デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1439721

ポイントオブケア分子診断:世界市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Global Point-of-Care Molecular Diagnostics - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 131 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
ポイントオブケア分子診断:世界市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 131 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界のポイントオブケア分子診断市場規模は、2024年に36億7,000万米ドルと推定され、2029年までに55億7,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に8.77%のCAGRで成長します。

世界のポイントオブケア分子診断-市場

分子診断は、COVID-19感染症のパンデミックに対する世界の対応の最前線に立ってきました。たとえば、2021年 5月に米国国立医学図書館に掲載された「COVID-19感染症検出のためのポイントオブケア PCRアッセイ」と題された調査論文では、逆転写酵素ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)と定量的バリアントは次のように述べられています。(qRT-PCR)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診断のゴールドスタンダードです。ただし、分子診断技術にはいくつかの制限があります。たとえば、2020年11月に米国国立医学図書館に掲載された「COVID-19の分子診断技術:限界と課題」というタイトルの調査論文では、現代の分子診断は新型COVID-19感染症のポイントオブケア診断を目的としていない、と述べられています。 19ですが、妥当な期間内に多数のテストを実行するための中核となる診断ソリューションを提供します。したがって、病気の正確な診断は、病気の蔓延を抑えるために非常に重要です。このような調査研究は、分子診断技術の応用と限界についてのより良い洞察を提供します。製品の発売も市場成長のもう一つの要因です。たとえば、2021年 11月、Sense Biodetectionは、同社のVeros機器不要分子プラットフォームでのSenseのCOVID-19検査の米国および欧州での商業発売をサポートするため、6,500万米ドルの資金提供を受けました。

ポイントオブケア(POC)分子検査により、医師は患者の初診時の迅速な診断と治療決定を組み合わせることで、標準治療を向上させることができます。過去数十年間で、感染症やがんなどの慢性疾患の罹患率が増加しました。がんや感染症などの慢性疾患の急増が市場の成長を促進すると予想されています。たとえば、保健福祉省の2020年版によると、2019年には約3,800万人がHIV/AIDSの影響を受けました。そのため、HIV感染者は遠隔地向けのポイントオブケア分子診断装置のニーズを生み出しています。欧州疾病予防管理センターの2020年3月の報告書によると、2018年にEUおよび欧州経済領域(EU/EEA)の30か国で5万2,862人の新規結核症例が報告され、EU内の届出率は10万人当たり10.2人でした。/EEA。 2018年に診断された総症例のうち、培養または塗抹検査および核酸増幅検査(ポリメラーゼ連鎖反応検査)によって結核と確認された症例は36,047件でした。この普及により、新しい診断方法に対する需要が高まり、技術の進歩と薬理ゲノミクスのさらなる進歩につながりました。この要因により、POCテストの需要も増加しています。このような要因が市場の成長に貢献しています。

しかし、償還シナリオが不確実であるため、多くのメーカーが市場への参入を思いとどまっています。 POC分子検査を使用するための複雑性の高い検査センターの不足も市場の成長を妨げています。

ポイントオブケア分子診断市場の動向

腫瘍学セグメントは、予測期間中に高いCAGRで推移すると予想されます

がんの有病率の増加は、市場の成長の主な理由の1つです。 Global Cancer Observatoryの推計によると、2020年にフランスでは467,965人が新たにがんと診断され、185,621人ががんにより死亡しました。がん症例の増加により、より多くの診断が必要となり、ポイントオブケア分子診断市場が拡大しています。

製品の発売が市場の成長を牽引しています。たとえば、2020年 5月、米国国立医学図書館(clinicaltrials.gov)は、臨床現場で使用されるポイントオブケア便免疫化学検査装置の1つの試験について、その結果が適切であるかどうかを確認するための研究を実施しました。結腸直腸がんの「除外」検査として安全かつ正確です。この研究は、ロイヤル・サリー郡病院NHS財団トラストによって後援されました。現在のポイントオブケア(POC)診断の多くは、側方流動イムノアッセイに基づく技術を利用しています。ラテラルフローイムノアッセイは、がんバイオマーカーなどの分析物の存在を検出するための抗体を組み込んだデバイスです。原則として、側方流動試験は、バイオマーカーの存在に対する定性的な回答を短時間で提供する装置です。たとえば、2021年 3月に、アジレントテクノロジー社は、次世代シーケンシング(NGS)ベースの精密腫瘍学ソリューションの開発および商品化におけるリーダーの1つであるレゾリューションバイオサイエンス社を買収する最終契約を締結しました。この買収により、NGSベースのがん診断におけるアジレントの機能が補完および拡張され、急成長する市場のニーズに応える革新的なテクノロジーが同社に提供されます。したがって、がんの発生率が増加するにつれて、これらの迅速な検出検査の需要が増加すると予想されます。

北米が市場を独占すると予想される

がんの罹患率は米国で最も高いです。米国がん協会によると、2021年に米国では推定1,898,160人が新たにがんと診断され、608,570人ががんで死亡しました。 Global Cancer Observatoryによると、2020年にカナダでは推定274,364人が新たにがんと診断され、86,684人ががんにより死亡しました。また、同じ情報源は、2020年にカナダで推定195,499人が新たにがんと診断され、90,222人ががん死亡したと報告しています。メキシコ。米国とメキシコでも感染症の蔓延が高く、ポイントオブケア診断検査に対する高い需要が生じています。

しかし、米国には発達し、よく構造化されたヘルスケア制度があります。このシステムは研究開発も促進します。これらの政策は、世界の企業が米国および北米市場に参入することを奨励します。また、市場の成長を促進する大量の製品発売も行われています。たとえば、2020年 4月に、シーメンスはRapidPoint 500e血液ガス分析装置についてFDAの認可を取得しました。このような製品発売戦略は、同社のポイントオブケア分子診断製品ポートフォリオの強化に役立ちます。北米地域には、多くの世界の市場プレーヤーが存在します。この地域に世界企業が存在することで高い需要が満たされており、市場はさらに拡大すると予想されています。

ポイントオブケア分子診断業界の概要

ポイントオブケア分子診断市場は統合されています。世界の主要企業がポイントオブケア分子診断検査の大部分を開発しています。より多くの調査資金とより優れた流通システムを持つ市場リーダーは、市場での地位を確立しています。さらに、アジア太平洋では、認知度の高まりにより小規模なプレーヤーがいくつか出現しており、これも市場の成長に貢献しています。主要なプレーヤーには、Abbott Laboratories、Bayer AG、Hoffmann-La Roche Ltd、Bio-Rad Laboratories、Danaher Corporation、BioMerieuxなどがあります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 感染症とがんの罹患率の増加
    • ポイントオブケア診断に対する需要の高まり
    • テクノロジーと薬理ゲノミクスの最近の進歩
  • 市場抑制要因
    • 不確実な償還シナリオ
    • 非常に複雑なテストセンターの必要性
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • 用途別
    • 感染症
    • 腫瘍学
    • 血液学
    • 出生前検査
    • 内分泌学
    • その他の用途
  • 技術別
    • PCR
    • 遺伝子配列決定
    • ハイブリダイゼーション
    • マイクロアレイ
  • エンドユーザー別
    • 病院
    • 在宅ケア
    • その他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋
    • 中東とアフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他の中東およびアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Abbott Laboratories
    • Siemens Healthineers
    • F. Hoffmann-La Roche Ltd
    • Becton, Dickinson and Company
    • Danaher Corporation
    • BioMerieux
    • Agilent Technologies
    • OraSure Technologies Inc.
    • Thermo Fisher Scientific
    • Meridian Bioscience Inc.
    • Co-Diagnostics Inc.
    • Biocartis

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 67594

The Global Point-of-Care Molecular Diagnostics Market size is estimated at USD 3.67 billion in 2024, and is expected to reach USD 5.57 billion by 2029, growing at a CAGR of 8.77% during the forecast period (2024-2029).

Global Point-of-Care Molecular Diagnostics - Market

Molecular diagnostics has been the front runner in the world's response to the COVID-19 pandemic. For instance, in May 2021, a research paper published in the US National Library of Medicine titled 'Point-of-Care PCR Assays for COVID-19 Detection' stated that reverse transcriptase-polymerase chain reaction (RT-PCR) and the quantitative variant (qRT-PCR) have been the gold standard for COVID-19 diagnosis. However, molecular diagnostic technologies have some limitations. For instance, in November 2020, a research paper published in the US National Library of Medicine titled 'Molecular diagnostic technologies for COVID-19: Limitations and challenges' stated that modern molecular diagnostics are not intended for point-of-care diagnosis of COVID-19 but provide a core diagnostic solution to conduct large numbers of tests in a reasonable timeframe. Therefore, an accurate diagnosis of the disease is crucial to curb its spread. Such research studies provide better insight into the applications and limitations of molecular diagnostic technologies. Product launches are another factor in the growth of the market. For instance, in November 2021, Sense Biodetection received USD 65 million in funding to support the anticipated US and European commercial launch of Sense's COVID-19 Test on the company's Veros instrument-free molecular platform.

Point-of-care (POC) molecular testing enables physicians to improve the standard of care by combining quick diagnosis with treatment decisions during the patient's first visit. In past decades, the prevalence of infectious diseases and chronic illnesses like cancer increased. The surging prevalence of chronic illnesses, such as cancer and infectious diseases, is expected to drive the market's growth. For instance, according to the Department of Health & Human Services 2020, about 38 million people were affected by HIV/AIDS in 2019. Therefore, people with HIV are creating a need for point-of-care molecular diagnostics devices for remote locations. As per the March 2020 report of the European Centre for Disease Control and Prevention, 52,862 new tuberculosis cases were reported in 2018 in 30 EU and European Economic Area (EU/EEA) countries, with a notification rate of 10.2 per 100,000 people in the EU/EEA. Out of the total diagnosed cases in 2018, 36,047 cases of tuberculosis were confirmed by culture or smear and nucleic acid amplification test (polymerase chain reaction test). This prevalence has led to increased demand for novel diagnostic methods, further leading to progress in technological advancements and pharmacogenomics. This factor has also increased the demand for POC testing. Such factors are contributing to the market's growth.

However, uncertain reimbursement scenarios have dissuaded many manufacturers from entering the market. A lack of high-complexity test centers to use POC molecular testing is also hindering the market's growth.

Point of Care Molecular Diagnostics Market Trends

The Oncology Segment is Expected to Register a High CAGR During the Forecast Period

The increasing prevalence of cancer is one of the key reasons for the market's growth. According to the estimates of the Global Cancer Observatory, in 2020, there were 467,965 new cancer cases diagnosed and 185,621 cancer deaths in France.Increasing cancer cases require more diagnoses, thus boosting the point-of-care molecular diagnostics market.

Product launches are driving the market's growth. For instance, in May 2020, a study by the US National Library of Medicine (clinicaltrials.gov) about a trial of one of the point-of-care fecal immunochemical testing devices used in the clinical setting was conducted to see if the results are safe and accurate as a ''rule out'' test for colorectal cancer. The study was sponsored by the Royal Surrey County Hospital NHS Foundation Trust. Many current point-of-care (POC) diagnostics utilize lateral flow immunoassay-based technologies. Lateral flow immunoassays are devices that incorporate antibodies to detect the presence of an analyte like cancer biomarkers. In principle, a lateral flow test is a device that will provide a qualitative answer to the presence of a biomarker in a short time. For instance, in March 2021, Agilent Technologies Inc. entered a definitive agreement to acquire Resolution Bioscience Inc., one of the leaders in the development and commercialization of next-generation sequencing (NGS)-based precision oncology solutions. The acquisition complements and expands Agilent's capabilities in NGS-based cancer diagnostics and provides the company with innovative technology to serve the needs of the fast-growing market. Hence, the demand for these quick detection tests is expected to increase as the incidence of cancer increases.

North America is Expected to Dominate the Market

The prevalence of cancer is the highest in the United States. According to the American Cancer Society, in 2021, there were an estimated 1,898,160 new cancer cases diagnosed and 608,570 cancer deaths in the United States. According to the Global Cancer Observatory, in 2020, there were an estimated 274,364 new cancer cases diagnosed and 86,684 cancer deaths in Canada.The same source also reported that, in 2020, there were an estimated 195,499 new cancer cases diagnosed and 90,222 cancer deaths in Mexico. The prevalence of infectious diseases is also high in the United States and Mexico, creating a high demand for point-of-care diagnostics tests.

However, the United States has a developed and well-structured healthcare system. The system also encourages R&D. These policies encourage global players to enter the United States and the North American market. There has also been a considerable influx of product launches that has boosted the market's growth. For instance, in April 2020, Siemens received FDA clearance for the RapidPoint 500e blood gas analyzer. Such product launch strategies help the company strengthen its point-of-care molecular diagnostics product portfolio. The North American region enjoys the presence of many global market players. As high demand is met by the presence of global players in the region, the market is further expected to increase.

Point of Care Molecular Diagnostics Industry Overview

The point-of-care molecular diagnostics market is consolidated. Global key players develop the majority of point-of-care molecular diagnostic tests. Market leaders with more funds for research and a better distribution system have established their position in the market. Moreover, Asia-Pacific is witnessing the emergence of some small players due to the growing awareness, which has also helped the market to grow. Some of the major players include Abbott Laboratories, Bayer AG, Hoffmann-La Roche Ltd, Bio-Rad Laboratories, Danaher Corporation, and BioMerieux.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing Prevalence of Infectious Diseases and Cancer
    • 4.2.2 Rising Demand for Point-of-care Diagnostics
    • 4.2.3 Recent Advancements in Technology and Pharmacogenomics
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Uncertain Reimbursement Scenario
    • 4.3.2 Need for High-complexity Testing Centers
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Application
    • 5.1.1 Infectious Diseases
    • 5.1.2 Oncology
    • 5.1.3 Hematology
    • 5.1.4 Prenatal Testing
    • 5.1.5 Endocrinology
    • 5.1.6 Other Applications
  • 5.2 By Technology
    • 5.2.1 PCR
    • 5.2.2 Genetic Sequencing
    • 5.2.3 Hybridization
    • 5.2.4 Microarray
  • 5.3 By End User
    • 5.3.1 Hospitals
    • 5.3.2 Homecare
    • 5.3.3 Other End Users
  • 5.4 By Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South Korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Middle-East and Africa
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle-East and Africa
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Abbott Laboratories
    • 6.1.2 Siemens Healthineers
    • 6.1.3 F. Hoffmann-La Roche Ltd
    • 6.1.4 Becton, Dickinson and Company
    • 6.1.5 Danaher Corporation
    • 6.1.6 BioMerieux
    • 6.1.7 Agilent Technologies
    • 6.1.8 OraSure Technologies Inc.
    • 6.1.9 Thermo Fisher Scientific
    • 6.1.10 Meridian Bioscience Inc.
    • 6.1.11 Co-Diagnostics Inc.
    • 6.1.12 Biocartis

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS