デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1437882

シールコート:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024-2029年)

Seal Coat - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.74円
シールコート:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024-2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

シールコート市場規模は2024年に14億7,000万米ドルと推定され、2029年までに17億8,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に3.82%のCAGRで成長します。

シールコート-マーケット

主なハイライト

  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックは世界のシールコート市場を妨げました。建設業界は、原材料の入手不能、労働者不足、サプライチェーンの混乱により停止しました。しかし、パンデミック後の建設業界の急増により、シールコートの消費が促進される可能性があります。
  • 中期的には、商業建設活動、舗装建設、急速な工業化、都市化の増加が、世界のシールコート市場を推進する主要な要因となっています。その半面、がんの原因となる多環芳香族炭化水素(PAH)による環境と健康リスクに関する厳格な規制と、多くの地域でのコールタールベースのシールコートの禁止により、今後の市場の成長は鈍化すると思われます。数年。
  • 先進国および新興諸国での改修および修理活動の増加は、業界に新たな成長機会をもたらす可能性があります。北米は世界市場を独占しており、米国やカナダなどの国でシールコーティングの最大の消費量が見られます。

シールコート市場動向

私道と駐車場からの需要の高まり

  • シールコーティングは、駐車場や私道の建設に使用されるアスファルトバインダーやその他の材料の影響を軽減し、その寿命を延ばすために使用されます。さらに、シールコーティングは、水、油、紫外線(UV)線による損傷などの有害な侵入をブロックする保護層を提供します。これらのコーティングは滑りにくい表面をもたらし、深い黒色の仕上げにより見た目にも美しく、駐車場や私道に豪華さを加えます。
  • さらに、私道や駐車場はガソリンや水などの過剰な化学物質にさらされています。このような外部要素はアスファルトの層を弱め、最終的には破壊する可能性があります。シールコートを塗布すると、化学薬品、水、さらには紫外線などに対するバリアとして機能します。また、私道や駐車場の亀裂や損傷の修復に費やすお金と時間を節約し、寿命を延ばします。
  • 北米と欧州では、ほぼすべての建物(小規模から大規模の住宅、または高層ビルまで)に私道と駐車場があります。さらに、ショッピングセンター、学校、病院、ショッピングモール、複合施設、スタジアム、空港などには私道と駐車場があります。これらの地域でのこのような建物やその他の商業施設の建設の増加により、将来的にシールコート市場が牽引されると予想されます。
  • ドイツでは、2021年の建設業界の受注額は1,100億米ドルで、前年比9.4%増加しました。新規建築物の許可額は、特に建設価格の上昇により、前年比8%増の1,280億米ドル近くになりました。
  • しかし、2022年1月から11月までに発行された住宅の建築許可は、前年同期と比べて5.7%減少しました。 2022年11月、ドイツでは24,304戸の住宅の建設が許可されました。連邦統計局(Destatis)は、2021年11月と比較して建築許可件数が16.3%、つまり4,716件減少したと報告しました。
  • さらに、欧州では小売業が拡大しており、大陸各地で新しいモールが建設されています。ロシアのベガス・クンツェボ、スウェーデンのモール・オブ・スカンジナビア、英国のウェストフィールド・ブラッドフォード、オーストリアのウェーバーツァイレ・リート、ベルギーのモール・オブ・欧州、ポーランドのルブリン・モールは、最近欧州で建設が行われているもの一部です。
  • さらに、全米アスファルト舗装協会(NAPA)によると、米国の駐車場の90%以上がアスファルト舗装で舗装されています。したがって、駐車場の新設は、アスファルト舗装の保全に義務付けられているシールコートの需要に大きな影響を与えることになります。

米国が北米市場を独占へ

  • シールコートは、水、瓦礫、化学物質の漏洩、紫外線などによって引き起こされる自然な老化プロセスから舗装を保護することで、舗装、私道、車道、競馬場、その他の資本資産の寿命を延ばす物質です。米国のほとんどの舗装はアスファルトでできており、99%以上が他のプロジェクトで再利用できるためです。
  • 全米アスファルト舗装協会(NAPA)によると、国内では約3,600か所のアスファルト混合物生産拠点が操業し、年間約4億2,000万トンのアスファルト舗装材料を生産しています。航空業界は毎年、空港改善プログラムから40億米ドルの補助金と旅客施設使用料を受け取り、飛行場の滑走路、エプロン、誘導路に費やされています。
  • 2022年、米国運輸省連邦航空局(FAA)は、米国の空港ターミナルを改善するため、バイデン大統領の超党派のインフラ法から10億米ドル近くの資金提供を発表しました。この資金により、米国85か所の空港ターミナルの改善が進められ、収容能力の拡大、エネルギー効率の向上、アクセスの向上が図られます。
  • さらにFAAは、ノースカロライナ州アッシュビル地域空港(AVL)で新しい航空管制塔の建設が進行中であると発表しました。新しいエネルギー効率の高いタワーは、拡張され近代化されたターミナルとともに、空港がこの地域で増大する航空需要に応えるのに役立ちます。高さは127フィートで、その上には3人の航空管制官が乗れる440平方フィートの運転室が設置されます。
  • さらに、米国国勢調査局(USCB)によると、この国は、さまざまな開発段階にあるかなりの数の商業建設プロジェクトにも着手しています。この国で進行中の商業プロジェクトには、ラスベガスの紫禁城とオールネットアリーナ &リゾート、ハワイのコオリナアトランティスリゾート、フロリダ州のマイアミヘラルド再開発、ワシントンDCのザワーフ-フェーズ 2などがあります。このようなプロジェクトの開発には新しい私道や駐車場の建設が必要となり、今後数年間でシールコートの需要が増加します。
  • さらに、国内のアスファルト舗装支出の約35%は住宅および非住宅建設部門に記録されています。さらに、商業ビル建設に対する米国の支出は、予測期間中に毎年 4%以上増加すると推定されています。国内での核家族化の傾向に伴い、アパートが主要な嗜好の一つとなり、高層住宅やタウンシップの建設につながり、そのような区画では駐車スペース、歩道、私道の増加につながっています。
  • したがって、これらの要因により、北米でのシールコートの需要が高まり、業界全体の成長が促進されると予想されます。

シールコート業界の概要

シールコート市場は、多くのプレーヤーの間で市場シェアが分割されているため、非常に細分化されています。主要なプレーヤーには、Seal Master、RaynGuard、Neyra、Star Seal Inc.、Crafcoなどが含まれます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 舗装工事の増加
    • 商業建設活動の拡大
  • 抑制要因
    • 多くの地域でコールタールベースのシールコートを禁止
    • その他の抑制要因
  • 業界のバリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品やサービスの脅威
    • 競合の程度

第5章 市場セグメンテーション(金額ベースの市場規模)

  • 製品タイプ
    • コールタール系
    • アスファルト系
    • アクリル系
    • その他の製品タイプ
  • 用途
    • 舗装
      • 私道と駐車場
      • 車道と歩道
      • レーストラックとスポーツ
    • 修理と改修
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東とアフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • 残りの中東およびアフリカ

第6章 競合情勢

  • 合併と買収、合弁事業、コラボレーション、および契約
  • 市場シェア分析**/ ランキング分析
  • 有力企業が採用した戦略
  • 企業プロファイル
    • Asphalt Coatings Engineering Inc.
    • Crafco Inc.
    • Fahrner Asphalt Sealers Llc
    • GemSeal Pavement Products
    • Go Green Lehong New Material Technology(Shanghai)Co. Ltd
    • GoldStar Asphalt Products
    • GuardTop
    • Neyra
    • Raynguard
    • SealMaster
    • Star Seal Inc.
    • Vance Brothers Inc.
    • Western Colloid
    • Wolf Paving

第7章 市場機会と将来の動向

  • 増加する改修および修理活動
目次
Product Code: 61908

The Seal Coat Market size is estimated at USD 1.47 billion in 2024, and is expected to reach USD 1.78 billion by 2029, growing at a CAGR of 3.82% during the forecast period (2024-2029).

Seal Coat - Market

Key Highlights

  • The COVID-19 pandemic hampered the global seal coat market. The construction industry came to a standstill due to the unavailability of raw materials, the shortage of laborers, and disruptions in the supply chain. However, the upsurge in the construction industry post-pandemic is likely to drive the consumption of seal coats.
  • Over the medium term, the increasing commercial construction activities, pavement construction, rapid industrialization, and urbanization are major factors driving the global seal coat market. On the flip side, strict rules about the environment and health risks caused by polycyclic aromatic hydrocarbons (PAHs), which can cause cancer, and a ban on coal tar-based seal coats in many regions will slow the growth of the market over the next few years.
  • Rising refurbishment and repair activities in developed and developing countries will likely offer new growth opportunities for the industry. North America dominates the global market, with the largest consumption of seal coating in countries such as the United States and Canada.

Seal Coat Market Trends

Rising Demand from Driveways and Parking Lots

  • Seal coatings are used to reduce the effects of asphalt binders or other materials used in parking lots or driveway construction, thereby increasing their lifespan. Further, seal coatings provide a layer of protection by blocking harmful intrusions such as water, oils, and ultraviolet (UV) ray damage. These coatings also result in a slip-resistant surface and are aesthetically pleasing owing to their deep black finish, which adds magnificence to the parking lot or driveway.
  • Moreover, driveways or parking lots are exposed to excessive chemicals like gasoline and water. Such external elements can weaken and eventually destroy the layers of asphalt. Applying a seal coat acts as a barrier to such chemicals, water, and even UV rays. It also saves money and time spent repairing cracks and damage to the driveway or parking lot, extending its lifespan.
  • In North America and Europe, almost every building (small to big housing or high-rise buildings) has driveways and parking lots. Additionally, shopping centers, schools, hospitals, malls, multiplexes, stadiums, airports, etc., have driveways and parking lots. Increasing construction of such buildings and other commercial institutions in these regions is expected to drive the market for seal coats in the future.
  • In Germany, construction industry orders were USD 110 billion in 2021, 9.4% higher than in the previous year. The volume of permits for new buildings was close to USD 128 billion, 8% more than the previous year, especially due to rising construction prices.
  • However, building permits for dwellings issued from January to November 2022 was down 5.7% compared with the same period a year earlier. In November 2022, the construction of 24,304 dwellings was permitted in Germany. The Federal Statistical Office (Destatis) reported a decrease of 16.3%, or 4,716 building permits, compared with November 2021.
  • Further, Europe is expanding in retail, with the construction of new malls across the continent. The Vegas Kuntsevo in Russia, Mall of Scandinavia in Sweden, Westfield Bradford in the United Kingdom, Weberzeile Ried in Austria, Mall of Europe in Belgium, and Lublin Mall in Poland are some of the recent constructions happening in Europe lately.
  • Moreover, according to the National Asphalt Pavement Association (NAPA), more than 90% of parking areas in the United States are surfaced with asphalt pavement. Therefore, the new construction of parking areas will significantly impact the demand for seal coats, as they are mandatory for asphalt pavement preservation.

The United States to Dominate the North American Market

  • Seal coats are substances that extend the life of pavements, driveways, roadways, racetracks, and other capital assets by protecting the pavement from the natural aging process caused by water, debris, chemical leaks, ultraviolet rays, and others. Most pavements in the United States are made of asphalt because more than 99% can be reused in other projects.
  • As per the National Asphalt Pavement Association (NAPA), about 3,600 asphalt mix production sites operate in the country, producing around 420 million metric tons of asphalt pavement material annually. Every year, the aviation industry witnesses grants and passenger facility charges of USD 4 billion from the Airport Improvement Program, which is spent on airfield runways, aprons, and taxiways.
  • In 2022, the US Department of Transportation's Federal Aviation Administration (FAA) announced nearly USD 1 billion in funding from President Biden's Bipartisan Infrastructure Law to improve airport terminals across the United States. The funding will advance improvements at 85 airport terminals throughout the United States to expand capacity, increase energy efficiency and provide greater accessibility.
  • Furthermore, the FAA announced that construction is underway on a new air traffic control tower at Asheville Regional Airport (AVL) in North Carolina. The new energy-efficient tower will help the airport meet the growing demand for air travel in the region alongside an expanded and modernized terminal. It will be 127 feet tall and topped by a 440-square-foot cab for three air traffic controllers.
  • Furthermore, according to the United States Census Bureau (USCB), the country is also embarking on a significant number of commercial construction projects, all in various stages of development. Some commercial projects underway in the country include the Forbidden City and All Net Arena & Resort in Las Vegas, the Ko Olina Atlantis Resort in Hawaii, the Miami Herald Redevelopment in Florida, and The Wharf - Phase 2 in Washington DC. The development of all such projects will require the construction of new driveways and parking lots, increasing the demand for seal coats in the coming years.
  • Furthermore, about 35% of the asphalt pavement expenditure in the country is recorded in the residential and non-residential construction segments. Besides, the expenditure of the United States on commercial building construction is estimated to grow by more than 4% annually over the forecast period. With the increased trend of nuclear families in the country, apartments have become one of the major preferences, leading to the construction of high-rise residential buildings and townships, thus increasing parking spaces, walkways, and driveways in such segments.
  • Therefore, these factors are expected to boost the demand for seal coats in North America, propelling the overall industry's growth.

Seal Coat Industry Overview

The seal coat market is highly fragmented, as the market share is divided among many players. Some of the key players include Seal Master, RaynGuard, Neyra, Star Seal Inc., and Crafco, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Increase in Pavement Construction
    • 4.1.2 Growing Commercial Construction Activities
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Ban on Coal Tar-based Seal Coats in Many Regions
    • 4.2.2 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Value)

  • 5.1 Product Type
    • 5.1.1 Coal Tar-based
    • 5.1.2 Asphalt-based
    • 5.1.3 Acrylic-based
    • 5.1.4 Other Product Types
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Pavements
      • 5.2.1.1 Driveways and Parking Lots
      • 5.2.1.2 Roadways and Walkways
      • 5.2.1.3 Racetrack and Sports
    • 5.2.2 Repair and Refurbishment
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 Italy
      • 5.3.3.4 France
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle-East and Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share Analysis ** / Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Asphalt Coatings Engineering Inc.
    • 6.4.2 Crafco Inc.
    • 6.4.3 Fahrner Asphalt Sealers Llc
    • 6.4.4 GemSeal Pavement Products
    • 6.4.5 Go Green Lehong New Material Technology (Shanghai) Co. Ltd
    • 6.4.6 GoldStar Asphalt Products
    • 6.4.7 GuardTop
    • 6.4.8 Neyra
    • 6.4.9 Raynguard
    • 6.4.10 SealMaster
    • 6.4.11 Star Seal Inc.
    • 6.4.12 Vance Brothers Inc.
    • 6.4.13 Western Colloid
    • 6.4.14 Wolf Paving

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Rising Refurbishment and Repairing Activities