デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1439857

ヨウ素:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)

Iodine - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 150 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.49円
ヨウ素:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 150 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ヨウ素市場規模は2024年に40.64キロトンと推計され、2029年には52.88キロトンに達し、予測期間(2024-2029年)のCAGRは5.41%で成長すると予測されます。

Iodine-Market

COVID-19の大流行、世界の封鎖、製造活動やサプライチェーンの混乱、生産停止などが市場にマイナスの影響を与えました。しかし、医療業界からの需要と2021年の回復状況により、予測期間中の市場成長軌道は回復しました。

主なハイライト

  • 短期的には、X線造影剤需要の増加、ヨウ素欠乏症の増加、ヨウ素誘導体の膨大な用途がヨウ素需要を牽引すると予想されます。
  • しかし、ヨウ素の毒性と過剰摂取による健康関連の問題が、市場調査の大きな抑制要因となっています。
  • とはいえ、殺生物剤に対する需要の高まりは好機となることが予想されます。
  • 用途別では、甲状腺腫のような病気を治療するためのヨウ素の使用量の増加により、医療分野が市場を独占すると予想されます。
  • 欧州は世界のヨウ素市場を独占しており、ドイツ、英国、フランスなどの国々で主に消費されています。

ヨウ素市場の動向

市場を独占する医療用セグメント

  • ヨウ素は、安定したハロゲンの中で最も重い化学元素です。標準状態では光沢のある紫黒色の非金属固体で、穏やかな熱で容易に昇華します。
  • 医療分野では、X線造影剤、医薬品、ヨード剤、ポビドンヨード(消毒剤)などに使用されています。ヨウ素の需要は、X線造影剤へのニーズの高まり、毒性の低さ、原子番号の高さ、有機化合物との接合のしやすさなどから、ここ数年で増加しています。
  • さらに、ヨードフォアは、ヨウ素と可溶化剤を含む溶液です。こうすることで、少量のヨウ素が溶液中にゆっくりと放出されます。最も広く使われているヨード剤のひとつにポビドンヨードがあり、醸造所や酪農業で表面の消毒によく使われています。
  • 医療技術の発展が、この用途におけるヨウ素の需要を押し上げています。ヨウ素を含むX線造影剤は、X線撮影時に血管構造や臓器の可視性を高める。
  • 放射性ヨウ素は甲状腺がんに対する効果的な治療法です。飲み物やカプセルから出る放射性ヨードが体内に吸収され、甲状腺がん細胞に取り込まれるからです。そして放射線ががん細胞を破壊します。
  • 欧州製薬団体連合会(EFPIA)のオンコロジー・プラットフォームは、欧州における医療技術革新を支援し、がんと闘う人々のために新しい治療法を提供するための環境を提供します。このプラットフォームの下で、1,400以上のがん治療薬が開発中であり、2021年には1,300以上のがん臨床試験が開始される予定です。
  • さらに、ヨウ素は消毒剤、殺菌剤、鎮痛剤などを調製するために医薬品に使用され(例えば、ヨードチンキ)、ヨウ化ナトリウム、ヨウ化カリウム、ヨウ素溶液の合成に使用されます。
  • さらに、製薬業界は北米が最大で、欧州、アジア太平洋がそれに続く。現在、インド、中国、インドネシアなどのアジア太平洋諸国では、ジェネリック医薬品の生産が地域の医薬品生産を支配しており、医薬品産業の成長は速いペースで急速に進化しています。
  • IBEFによると、インドの国内医薬品市場は2021年に420億米ドル、2030年には1,200~1,300億米ドルに達すると予想されています。
  • このような取り組み、研究開発、医療分野からの大きな需要により、ヨウ素の需要は予測期間中に増加すると予想されます。

市場を独占する欧州

  • 欧州は、ドイツ、英国、フランスなどの国々からの消費の増加により、ヨウ素消費の主要市場となっています。
  • ドイツは世界最大級の経済大国です。医療技術の発展と膨大な飼料需要が、同国のヨウ素需要を押し上げています。
  • Altech Agri-Food Outlook 2022によると、同国の飼料生産量は2020年の2,493万トンに対し、2021年には約2,451万トンとなります。
  • 同国には、AGRAVIS Raiffeisen AG、DTC Deutsche Tiernahrung Cremer GmbH &Co.KG、H. Broring GmbH &Co.KG、MEGA Tierernahrung GMBH &Co.KG、Rothkotter-Mischfutterwerkです。
  • しかし2021年には、家畜伝染病である鳥インフルエンザ(AI)の蔓延により、配合飼料生産が深刻な影響を受けています。全体として、同国の飼料産業の成長は横ばいとなり、2022年には成長が期待されることになった。したがって、このような動向は、この年の国内のヨウ素需要にも影響を与えました。
  • 老年人口の増加と慢性疾患の治療のための医療施設に対する要求の高まりは、予測期間中、同国における医薬品セクターの成長と医薬品製造のためのヨウ素消費を支えるものと予想されます。
  • さらに、英国の製薬産業は、研究開発や技術革新への投資、国内の製造拠点の増設で加速しています。
  • 英国の医薬品市場は世界のトップ10に入り、世界の医薬品セクターの約2.5%を占めています。英国で生産される医薬品のうち、41%が輸出され、30%が国内市場向けで、残り(28%)は他の医薬品の生産に使用される物質です。
  • 国家統計局(英国)によると、2022年5月の基本的医薬品の製造量は前月比3.2%増加しました。さらに、2021年第4四半期には、基本的医薬品および医薬品製剤の製造は、2021年第3四半期と比較して12.5%増加しています。
  • 2021年6月1日現在、英国では引き続き羊・子羊の個体数が前年同期比2.7%減の1,463万頭となった。しかし、豚(424万頭)と家禽(1億4,108万羽)はそれぞれ5.4%と5%の伸びを記録しました。従って、飼料原料の増加に伴い、動物飼料の消費量も増加すると予想されます。
  • フランス国内の医薬品市場は規制が厳しく、特に償還対象医薬品は売上の約30%を占めています。ジェネリック医薬品メーカーは、先発医薬品メーカーと激しい競争を繰り広げています。

ヨード業界の概要

市場は統合されており、上位4社で世界市場の約70%を占めています。市場の主要企業(順不同)には、SQM SA、ISE CHEMICALS CORPORATION、Cosayach、Iochem Corporation、Algorta Norteが含まれます。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • X線造影剤における需要の増加
    • ヨウ素欠乏症の増加
    • ヨウ素誘導体の幅広い用途
  • 抑制要因
    • ヨウ素の毒性と健康に関する問題
    • その他の阻害要因
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の程度

第5章 市場セグメンテーション

  • ソース
    • 地下かん水
    • カリッシュ鉱石
    • リサイクル
    • 海藻
  • 形態
    • 無機塩と錯体
    • 有機化合物
    • 元素と同位体
  • 用途
    • 動物飼料
    • 医療用
    • 殺生物剤
    • 光学偏光フィルム
    • フッ素化学
    • ナイロン
    • その他の用途(人間栄養と触媒)
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • フランス
      • 英国
      • イタリア
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • M&A、合弁事業、提携、協定
  • 市場シェア分析
  • 主要企業の戦略
  • 企業プロファイル
    • ACF Minera SA
    • American Elements
    • Algorta Norte SA
    • Calibre Chemicals Pvt. Ltd
    • Cosayach
    • Deep Water Chemicals
    • Eskay Iodine
    • Glide Chem Private Limited
    • GODO SHIGEN Co. Ltd
    • Infinium Pharmachem Pvt. Ltd
    • Iochem Corporation
    • Iofina PLC
    • ISE Chemicals Corporation
    • Itochu Chemical Frontier Corporation
    • Kanto Natural Gas Development Co. Ltd
    • NIPPOH CHEMICALS CO. LTD
    • Parad Corporation Pvt. Ltd
    • Protochem
    • Salvi Chemical Industries Ltd
    • Samrat Pharmachem Limited
    • SQM SA
    • Toho Earthtech inc.
    • Unilab Chemicals & Pharmaceuticals Pvt. Ltd.

第7章 市場機会と今後の動向

  • 殺生物剤の使用における需要の高まり
目次
Product Code: 69271

The Iodine Market size is estimated at 40.64 kilotons in 2024, and is expected to reach 52.88 kilotons by 2029, growing at a CAGR of 5.41% during the forecast period (2024-2029).

Iodine - Market

The COVID-19 outbreak, nationwide lockdowns worldwide, disruption in manufacturing activities and supply chains, and production halts negatively impacted the market. However, the demand from the medical industry and recovery conditions in 2021 restored the market's growth trajectory during the forecast period.

Key Highlights

  • Over the short term, the increasing demand for X-ray contrast media, growing iodine deficiency among people, and vast applications of iodine derivatives are expected to drive the demand for iodine.
  • However, the toxicity of iodine and health-related issues due to excessive consumption pose major restraints in the market studied.
  • Nevertheless, the rising demand for biocides is expected to act as an opportunity.
  • By application, the medical sector is expected to dominate the market, owing to the increase in the usage of iodine to cure diseases like goiter.
  • Europe dominates the global iodine market, with major consumption in countries such as Germany, the United Kingdom, and France.

Iodine Market Trends

Medical Segment to Dominate the Market

  • Iodine is a chemical element that is the heaviest among all stable halogens. It is a lustrous, purple-black, non-metallic solid at standard conditions, sublimating easily with gentle heat.
  • In the medical sector, the application of iodine includes X-ray contrast media, pharmaceuticals, iodophors, and povidone-iodine (disinfectants). Demand for iodine has increased over the past few years due to the rising need for X-ray contrast media, its low toxicity, high atomic number, and ease of adjunction with organic compounds.
  • Further, iodophors are solutions that contain iodine and a solubilizing agent. This way, a small amount of iodine is slowly released into the solution. One of the most widely used iodophors is povidone-iodine, often used to disinfect surfaces in breweries and dairy industries.
  • The development of medical technologies has propelled the demand for iodine in this application. The radiographic contrast media containing iodine enhances the visibility of vascular structures and organs during radiographic procedures.
  • Radioactive iodine is an effective type of treatment for cancer of the thyroid gland. This is because the radioactive iodine from the drink or capsule is absorbed into the body and picked up by the thyroid cancer cells, even if they have spread to other parts of the body. The radiation then destroys the cancer cells.
  • The European Federation of Pharmaceutical Industries and Associations' (EFPIA) oncology platform provides an environment to support medical innovation in Europe and help deliver new treatments to benefit of people living with cancer. Under this, research continues at pace with over 1,400 cancer medicines in development and over 1,300 oncology clinical trials started in 2021.
  • Moreover, iodine is used in pharmaceuticals to prepare disinfectants, bactericides, and analgesics, among others (for example, tincture of iodine), which is used in synthesizing sodium iodide, potassium iodide, and iodine solution.
  • Furthermore, the pharmaceutical industry stands to be the largest in North America, followed by Europe and Asia-Pacific. Currently, in Asia-Pacific countries, such as India, China, and Indonesia, the pharmaceutical industry's growth is fast-paced and quickly evolving, with generic drug production dominating regional pharmaceutical production.
  • According to the IBEF, India's domestic pharmaceutical market is USD 42 billion in 2021 and is expected to reach USD 120-130 billion by 2030.
  • With such initiatives, research and development, and heavy demand from the medical sector, the demand for iodine is expected to increase in the forecast period.

Europe to Dominate the Market

  • Europe is the major market for iodine consumption, owing to increasing consumption from countries such as Germany, the United Kingdom, and France, among others.
  • Germany is one of the world's largest and most powerful economies. The development of medical technologies and the huge demand for animal feed have propelled the demand for iodine in the country.
  • According to Altech Agri-Food Outlook 2022, the country produced around 24.51 million metric tons of feed in 2021, compared to 24.93 million metric tons in 2020.
  • The country is home to about five of the world's largest animal feed manufacturers, including AGRAVIS Raiffeisen AG, DTC Deutsche Tiernahrung Cremer GmbH & Co. KG, H. Broring GmbH & Co. KG, MEGA Tierernahrung GMBH & Co. KG, and Rothkotter-Mischfutterwerk.
  • However, in 2021, compounded feed production has been severely affected due to the spread of the animal disease Avian Influenza (AI). Overall, the country was likely to experience flattened growth in the feed industry, with expectations of growth in 2022. Hence, such trends have also impacted the demand for iodine in the country during the year.
  • The increasing geriatric population and the increasing requirement for medical facilities for the treatment of chronic diseases are expected to support the growth of the pharmaceutical sector and the consumption of iodine for the production of medicines in the country over the forecast period.
  • Further, the pharmaceutical industry in the United Kingdom is accelerating with investments in research and development or innovations and in the addition of manufacturing sites in the country.
  • The United Kingdom's pharmaceutical market is among the global top 10 national markets, holding some 2.5% of the global pharmaceutical sector. Of all the pharmaceutical products produced in the United Kingdom, 41% are exported, 30% are for the domestic market, and the remaining (28%) are substances that are used in the production of other pharmaceutical products.
  • According to Office for National Statistics (United Kingdom), the manufacturing of basic pharmaceutical products increased by 3.2% in May 2022, compared to the previous month. Moreover, in Q4 2021, the manufacturing of basic pharmaceutical products and pharmaceutical preparations has increased by 12.5% compared to Q3 2021.
  • As on June 1, 2021, the United Kingdom continued to observe a decline in the population of sheep and lambs by 2.7% to 14.63 million compared to the same period last year. However, the population of pigs (4.24 million) and poultry (141.08 million) recorded growth of 5.4% and 5%, respectively. Hence, the consumption of animal feed is also expected to increase in the country with growth in feedstock.
  • The French domestic pharmaceutical market is highly regulated, particularly for reimbursable drugs, which account for approximately 30% of sales. Generic drug manufacturers compete fiercely with brand-name drug manufacturers.

Iodine Industry Overview

The market studied is consolidated, with the top four players accounting for about ~70% of the global market. Major companies (not in any particular order) in the market include SQM SA, ISE CHEMICALS CORPORATION, Cosayach, Iochem Corporation, and Algorta Norte.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Increasing Demand in X-ray Contrast Media
    • 4.1.2 Growing Iodine Deficiency among People
    • 4.1.3 Vast Applications of Iodine Derivatives
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Toxicity of Iodine and Health-related Issues
    • 4.2.2 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Volume)

  • 5.1 Source
    • 5.1.1 Underground Brine
    • 5.1.2 Caliche Ore
    • 5.1.3 Recycling
    • 5.1.4 Seaweeds
  • 5.2 Form
    • 5.2.1 Inorganic Salts and Complexes
    • 5.2.2 Organic Compounds
    • 5.2.3 Elementals and Isotopes
  • 5.3 Application
    • 5.3.1 Animal Feeds
    • 5.3.2 Medical
    • 5.3.3 Biocides
    • 5.3.4 Optical Polarizing Films
    • 5.3.5 Fluorochemicals
    • 5.3.6 Nylon
    • 5.3.7 Other Applications (Human Nutrition and Catalysts)
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 Asia-Pacific
      • 5.4.1.1 China
      • 5.4.1.2 India
      • 5.4.1.3 Japan
      • 5.4.1.4 South Korea
      • 5.4.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.2 North America
      • 5.4.2.1 United States
      • 5.4.2.2 Canada
      • 5.4.2.3 Mexico
    • 5.4.3 Europe
      • 5.4.3.1 Germany
      • 5.4.3.2 France
      • 5.4.3.3 United Kingdom
      • 5.4.3.4 Italy
      • 5.4.3.5 Rest of Europe
    • 5.4.4 South America
      • 5.4.4.1 Brazil
      • 5.4.4.2 Argentina
      • 5.4.4.3 Rest of South America
    • 5.4.5 Middle-East and Africa
      • 5.4.5.1 Saudi Arabia
      • 5.4.5.2 South Africa
      • 5.4.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 ACF Minera SA
    • 6.4.2 American Elements
    • 6.4.3 Algorta Norte SA
    • 6.4.4 Calibre Chemicals Pvt. Ltd
    • 6.4.5 Cosayach
    • 6.4.6 Deep Water Chemicals
    • 6.4.7 Eskay Iodine
    • 6.4.8 Glide Chem Private Limited
    • 6.4.9 GODO SHIGEN Co. Ltd
    • 6.4.10 Infinium Pharmachem Pvt. Ltd
    • 6.4.11 Iochem Corporation
    • 6.4.12 Iofina PLC
    • 6.4.13 ISE Chemicals Corporation
    • 6.4.14 Itochu Chemical Frontier Corporation
    • 6.4.15 Kanto Natural Gas Development Co. Ltd
    • 6.4.16 NIPPOH CHEMICALS CO. LTD
    • 6.4.17 Parad Corporation Pvt. Ltd
    • 6.4.18 Protochem
    • 6.4.19 Salvi Chemical Industries Ltd
    • 6.4.20 Samrat Pharmachem Limited
    • 6.4.21 SQM SA
    • 6.4.22 Toho Earthtech inc.
    • 6.4.23 Unilab Chemicals & Pharmaceuticals Pvt. Ltd.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Rising Demand in Usage of Biocides