デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1438252

軍事用ロボット:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Military Robots - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 141 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.33円
軍事用ロボット:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 141 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

軍事用ロボット市場規模は2024年に243億7,000万米ドルと推定され、2029年までに341億2,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に6.97%のCAGRで成長します。

軍事用ロボット-市場

主なハイライト

  • 軍事用ロボットの需要は、航空、陸上、海上の野戦部隊の継続的な調達とアップグレードを直接推進するものであるため、各国の認可された年間防衛予算に大きく影響されます。 2020年、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックは、防衛サプライチェーンと生産量の混乱により、注目の市場に中程度の影響を与えました。しかし、それ以降、サプライチェーン活動の合理化により市場は改善し、軍事用ロボット市場の成長を促進しました。
  • 戦争の様相の変化と戦争犠牲者の代償により、現代の戦争ではロボットの配備が促進されてきました。過去の戦争での死傷者が出たことで懸念が高まり、ほとんどの政府は重要な任務のために無人航空機、無人航空機、UGVの艦隊を維持するために新しい無人システムに投資することになりました。
  • 各国はロボット工学の先進技術で協力し、課題を克服し、将来の戦争に備えて地上部隊を支援できる新しい車両を開発しています。さらに、業界の主要企業は多額の投資を行う政府機関の支援を受けており、これにより研究開発により多くの支出が可能となり、企業は継続的に革新し、より効率的で高度な技術を導入することができます。

軍事用ロボット市場動向

陸上セグメントは予測期間中に最高の成長をもたらすと予想される

  • 世界各国の軍事支出の増加により、陸上セグメントは予測期間中に最も高いCAGRで成長すると予想されます。陸上部隊は、危険すぎるとみなされる状況や地域に高度な軍事用ロボットを配備しており、配備された部隊の死亡や能力制限を容易に引き起こす可能性があります。いくつかの国は、陸上軍隊におけるロボット工学の現在の実現可能性をテストしているか、将来の大規模な配備を構想しています。地雷除去用軍事用ロボットは、地雷を探知して解除するという危険な任務を変革した技術の進歩です。これらの自律型または半自律型マシンは、地中レーダー、金属探知機、熱画像などのさまざまなセンサー技術を採用し、地表の下に隠された爆発物を識別して位置を特定します。
  • 同様に、軍事用消防ロボットは、軍事シナリオにおける火災関連の緊急事態を管理する上で不可欠なツールとして浮上しています。 QinetiQ北米によって開発されたModular Advanced Armed Robotic System(MAARS)は、軍事用ロボット工学の大幅な進歩を表しています。この追跡ロボットは、偵察、監視、目標捕捉(RSTA)用に設計されており、前線の場所に配置されている要員の安全性を高めることができます。 Man Transportable Robotic System Increment II(MTRS Inc II)に基づいて、米国陸軍は技術者、化学、生物、放射線、核(CBRN)兵士、特殊作戦部隊を支援するために無人地上車両を取得しています。
  • 新しいUGVは、地雷、不発弾、即席爆発装置の位置を特定、識別、除去するための老朽化した非標準ロボット群に取って代わり、軍人の機動性と生存性を向上させる可能性があります。
  • 同様に、ロシアは最初の攻撃ロボットユニットを作成し、さまざまなロボットと外骨格を統合する計画を持っています。 2021年4月、ロシア国防省は5つのウラン9ロボットシステムからなる軍事用ロボットの別個部隊の創設を発表しました。カラシニコフコンツェルンによって製造されたウラン9は、戦闘、偵察、対テロ部隊、火力支援を支援するために設計された追跡無人地上戦闘車両です。重量12トンのロボットには、アタカ誘導兵器、対戦車ミサイル、シュメルMロケットランチャー、30 mm 2A72自動砲、7.62 mm機関銃が統合されています。このような国のロボット導入計画は、調査対象市場の陸上セグメントの成長見通しを促進すると予想されます。

アジア太平洋地域は予測期間中に最高の成長を遂げる可能性が高い

  • とりわけ中国、インド、日本などのこの地域の主要国は、過去数年で防衛費を急速に増加させています。各国は総防衛支出のうち、戦闘能力と監視能力を強化できる無人システムの開発と軍への導入に多額の投資を行っています。
  • 例えば、韓国の国防調達計画局(DAPA)は、2021年4月に66型無人監視車の探索開発段階が無事に完了したと発表しました。同局は探索開発段階の完了後、本格的な開発を開始する予定です。数年以内にストライキ可能なプラットフォームを実現します。
  • 一方、2021年にインド軍は、現地で設計・開発した75機のドローンを空でブンブン飛ばし、攻撃作戦を含む数多くの任務をシミュレーションするドローン群技術デモンストレーションを実施しました。アジア太平洋地域の他の国々でも、現地製造の同様の傾向が見られます。 2022年1月、中国は軍の兵站と偵察任務を支援するために四足歩行ロボットを導入しました。
  • 同国は、これが世界最大の電動ロボットであると主張しています。この四足ロボットは最大352ポンド(160キログラム)の積載量を運ぶことができ、時速6マイル(10キロメートル)で走行できると伝えられています。アジア太平洋地域のさまざまな近隣諸国間の国境緊張の高まりにより、予測期間中に軍事用ロボット市場の成長が加速すると予想されます。

軍事用ロボット業界の概要

軍事用ロボットの市場は、複数の確立された軍用 OEM企業やテクノロジー企業が存在するため、細分化されています。

政府から資金提供を受けた小規模企業は、今後10年間のロボット技術の開発と成熟において重要な役割を果たすことが期待されている一方、軍は技術の課題、リスク、利点をテストおよび経験し、重要な期待と技術的必要性を決定します。彼らの装備。プレイヤーたちが開発する次世代の軍事装備やプラットフォームは、その進歩と技術開発に熱い視線が注がれています。今後数年間で人気が高まり、顧客の関心も高まることが予想されます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • プラットホーム
    • 陸上
    • 海上
    • 空挺
  • 操縦モード
    • 人間による操縦
    • 自律型
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • フランス
      • ドイツ
      • ロシア
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
      • ブラジル
      • その他ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • アラブ首長国連邦
      • イスラエル
      • トルコ
      • その他中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • ベンダーの市場シェア
  • 企業プロファイル
    • Northrop Grumman Corporation
    • Lockheed Martin Corporation
    • General Dynamics Corporation
    • AeroVironment Inc.
    • Teledyne FLIR LLC
    • QinetiQ Group PLC
    • Cobham Ltd.
    • Elbit Systems Ltd.
    • IAI
    • THALES
    • BAE Systems plc
    • Saab AB
    • Aeronautics Ltd
    • BAYKAR
    • Textron Inc.

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 64480

The Military Robots Market size is estimated at USD 24.37 billion in 2024, and is expected to reach USD 34.12 billion by 2029, growing at a CAGR of 6.97% during the forecast period (2024-2029).

Military Robots - Market

Key Highlights

  • Since the demand for military robots is a direct proponent of the ongoing procurement and upgrade of the fielded armada of aerial, terrestrial, and naval platforms, it is significantly affected by the sanctioned annual defense budget of the nations. The COVID-19 pandemic had a moderate impact on the market in focus due to disruption in the defense supply chains and production outputs in 2020. However, the market has improved since then due to the streamlining of the supply chain activities, helping the growth of the military robots market.
  • The changing texture of warfare and the price placed on war casualties have favored robot deployments in modern wars. Casualties in past wars have raised concern and resulted in most governments investing in new unmanned systems to maintain a fleet of UAVs, UUVs, and UGVs for critical missions.
  • Countries are collaborating on advanced technologies in robotics to develop new vehicles that can overcome challenges and support ground troops for future warfare. Additionally, the major players in the industry are supported by government bodies that make substantial investments, which enables them to spend more on R&D, allowing the companies to innovate continuously and introduce more efficient and advanced technologies.

Military Robots Market Trends

Land Segment Anticipated to Generate Highest Growth During the Forecast Period

  • The land segment is expected to grow with the highest CAGR during the forecast period owing to the growing military expenditure by countries globally. The land forces are deploying sophisticated military robots in situations and areas deemed too dangerous, which can easily result in the death or capability restriction of the deployed troops. Several countries are either testing the current feasibility of robotics in their land-based armed forces or envisioning deploying them on a large scale in the future. Mine clearance military robots are technological advancements that have transformed the dangerous task of detecting and disarming land mines. These autonomous or semi-autonomous machines employ various sensor technologies, such as ground penetrating radar, metal detectors, and thermal imaging, to identify and locate explosive devices hidden beneath the surface.
  • Similarly, firefighting military robots have emerged as an essential tool in managing fire-related emergencies in military scenarios. The Modular Advanced Armed Robotic System (MAARS), developed by QinetiQ North America, represents a significant advancement in military robotics. This tracked robot is designed for reconnaissance, surveillance, and target acquisition (RSTA) and to increase the security of personnel manning forward locations. Under the Man Transportable Robotic System Increment II (MTRS Inc II), the US Army is acquiring unmanned ground vehicles to support engineers, chemical, biological, radiological, and nuclear (CBRN) soldiers, and special operations forces.
  • The new UGVs are replacing the aging non-standard fleet of robots for locating, identifying, and clearing landmines, unexploded ordnance, and improvised explosive devices, which may enhance the maneuverability and survivability of military personnel.
  • Similarly, Russia created its first unit of strike robots, and it has plans to integrate a variety of robots and exoskeletons. In April 2021, the Russian Defense Ministry announced the creation of a separate unit of military robots comprising five Uran-9 robotic systems. Manufactured by Kalashnikov Concern, the Uran-9 is a tracked unmanned combat ground vehicle designed to assist combat, reconnaissance, counter-terrorism units, and fire support. The 12-ton robot is integrated with Ataka-guided weapons, anti-tank missiles, Shmel-M rocket launchers, a 30mm 2A72 automatic cannon, and a 7.62mm machine gun. Such countries' plans to adopt robots are expected to drive the growth prospects of the land segment of the market studied.

Asia-Pacific Region likely to Witness Highest Growth During the Forecast Period

  • The major countries in the region, like China, India, and Japan, among others, have been rapidly increasing their defense spending in the past few years. Out of the total defense spending, the countries have significantly invested in developing and deploying unmanned systems into the armed forces that can enhance their combat and surveillance capabilities.
  • For instance, South Korea's Defense Acquisition Program Administration (DAPA) announced the successful completion of the exploratory development phase for the 66 Unmanned Surveillance Vehicle in April 2021. After completing the exploratory development phase, the agency is expected to begin the full-scale development of the strike-capable platform in the coming years.
  • On the other hand, in 2021, the Indian Army carried out a drone swarm technology demonstration with 75 locally designed and developed drones buzzing in the skies and simulating a raft of missions, including offensive operations. A similar trend of local manufacturing is observed in other countries of the Asia-Pacific region. In January 2022, China introduced a quadruped robot to assist the military in logistics and reconnaissance missions.
  • The country claims that it is the world's largest electrically-powered robot. The four-legged robot can reportedly carry up to 352 pounds (160 kilograms) of payload and run at six miles (10 kilometers) per hour. The escalating border tensions between various neighboring countries of the Asia-Pacific region are anticipated to accelerate the growth of the military robotics market during the forecast period.

Military Robots Industry Overview

The market for military robots is fragmented due to the presence of multiple established military OEMs and technology firms. Some prominent players in the military robots market include Lockheed Martin Corporation, Northrop Grumman Corporation, THALES, Elbit Systems Ltd, and BAE Systems PLC. There are many local players in the market, such as Defence Research and Development Organisation (DRDO), Baykar, and Milrem AS, among others.

The small players funded by the government are expected to play a key role in developing and maturing the robotics technology over the next decade, while the military forces test and experience the technology's challenges, risks, and benefits and settle on key expectations and technological necessities for their equipment. Next-generation military equipment and platforms being developed by players are being observed keenly on their progress and technology development. They are expected to gain popularity and customer interest in the years to come.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Platform
    • 5.1.1 Land
    • 5.1.2 Marine
    • 5.1.3 Airborne
  • 5.2 Mode of Operation
    • 5.2.1 Human Operated
    • 5.2.2 Autonomous
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 United Kingdom
      • 5.3.2.2 France
      • 5.3.2.3 Germany
      • 5.3.2.4 Russia
      • 5.3.2.5 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 India
      • 5.3.3.3 Japan
      • 5.3.3.4 South Korea
      • 5.3.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Latin America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Rest of Latin America
    • 5.3.5 Middle-East and Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 United Arab Emirates
      • 5.3.5.3 Israel
      • 5.3.5.4 Turkey
      • 5.3.5.5 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share
  • 6.2 Company Profiles
    • 6.2.1 Northrop Grumman Corporation
    • 6.2.2 Lockheed Martin Corporation
    • 6.2.3 General Dynamics Corporation
    • 6.2.4 AeroVironment Inc.
    • 6.2.5 Teledyne FLIR LLC
    • 6.2.6 QinetiQ Group PLC
    • 6.2.7 Cobham Ltd.
    • 6.2.8 Elbit Systems Ltd.
    • 6.2.9 IAI
    • 6.2.10 THALES
    • 6.2.11 BAE Systems plc
    • 6.2.12 Saab AB
    • 6.2.13 Aeronautics Ltd
    • 6.2.14 BAYKAR
    • 6.2.15 Textron Inc.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS