デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1437992

シングルユースバイオリアクター:世界市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Global Single-use Bioreactor - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 114 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
シングルユースバイオリアクター:世界市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 114 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界のシングルユースバイオリアクター市場規模は、2024年に14億7,000万米ドルと推定され、2029年までに23億4,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に9.70%のCAGRで成長します。

世界のシングルユースバイオリアクター- 市場

現在進行中の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックは、調査対象の市場に重大な影響を与えると予想されます。市場の成長は、パンデミックの初期段階で製造拠点の閉鎖や閉鎖による大手企業の売上減少によって妨げられました。たとえば、世界市場プレーヤーの1つであるABECが2021年5月に発表した「シングルユースのリードタイムは、新型コロナウイルスの影響で最大12か月」と題されたプレスリリースによると、シングルユース機器の発売を最大1年待っているメーカーはほとんどありません。ベンダーは生産能力を拡大していますが、これらのプロジェクトはオンラインになるまでに何か月もかかりました。したがって、シングルユースバイオリアクターの売上はパンデミックの影響を受けました。しかし、使い捨てバイオプロセス材料とシステムは、この病気の可能性のあるワクチンと治療法の作成と配布に不可欠なリソースであると考えられていました。そして、これらのプラットフォームは、mRNA、DNA、ウイルスベクターなどの革新的なワクチンの製造に使用され、必要なスピードと柔軟性のため、一般に使い捨て技術を使用して構築されました。 2022年7月に公開された記事「COVID-19症が使い捨て技術の成長を急増させる」では、バイオ医薬品企業がSARS-CoV-2ウイルスに対するワクチンを大量生産するために迅速にオンライン化できる適応可能な技術を模索していると述べられています。その結果、COVID-19は使い捨てシステム(SUS)にとって転換点となり、工業生産向けの再利用可能で適応性のある技術に対する需要が急増しました。したがって、上記のような要因は、 COVID-19パンデミックが調査対象の市場に重大な影響を与えたことを示しています。

市場の成長を促進する特定の要因には、業界によるシングルユーステクノロジー(SUT)の急速な採用、費用対効果、ダウンタイムの短縮、新製品の発売などが含まれます。

さらに、シングルユースバイオリアクター(SUB)の使用に対する業界の傾向は、現在、ステップの重要性、製品の価値、製品開発と生産の時間によって影響を受けています。さらに、2022年 7月に公開された記事「上流のバイオマニュファクチャリングの進歩:連続潅流細胞培養」によると、初期の連続潅流プロセスの開発には、バッチやフェドバッチプロセスよりも多くの時間がかかることが述べられています。ただし、この手順が実際に実行されると、生産性の向上によってこれが相殺される可能性があります。これらの利点には、スケールアップの生産運用量要件を緩和することで、メーカーが臨床生産量をより容易に達成できることが含まれます。これらの利点は、シングルユースバイオリアクターを使用することで実現できます。したがって、シングルユースバイオリアクターを使用することで得られる製造設備の利点は、市場の成長に貢献すると予想されます。

バイオプロセス分野では、SUBが臨床バッチと工業バッチの両方の標準になっています。したがって、シングルユースバイオリアクターセグメントでは重要な開発が行われており、これも市場の成長を促進しています。たとえば、2021年 3月、Thermo Fischer Scientificは3,000 Lおよび5,000 LのHyPerforma DynaDriveシングルユースバイオリアクターを発売しました。この製品の3,000 L容器と5,000 L容器は同じ設置面積を持ち、製造スイートのスペースを節約するために灌流細胞培養手順用に簡素化および最適化されたハードウェアを備えています。したがって、そのような発展は、予測期間中に市場の成長を促進すると予想されます。

したがって、上記の要因により、市場は予測期間中に成長すると予測されます。ただし、高額な定期的な経常費用が発生する可能性があり、市場の成長を妨げると予想されます。

シングルユースバイオリアクターの市場動向

モノクローナル抗体部門の成長が期待される

いくつかの疾患(リンパ腫や白血病、自己免疫疾患など)の治療にモノクローナル抗体(MAb)を使用する主な利点は、モノクローナル抗体(MAb)が生物源から採取され、長期にわたって抗体を産生できることです。シングルユースバイオリアクターを使用すると、洗浄と滅菌のステップ、および洗浄の検証が不要になるため、バッチごとのコストと操作時間が削減されます。したがって、MAb製造の需要の増加に伴い、MAbの生産および製造のためのシングルユースバイオリアクター(SUB)の適用も増加しています。したがって、このセグメントの成長を促進すると期待されています。

新しいワクチンや治療薬への需要の急増、慢性疾患や感染症の増加に伴う研究開発(R&D)活動、提携、戦略的パートナーシップの増加が、この部門の成長を後押しすると予想されています。たとえば、2022年 1月、HaemaLogiX Ltd(HaemaLogiX)とロンザは、HaemaLogiXの主な多発性骨髄腫治療薬候補であるカッパ骨髄腫と呼ばれる細胞表面標的に結合するモノクローナル抗体であるカッパマブの次の臨床バッチ(cGMP)を製造する契約を締結しました。抗原(KMA)は骨髄腫がん細胞にのみ存在し、正常形質細胞には存在しません。このようなモノクローナル抗体の開発戦略により、製造設備に使用されるSUBの需要が創出され、セグメントの成長を促進すると予想されます。

さらに、2022年7月に53Biologicsが発表した記事では、毎年食品医薬品局(FDA)による新薬承認の約5分の1をモノクローナル抗体バイオ医薬品が占めており、SUBなどのバイオリアクターはMAb製造の効率と性能を向上させることができると述べています。したがって、MAb製造におけるSUBの効率と性能の向上により、セグメントの成長が促進されると予想されます。

したがって、上記の要因により、このセグメントは予測期間中に成長すると予想されます。

北米が市場を独占しており、予測期間中にもそうなると予想されます

北米は慢性疾患の増加に加え、新薬開発のニーズの高まりにより、シングルユースバイオリアクター(SUB)市場で支配的な地域になると予想されています。

2022年 1月10日に発表された疾病管理予防センターのデータによると、3,420万人以上のアメリカ人が糖尿病に罹患し、毎年 86万8,000人以上が心臓病で死亡しています。これに加えて、米国疾病管理予防センターによって更新されたデータは、食品医薬品局(FDA)が2021年 11月に発行した「ファクトシート:FDAの概要」によると、生物製剤の開発に関しては4,944のFDA登録施設があり、ヒト用医薬品に関しては6,799の施設があることが示されています。医薬品を生産するためのこのような多数の製造施設は、SUBの使用の機会を生み出すことが期待されます。これにより、この地域の市場成長を促進すると予想されます。

さらに、製薬およびバイオ医薬品業界の革新的な医薬品開発は、この分野の市場拡大を促進すると予想されます。国際製薬工業連合会の「Facts &Figures Report 2021」によると、2021年2月の時点で約382のワクチン候補が開発中で、そのうち24が第I相、34が第II相、23が第2相となっています。Ⅲの試練。バイオ医薬品部門は、患者にワクチンを接種するために異例かつ迅速な措置を講じています。したがって、国内における生物製剤の開発に対する需要の増加により、予測期間中にシングルユースバイオリアクターの使用に対する需要が生じることが予想されます。

さらに、開発と製品の発売は、この国の市場の成長を促進することも期待されています。たとえば、2021年 10月に、米国を置く企業であるAgilitech社によって、30 Lから最大2000 Lまでの最大2台のシングルユースバイオリアクターを同時に制御できるAgilitechバイオリアクターコントローラーが発売されました。この製品の設計により、統合が可能になります。あらゆるブランドのシングルユースバイオリアクターを使用できます。製薬およびバイオ医薬品ビジネスにおけるこのような発展は市場の拡大を推進しており、予測年中に国内の調査対象市場の成長に好影響を与えると予想されます。

シングルユースバイオリアクター業界の概要

シングルユースバイオリアクター市場の競合情勢には、事業概要、財務、製品と戦略、地域および世界の市場プレーヤーによる最近の動向が含まれます。世界のシングルユースバイオリアクター市場は競争が激しく、多数の主要企業で構成されています。 ABEC、Celltainer、Distek Inc.、Eppendorf AG、Danaher(Cytiva)、Merck KGaA、OmniBRx Biotechnologies、Pall Corporation、Sartorius AG、Thermo Fisher Scientificなどの企業が、シングルユースバイオリアクター市場で大きなシェアを占めています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 業界によるシングルユーステクノロジー(SUT)の急速な導入
    • コスト効率とダウンタイムの短縮
    • 新製品の発売
  • 市場抑制要因
    • 高額な経常経費
    • 適正製造基準を満たす上の問題
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品タイプ別
    • シングルユースバイオリアクターシステム
    • メディアバッグ
    • ろ過アセンブリ
    • その他の製品
  • 細胞タイプ別
    • 哺乳類細胞
    • 細菌
    • 酵母
    • その他の細胞タイプ
  • 分子タイプ別
    • ワクチン
    • モノクローナル抗体
    • 幹細胞
    • 組換えタンパク質
    • その他の分子タイプ
  • エンドユーザー別
    • 製薬およびバイオ医薬品産業
    • 受託研究機関(CRO)
    • その他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東とアフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • ABEC
    • Celltainer
    • Distek, Inc.
    • Eppendorf SE
    • Danaher(Cytiva)
    • Merck KGaA
    • OmniBRx Biotechnologies
    • Pall Corporation
    • Sartorius AG
    • Thermo Fisher Scientific

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 64136

The Global Single-use Bioreactor Market size is estimated at USD 1.47 billion in 2024, and is expected to reach USD 2.34 billion by 2029, growing at a CAGR of 9.70% during the forecast period (2024-2029).

Global Single-use Bioreactor - Market

The ongoing Covid-19 pandemic is expected to have a significant impact on the studied market. The market growth was hampered by the decline in sales by major players in the initial phase of the pandemic due to the shutdown and closure of the manufacturing sites. For instance, according to a press release titled "Single-use Lead Times up to 12 Months as COVID Takes Its Toll" by one of the global market players ABEC in May 2021, few manufacturers have waited up to 1 year for single-use equipment, while vendors who are expanding capacities, these projects took months to come online. Thus, the sales of single-use bioreactors were affected by the pandemic. However, single-use bioprocess materials and systems were considered essential resources for the creation and distribution of possible vaccines and treatments for the disease. And, these platforms were used to make innovative vaccines, such as mRNA, DNA, and viral vectors, and were generally constructed using single-use technologies due to the speed and flexibility required. In the article 'COVID-19 Drives Surge in Growth of Single-use Technologies' published in July 2022 it was mentioned that biopharmaceutical companies sought out adaptable technologies that could be swiftly brought online to mass produce vaccines against the SARS-CoV-2 virus. As a result, COVID-19 marked a turning point for single-use systems (SUS), with a sharp rise in demand for reusable and adaptable technology for industrial manufacture. Therefore, such factors mentioned above indicate that the Covid-19 pandemic has had a significant impact on the market studied.

Certain factors that are driving the market's growth include rapid adoption of single-use technologies (SUTs) by the industry, cost-effectiveness, lower downtime, and the launch of new products.

Furthermore, the inclination of the industry toward using singleuse bioreactors (SUBs) is currently being influenced by the criticality of the step, the value of the product, and the time for product development and production. Additionally, as per the article 'Advancing upstream biomanufacturing: continuous perfusion cell culture' published in July 2022 it was mentioned that initial continuous perfusion process development frequently takes more time than batch and fed-batch processes. However, once the procedure is in practice, productivity gains might counterbalance this. These benefits include enabling manufacturers to reach clinical production quantities more readily by allowing for lesser scale-up production operational volume requirements. And these benefits can be achieved using single-use bioreactors. Therefore, such advantages in manufacturing facilities that are gained by using single-use bioreactors are anticipated to contribute to market growth.

In the bioprocessing sector, SUBs has become a standard for both clinical and industrial batches. Thus, significant developments are being made in the single-use bioreactor segment which is also fuelling the market growth. For instance, in March 2021, Thermo Fischer Scientific launched the 3,000 L and 5,000 L HyPerforma DynaDrive single-use bioreactors. The 3,000 L and 5,000 L vessels in this product have the same footprint, with hardware that is simplified and optimized for perfusion cell culture procedures to assist conserve manufacturing suite space. Thus, such developments are anticipated to drive market growth over the forecast period.

Therefore, owing to the above-mentioned factors the market is predicted to witness growth over the forecast period. However, high regular recurring expenses may be involved which is anticipated to hinder the market growth.

Single Use Bioreactor Market Trends

Monoclonal Antibodies Segment is Anticipated to Witness Growth

The main advantage of using monoclonal antibodies (MAbs) in treating several diseases (such as lymphoma and leukemia, as well as autoimmune diseases) is that they are taken from a biological source and can produce antibodies in the long term. While the use of disposables (single-use bioreactors) eliminates cleaning and sterilization steps, as well as cleaning validation, it reduces cost and the time of operation per batch. Thus, with the increasing demand for MAbs manufacturing, the application of single-use bioreactors (SUBs) for the production and manufacturing of MAb is also increasing. Hence, it is expected to drive the growth of the segment.

An increase in research and development (R&D) activities, collaborations, and strategic partnerships along with soaring demand for new vaccines and therapeutics and rising chronic and infectious diseases is expected to boost the segment growth. For instance, in January 2022, HaemaLogiX Ltd (HaemaLogiX) and Lonza entered into an agreement to manufacture the next clinical batch (cGMP) of HaemaLogiX's lead multiple myeloma drug candidate, KappaMab, a monoclonal antibody that binds to a cell surface target called kappa myeloma antigen (KMA) that is only found on myeloma cancer cells and not on normal plasma cells. Such strategies for the development of monoclonal antibodies are anticipated to create demand for SUBs used for manufacturing facilities, thereby, expected to drive segment growth.

Moreover, an article published by 53Biologics in July 2022 stated that monoclonal antibody biotherapeutics account for roughly 1/5th of new drug approvals by the Food and Drug Administration (FDA) every year, and bioreactors such as SUBs can improve efficiency and performance in MAb manufacturing. Thus, the improved efficiency and performance of SUBs in manufacturing of MAb are expected to boost the segment growth.

Therefore, owing to the factors mentioned above, the segment is anticipated to witness growth over the forecast period.

North America Dominates the Market and is Expected to do so during the Forecast Period

North America is expected to be a dominant region in the single-use bioreactors (SUBs) market due to increasing chronic illnesses coupled with the emerging need for developing new drugs.

More than 34.2 million Americans have diabetes, and more than 868,000 people die from heart disease each year, according to data from the Centers for Disease Control and Prevention that was published on January 10th, 2022. In addition to this, the data updated by the Food and Drug Administration (FDA) in 'Fact Sheet: FDA at a Glance' published in November 2021 shows that there are 4,944 FDA-Registered Facilities for the development of biologics and 6,799 for human drugs. Such a high number of manufacturing facilities to produce drugs is expected to create opportunities for the use of SUBs. Thereby, expected to drive market growth in the region.

Furthermore, the pharmaceutical and biopharmaceutical industries' innovative drug development is anticipated to fuel market expansion in this sector. About 382 vaccine candidates were under development as of February 2021, according to the International Federation of Pharmaceutical Manufacturers and Associations' "Facts & Figures Report 2021," of which 24 were in Phase I, 34 were in Phase II, and 23 were in Phase III trials. The biopharmaceutical sector is taking extraordinary, quick steps to get vaccinations to patients. Thus, such increasing demand for the development of biologics in the country is expected to create demand for the use of single-use bioreactors over the forecast period.

Moreover, the developments and product launches are also expected to drive market growth in the country. For instance, in October 2021, the Agilitech bioreactor controller was launched by Agilitech, a United States-based company that provides simultaneous control of up to two single-use bioreactors from 30 L up to 2000 L. The design of the product allows for integration with any brand single-use bioreactor. Such developments in the pharmaceutical and biopharmaceutical businesses are driving market expansion and are anticipated to favorably affect the growth of the studied market in the country during the projected year.

Single Use Bioreactor Industry Overview

The competitive landscape of the single-use bioreactors market covers the business overview, financials, products and strategies, and recent developments by market players regionally and globally. The global single-use bioreactor market is competitive and consists of a number of major players. Companies, like ABEC, Celltainer, Distek Inc., Eppendorf AG, Danaher (Cytiva), Merck KGaA, OmniBRx Biotechnologies, Pall Corporation, Sartorius AG, and Thermo Fisher Scientific, among others, hold substantial shares in the single-use bioreactor market.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Rapid Adoption of Single-use Technologies (SUTs) by the Industry
    • 4.2.2 Cost Effectiveness and Lower Downtime
    • 4.2.3 New Product Launches
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High Regular Recurring Expenses
    • 4.3.2 Issues with Meeting the Standards of Good Manufacturing Practices
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Type of Product
    • 5.1.1 Single-use Bioreactor Systems
    • 5.1.2 Media Bags
    • 5.1.3 Filtration Assemblies
    • 5.1.4 Other Products
  • 5.2 By Cell Type
    • 5.2.1 Mammalian Cell
    • 5.2.2 Bacteria
    • 5.2.3 Yeast
    • 5.2.4 Other Cell Types
  • 5.3 By Molecule Type
    • 5.3.1 Vaccines
    • 5.3.2 Monoclonal Antibodies
    • 5.3.3 Stem Cells
    • 5.3.4 Recombinant Proteins
    • 5.3.5 Other Molecule Types
  • 5.4 By End User
    • 5.4.1 Pharmaceutical and Biopharmaceutical Industries
    • 5.4.2 Contract Research Organizations (CRO)
    • 5.4.3 Other End Users
  • 5.5 Geography
    • 5.5.1 North America
      • 5.5.1.1 United States
      • 5.5.1.2 Canada
      • 5.5.1.3 Mexico
    • 5.5.2 Europe
      • 5.5.2.1 Germany
      • 5.5.2.2 United Kingdom
      • 5.5.2.3 France
      • 5.5.2.4 Italy
      • 5.5.2.5 Spain
      • 5.5.2.6 Rest of Europe
    • 5.5.3 Asia-Pacific
      • 5.5.3.1 China
      • 5.5.3.2 Japan
      • 5.5.3.3 India
      • 5.5.3.4 Australia
      • 5.5.3.5 South Korea
      • 5.5.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.5.4 Middle East and Africa
      • 5.5.4.1 GCC
      • 5.5.4.2 South Africa
      • 5.5.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.5.5 South America
      • 5.5.5.1 Brazil
      • 5.5.5.2 Argentina
      • 5.5.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 ABEC
    • 6.1.2 Celltainer
    • 6.1.3 Distek, Inc.
    • 6.1.4 Eppendorf SE
    • 6.1.5 Danaher (Cytiva)
    • 6.1.6 Merck KGaA
    • 6.1.7 OmniBRx Biotechnologies
    • 6.1.8 Pall Corporation
    • 6.1.9 Sartorius AG
    • 6.1.10 Thermo Fisher Scientific

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS