デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1437995

バイオリアクター:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Bioreactor - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 110 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=159.45円
バイオリアクター:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 110 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

バイオリアクター市場規模は、2024年に54億5,000万米ドルと推定され、2029年までに77億9,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に7.45%のCAGRで成長します。

バイオリアクター- 市場

バイオリアクターは、世界中でCOVID-19の蔓延を軽減するために使用されているワクチンやその他の医薬品の開発において、大きな用途の可能性を秘めています。政府のワクチン接種プログラムや民間団体からは、人口の大部分にワクチンを接種するという高い需要があるため、科学者は開発されたワクチンの市場投入までの時間を短縮するというプレッシャーの下で働く必要があります。これにより、パンデミックの初期段階でバイオ医薬品およびバイオテクノロジー業界からバイオリアクターに対する巨大な需要が生まれました。 2022年8月にフロンティアーズが発表した記事によると、バイオリアクターは、特にCOVID-19感染症のパンデミック中に細胞培養ベースのウイルスワクチン生産に広く使用され、バイオリアクターの開発と応用により、より効率的でコスト効率の高いワクチン生産が可能になったといいます。世界のワクチン需要に応えます。したがって、COVID-19は当初、バイオリアクター市場にプラスの影響を与えました。ただし、現在、パンデミックが沈静化するにつれて市場の成長は鈍化しており、調査の予測期間中は安定した成長を遂げると予想されています。

医薬品におけるバイオリアクターの成長、バイオリアクターの技術進歩、シングルユースバイオリアクター(SUB)とハイブリッドバイオリアクターの採用は、現在のバイオリアクター市場の成長を担う主な要因です。

バイオ医薬品は、バイオ医薬品の製造から、細胞増殖や3D組織構築物の生成などの組織工学での用途まで、幅広い用途で利用されています。したがって、バイオリアクターは、バイオリアクターに組み込まれる細胞または細胞構築物に対して、pH、温度、栄養素の供給、せん断応力などの制御可能な環境を提供するために使用されます。たとえば、PubMed Centralが2022年2月に発表した論文によると、バイオリアクターを使用すると生産を工業規模にまで増やすことができ、短時間で大量の二次代謝産物や組換えタンパク質を迅速かつ安価に生産できるといいます。バイオリアクターは、産業や調査のさまざまな分野で、また、2D培養および懸濁液のin vitroモデルを3D構築物に発展させ、in situでの自然な生理学的状態を模倣するために利用されています。これらは、自己免疫疾患、がん、喘息、臓器拒絶反応に使用される重要な薬であることも証明されています。したがって、製薬分野におけるバイオリアクターの成長は、市場の成長を促進する主要な要因です。

さらに、バイオリアクターの技術の進歩により、少ない資金とエネルギー要件での運用の柔軟性、品質、拡張性が向上しました。革新的な方法と分析ツールは、プロセスの堅牢性を強化し、工業生産へのスケールアップを加速し、リソースの効率的な使用を促進すると予測されています。効果的な廃棄物管理におけるハイブリッドバイオリアクター技術の広範な使用も、市場の拡大をさらに加速させています。

大手企業の取り組みも市場の成長を後押ししています。たとえば、2021年 5月に、ベックマンコールターライフサイエンスは、次世代のバイオレクターXTマイクロバイオリアクターをドイツで発売しました。 BioLector XTマイクロバイオリアクターを使用すると、培養パラメーターのモニタリング、ハイスループットの菌株スクリーニング、および供給戦略の最適化が可能になります。

したがって、バイオリアクター技術によってもたらされる利点と、さまざまな分野でのその応用の増加により、調査対象の市場は予測期間中に大幅な成長を遂げると予想されます。ただし、シングルユースバイオリアクターの使用と限られた貯蔵容量に関する懸念が市場の成長を妨げる可能性があります。

バイオリアクター市場動向

シングルユースバイオリアクターセグメントは、予測期間中に高い成長率が見込まれる

  • 材料タイプのセグメンテーションによるシングルユースバイオリアクター(SUB)は、研究の予測期間中に高い成長率を示すと予想されます。最近、シングルユースバイオリアクターが現代のバイオ医薬品プロセスに採用されることが増えています。これは主に、柔軟性を強化し、投資を削減し、運用コストを制限する独自の機能によるものです。
  • 高い導入率とSUBの導入に対する優先度の高まりにより、市場関係者は継続的に製品の発売とイノベーションに注力しています。たとえば、2021年2月、中国にあるWuXi BiologicsのMFG5原薬(DS)製造施設は、4,000Lのシングルユースバイオリアクターを9基配備し、36,000Lの容量でGMP運用を開始することに成功しました。同社の世界規模の生産能力計画における主要なランドマークとして、MFG5のGMP発売により、WuXi Biologicsの現在の生産能力は90,000Lとなり、世界のパートナーを支援する能力が大幅に強化されます。
  • また、2022年6月にABECは、mAbxienceがスペインのレオンにある最先端のcGMP施設に追加のABEC 4,000Lシングルユースカスタムシングルラン(CSR)バイオリアクターを装備すると発表しました。したがって、上記の要因により、このセグメントは成長が見込まれると考えられます。

現在、北米が大きな市場シェアを保持しており、このシェアは予測期間中も継続すると予想されます

  • 現在、北米はバイオリアクター市場で大きなシェアを占めており、今後数年間はその牙城を維持すると予想されています。この地域は、産業界と学術機関の連携の高まりにより、将来的に市場シェアが拡大すると予想されています。製薬会社やハイテク製品メーカーが製造能力を拡大するために数百万米ドル規模の投資を発表しているため、米国は北米地域の市場の大半を占めています。
  • さらに、この地域の最大の2か国である米国とカナダは、研究開発費に多額の費用を費やしています。たとえば、NIHが2022年5月に発表したデータによると、米国は2021年にバイオテクノロジー調査に約78億4,700万米ドルを支出し、2022年には81億4,200万米ドルに達すると予想されています。多額の支出が市場を押し上げると予想されていますそれは、バイオリアクターで製造される新薬や医薬品成分の需要の増加につながるためです。
  • 国内企業は市場での地位を強化するために、研究開発、合併と買収、製品の発売などのさまざまな戦略を採用しています。たとえば、サーモフィッシャーサイエンティフィックは、大規模なシングルユースシステムに対する強い需要を受けて、2021年3月にHyPerforma DynaDrive 3,000 LおよびHyPerforma DynaDrive 5,000 Lのシングルユースバイオリアクターを発売しました。このような製品の発売は、予測期間中の市場の成長を促進すると予想されます。
  • また、この地域でのバイオ医薬品に対する需要の高まりと現地生産の拡大への焦点は、予測期間中に市場にプラスの影響を与えると予想されます。

バイオリアクター業界の概要

バイオリアクター市場は適度に細分化されており、いくつかの主要企業で構成されています。市場シェアの点では、現在、いくつかの大手企業が市場を独占しています。しかし、技術の進歩と製品の革新に伴い、中規模から中小企業は低価格の新製品を導入することで市場での存在感を高めています。 Sartorius AG、Thermo Fisher Scientific Inc.、Pall Corporation(Danaher Corporation)、Eppendorf AGなどの企業は、バイオリアクター市場で大きな市場シェアを保持しています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 医薬品におけるバイオリアクターの成長
    • バイオリアクターにおける技術の進歩
    • シングルユースバイオリアクター(SUB)とハイブリッドバイオリアクターの採用
  • 市場抑制要因
    • シングルユースバイオリアクター(SUB)の使用に関する懸念
    • 限られたストレージ容量
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • ガラス
    • ステンレス鋼
    • シングルユース
  • 用途別
    • ラボスケールの生産
    • パイロットスケールの生産
    • フルスケールの生産
  • スケール別
    • 5L~20L
    • 20L~200L
    • 200L~1,500L
    • 1,500L以上
  • コントロールタイプ別
    • マニュアル
    • 自動化(MFC)
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東とアフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • GE Healthcare
    • Merck KGaA
    • Eppendorf AG
    • Sartorius AG
    • Pall Corporation(Danaher Corporation)
    • Getinge AB
    • Bioengineering AG
    • Infors HT
    • Solida Biotech GmBH
    • Solaris Biotech
    • Thermo Fisher Scientific Inc.
    • Esco Lifesciences Group Ltd

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 64154

The Bioreactor Market size is estimated at USD 5.45 billion in 2024, and is expected to reach USD 7.79 billion by 2029, growing at a CAGR of 7.45% during the forecast period (2024-2029).

Bioreactor - Market

Bioreactors have great potential uses in the development of vaccines and other pharmaceutical products that are being used to mitigate the spread of COVID-19 across the world. The high demand from governmental vaccination programs and private entities to vaccinate large sections of the population requires scientists to work under pressure to shorten the time-to-market of developed vaccines. This has created a huge demand for bioreactors from the biopharmaceutical and biotechnology industries during the early phase of the pandemic. According to an article published by the Frontiers in August 2022, bioreactors were widely used in cell culture-based viral vaccine production, especially during the COVID-19 pandemic, and the development and application of bioreactors provided more efficient and cost-effective vaccine production to meet the global vaccine demand. Thus, COVID-19 had a positive impact on the bioreactor market initially. However, currently, the market growth slowed down as the pandemic subsided, and it is expected to witness a stable growth during the forecast period of the study.

The growth of bioreactors in pharmaceuticals, technological advancements in bioreactors, and adoption of single-use bioreactors (SUBs) and hybrid bioreactors are the prime factors responsible for the growth of the bioreactor market currently.

Biopharmaceuticals are utilized in a range of applications, from being in the production of biopharmaceuticals to applications in tissue engineering, such as cell expansion and generation of 3D tissue constructs. Bioreactors are, thus, used in providing a controllable environment, in terms of pH, temperature, nutrient supply, and shear stress for any cells or cellular constructs incorporated into them. For instance, according to an article published by the PubMed Central in February 2022, bioreactors allow production to be increased to industrial scales, which can quickly and cheaply produce large amounts of secondary metabolites and recombinant proteins in a short time. Bioreactors have been utilized in many different areas of industry and research and for the progression of in vitro models of 2D cultures and suspensions to 3D constructs, mimicking the natural physiological state in situ. They have also proven to be crucial medicines that are used in autoimmune disorders, cancer, asthma, and organ rejection. Thus, the growth of bioreactors in the pharmaceutical sector is the major factor augmenting the growth of the market.

Furthermore, the technological advancements in bioreactors have improved the flexibility, quality, and scalability of operations with low capital and energy requirements. The innovative methods and the analytical tools are projected to enhance the process robustness, accelerate scale-up to industrial production, and drive the efficient use of resources. The extensive use of hybrid bioreactor technology in effective waste management has also further accelerated the expansion of the market.

Initiatives by major companies are also boosting the market growth. For instance, in May 2021, Beckman Coulter Life Sciences launched its next-generation Biolector XT Microbioreactor in Germany. The BioLector XT Microbioreactor allows cultivation parameter monitoring, high-throughput strain screenings, and feeding strategy optimization.

Thus, owing to the benefits offered by the bioreactor technology and its increasing application in different areas, the studied market is expected to witness significant growth over the forecast period. However, concerns regarding the use of single-use bioreactors and limited storage capacity can hamper the market growth.

Bioreactors Market Trends

The Single-use Bioreactors Segment is Expected to Have A High Growth Rate During the Forecast Period

  • Single-use bioreactors (SUB) from the material type segmentation are expected to have a high growth rate during the forecast period of the study. Recently, single-use bioreactors have been increasingly adopted in modern biopharmaceutical processes. This is primarily due to their unique ability to enhance flexibility, reduce investment, and limit operational costs.
  • Owing to the high adoption rate and the increasing preference for deploying SUBs, the market players are continuously focusing on product launches and innovations. For instance, in February 2021, WuXi Biologics's MFG5 Drug Substance (DS) manufacturing facility in China successfully launched a GMP operation with a capacity of 36,000L, deploying nine 4,000L single-use bioreactors. As a major landmark in the company's global capacity planning, the GMP launch of MFG5 brings WuXi Biologics' current capacity to 90,000L, greatly enhancing the capability to enable global partners.
  • Also, in June 2022, ABEC announced that mAbxience will equip their state-of-the-art cGMP facility in Leon, Spain with an additional ABEC 4,000L single-use custom single-run (CSR) bioreactor. Therefore, due to the above-mentioned factors, the segment is expected to witness growth.

North America Holds a Significant Market Share Currently, which is Expected to Continue Over the Forecast Period

  • North America currently holds a significant share of the market for bioreactors, and it is expected to continue its stronghold for a few more years. This region is expected to increase its market share in the future, owing to the rise in collaboration among the industry and academic institutions. The United States holds the majority of the market in the North American region because pharmaceuticals and hi-tech product makers have announced multimillion-dollar investments to expand manufacturing capabilities.
  • Additionally, the United States and Canada, two of the largest countries in this region, spend a lot on research and development expenses. For instance, according to the data published by NIH in May 2022, the United States spent around USD 7,847 million in biotechnology research in 2021, and it is expected to reach USD 8,142 million in 2022. The high amount being spent is expected to boost market growth since it translates to greater demand for new drugs and pharmaceutical ingredients that are manufactured by bioreactors.
  • Various strategies, such as research and development, mergers and acquisitions, and product launches, are being adopted by domestic companies to strengthen their market position. For instance, in March 2021, Thermo Fisher Scientific launched its HyPerforma DynaDrive 3,000 L and HyPerforma DynaDrive 5,000 L single-use bioreactors due to strong demand for large-scale single-use systems. Product launches, such as these, are expected to boost the market growth during the forecast period.
  • Also, the growing demand for biopharmaceutical products in the region and the focus on increasing localized production are expected to have a positive impact on the market over the forecast period.

Bioreactors Industry Overview

The bioreactor market is moderately fragmented and consists of several major players. In terms of market share, a few of the major players currently dominate the market. However, with technological advancements and product innovations, mid-size to smaller companies are increasing their market presence by introducing new products at lower prices. Companies, like Sartorius AG, Thermo Fisher Scientific Inc., Pall Corporation (Danaher Corporation), and Eppendorf AG, hold a significant market share in the bioreactor market.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Growth of Bioreactors in Pharmaceuticals
    • 4.2.2 Technological Advancements in Bioreactors
    • 4.2.3 Adoption of Single-use bioreactors (SUBs) and Hybrid Bioreactors
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Concerns Regarding the Use of Single-use Bioreactors (SUBs)
    • 4.3.2 Limited Storage Capacity
  • 4.4 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Type
    • 5.1.1 Glass
    • 5.1.2 Stainless Steel
    • 5.1.3 Single-use
  • 5.2 By Usage
    • 5.2.1 Lab-scale Production
    • 5.2.2 Pilot-scale Production
    • 5.2.3 Full-scale Production
  • 5.3 By Scale
    • 5.3.1 5L-20L
    • 5.3.2 20L-200L
    • 5.3.3 200L-1,500L
    • 5.3.4 Above 1,500L
  • 5.4 By Control Type
    • 5.4.1 Manual
    • 5.4.2 Automated (MFCs)
  • 5.5 By Geography
    • 5.5.1 North America
      • 5.5.1.1 United States
      • 5.5.1.2 Canada
      • 5.5.1.3 Mexico
    • 5.5.2 Europe
      • 5.5.2.1 Germany
      • 5.5.2.2 United Kingdom
      • 5.5.2.3 France
      • 5.5.2.4 Italy
      • 5.5.2.5 Spain
      • 5.5.2.6 Rest of Europe
    • 5.5.3 Asia-Pacific
      • 5.5.3.1 China
      • 5.5.3.2 Japan
      • 5.5.3.3 India
      • 5.5.3.4 Australia
      • 5.5.3.5 South Korea
      • 5.5.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.5.4 Middle East and Africa
      • 5.5.4.1 GCC
      • 5.5.4.2 South Africa
      • 5.5.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.5.5 South America
      • 5.5.5.1 Brazil
      • 5.5.5.2 Argentina
      • 5.5.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 GE Healthcare
    • 6.1.2 Merck KGaA
    • 6.1.3 Eppendorf AG
    • 6.1.4 Sartorius AG
    • 6.1.5 Pall Corporation (Danaher Corporation)
    • 6.1.6 Getinge AB
    • 6.1.7 Bioengineering AG
    • 6.1.8 Infors HT
    • 6.1.9 Solida Biotech GmBH
    • 6.1.10 Solaris Biotech
    • 6.1.11 Thermo Fisher Scientific Inc.
    • 6.1.12 Esco Lifesciences Group Ltd

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS