デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1437963

電気自動車パワーインバーター:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Electric Vehicle Power Inverter - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 159 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.89円
電気自動車パワーインバーター:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 159 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

電気自動車パワーインバーター市場規模は、2024年に76億5,000万米ドルと推定され、2029年までに212億6,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に22.66%のCAGRで成長します。

電気自動車パワーインバーター- 市場

パンデミックは世界中のほぼすべての業界に影響を与えています。しかし、毎年の電気自動車の継続的な需要と販売などの要因により、電気自動車パワーインバーター市場の需要は大幅に成長しています。たとえば、パンデミックにもかかわらず、乗用車などの電気自動車の販売は、アジア太平洋や欧州などの地域のさまざまな国でプラスの成長を示しています。ただし、自動車業界は2021年に電気自動車生産の大幅な成長を示しており、予測期間中にパワーインバーターの需要が増加する可能性があります。

中期的には、各国政府が自動車メーカーや顧客に電気自動車の製造と導入を奨励しているため、電気自動車パワーインバーターメーカーにとってチャンスとなる電動モビリティプロジェクトに多額の資金を投入しています。電気自動車の需要の高まりにより、パワーインバーターなど電気自動車に使用される部品の売上も増加すると予想されます。

世界中で排出ガス基準が厳しくなる中、自動車メーカーは生産を従来のエンジン車からハイブリッド車や電気自動車に徐々に移行させています。さらに、政府は電気自動車の販売増加を支援するために、各国の電気自動車の購入者に対して自動車税、ボーナス支払い、保険料の減額などの奨励金を開始しました。また、欧州、北米、アジア太平洋地域、特に日本と中国における充電ステーション施設の増加が、電気自動車の販売の増加をさらに支えています。

いくつかのメーカーは、2025年以降の見通しに向けて、電気自動車関連の発表を超える水準を引き上げています。大手OEMの10社以上が、2030年以降の電動化目標を宣言しています。重要なのは、一部のOEMが電気自動車のみを生産するように製品ラインを再構成することを計画していることです。たとえば、ゼネラルモーターズは2021年の第1四半期に、電気自動車および自動運転車への支出を2025年までに200億米ドルに引き上げる計画を発表しました。同社は2023年までに20の新しい電気モデルを発売する予定で、1車種以上の販売を目指しています。予測期間中、米国と中国では年間100万台の電気自動車が普及します。

EVパワーインバーター市場動向

電気自動車の販売拡大

電気自動車は自動車産業にとって不可欠な要素となっており、汚染物質やその他の温室効果ガスの排出量の削減とともに、エネルギー効率の達成に向けた道筋となっています。環境への懸念の高まりと政府の有利な取り組みは、市場の成長を促進する主な要因の一部です。

2021年の世界のバッテリー電気自動車の販売台数は350万台で、2020年の販売台数と比べて大幅に増加しました。小型乗用電気自動車(EV)の導入を加速し、内燃機関を搭載した従来の自動車を段階的に廃止する動き世界中で注目を集めています。平均燃料価格の上昇は、欧州が世界の他の地域に比べて新規電気自動車登録のシェアが高いという事実を反映しています。したがって、燃料価格の上昇により電気自動車が大量に導入され、世界中でビジネスが急増すると予想されます。

世界中で充電インフラの開発に対する政府投資が増加しているため、電気自動車の販売が促進される可能性があります。例えば、

  • 2022年10月、ドイツ政府は全国に充電ステーションの数を増やすために63億ユーロ(61億米ドル)を投資しました。
  • 2022年9月、日本のリース会社オリックスは、全国に電気自動車充電ステーションを設置すると発表しました。同社はユビデンと提携し、2025年までに約5万カ所の充電ステーションを建設する予定です。

さらに、バッテリーに関連するコストが高いため、車両の性能向上に加えて、インバーターやその他のパワーエレクトロニクスの改良も必要となっています。例えば、

顧客の嗜好が電気自動車にシフトしていることは、将来の脱炭素化の明らかな兆候であり、同時に充電ステーションにとっても決定的なものですが、EVの普及は消費者行動、インフラ、特定の地域クラスターなどのさまざまな属性に左右されます。電気自動車の販売が増加すると、それに比例して充電ステーションの需要も高まるでしょう。市場の著名なプレーヤーは消費者心理を正確に診断し、急速充電技術を全国に提供することでそれに応えることに注力しています。

この変化はICエンジン車の販売低迷にはつながっていないもの、現在および将来において電気自動車の有望な市場を生み出しました。上記の傾向により、一部の自動車メーカーは電気自動車やパワーインバーターなどの関連コンポーネントの研究開発への支出を増やすようになりましたが、他の自動車メーカーは市場シェアを獲得するために新製品の発売に注力し始め、最終的には市場の需要を押し上げています。

アジア太平洋が電気自動車パワーインバーター市場をリード

アジア太平洋が電気自動車用パワーインバータ市場をリードしており、欧州と北米がそれぞれそれに続きます。中国における電気自動車の販売は急速に伸びています。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックによる半導体供給不足により世界的に自動車販売が低迷しているにもかかわらず、よりクリーンな車を選ぶ人が増えたため、中国の電気自動車販売は昨年154%増加しました。電気自動車(EV)メーカーは2021年に中国で合計330万台を販売し、2020年の130万台、2019年の120万台から増加しました。

インド政府は、国際条約に関連する排出量を削減し、急速な都市化に伴う電子モビリティの開発を目的として、インドでの電気自動車の製造と導入を促進するための複数の取り組みを行っています。インドでの電気自動車の販売の増加に伴い、自動車メーカーは新技術の開発に投資し、需要に対応するために生産能力を増強しています。例えば、

  • 2022年5月、トヨタグループは電気自動車部品の製造のためにインドに480億ルピー(6億2,400万米ドル)を投資する計画を明らかにしました。
  • 2022年3月、マルチ・スズキの親会社であるスズキモーターは、インドで10,440カロールインドルピーを投じて新しい電気自動車とバッテリー施設を開発すると発表しました。

インドの主要自動車メーカーも、予測期間中の目標市場の成長にプラスの影響を与える新製品を開発するための研究開発活動に取り組んでいます。例えば、

  • 2022年3月、トヨタ・キルロスカ・モーターはインド初の水素燃料電池電気自動車を導入するプロジェクトを発表しました。インド最大の新興自動車市場の一つがクリーン輸送への移行を促進しようとしているからです。トヨタは政府の試験機関である国際自動車技術センターと協力し、インドの道路や気候条件に合わせた燃料電池電気自動車「ミライ」を研究します。トヨタのミライ車は、カルナータカ州にあるトヨタのキルロスカ工場で生産されます。

日本は2030年までに、新車販売の50~70%を次世代自動車が占め、バッテリー電気自動車(BEV)とプラグインハイブリッド電気自動車(PHEV)が20~30%、ハイブリッド電気自動車(HEV)が占めるようにしたいと考えています。30~40パーセントを占めます。それを達成するために、2021年 11月に日本政府はe-モビリティに総額375億円(2億9,000万ユーロ)を割り当てました。しかし、市場が直面している主な障害は、老朽化した貧弱な充電インフラです。そこで日本は2030年までにEV充電スタンドを全国に15万か所に増やすことを目指しています。

いくつかの大手企業が、国内でEVソリューションを共同開発するための提携を発表しました。例えば、

  • ソニーグループ株式会社とホンダは、2022年3月に戦略的提携に合意し、高付加価値電池の開発・販売で協力する合弁会社設立の意向を示す覚書(MOU)を締結しました。車両(EV)。

たとえば、さまざまな自動車メーカーも、電気自動車とともに家庭用充電ソリューションを顧客に提供しています。

  • 2022年10月、ENECHANGE Ltd.は、2027年までに日本に3万台のEV充電器を設置すると発表しました。全国47都道府県のすべてのEV充電器で当社のEV充電サービスの導入が決定しました。

パワーインバーターの需要は、予測期間中に世界中でハイブリッド車や電気自動車の販売が増加する傾向と同時に成長すると予想されます。

EVパワーインバータ業界の概要

世界の電気自動車パワーインバーター市場は、Continental AG、Robert Bosch GmbH、DENSO Corporation、Mitsubishi Electric Corporationなどの少数のプレーヤーによって独占されています。両社は、競合他社よりも優位に立つために、新しい生産工場を開設したり合弁事業を設立したりして事業を拡大しています。例えば、

  • 2022年 11月、コンチネンタルAGはティミショアラの電子部品工場の3番目の拡張工事を完了しました。同社は製造運営施設に4,000万ユーロを投資し、全国の電気自動車部品の生産能力を強化します。
  • 2021年 10月、ロバートボッシュは新しいCV専用電気モーターとインバーターをデビューさせました。この230電動モーターをボッシュの先進的なSicインバーターと組み合わせることで、エネルギー損失を削減し、商用車の航続距離を延ばすことができます。
  • 2021年5月、ロバート・ボッシュは、ポルシェおよびベルリンのフラウンホーファー信頼性・マイクロ統合研究所(フラウンホーファーIZM)と協力して、車両のパワーインバーターの性能を強化することで電気自動車(EV)の航続距離を延ばすことを目的とした新しいプロジェクトを発表しました。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション(金額ベースの市場規模)

  • 推進タイプ別
    • ハイブリッド電気自動車
    • プラグインハイブリッド電気自動車
    • バッテリー電気自動車
    • 燃料電池電気自動車
  • 車種別
    • 乗用車
    • 商用車
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • 北米のその他の地域
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 世界のその他の地域
      • 南米
      • 中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • ベンダーの市場シェア
  • 企業プロファイル
    • Vitesco Technologies
    • Robert Bosch GmbH
    • DENSO Corporation
    • Toyota Industries Corporation
    • Hitachi Astemo Ltd
    • Meidensha Corporation
    • Aptiv PLC(Borgwarner Inc.)
    • Mitsubishi Electric Corporation
    • Marelli Corporation
    • Valeo Group
    • Lear Corporation
    • Infineon Technologies AG
    • Eaton Corporation

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 63805

The Electric Vehicle Power Inverter Market size is estimated at USD 7.65 billion in 2024, and is expected to reach USD 21.26 billion by 2029, growing at a CAGR of 22.66% during the forecast period (2024-2029).

Electric Vehicle Power Inverter - Market

The pandemic has affected almost every industry around the globe; however, the demand for the electric vehicle power inverter market is growing significantly, owing to factors, such as the continuous demand and sales of electric vehicles every year. For instance, despite the pandemic, the sales of electric vehicles, such as passenger cars, have shown positive growth in various countries in the regions, such as Asia-Pacific and Europe. However, The automotive industry witnessed significant growth in terms of electric vehicle production in 2021, which is likely to increase the demand for power inverters during the forecast period.

Over the medium term, governments in various countries are spending heavily on electric mobility projects, which are going to provide an opportunity for electric vehicle power inverter manufacturers, as governments are encouraging automobile manufacturers and customers to produce and adopt electric vehicles. The rise in the demand for electric vehicles is also expected to increase the sales of the components used in electric vehicles, such as power inverters.

With growing stringent emission standards across the globe, automakers are gradually shifting their production from conventional engine vehicles to hybrid and electric vehicles. In addition, governments have initiated incentives, such as a cut down in vehicle tax, bonus payments, and premiums, for buyers of electric vehicles in the respective countries to support electric vehicle sales growth. Also, the increasing charging station facilities in the regions, especially in Europe, North America, and Asia-Pacific, particularly in Japan and China, have further supported the growing electric vehicle sales.

Several manufacturers have raised the bar to go beyond the announcements related to electric vehicles with an outlook beyond 2025. More than ten of the largest OEMs have declared electrification targets for 2030 and beyond. Significantly, some OEMs plan to reconfigure their product lines to produce only electric vehicles. For instance, in the first trimester of 2021, General Motors announced its plans to raise its spending on electric and autonomous vehicles to USD 20 billion by 2025. The company is expected to launch 20 new electric models by 2023 and aims to sell more than 1 million electric cars a year in the United States and China over the forecast period.

EV Power Inverter Market Trends

Growing Sales of Electric Vehicles

Electric vehicles have become an integral part of the automotive industry, and they represent a pathway toward achieving energy efficiency, along with reduced emissions of pollutants and other greenhouse gases. The increasing environmental concerns, coupled with favorable government initiatives, are some of the major factors driving the market growth.

Global battery electric vehicle sales were marked at 3.5 million units in 2021, which was significantly higher compared to sales figures in 2020. The movement to accelerate the adoption of light-duty passenger electric cars (EVs) and phase out traditional vehicles with internal combustion engines is gaining traction around the world. The increase in average fuel prices reflects the fact that Europe has a higher share of new electric car registrations than other parts of the world. Hence, mass adoption of electric vehicles, owing to rising fuel prices, is expected to proliferate business globally.

Rising government investment in the development of charging infrastructure across the globe is likely to promote the sale of electric vehicles. For instance,

  • In October 2022, the German government invested Euro 6.3 Billion (USD 6.1 Billion) to increase the number of charging stations across the country.
  • In September 2022, Japanese leasing company Orix announced the installation of electric vehicle charging stations across the country. The company will build around 50,000 charging stations by 2025 in partnership with Ubiden.

Moreover, the high cost associated with batteries has necessitated the improvement of inverters and other power electronics, along with improving the performance of vehicles. For instance,

Shifting customer preference towards electric vehicles is an evident sign for future decarbonization and simultaneously decisive for charging stations, although penetration of EVs is subjected to various attributes, including consumer behavior, infrastructure, and certain regional clusters. An increase in electric vehicle sales will proportionally fuel the demand for charging stations. Prominent players in the market have diagnosed the pinpoint of consumer sentiment and thus are focusing on catering to it by offering fast-charging technologies across the country.

Though change has not resulted in a slump in IC engine vehicle sales, it created a promising market for electric vehicles in the present and future. The above trend has propelled some of the automakers to increase their expenditure on R&D in electric vehicles and associated components, like power inverters, while others have started focusing on launching new products to capture the market share, eventually pushing the demand in the market.

Asia-Pacific is leading the Electric Vehicle Power Inverter Market

Asia-Pacific is leading the electric vehicle power inverter market, followed by Europe and North America, respectively. The sale of electric vehicles in China is growing at a rapid pace. Despite a global downturn in auto sales due to a shortage of semiconductor supply caused by COVID-19 pandemic, electric vehicle sales in China increased by 154 percent last year, as more people chose cleaner vehicles. Electric vehicle (EV) manufacturers sold a total of 3.3 million units in China in 2021, up from 1.3 million in 2020 and 1.2 million in 2019.

The government of India has undertaken multiple initiatives to promote the manufacturing and adoption of electric vehicles in India to reduce emissions pertaining to international conventions and develop e-mobility in the wake of rapid urbanization. With the increasing sales of electric vehicles in India, automakers are investing in the development of new technologies and increasing their production capacities to accommodate the demand. For instance,

  • In May 2022, Toyota Group revealed plans to invest INR 48 billion (USD 624 million) in India to manufacture electric vehicle components.
  • In March 2022, Suzuki Motor, the parent company of Maruti Suzuki, announced that it will spend INR 10,440 crore in India to develop a new electric car and battery facility.

Key automakers in India are also working on research and development activities to develop new products which would positively impact the target market growth during the forecast period. For instance,

  • In March 2022, Toyota Kirloskar Motor unveiled a project to introduce India's first hydrogen-powered fuel cell electric car as one of the biggest emerging car markets looks to expedite its transition to clean transport. Toyota will work with the government's testing agency International Centre for Automotive Technology, to study the fuel cell electric car Mirai for Indian roads and climatic conditions. The Toyota Mirai car shall be manufactured at Toyota's Kirloskar Plant in Karnataka.

By 2030, Japan wants next-generation vehicles to account for 50-70 percent of new vehicle sales, with battery electric vehicles (BEVs) and plug-in hybrid electric vehicles (PHEVs) accounting for 20-30 percent and hybrid electric vehicles (HEVs) accounting for 30-40 percent. To achieve that, in November 2021, The Japanese government earmarked a total of JPY 37.5 billion (EUR 290 million) for e-mobility. However, the primary hindrance the market is facing is the aged and poor charging infrastructure. Hence, Japan is aiming to increase the number of EV charging stations nationwide to 150,000 by 2030.

Several major players announced partnerships to co-develop EV solutions in the country. For instance,

  • In March 2022, Sony Group Corporation and Honda Motor Co., Ltd have agreed to forging a strategic collaboration and have signed a memorandum of understanding (MOU) outlining their intention to form a joint venture to collaborate on the development and distribution of high-value-added battery electric vehicles (EVs).

Various automakers are also providing home charging solutions to their customers along with electric vehicles, for instance.

  • In October 2022, ENECHANGE Ltd announced the installation of 30,000 EV chargers in Japan by 2027. All EV chargers 47 prefectures in Japan have decided to introduce our EV charging service.

The demand for power inverters is expected to grow simultaneously with the growing trend of hybrid and electric vehicle sales around the world during the forecast period.

EV Power Inverter Industry Overview

The global electric vehicle power inverter market is dominated by a few players such as Continental AG, Robert Bosch GmbH, DENSO Corporation, and Mitsubishi Electric Corporation. The companies are expanding their business by opening new production plants and making joint ventures so that they can have an edge over their competitors. For instance,

  • In November 2022, Continental AG completed the construction of the third expansion of the electronic components factory in Timisoara. The company invested Euro 40 Million for the manufacturing operation facility which will enhance the production capacity of electric vehicle components across the country.
  • In October 2021, Robert Bosch debuted a new CV-specific electric motor and inverter. This 230 e-motor can be paired with Bosch's advanced Sic inverter to cut down on energy losses and increase the driving range of commercial vehicles.
  • In May 2021, Robert Bosch, in association with Porsche and Fraunhofer Institute for Reliability and Micro integration (Fraunhofer IZM) in Berlin, announced a new project aimed at increasing the range of electric vehicles (EVs) by enhancing the performance of power inverters in vehicles.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Drivers
  • 4.2 Market Restraints
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Force Analysis
    • 4.3.1 Threat of New Entrants
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Value - USD Million)

  • 5.1 By Propulsion Type
    • 5.1.1 Hybrid Electric Vehicles
    • 5.1.2 Plug-in Hybrid Electric Vehicle
    • 5.1.3 Battery Electric Vehicle
    • 5.1.4 Fuel Cell Electric Vehicle
  • 5.2 By Vehicle Type
    • 5.2.1 Passenger Cars
    • 5.2.2 Commercial Vehicles
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Rest of North America
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 South Korea
      • 5.3.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Rest of the World
      • 5.3.4.1 South America
      • 5.3.4.2 Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share
  • 6.2 Company Profiles*
    • 6.2.1 Vitesco Technologies
    • 6.2.2 Robert Bosch GmbH
    • 6.2.3 DENSO Corporation
    • 6.2.4 Toyota Industries Corporation
    • 6.2.5 Hitachi Astemo Ltd
    • 6.2.6 Meidensha Corporation
    • 6.2.7 Aptiv PLC (Borgwarner Inc.)
    • 6.2.8 Mitsubishi Electric Corporation
    • 6.2.9 Marelli Corporation
    • 6.2.10 Valeo Group
    • 6.2.11 Lear Corporation
    • 6.2.12 Infineon Technologies AG
    • 6.2.13 Eaton Corporation

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS