デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1439761

配送ドローン: 市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024年~2029年)

Delivery Drones - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 95 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
配送ドローン: 市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 95 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

配送ドローン市場規模は2024年に28億1,000万米ドルと推計され、2029年には166億3,000万米ドルに達すると予測され、予測期間中(2024-2029年)のCAGRは42.65%で成長すると予測されています。

Delivery Drones-Market

COVID-19の大流行により、従来の配送チャネルと比較してより速いペースで遠隔地への非接触型配送が重視されるようになったため、幅広い医療機器、貨物、小包の配送にドローンの導入が増加しており、2020年の配送ドローン需要の増加につながった。ドローン配送技術の実現に向けた旺盛な投資の動向は2021年も同様で、多くの事業者がドローン配送の試験飛行を完了しました。

世界のドローン配送サービスの需要増加に伴い、様々な国が自国の空域でのドローンの運用をサポートするために規制を緩和しており、予測期間中に遠隔地への新たな宅配ルートを提供するためのドローンの調達の伸びが加速すると予想されます。

現在、市場は黎明期にあり、業界には莫大なビジネスチャンスがあるため、Google LLC、Amazon.com Inc.、Deutsche Post DHL Groupなど、さまざまな企業が配達用ドローンのフリート開発と配備に投資しています。様々な企業が数年にわたり市場に参入し、初飛行を行い、配達用ドローンの使用に関して団体から承認を得ています。このような市場開発は、今後数年間の市場成長を促進すると予想されます。

ドローンへの目視範囲外(BVLOS)機能の開発と統合に向けた投資の増加は、企業がはるかに長距離をカバーすることを可能にし、これは市場の成長を促進すると予想されます。

ドローン配送市場動向

小売・物流セグメントが2021年の売上高で最大の市場シェアを占める

現在、小売・物流セグメントが市場を独占しており、小売業者、eコマースプロバイダー、ラストワンマイルデリバリー企業、陸上から船舶へのドローン運航、郵便会社などからの小包や荷物の配送にドローンの需要が高まっていることから、予測期間中もその支配は続くとみられます。大手eコマース企業や地方郵便局は、地方自治体との協力のもと、離島や山間部、都市部への小包や荷物の配送にかかる労力を最小限に抑えるため、ドローン配送サービスを開始しています。例えば、2021年10月、ロイヤル・メールはウィンドレーサーズ社と共同で、カークウォールとノース・ロナルジー間の自律型UAV飛行の試験を完了しました。この試験は、カークウォール空港を拠点とする持続可能な航空試験環境(SATE)プロジェクトの一環でした。この飛行試験は、同社にとって1年間で3回目の飛行試験となった。同様に、2021年4月、シンガポール海事港湾庁は、先進的なドローン技術を海洋用途に統合する同国の計画の一環として、港に停泊中の船舶への書類、物資、部品の輸送にドローンを使用する新たなプログラムを開始しました。配送人員の不足や世界のパンデミックの影響により、物流業界の変化への対応がこれまで以上に急務となっており、ドローンの活用により、離島や山間部、さらには都市内における非接触型の自動配送サービスが実現する可能性があります。このことが、予測期間中の同セグメントの需要を強めています。

予測期間中、アジア太平洋地域が最も高い成長を遂げる見込み

予測期間中、アジア太平洋地域が最も高い成長を遂げると予測されています。各国の規制の変化に伴い、商業用ドローンの運用に対する支援の増加が、この地域におけるドローン配送業務の成長を促進しています。中国は、JD.comやアリババ・グループなどの大手eコマース企業によるドローン配送業務の増加により、配送ドローンの最大市場となっています。中国政府は中華人民共和国国家郵政局を通じて、無人航空機によるエクスプレス配送サービスに関する新たな仕様書(スタンダード)を発行し、2021年1月から発効しました。この規格は、EHang、JD.com、ZTO Expressによって開発されたもので、ラストワンマイルの配送サービスを改善し、アーバンエアモビリティ(UAM)業界におけるインテリジェントな航空物流の発展を促進することを目的としています。同様に、インド政府は貨物配送サービスを促進するため、ドローン回廊の開発に取り組んでいます。このような地域各国のドローン規制の変更を背景に、各社はドローン配送サービス分野の計画を積極的に展開しています。2021年4月、ANAホールディングスはウイングコプター社と提携し、国内の離島や山間部に重要な医薬品やその他の消費財を配送するドローンの展開を加速させる。同社は、日本政府が2020年末までにドローン規制を緩和する予定であることから、2022年までにドローン配送サービスを商業化する計画です。このような各社のドローンサービス導入計画は、予測期間中の市場成長を促進すると予想されます。

ドローン配送業界の概要

配送ドローン市場は非常に細分化されており、多くの新規プレーヤーが参入しています。航空機配送ドローン市場における著名なプレーヤーは、DJI、United Parcel Service of America Inc.、Zipline、Deutsche Post AG、Flytrex、Amazon.com Inc.です。物流、ヘルスケア、食品配送分野のプレーヤーがドローン市場に参入したことで、配送ドローンメーカーの競合が激化しました。同市場におけるシェアをさらに拡大するため、各社はドローンの保有台数を増やすための投資を行い、新たな規制当局の承認を得て事業を開始しています。例えば、2021年5月、Flytrex社はドローン配送と人の上空を飛行するFAAの承認を受け、同社はノースカロライナ州フェイエットビル(米国)で小売商品のドローン配送サービスを拡大することができました。2021年12月、同社はFAAからノースカロライナ州(米国)の全運行ステーションで配達半径を1海里に拡大する認可を受けました。様々な分野の多くの企業がドローン配送の潜在的なメリットに注目し、市場の巨大な機会を利用しようと計画しているため、予測期間中に市場の競争は激化すると予想されます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲
  • 米ドルの通貨換算レート

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

  • 市場規模および予測、世界、2018年~2027年
  • タイプ別市場シェア:2021年
  • 容量別市場シェア:2021年
  • エンドユーザー別市場シェア:2021年
  • 地域別市場シェア:2021年
  • 市場構造と主要参入企業

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手・消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション(2018~2027年の市場規模および予測:金額)

  • タイプ
    • 回転翼
    • 固定翼
  • 容量
    • 10kg未満
    • 10kg以上
  • エンドユーザー
    • 食品
    • ヘルスケア
    • 小売・物流
  • 地域
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • 世界のその他の地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Airbus SE
    • Amazon.com Inc.
    • EHang Holdings Limited
    • DJI
    • Flirtey
    • Wingcopter GmbH
    • Alphabet Inc.
    • Zipline
    • TechEagle Innovations Private Limited
    • FedEx Corporation
    • Drone Delivery Canada
    • Deutsche Post AG
    • FLYTREX

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 68016

The Delivery Drones Market size is estimated at USD 2.81 billion in 2024, and is expected to reach USD 16.63 billion by 2029, growing at a CAGR of 42.65% during the forecast period (2024-2029).

Delivery Drones - Market

Due to the COVID-19 pandemic, there has been an increased deployment of drones for the delivery of a wide range of medical equipment, cargo, and parcels, due to increased emphasis on contactless deliveries to remote areas at a faster pace compared to traditional delivery channels, leading to increased demand for delivery drones in 2020. A similar trend of robust investments toward realizing the drone delivery technology continued in 2021, with many operators completing their drone delivery test flights.

With the increased demand for drone delivery services globally, various countries are easing the regulations to support the operation of drones in their airspace, which is expected to accelerate the growth in procurements of drones to offer new delivery routes for remote areas during the forecast period.

As the market is currently in its infancy stage with enormous opportunities in the industry, various companies, such as Google LLC, Amazon.com Inc., and Deutsche Post DHL Group, have been investing in developing and deploying their fleet of delivery drones. Various companies entered the market over the years, performed their first flights, and received approvals from bodies regarding the usage of delivery drones. Such developments are anticipated to propel the growth of the market in the coming years.

The increased investments toward the development and integration of beyond visual range of sight (BVLOS) capabilities to drones will allow companies to cover far greater distances, which is anticipated to drive the growth of the market.

Drone Delivery Market Trends

Retail and Logistics Segment Held the Largest Market Share by Revenue in 2021

The retail and logistics segment currently dominates the market, and it is expected to continue its dominance during the forecast period due to the increased demand for drones to deliver parcels and packages from retailers, e-commerce providers, last-mile delivery companies, shore-to-ship drone operations, and postal companies. Major e-commerce companies and local postal authorities, in collaboration with local governments, are launching drone delivery services to minimize the efforts to deliver packages and parcels to remote islands, mountainous areas, and cities. For instance, in October 2021, Royal Mail completed the testing of autonomous UAV flights with Windracers Ltd between Kirkwall and North Ronaldsay. The trial was a part of the Sustainable Aviation Test Environment (SATE) project based at Kirkwall Airport. The flight test was the third flight trial for the company over a period of one year. Similarly, in April 2021, the Maritime and Port Authority of Singapore began a new program to use drones for the transportation of documents, supplies, and parts to vessels at anchor in its harbor as part of the country's plan to integrate advanced drone technologies for marine applications. Due to the lack of delivery personnel and the impact of the global pandemic, the necessity to respond to changes in the logistics industry has become more urgent than ever before, and the use of drones may help realize automatic, contactless delivery services on remote islands, mountainous areas, and even within the cities. This is strengthening the demand for the segment during the forecast period.

Asia-Pacific Expected to Witness the Highest Growth During the Forecast Period

Asia-Pacific is expected to witness the highest growth during the forecast period. With the changing regulations in the countries, the increasing support for commercial drone operations is propelling the growth of drone delivery operations in the region. China is the largest market for delivery drones due to increased drone delivery operations from major e-commerce companies like JD.com and Alibaba Group. The government of China, through the State Post Bureau of the People's Republic of China, issued a new Specification for Express Delivery Service by Unmanned Aircraft (Standard), which came into effect from January 2021. The Standard was developed by EHang, JD.com, and ZTO Express to improve the last-mile delivery service and promote the development of intelligent aerial logistics in the urban air mobility (UAM) industry. Similarly, the Indian government is working on developing drone corridors to promote cargo delivery services. With the support of such changes in the drone regulations in various countries of the region, companies have been robustly developing plans for the drone delivery services sector. In April 2021, ANA Holdings Inc. entered a partnership with Wingcopter to accelerate the deployment of drones to deliver vital pharmaceuticals and other consumer products to the country's remote islands and mountainous regions. The company plans to commercialize drone delivery services by 2022, as Japan's government planned to relax drone regulations by the end of 2020. Such plans of the companies to introduce drone services are expected to propel the market's growth during the forecast period.

Drone Delivery Industry Overview

The market of delivery drones is highly fragmented, with many new players entering the market. The prominent players in the aircraft delivery drones market are DJI, United Parcel Service of America Inc., Zipline, Deutsche Post AG, Flytrex, and Amazon.com Inc. The advent of players from the logistics, healthcare, and food delivery sectors into the drone market led to increased competition for delivery drone manufacturers. To further increase their share in the market, the companies are investing in increasing their fleet of drones and beginning their operations with new regulatory approvals. For instance, in May 2021, Flytrex received FAA approval for drone delivery and flight over people, which allowed the company to expand retail goods drone delivery services in Fayetteville, North Carolina (United States). In December 2021, the company was approved by FAA to expand its delivery radius to one nautical mile across all of its operating stations in North Carolina (United States). The market is expected to become more competitive during the forecast period, as many companies from various sectors are eyeing the potential benefits of drone delivery and planning to use the huge opportunities in the market.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study
  • 1.3 Currency Conversion Rates for USD

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

  • 3.1 Market Size and Forecast, Global, 2018 - 2027
  • 3.2 Market Share by Type, 2021
  • 3.3 Market Share by Capacity, 2021
  • 3.4 Market Share by End-user, 2021
  • 3.5 Market Share by Geography, 2021
  • 3.6 Structure of the Market and Key Participants

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size and Forecast by Value - USD billion, 2018 - 2027)

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Rotary-wing
    • 5.1.2 Fixed-wing
  • 5.2 Capacity
    • 5.2.1 Less than 10kg
    • 5.2.2 Greater than 10kg
  • 5.3 End User
    • 5.3.1 Food
    • 5.3.2 Healthcare
    • 5.3.3 Retail and Logistics
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
    • 5.4.2 Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
    • 5.4.4 Rest of the World

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Airbus SE
    • 6.1.2 Amazon.com Inc.
    • 6.1.3 EHang Holdings Limited
    • 6.1.4 DJI
    • 6.1.5 Flirtey
    • 6.1.6 Wingcopter GmbH
    • 6.1.7 Alphabet Inc.
    • 6.1.8 Zipline
    • 6.1.9 TechEagle Innovations Private Limited
    • 6.1.10 FedEx Corporation
    • 6.1.11 Drone Delivery Canada
    • 6.1.12 Deutsche Post AG
    • 6.1.13 FLYTREX

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS