デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1439870

ポリエチレンイミン:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024-2029)

Polyethyleneimine - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 130 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.54円
ポリエチレンイミン:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024-2029)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 130 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ポリエチレンイミン市場規模は、2024年に4億3,128万米ドルと推定され、2029年までに4億7,361万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に1.89%のCAGRで成長します。

ポリエチレンイミン- 市場

COVID-19感染症が市場に与えた影響はマイナスでした。ただし、市場はパンデミック前のレベルに達しており、予測期間中に着実に成長すると予想されます。

主なハイライト

  • 市場を牽引する主な要因は、洗剤や水処理薬品の用途からの需要の増加と、接着剤やシーラントの用途の増加です。
  • その一方で、厳しい環境規制が市場の成長を妨げています。
  • ポリエチレンイミン・ナノシリカ複合材料の開発や急速に拡大するパーソナルケア・化粧品産業などの要因により、市場にさまざまな成長機会が提供されると予想されます。
  • アジア太平洋が世界中の市場を独占しており、最大の消費は中国とインドから来ています。

ポリエチレンイミン市場動向

接着剤およびシーラント部門が市場を独占

  • ポリエチレンイミン(PEI)は、接着剤およびシーラントの幅広い用途に使用されます。接着促進剤として接着剤業界のラミネートに使用されます。包装用フィルムの水性プライマーにも使用されます。
  • ポリエチレンイミンは、包装業界で押出コーティングのプライマーとしてしばらく使用されてきました。特に、ポリエチレンを紙や他のセルロース系基材に接着する際に使用されています。実際には、希釈した水または水とアルコールの溶液を使用して塗布されます。
  • 包装業界は世界的に接着剤の最大の消費者です。この傾向は、主に食品および飲料分野における包装用途の需要が旺盛であるため、予測期間中も続くと推定されています。
  • 接着剤は、包装業界で使用される最も一般的な接着メカニズムの1つです。ポリエチレンイミン系接着剤は主に冷凍食品の包装に使用されています。この要因により、包装業界における接着剤の需要が高まり、調査対象の市場が拡大します。
  • S&P Globalによると、インドの国内接着剤およびシーラント市場は2021年度に1,340億~1,360億ルピー(約18億1,000万~18億3,000万米ドル)となります。インドの接着剤およびシーラント市場は2つのセグメントに分かれています。産業部門は、包装、履物、塗料、自動車などのB2B業界に対応します。小売部門は、家具/木工品、建築建設、美術工芸品、電気付属品などの業界に対応します。
  • エレクトロニクス産業では、コンフォーマルコーティング、端子電極の保護、表面実装デバイスの接着など、さまざまな用途に接着剤が使用されています。エレクトロニクス産業はインドで最も急速に成長している産業の1つであり、電子 IT省によると、この産業の市場規模は2021会計年度時点で4兆9,500億~5兆ルピー(約669億5,000万~676億2,000万米ドル)です。
  • 上記の要因に基づいて、接着剤およびシーラントセグメントは、予測期間中に市場を独占する可能性があります。

アジア太平洋が市場を独占する

  • アジア太平洋地域では、ポリエチレンイミンが洗剤、接着剤、水処理薬品、化粧品、紙などの用途に強く使用されているため、予測期間中にポリエチレンイミン市場を独占すると予想されます。
  • ポリエチレンイミンは、紙パルプ製造における湿潤強化剤として使用されます。中国、インド、東南アジアで成長を続ける紙・パルプ産業は、今後も調査対象市場の牽引役として機能し続ける可能性があります。
  • 中国はインク生産において最も急速に成長している国の一つです。この国のインク産業は、中国有数の多国籍インクサプライヤーであるT&K TOKAとの合弁会社である杭州TOKAインクや東洋インキとの合弁会社である天津東洋インキなど、国際的なインクメーカーと国内企業が混在しています。 DIC、サカタインクス、ジークヴェルク、フリントグループ、フーバーグループなどの大手インク会社も中国に製造工場を持っています。 Yip's Chemicalの子会社であるBauhinia Variegata Ink &Chemicalsは、国内最大のインクメーカーです。
  • 消費者の習慣の変化と家庭の衛生に対する関心の高まりにより、中国では洗剤や工業用洗浄剤の需要が高まっています。COVID-19感染症のパンデミックにより、中国市場では洗剤や工業用洗浄剤の需要が大幅に増加しました。洗剤および洗浄剤の売上収益は、2020年に10倍の成長を遂げました。2021年には、売上高は400~500%増加しました。
  • 石鹸製造はインドの日用消費財部門で最も古い産業の1つであり、消費財部門の50%以上を占めています。最近のデータによると、国内には石鹸を販売する小売店が約500万店あり、そのうち375万店が地方で営業しています。
  • インドとデンマークは最近、コペンハーゲンで開催された2022年世界水会議・展示会で「インドの都市下水シナリオ」に関する白書を共同で発表しました。 2021年のインドの下水生成量は都市中心部で72,368 MLDでしたが、設置された下水処理能力はわずか31,841 MLDでした。政府は、昨年発表された政府のSwachh Bharat Mission 2.0(SBM 2.0)に基づき、下水処理能力の増強を図っています。これにより、水処理におけるポリエチレンイミンの巨大な需要が生じることが予想されます。
  • メーカーはインドの接着剤産業の成長の可能性を理由に投資を行っています。したがって、新しいプラントとパイプラインの能力拡張により、国内のポリエチレンイミンの需要が増加すると予測されています。たとえば、Sikaは2021年12月に、インドのプネーに高品質の接着剤とシーラントの新しい技術センターと製造工場を開設する計画を発表しました。
  • したがって、このような要因は、アジア太平洋地域が市場全体を支配するのに役立つと予想されます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 洗剤や水処理薬品用途での需要増加
    • 接着剤およびシーラント用途での使用の増加
  • 抑制要因
    • 厳しい環境規制
    • その他の拘束具
  • 業界のバリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品やサービスの脅威
    • 競合の程度

第5章 市場セグメンテーション(市場規模:収益)

  • タイプ
    • 線形
    • 分岐
  • 用途
    • 洗剤
    • 接着剤およびシーラント
    • 水処理薬品
    • 化粧品
    • コーティング、インク、染料
    • その他の用途
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東とアフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他の中東およびアフリカ

第6章 競合情勢

  • 市場ランキング分析
  • 有力企業が採用した戦略
  • 企業プロファイル
    • BASF SE
    • Dow
    • FUJIFILM Wako Pure Chemical Corporation
    • Gongbike New Material Technology(Shanghai)Co. Ltd
    • NIPPON SHOKUBAI Co. Ltd
    • Polysciences, Inc.
    • SERVA Electrophoresis GmbH
    • Shanghai Holdenchem Co.
    • WUHAN BRIGHT CHEMICAL Co. Ltd

第7章 市場機会と将来の動向

  • ポリエチレンイミン・ナノシリカ複合材料の開発
  • 急速に拡大するパーソナルケアおよび化粧品業界
目次
Product Code: 69386

The Polyethyleneimine Market size is estimated at USD 431.28 million in 2024, and is expected to reach USD 473.61 million by 2029, growing at a CAGR of 1.89% during the forecast period (2024-2029).

Polyethyleneimine - Market

The impact of COVID-19 on the market was negative. However, the market has reached pre-pandemic levels and is expected to grow steadily during the forecast period.

Key Highlights

  • The major factors driving the market are the increasing demand from applications in detergents and water treatment chemicals and the growing usage in adhesives and sealants.
  • On the flip side, stringent environmental regulations are hindering the growth of the market.
  • Factors such as the development of polyethyleneimine-nano silica composites and the rapidly expanding personal care and cosmetics industry are expected to offer various growth opportunities for the market.
  • Asia-Pacific dominates the market worldwide, with the largest consumption coming from China and India.

Polyethyleneimine Market Trends

Adhesives and Sealants Segment to Dominate the Market

  • Polyethyleneimine (PEI) is used for a wide range of adhesive and sealant applications. It is used for laminations in the adhesives industry as an adhesion promoter. It is also used in water-based primers for packaging films.
  • Polyethyleneimine has been used for some time as an extrusion coating primer in the packaging industry. It has particularly found use in bonding polyethylene to paper and other cellulosic substrates. In practice, it is applied with diluted water or water-alcohol solutions.
  • The packaging industry is the largest consumer of adhesives globally. This trend is estimated to continue during the forecast period, primarily due to the robust demand for packaging applications in the food and beverage sector.
  • Adhesives are one of the most common bonding mechanisms used in the packaging industry. Polyethyleneimine-based adhesives are used majorly in the packaging of frozen food products. This factor boosts the demand for adhesives in the packaging industry, thus driving the market studied.
  • According to S&P Global, India's domestic adhesives and sealants market is INR 134-136 billion (~USD 1.81-1.83 billion) in fiscal year 2021. Indian adhesives and sealant market is divided into two segment. The industrial segment caters to B2B industries such as packaging, footwear, paints, automotive, etc. The retail segment caters to industries such as furniture/woodwork, building construction, arts and craft, electrical fittings, etc.
  • The electronics industry uses adhesives for various applications, including conformal coatings, protecting terminal electrodes, bonding of surface mount devices, among many others. The electronics industry is one of the fastest-growing industries in India and, as per the Ministry of Electronics and IT, the market size of the industry is INR 4,950-5,000 billion (~ USD 66.95-67.62 billion) as of fiscal 2021.
  • Based on the above-mentioned factors, the adhesive and sealants segment is likely to dominate the market during the forecast period.

Asia-Pacific to Dominate the Market

  • Asia-Pacific is expected to dominate the market for polyethyleneimine during the forecast period, as polyethyleneimine is strongly used in applications, such as detergents, adhesives, water treatment chemicals, cosmetics, and paper, in the region.
  • Polyethyleneimine is used as a wet strengthening agent in pulp and paper manufacturing. The growing paper and pulp industry in China, India, and Southeast Asia may continue to act as a driver for the market studied.
  • China is one of the fastest-growing countries in terms of ink production. The country's ink industry is a mix of international ink manufacturers and domestic players, including Hangzhou TOKA Ink, a JV with T&K Toka, and Tianjin Toyo Ink Co. Ltd, a JV with Toyo Ink, which are the leading multi-national ink suppliers in China. DIC, Sakata INX, Siegwerk, Flint Group, Hubergroup, and other major ink companies also have manufacturing plants in China. The Bauhinia Variegata Ink & Chemicals, a subsidiary of Yip's Chemical, is the largest domestic ink producer in the country.
  • The detergents and industrial cleaning agents are gaining demand in China due to changing consumer habits and growing attention toward hygiene at home. Due to the COVID-19 pandemic, the Chinese market witnessed a huge rise in demand for detergent and industrial cleaning agents. The sales revenue for detergents and cleaning agents witnessed a ten-fold growth in 2020. In 2021, the sales grew by 400-500%.
  • Soap manufacturing is one of the oldest industries operating in the FMCG sector in India, accounting for more than 50% of the consumer goods sector. As per recent data, there are approximately five million retail outlets selling soaps in the country, of which 3.75 million operate in rural areas.
  • India and Denmark together launched a whitepaper recently on 'Urban Wastewater Scenario in India' at World Water Congress and Exhibition 2022 in Copenhagen. In 2021 India's sewage generation was 72,368 MLD in urban centres, whereas the installed sewage treatment capacity was only 31,841 MLD. The government is trying to increase the sewage treatment capacity under the government Swachh Bharat Mission 2.0 (SBM 2.0), which was announced last year. This is expected to create a huge demand for polyethyleneimine in water treatment.
  • The manufacturers have been investing in the Indian adhesives industry due to its growth potential. Thus, new plants and capacity expansions in the pipeline are projected to increase the demand for polyethyleneimine in the country. For instance, in December 2021, Sika announced its plans to open a new technology center and manufacturing plant for high-quality adhesives and sealants in Pune, India.
  • Thus, such factors are expected to help the Asia-Pacific region dominate the overall market.

Polyethyleneimine Industry Overview

The polyethyleneimine market is highly consolidated with the presence of international and domestic players. The major companies (in no particular order) include BASF SE, Nippon Shokubai Co. Ltd, Dow, and FUJIFILM Wako Pure Chemical Corporation.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 Introduction

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 Research Methodology

3 Executive Summary

4 Market Dynamics

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Increasing Demand from Applications in Detergents and Water Treatment Chemicals
    • 4.1.2 Growing Usage in Adhesive and Sealant Applications
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Stringent Environment Regulations
    • 4.2.2 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 Market Segmentation (Market Size in Revenue)

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Linear
    • 5.1.2 Branched
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Detergents
    • 5.2.2 Adhesives and Sealants
    • 5.2.3 Water Treatment Chemicals
    • 5.2.4 Cosmetics
    • 5.2.5 Paper
    • 5.2.6 Coatings, Inks, and Dyes
    • 5.2.7 Other Applications
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 Italy
      • 5.3.3.4 France
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle-East and Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 Competitive Landscape

  • 6.1 Market Ranking Analysis
  • 6.2 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 BASF SE
    • 6.3.2 Dow
    • 6.3.3 FUJIFILM Wako Pure Chemical Corporation
    • 6.3.4 Gongbike New Material Technology (Shanghai) Co. Ltd
    • 6.3.5 NIPPON SHOKUBAI Co. Ltd
    • 6.3.6 Polysciences, Inc.
    • 6.3.7 SERVA Electrophoresis GmbH
    • 6.3.8 Shanghai Holdenchem Co.
    • 6.3.9 WUHAN BRIGHT CHEMICAL Co. Ltd

7 Market Opportunities and Future Trends

  • 7.1 Development of Polyethyleneimine-nano Silica Composites
  • 7.2 Rapidly Expanding Personal Care and Cosmetics Industry