デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1438248

空港セキュリティ:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Airport Security - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 102 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.16円
空港セキュリティ:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 102 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

空港セキュリティ市場規模は、2024年に146億1,000万米ドルと推定され、2029年までに229億8,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に9.49%のCAGRで成長します。

空港セキュリティ-マーケット

COVID-19の発生は、世界レベルでの航空旅行業界の持続可能性に対する大きな課題の一つに先行して発生しました。パンデミックの影響により空港運営会社の収益が減少しているにもかかわらず、当局は高度な検査、スキャン、セキュリティシステムの導入に投資を続けています。旅客数は徐々に回復すると予想されており、空港運営会社は今後数年間でセキュリティシステムへの投資を増やすことが予想されます。

旅行者の増加と空港でのテロ攻撃の脅威を阻止するための大幅なセキュリティの強化は、空港セキュリティシステム市場の促進要因の一部であり、この傾向は予測期間中続くと予想されます。

空港建設と空港インフラへの投資の増加により、予測期間中の空港セキュリティシステム市場の成長がさらに促進されます。

空港での乗客の流れを妨げることなく、不審者、クレジットカード、偽通貨、遺棄物、爆発物などを検出するためのさまざまなセキュリティシステムにおける人工知能、ロボット工学、生体認証の採用が増加しており、この市場の成長を推進すると予想されています。

空港セキュリティシステム市場動向

生体認証システム部門は予測期間中に最高の成長を遂げる

市場の生体認証システム部門は、予測期間中に最高のCAGRで成長すると予想されます。現在、さまざまな空港や航空会社が、チェックイン、セキュリティチェック、パスポート管理などのさまざまな空港プロセスを高速化するために、生体認証をテストおよび使用しています。米国、英国、中国、日本、シンガポールなどの国の一部の空港では現在この技術が使用されており、小規模国の他の多くの空港では生体認証のテスト段階にあります。米国運輸保安局は、2026年までに民間航空エコシステムを変革するというビジョンのもと、生体認証を利用して航空セキュリティと乗客エクスペリエンスを向上させるためのロードマップを発表しました。また、最近2022年6月、インド政府は、Digi Yatraイニシアチブの下で、インドの空港に顔認識システムを段階的に導入する計画です。プロジェクトの第1段階では、これらのシステムは2023年3月までにバンガロール、ハイデラバード、コルカタ、プネー、バラナシ、ヴィジャヤワダの空港に設置される予定です。乗客の生体認証ベースのデジタル処理により、ターミナルなどのさまざまな検問所での乗客の手続きが簡素化されることが期待されています。入国ゲート、チェックイン/手荷物預け入れ、セキュリティチェック、搭乗ゲート。乗客の処理を迅速化するための高度な生体認証技術の統合に向けた政府のこのような取り組みは、予測期間中のこのセグメントの成長の主な推進力として機能します。

アジア太平洋は予測期間中に最も高い需要を生み出すと予想されます

アジア太平洋では、予測期間中に最も高い需要が見込まれると予想されます。市場の需要の拡大は、新しい空港を建設するという民間航空当局の継続的な投資計画と、この地域の空港でのテロ活動の脅威の増大によるものです。この地域の空港の旅客数が回復する中、中国やインドなどの国々は、この地域の新空港の建設、既存空港の拡張、航空インフラの近代化への投資を増やしています。現在、アジア太平洋地域では2,000億米ドルを超える空港インフラプロジェクトが進行中です。中国、インド、韓国、フィリピン、ベトナムがそのようなプロジェクトを行っている主要国です。新しい空港の建設への投資に加えて、空港運営会社は企業と提携して革新的なセキュリティシステムを導入しています。これに対し、関西エアポートは2021年10月に関西国際空港第2ターミナルと空港駅にセコムロボットX2を導入しました。新しいロボットは、360度カメラ、ステレオカメラ、PTZカメラ、感知機能レーザーセンサー、内部温度およびバッテリー温度センサーバンパーセンサー、超音波センサー、PSDセンサーを備えた巡回ルートを自律的にナビゲートできます。このような投資により、予測期間中に空港や新しい施設向けの新しい空港セキュリティシステムの需要が生じることが予想されます。

空港セキュリティシステム業界の概要

空港セキュリティシステム市場は非常に細分化されており、多くのサプライヤーが世界中の空港にさまざまなセキュリティシステムを提供しています。市場における著名なプレーヤーには、Honeywell International Inc.、Bosch Ltd、Smiths Group plc、L3Harris Technologies Inc.、Siemens AGなどがあります。新技術の開発(および新製品の革新)は、企業が新たな事業への拡大のための顧客を獲得し、地理的な存在感を高めるのに役立つと期待されています。たとえば、タレスグループは2022年 6月に、X線ナノテクノロジーベースの電子スキャンと3D画像再構成を採用した、定置型でコンパクトかつ軽量の客室手荷物爆発物検知システム(EDS CB)C3準拠のスキャナーであるHELIXVIEWを発表しました。このシステムには人工知能(AI)も統合されており、脅威を解釈してオペレーターに通知します。現在、空港運営者と政府は、空港で適切な警備を提供する警備員をサポートするロボットのテストと試験を実施しています。このようなテクノロジーを組み込むために、同社はセキュリティシステムプロバイダーと提携しており、これにより他社よりも優位に立つことが期待されています。また、航空会社は乗客の待ち時間を短縮し、検査を迅速化するためにプロバイダーと提携してセキュリティシステムに投資しており、これは企業の地理的範囲の拡大に役立つと期待されています。さらに、空港のデジタル化という最新の動向は、今後市場関係者に新たな市場機会をもたらすでしょう。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • セキュリティシステム
    • 監視システム
    • 生体認証システム
      • 顔認識
      • 虹彩と網膜の認識
      • 指紋認識
      • その他の生体認証システム
    • スクリーニングおよびスキャンシステム
    • 境界侵入検知システム
    • 防火システム
  • 空港の種類
    • グリーンフィールド
    • ブラウンフィールド
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • フランス
      • ドイツ
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
      • ブラジル
      • その他ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ
      • アラブ首長国連邦
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ

第6章 競合情勢

  • ベンダーの市場シェア
  • 企業プロファイル
    • FLIR Systems, Inc.
    • L3Harris Technologies Inc.
    • Honeywell International Inc.
    • Bosch Ltd
    • Siemens AG
    • Hart International Solutions
    • Covenant Aviation Security, LLC(CAS)
    • Collins Aerospace(Raytheon Technologies Corporation)
    • Integrated Detection Systems Ltd.
    • Smiths Group plc
    • Elbit Systems Ltd.
    • SITA

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 64392

The Airport Security Market size is estimated at USD 14.61 billion in 2024, and is expected to reach USD 22.98 billion by 2029, growing at a CAGR of 9.49% during the forecast period (2024-2029).

Airport Security - Market

The COVID-19 outbreak has preceded one of the major challenges to the sustainability of the air travel industry at the worldwide level. Despite the decrease in revenues of the airport operators due to the impact of the pandemic, the authorities have continued to invest in implementing advanced screening, scanning, and security systems. With the passenger traffic projected to witness gradual recovery, the airport operators are expected to increase their investments in security systems in the coming years.

The increasing number of travelers and significant security enhancements for intercepting the threat of terrorist attacks in airports are some driving factors for the airport security systems market, and this trend is anticipated to continue over the forecast period.

The increasing airport construction and investments in airport infrastructure are further boosting the growth of the airport security systems market during the forecast period.

The increasing adoption of artificial intelligence, robotics, and biometrics in various security systems for detecting suspicious persons, credit cards, fake currencies, abandoned objects, and explosives without disturbing the passenger flow at the airport are anticipated to propel the growth of the market in the future.

Airport Security Systems Market Trends

Biometric Systems Segment to Experience the Highest Growth During the Forecast Period

The Biometric Systems segment of the market is anticipated to grow at the highest CAGR during the forecast period. Various airports and airlines are currently testing and using biometrics to speed up various airport processes like check-in, security check, or passport control. Some airports in countries like the US, the UK, China, Japan, and Singapore are currently using this technology, and many other airports in smaller countries are in the testing phase of biometrics. The Transportation Security Administration of the United States released a roadmap for enhancing aviation security and passenger experience using biometrics with the vision to transform the commercial aviation ecosystem by 2026. Also, recently in June 2022, under the Digi Yatra initiative, the government of India announced its plan to implement a facial recognition System at Indian airports in a phased manner. In the project's first phase, these systems will be installed at airports of Bangalore, Hyderabad, Kolkata, Pune, Varanasi, and Vijayawada by March 2023. The biometric-based digital processing of passengers is expected to ease the passenger processes at various checkpoints like terminal entry gates, check-in/ bag drop, security check, and boarding gates. Such initiatives from the governments towards integrating advanced biometric technology for faster processing of passengers are acting as major drivers for the segment's growth during the forecast period.

Asia-Pacific is Expected to Generate the Highest Demand During the Forecast Period

Asia-Pacific is expected to witness the highest demand during the forecast period. The growth of the demand for the market is due to the ongoing investment plans of the civil aviation authorities to construct new airports and the increasing threat of terrorist activities at the airports in the region. With the recovering passenger traffic at the airports in the region, countries like China and India are increasing their investments in constructing new airports, expanding existing airports, and modernization of aviation infrastructure in the region. Currently, more than USD 200 billion in airport infrastructure projects are ongoing in the Asia-Pacific region. China, India, South Korea, the Philippines, and Vietnam are major countries undertaking such projects. In addition to investments in constructing new airports, the airport operators are partnering with companies to introduce innovative security systems. On this note, in October 2021, Kansai Airports deployed Secom Robot X2 at Terminal 2 of Kansai International Airport and the airport's railway station. The new robots can autonomously navigate patrol routes that feature a 360° camera, a stereo camera, a PTZ camera, sensing functions laser sensor, internal temperature and battery temperature sensor bumper sensor, ultrasonic sensor, and PSD sensor. Such investments are anticipated to generate demand for new airport security systems for airports and new facilities during the forecast period.

Airport Security Systems Industry Overview

The airport security systems market is highly fragmented, with many suppliers providing different security systems to airports around the world. Some of the prominent players in the market are Honeywell International Inc., Bosch Ltd, Smiths Group plc, L3Harris Technologies Inc., and Siemens AG. Developing new technologies (and innovation of new products) is anticipated to help the companies gain customers for expansion into new ventures and increase their geographic presence. For instance, in June 2022, Thales Group unveiled HELIXVIEW, a stationary, compact, and lightweight Cabin Baggage Explosive Detection System (EDS CB) C3-compliant scanner that deploys X-ray nanotechnology-based electronic scanning and 3D imaging reconstruction. The systems also integrate artificial intelligence (AI) to interpret threats and notify operators. Currently, airport operators and governments are testing and conducting trials with robots to support security officials in providing adequate security at the airport. To incorporate such technologies, they are partnering with the security system providers, which is expected to help the companies gain an advantage over others. Also, airlines are investing in security systems by partnering with providers to decrease passenger wait timing and for faster screening, which is anticipated to help companies expand their geographic reach. Furthermore, the latest trend of digitization of airports will open new market opportunities for the market players in the coming future.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size and Forecast by Value - USD million, 2018 - 2027)

  • 5.1 Security Systems
    • 5.1.1 Surveillance Systems
    • 5.1.2 Biometric Systems
      • 5.1.2.1 Face Recognition
      • 5.1.2.2 Iris and Retina Recognition
      • 5.1.2.3 Fingerprint Recognition
      • 5.1.2.4 Other Biometric Systems
    • 5.1.3 Screening and Scanning Systems
    • 5.1.4 Perimeter Intrusion Detection Systems
    • 5.1.5 Fire Safety Systems
  • 5.2 Airport Type
    • 5.2.1 Greenfield
    • 5.2.2 Brownfield
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 United Kingdom
      • 5.3.2.2 France
      • 5.3.2.3 Germany
      • 5.3.2.4 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 India
      • 5.3.3.3 Japan
      • 5.3.3.4 South Korea
      • 5.3.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Latin America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Rest of Latin America
    • 5.3.5 Middle-East and Africa
      • 5.3.5.1 United Arab Emirates
      • 5.3.5.2 Saudi Arabia
      • 5.3.5.3 South Africa
      • 5.3.5.4 Rest of Middle-East andAfrica

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share
  • 6.2 Company Profiles
    • 6.2.1 FLIR Systems, Inc.
    • 6.2.2 L3Harris Technologies Inc.
    • 6.2.3 Honeywell International Inc.
    • 6.2.4 Bosch Ltd
    • 6.2.5 Siemens AG
    • 6.2.6 Hart International Solutions
    • 6.2.7 Covenant Aviation Security, LLC (CAS)
    • 6.2.8 Collins Aerospace (Raytheon Technologies Corporation)
    • 6.2.9 Integrated Detection Systems Ltd.
    • 6.2.10 Smiths Group plc
    • 6.2.11 Elbit Systems Ltd.
    • 6.2.12 SITA

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS