デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1438353

合成黒鉛:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Synthetic Graphite - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 200 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.56円
合成黒鉛:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 200 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

合成黒鉛市場規模は2024年に31億9,000万米ドルと推定され、2029年までに44億4,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に6.83%のCAGRで成長します。

合成黒鉛- 市場

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生により、化学部門は悪影響を受けました。資源不足、人材不足などの制約が業界の拡大を大きく妨げていました。 2021年に市場は新型コロナウイルス感染症拡大前の水準に回復し、2022年にかけてさらに回復すると予想されています。

主なハイライト

  • 市場の成長を促進する主な要因は、合成黒鉛の高純度レベルと電気自動車の需要の増加です。
  • その反面、天然黒鉛に比べてコストが高く、厳しい環境規制が調査対象市場の成長の障害となっています。
  • 冶金は市場のアプリケーションセグメントを支配しており、予測期間中もその優位性が続くと予想されます。
  • アジア太平洋が世界市場を独占しており、中国、日本、インドで最大の消費が見られました。

合成黒鉛市場動向

市場を牽引する冶金セグメント

  • グラファイトは、電極、耐火物、レンガ、一体型るつぼなど、冶金用途でさまざまな形で使用されます。
  • 合成黒鉛は、鋼鉄、合金鉄、アルミニウムを製造する際の電気アーク炉(EAF)法のアノードとして使用されます。
  • 合成グラファイト電極は、プロセスエネルギー源として冶金用途に使用されます。これには、電気炉での鉄くずの溶解、セラミック材料の精製、炭化カルシウムなどの化学薬品の製造、および高温でクリーンなエネルギー源を必要とするその他の用途が含まれます。
  • 世界の粗鋼とアルミニウムの生産量の増加により、冶金用途における合成黒鉛の利用が促進されると予想されます。しかし、これらの金属の生産における不規則な動向、市場の需要に不確実性が生じることが予想されます。
  • 合成黒鉛電極は、電流能力に基づいて、超高出力(UHP)、高出力(HP)、通常出力(RP)などのさまざまなグレードで作られています。
  • 世界鉄鋼協会によると、2022年の粗鋼生産量は18億7,000万トンで、中国が世界の鉄鋼生産をリードしています。 2023年4月、世界鉄鋼協会は2023年と2024年のショートレンジアウトルック(SRO)鉄鋼需要予測を発表しました。
  • 国際アルミニウム協会によると、世界のアルミニウム生産量は2021年の6,724万トンから2022年には6,900万トンに増加しました。
  • したがって、上記の側面に基づいて、鉄鋼やアルミニウムなどの主要な金属および合金の生産の増加に伴い、合成黒鉛も増加すると予測され、市場を牽引します。

中国がアジア太平洋地域を支配へ

  • アジア太平洋地域は調査対象の市場を独占しており、数量ベースで市場全体の50%以上を占め、中国がこの地域の主要消費者となっています。
  • 中国は引き続き世界中の合成黒鉛の生産と需要を支配しています。リチウムイオン電池製造チェーンのほぼすべての段階が中国に集中しています。中国はリチウムイオン電池の群を抜いて最大かつ最も急速に成長している市場であり、合成黒鉛市場の成長への道を切り開いています。
  • 中国は世界最大の黒鉛メーカーの一つであり、その主な理由は、リチウムイオン電池、エレクトロニクス、鉄鋼生産、太陽電池産業、原子力産業などの新興分野からの膨大な需要によるものです。
  • 米国地質調査所によると、同国は2022年の黒鉛生産量全体の約65%を占めました。
  • CATLとBYDが主導する中国の電池メーカーは、政府の産業拡大ビジョンの支援を受けて、大規模な電池生産工場を開発しています。
  • さらに、中国は前年リチウムイオン電池の世界リーダーであり、ブルームバーグNEF(BNEF)によれば、中国は2021年のリチウムイオン電池サプライチェーンで第1位となった。中国は世界のリチウムイオン電池の80%を支配していると推定されています。電池セルの製造が行われ、5年以内に国内の生産量は2 TWhに達すると推定されています。地位の上昇は主に、政府の政策の奨励、巨大な製造拠点、電池の需要の増加によるものです。
  • 中国には公式の黒鉛電極メーカーが40社以上あり、過去2年間でさらに30社の新規企業が市場に参入し、他の耐火製品や電極を製造しています。
  • したがって、上記の要因を考慮すると、予測期間中に中国の合成黒鉛の需要は増加すると予想されます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 電気自動車の需要の増加
    • 鉄鋼生産における電気炉プロセスの利用拡大
  • 抑制要因
    • 厳しい環境規制
    • 鉄鋼生産量の減少
  • 業界のバリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品やサービスの脅威
    • 競合の程度
  • 原材料分析
  • 規制政策
  • テクノロジーの情勢-クイックスナップショット
  • 生産分析

第5章 市場セグメンテーション(金額および数量、市場規模)

  • タイプ
    • グラファイトアノード
    • グラファイトブロック(ファインカーボン)
    • その他のタイプ(黒鉛電極等)
  • 用途
    • 冶金
    • 部品とコンポーネント
    • バッテリー
    • その他の用途
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • ASEAN諸国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • ロシア
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東とアフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ

第6章 競合情勢

  • 合併と買収、合弁事業、コラボレーション、および契約
  • 市場シェア(%)**/ランキング分析
  • 大手企業が採用した戦略
  • 企業プロファイル
    • Asbury Carbons
    • BTR New Materials Group Co. Ltd
    • GrafTech International
    • Graphit Kropfmhl GmbH
    • Graphite India Limited
    • Imerys
    • Jiangxi Zichen Technology Co. Ltd
    • Lianyungang Jinli Carbon Co. Ltd
    • Mersen Property
    • Mitsubishi Chemical Corporation
    • Nippon Carbon Co. Ltd
    • Shamokin Carbons
    • Shanghai Shanshan Technology Co. Ltd
    • Shenzhen Sinuo Industrial Development Co. Ltd
    • Resonac Holdings Corporation(Showa Denko KK)
    • Tokai Cobex GmbH

第7章 市場機会と将来の動向

  • グラフェンの人気が高まる
  • 電池材料の持続可能な資源としてのバイオグラファイト
目次
Product Code: 66099

The Synthetic Graphite Market size is estimated at USD 3.19 billion in 2024, and is expected to reach USD 4.44 billion by 2029, growing at a CAGR of 6.83% during the forecast period (2024-2029).

Synthetic Graphite - Market

Due to the outbreak of COVID-19, the chemical sector was negatively affected. Lack of resources, shortage of human resources, and other constraints significantly obstructed the expansion of the industry. In 2021, the market recovered to the pre-COVID-19 level and is expected to recover further over 2022.

Key Highlights

  • The major factors driving the market's growth are the high purity levels of synthetic graphite and the increasing demand for electric vehicles.
  • On the flip side, the high costs compared to natural graphite and stringent environmental regulations are a roadblock to the studied market's growth.
  • Metallurgy dominated the application segment of the market and is expected to continue its dominance during the forecast period.
  • Asia-Pacific dominated the global market, with the largest consumption seen in China, Japan, and India.

Synthetic Graphite Market Trends

Metallurgy Segment to Drive the Market

  • Graphite is used in several forms in metallurgical applications, such as electrodes, refractories, bricks, monolithic crucibles, etc.
  • Synthetic graphite is used as an anode in the electric arc furnace (EAF) method while producing steel, ferroalloys, and aluminum.
  • Synthetic graphite electrodes are employed in metallurgical applications as a process energy source. It includes melting scrap iron in an electric furnace, refining ceramic materials, manufacturing chemicals like calcium carbide, and other applications requiring high-temperature and clean energy sources.
  • The rising crude steel and aluminum production worldwide is expected to drive the application of synthetic graphite in metallurgical applications. However, irregular trends in producing these metals are expected to provide uncertainty to the market demand.
  • Synthetic graphite electrodes are made in various grades, like ultra-high power (UHP), high power (HP), and regular power (RP), based on electric current capability.
  • According to the World Steel Association, crude steel production in 2022 stood at 1.87 billion tons, with China leading the global steel production. In April 2023, the World Steel Association released its Short Range Outlook (SRO) steel demand forecast for 2023 and 2024. It stated that the steel demand would see a 2.3% rebound to reach 1,822.3 Mt in 2023, and it is forecasted to grow by 1.7% in 2024 to reach 1,854.0 Mt.
  • According to the International Aluminum Institute, global aluminum production increased from 67.24 million tons in 2021 to 69 million in 2022.
  • Hence, based on the aspects mentioned above, with the increase in the production of major metals and alloys like steel and aluminum, synthetic graphite is also projected to increase, driving the market.

China to Dominate the Asia-Pacific Region

  • The Asia-Pacific region dominated the market studied, with more than 50% of the total market by volume and China being the key consumer in the region.
  • China continues to dominate the production and demand of synthetic graphite worldwide. Almost all stages of the lithium-ion battery manufacturing chain are focused on China. China is by far the largest and most rapidly growing market for lithium-ion batteries, paving the way for synthetic graphite's market growth.
  • China is one of the largest graphite manufacturers in the world, mainly due to the immense demand from budding sectors like lithium-ion batteries, electronics, steel production, the solar industry, and the nuclear industry.
  • According to the US Geological Survey, the country accounted for about 65% of the overall graphite production in 2022.
  • China's battery manufacturers, led by CATL and BYD, supported by the government's industrial expansion vision, are developing massive battery production plants.
  • Furthermore, China was the global leader in lithium-ion batteries the previous year, and according to BloombergNEF (BNEF), the country ranked first in the lithium-ion battery supply chain for 2021. The country is estimated to control 80% of the global battery cell manufacturing, and within five years, the production in the country is estimated to reach 2 TWh. The rise in position is mainly due to encouraging government policies, a huge manufacturing base, and rising demand for batteries.
  • There are more than 40 official graphite electrode producers in China, with 30 more new players entering the market in the past two years, making other refractory products and electrodes.
  • Therefore, considering the abovementioned factors, the demand for synthetic graphite is expected to increase in China during the forecast period.

Synthetic Graphite Industry Overview

The global market for synthetic graphite is partially consolidated in nature. The top five players in the global synthetic graphite market include Resonac Holdings Corporation (Showa Denko KK), GrafTech International, BTR New Material Group Co. Ltd, Shanshan Technology, and Lianyungang Jinli Carbon Co. Ltd.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Increasing Demand for Electric Vehicles
    • 4.1.2 Growing Utilization of Electric ARC Furnace Process for Steel Production
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Stringent Environmental Regulations
    • 4.2.2 Decreasing Production of Steel
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition
  • 4.5 Raw Material Analysis
  • 4.6 Regulatory Policies
  • 4.7 Technology Landscape - Quick Snapshot
  • 4.8 Production Analysis

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Value and Volume)

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Graphite Anode
    • 5.1.2 Graphite Block (Fine Carbon)
    • 5.1.3 Other Types (Graphite Electrode, etc.)
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Metallurgy
    • 5.2.2 Parts and Components
    • 5.2.3 Batteries
    • 5.2.4 Nuclear
    • 5.2.5 Other Applications
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Asean Countries
      • 5.3.1.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 Italy
      • 5.3.3.4 France
      • 5.3.3.5 Russia
      • 5.3.3.6 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle East and Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share(%)**/Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Major Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Asbury Carbons
    • 6.4.2 BTR New Materials Group Co. Ltd
    • 6.4.3 GrafTech International
    • 6.4.4 Graphit Kropfmhl GmbH
    • 6.4.5 Graphite India Limited
    • 6.4.6 Imerys
    • 6.4.7 Jiangxi Zichen Technology Co. Ltd
    • 6.4.8 Lianyungang Jinli Carbon Co. Ltd
    • 6.4.9 Mersen Property
    • 6.4.10 Mitsubishi Chemical Corporation
    • 6.4.11 Nippon Carbon Co. Ltd
    • 6.4.12 Shamokin Carbons
    • 6.4.13 Shanghai Shanshan Technology Co. Ltd
    • 6.4.14 Shenzhen Sinuo Industrial Development Co. Ltd
    • 6.4.15 Resonac Holdings Corporation (Showa Denko KK)
    • 6.4.16 Tokai Cobex GmbH

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Growing Popularity of Graphene
  • 7.2 Biographite as a Sustainable Resource for Battery Material