia. These tools generate 3GPP interference waveform patterns for testing the receiver sensitivity and throughput of 5G and LTE user equipment (UE) and modules using the Signal Generator MG3710E. Installing these tools in the MG3710E combined with the Radio Communication Test Station MT8000A and Radio Communication Analyzer MT8821C facilitates easy interference evaluation tests required by the 3GPP RF Compliance Test.

Signal Generator Industry Overview

The Signal Generator Market is quite fragmented as many companies occupy a significant share in the market. Increased R&D efforts, new technologies, and increased adoption of signal generators provide lucrative opportunities in the spectrum analyzer market. Overall, the competitive rivalry among the existing competitors is high.

  • May 2021 - LYNX Technik, a modular signal generating and processing interfaces provider, announced its latest greenMachine general-purpose hardware device, Callisto+. Callisto+ is 2x 3G capable and complements the existing greenMachine Titan hardware (4K capable) with the same feature set and performance. Callisto+ provides users with a more cost-effective, entry-level signal processing solution when 4K is unnecessary or required.
  • May 2021 - Keysight Technologies Inc., a technology firm that delivers advanced design and validation solutions to accelerate innovation to connect and secure the world, announced the launch of the Keysight N9042B UXA X-Series signal analyzer solution, which enables customers to test the performance of millimeter-wave (mmWave) innovations in aerospace and defense and satellite communications.
  • June 2021 - Wireless Telecom Group Inc. announced that its Boonton brand had entered the signal generation market by introducing the SGX1000 RF Signal Generator, a new series of instruments that combine high-performance signal generation capabilities with an intuitive user interface. The SGX1000 is built on the latest Boonton instrument platform that provides an easy-to-use modern interface in a compact form and offers high-performance signal generation within an affordable price range for general use in semiconductors, aerospace, medical, military, and communications industries.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Value Chain Analysis
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.3.3 Threat of New Entrants
    • 4.3.4 Threat of Substitutes
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.4 Market Drivers
    • 4.4.1 Increased Adoption of Electronic Devices
    • 4.4.2 Modern Communication Systems
    • 4.4.3 Increasing Demand for Arbitrary Waveform Generators
  • 4.5 Market Restraints
    • 4.5.1 Intense Competition Causing Pricing Pressure
    • 4.5.2 High Import Duty and Taxes on Imported Raw Materials
  • 4.6 Assessment of Impact of COVID-19 on the Industry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Product
    • 5.1.1 General Purpose Signal Generator
      • 5.1.1.1 RF Signal Generator
      • 5.1.1.2 Microwave Signal Generator
      • 5.1.1.3 Arbitrary Waveform Generator
    • 5.1.2 Special Purpose Signal Generator
      • 5.1.2.1 Video Signal Generator
      • 5.1.2.2 Audio Signal Generator
      • 5.1.2.3 Pitch Generator
    • 5.1.3 Function Generator
      • 5.1.3.1 Analog Function Generator
      • 5.1.3.2 Digital Function Generator
      • 5.1.3.3 Sweep Function Generator
  • 5.2 By Technology
    • 5.2.1 2G
      • 5.2.1.1 Global System For Mobile Phones (GSM)
      • 5.2.1.2 Code Division Multiple Access (CDMA)
    • 5.2.2 3G
      • 5.2.2.1 Wideband Code Division Multiple Access (WCDMA)
      • 5.2.2.2 Code Division Multiple Access (CDMA2000)
    • 5.2.3 5G - 4G
      • 5.2.3.1 3GPP Long Term Evolution (LTE)
      • 5.2.3.2 Wimax
  • 5.3 By Application
    • 5.3.1 Designing
    • 5.3.2 Testing
    • 5.3.3 Manufacturing
    • 5.3.4 Troubleshooting
    • 5.3.5 Repairing
    • 5.3.6 Other Applications
  • 5.4 By End-user Industry
    • 5.4.1 Telecommunication
    • 5.4.2 Aerospace and Defense
    • 5.4.3 Automotive
    • 5.4.4 Electronics Manufacturing
    • 5.4.5 Healthcare
    • 5.4.6 Other End-user Industries
  • 5.5 By Geography
    • 5.5.1 North America
    • 5.5.2 Europe
    • 5.5.3 Asia-Pacific
    • 5.5.4 Latin America
    • 5.5.5 Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Keysight Technologies Inc.
    • 6.1.2 Rohde & Schwarz Gmbh & Co. Kg
    • 6.1.3 National Instruments Corporation
    • 6.1.4 Anritsu Corporation
    • 6.1.5 Tektronix Inc. (Keithley Instruments Inc.)
    • 6.1.6 Teledyne Technologies Incorporated
    • 6.1.7 B&K Precision Corporation
    • 6.1.8 Fluke Corporation
    • 6.1.9 Stanford Research Systems
    • 6.1.10 Good Will Instrument Co. Ltd
    • 6.1.11 Yokogawa Electric Corporation

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 FUTURE OF THE MARKET