デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1438267

ケシの実:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024-2029)

Poppy Seed - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 79 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.58円
ケシの実:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024-2029)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 79 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ケシの実市場規模は、2024年に2,347億6,000万米ドルと推定され、2029年までに2,897億7,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に4.30%のCAGRで成長します。

ケシの実- マーケット

トラック輸送と輸送の物流制限により国際取引が減少し、ケシの実の市場販売に大きな影響を与えました。また、航空、海、陸の貨物を見つけるのが難しいことは、業界に関係する企業も目の当たりにしていました。その他の顕著な制約には、通関、輸出許可、輸入許可、植物検疫証明書などが含まれます。これは主に政府機関の人員削減によるもので、貿易向けの荷物の配達が遅れました。

種子はパンやマフィンなどの食品にトッピングとして加えられます。ケシの実は粉砕して油にすることもできます。飼料や健康製品としても使用されます。アヘン用ケシにはモルヒネやコデインなどの麻薬性アルカロイドが含まれています。ケシの実にはアヘンアルカロイドが含まれていないか、含まれるレベルは非常に低いです。ただし、ケシの実を含む食品は通常、提供される前にいくつかのプロセスを経ます。ケシの実は、さまざまな汚染問題に直面している製品の1つです。さらに、ケシの実も圧搾されてケシ油になります。ケシ油は、料理用や工業用に複数の用途がある貴重な商業用油です。カプセルは、シロップまたは抽出物の形で、刺激性の咳や不眠に対する鎮静剤としても使用されます。

インド、ドイツ、ハンガリー、チェコ共和国がケシの実の主要消費国です。ケシの実は必須油糧種子の1つであり、その栽培はチェコ共和国に深く根付いた伝統です。

製パン業界からのケシの実の需要の増加は、ケシの実市場の成長の背後にある主要な原動力の1つです。ケシの実の健康効果が高まっていることにより、市場も成長しています。

ケシの実市場動向

ケシの実の健康効果の拡大が市場を牽引

ケシの実は、オメガ6脂肪酸であるリノール酸を大量に含むことで有名です。心臓の健康を維持するには、オメガ 3脂肪酸とオメガ 6脂肪酸の健康的なバランスを保つことが強く推奨されます。種子には、筋肉と骨の両方の維持に不可欠なミネラルである鉄とリンも大量に含まれています。ケシの実に豊富に含まれる銅と鉄は赤血球の形成を促進し、貧血やその他の血液関連疾患の予防に役立ちます。寝る前に小さじ1杯のケシの実油を摂取すると、リラックスが促進され、不眠症の症状が緩和されることが観察されています。

欧州が市場を独占

欧州におけるケシの実の主な生産国はチェコ共和国で、2017年には欧州の総生産量の40%を占めました。健康とウェルネスの動向と高級食品の成長により、欧州でのこれらの油糧種子の直接消費が増加しています。消費者もプロテインの代替品を求めており、革新的な製品や新たなプレーヤーのチャンスが生まれています。チェコ共和国はケシの実の主要生産国であり、世界のケシの実生産量の31%を占めています。チェコ共和国で栽培されているケシの実は、国内消費量が4~5,000トンにすぎないため、主に輸出用に生産されています。チェコのケシの実の主な輸出市場は、スラブ系の人口が多い欧州諸国、またはスラブ料理の影響を受けた欧州諸国です。チェコ共和国でケシの実が人気の理由は、ケシの実を広く使用する郷土料理にあります。チェコ人は、ケーキ、麺類、餃子など、ほぼすべての料理にケシの実を入れます。チェコ共和国のケシの種子の主な輸入国は、ロシア連邦、オーストリア、ポーランド、ドイツ、スロバキアです。ロシア連邦はチェコ共和国のケシの実の最大の輸入国であり、オーストリアとポーランドがそれに続く。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • バリューチェーン分析

第5章 市場セグメンテーション

  • 地域
    • 北米
      • カナダ
    • 欧州
      • チェコ共和国
      • スペイン
      • ハンガリー
      • フランス
    • アジア太平洋
      • オーストラリア
      • 中国
    • 中東
      • パレスチナ
      • トルコ

第6章 市場機会と将来の動向

第7章 COVID-19が市場に与える影響

目次
Product Code: 64722

The Poppy Seed Market size is estimated at USD 234.76 billion in 2024, and is expected to reach USD 289.77 billion by 2029, growing at a CAGR of 4.30% during the forecast period (2024-2029).

Poppy Seed - Market

Logistical restrictions on trucking and shipping resulted in the decline in international trading, which has significantly affected the market sales for poppy seeds. Also, the difficulty in finding air, sea, or land freight was also witnessed by the companies involved in the industry. Some other prominent constraints included customs clearances, export permits, import permits, and phytosanitary certificates. This was primarily due to the reduced staffing of government offices, which delayed the consignments meant for trade.

The seeds are added to foods such as bread and muffins as a topping. Poppy seeds can also be crushed for oil. They are also used as feedstuff and for health products. The opium poppy plant contains narcotic alkaloids such as morphine and codeine. Poppy seeds do not contain opium alkaloids or contain only very low levels. However, poppy-seed-containing foods usually go through several processes before being served. Poppy seeds are among one the products that face various contamination issues. Moreover, poppy seeds are also pressed to form poppyseed oil, a valuable commercial oil that has multiple culinary and industrial uses. The capsules are also used as a sedative against irritant coughing and sleeplessness in the form of syrup or extract.

India, Germany, Hungary, and the Czech Republic are the leading consumers of poppy seeds. The poppy seed is one of the essential oilseeds, and its cultivation is a deeply-entrenched tradition in the Czech Republic.

The rise in the demand for poppy seeds from the baking industry is one of the major driving forces behind the growth of the poppy seeds market. The market is also growing due to the escalating health benefits from poppy seeds.

Poppy Seed Market Trends

Escalating Health Benefits of Poppy Seeds Driving the Market

Poppy Seeds are famous for providing a considerable amount of linoleic acid, which is an omega-6 fatty acid. A healthy balance of omega-3 and omega-6 fatty acids is highly recommended to maintain heart health. The seeds also contain large amounts of iron and phosphorous, minerals that are essential for the maintenance of both muscles and bones. The abundance of copper and iron in poppy seeds improves red blood cell formation, which helps in the prevention of anemia and other blood-related conditions. Taking a teaspoon of poppy seed oil before going to bed has been observed to help ease the symptoms of insomnia by promoting relaxation.

Europe dominates the market

The main producer of poppy seeds in Europe is the Czech Republic, which accounted for 40% of total European production in 2017. The direct consumption of these oilseeds in Europe is increasing, driven by the health and wellness trend and growth in fine foods. Consumers are also seeking protein alternatives, opening opportunities for innovative products and new players. The Czech Republic is the leading producer of poppy seeds, with 31% of global poppy seeds production. The poppy seed crop grown in the Czech Republic is mainly produced for exports because the domestic consumption consists of only between 4 and 5 thousand metric tons. Major export markets of the Czech poppy seeds are European countries with a population of Slavic origin or those influenced by Slavic cuisine. The reason behind the popularity of poppy seeds in the Czech Republic lies in the local cuisine that favors their wide usage of them. The Czech put poppy seeds into almost all of their dishes, including cakes, noodles, and dumplings. The major importers of the Czech Republican poppy seeds are Russian Federation, Austria, Poland, German, and Slovakia. Russian Federation is the largest importer of the Czech Republican poppy seeds, followed by Austria and Poland.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Value Chain Analysis

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Geography (Production Analysis in Volume, Consumption Analysis by Volume and Value, Import Analysis by Value and Volume, Export Analysis by Value and Volume, and Price Trend Analysis)
    • 5.1.1 North America
      • 5.1.1.1 Canada
    • 5.1.2 Europe
      • 5.1.2.1 Czech Republic
      • 5.1.2.2 Spain
      • 5.1.2.3 Hungary
      • 5.1.2.4 France
    • 5.1.3 Asia-Pacific
      • 5.1.3.1 Australia
      • 5.1.3.2 China
    • 5.1.4 Middle East
      • 5.1.4.1 Palestine
      • 5.1.4.2 Turkey

6 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

7 IMPACT OF COVID-19 ON THE MARKET