デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1437489

モーションコントロール:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Motion Control - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
モーションコントロール:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

モーションコントロール市場規模は2024年に173億3,000万米ドルと推定され、2029年までに220億9,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に4.97%のCAGRで成長します。

モーションコントロール- マーケット

インダストリアルIoT(IIoT)の採用の増加とスマートファクトリーの数の増加により、調査対象の市場の成長がさらに拡大しています。スマートファクトリーはモーションコントロール製品の重要な採用者になりつつあります。産業用 IoTにより、産業におけるコネクテッドマシンの必要性と需要がさらに高まりました。これらの接続されたマシンだけでは、純粋なデジタル変革を達成するには十分ではありません。組織は人間と機械のシームレスなエコシステムを開発し、最適化されたエンドツーエンドのプロセスを実行しています。

主なハイライト

  • 世界中の政府は、発生するコストを大幅に削減しながらエネルギー効率を向上させるために、自動化を支援するさまざまな政策を制定しています。たとえば、マレーシア政府はインダストリー4.0に関する国家政策(Industry4WRD)を立ち上げました。企業によるインダストリー4.0の導入を支援するために、12億米ドルを超える予算が割り当てられました。割り当てられた予算の中で、産業デジタル化変革基金という名のもと、ロボティクス、オートメーション、人工知能(AI)などのスマートテクノロジーの導入を促進するために総額7億2,000万米ドルが割り当てられました。オートメーションと近代化への投資を計画している中小企業向けに、ビジネスローン保証制度(SJPP)の下で約4億8,000万米ドルが割り当てられました。
  • さらに、倉庫自動化の増加傾向と、デジタルツイン、エッジコンピューティング、予測製造などの動向の成長により、高度なモーションコントロールデバイスのスペースも開発されています。ロボットは世界中で自動化の重要な動向になっています。先進的な自動車製造において、ロボットは不可欠なコンポーネントとなっています。 Amazonなどの企業も大幅に増加しており、協働ロボットやAGVなどのロボットが製造業界の注目の的となっています。
  • また、2021年1月、情報技術産業開発庁(ITIDA)は、「エジプト・メイクズ・エレクトロニクス」EMEイニシアチブを通じて、インダストリー4.0サービスプロバイダーであるフラウンホーファーIPKドイツと協力して、従来のメカニズムと標準慣行の変革を目的としたインダストリー4.0導入プログラムを開始しました。エレクトロニクスおよび家電製品の製造をインダストリー4.0の技術および方法に移行し、業界に質的変革をもたらし、国際競合に負けないようにします。これらの取り組みは、調査対象の市場も後押ししています。
  • 2021年 5月、モーションコントロールIC、モジュール、ボードのプロバイダーであるPerformance Motion Devices, Inc.(PMD)は、高パフォーマンスを提供するIONデジタルドライブファミリの新しいメンバーであるION/CME Nシリーズデジタルドライブの提供を発表しました。-パフォーマンスモーションコントロール、ネットワーク接続および増幅。 Nシリーズ IONデジタルドライブは、75、300、1,000ワットの3つの電力出力レベルを備えた、特許取得済みの超堅牢なPCB取り付け可能なパッケージを備えています。すべてのION/CME Nシリーズデジタルドライブは、ブラシレス DC、DCブラシ、およびステップモーターをサポートしています。
  • さらに、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックの発生により、将来のパンデミックに対する回復力を向上させることが証明されているため、製造部門では自動化、デジタル化、AIの導入が必要となっています。社会的距離の規範に起因するサプライチェーンの混乱と製造活動の停止により、いくつかの業界関係者は、将来そのような状況を回避するためのさまざまな解決策を模索しています。このような状況で自動化とロボット工学を導入すると、人間への依存を減らし、生産性を向上させ、工場停止の可能性を減らすことができます。自動化や、デジタル化やAIなどのその他のテクノロジーを導入することで、業界は人間の監督を必要とせずに生産を継続できるようになります。
  • さらに、COVID-19感染症のパンデミックは、世界中の中小企業、大規模産業に経済的混乱を引き起こしています。さらに、前回の全国的なロックダウンにより、多くの製造業が打撃を受けました。これにより、一部の分野ではモーションコントロールデバイスの需要が変動しています。

モーションコントロール市場動向

石油・ガス部門は大幅な成長を遂げる

  • 現在の市場シナリオでは、石油・ガス業界は、上流および下流プロセスにおける業績、総運用コスト(TCO)、エネルギー効率、安全性に関連する複数の問題に直面しています。業界は石油とガスの生産に加えて、事業運営でも石油とガスを使用しており、効率化により業界への影響が大幅に軽減されます。
  • 従来の炭化水素エネルギー資源が枯渇するにつれて、これまで以上に敏感で困難な環境からのエネルギー生産はますます複雑になっています。エネルギー効率への取り組みに重点を置いている石油・ガス業界では、モーションコントロールおよびモーターシステムの採用率が前例のないほど高まっています。業界は、エネルギー安全保障と環境問題にコスト効率よく対処しながら、石油とガスの利用可能性を確保することに努めています。
  • 多くのコンプレッサーステーションでは、サーボモーターなどのモーションコントロールデバイスを使用して遠心コンプレッサーを回転させます。このタイプの圧縮では、パイプからの天然ガスを使用する必要がありません。タービン駆動コンプレッサーの場合、専用の調速機がタービン上の燃料バルブやその他の制御を処理して効率を維持します。この機能は、サーボモーターのセンサーによって駆動されるIIOTシステムで有効になります。
  • さらに、多くの石油・ガス会社は、設備投資を大幅に削減するために予知保全への投資を増やしており、これによりモーターとドライブの需要がさらに促進されることが予想されます。たとえば、パンデミックの最中、アブダビの国有石油会社であるADNOCは、AVEVAと協力して、同社の予測資産分析ソリューションを使用した予知保全によるダウンタイムの削減に取り組みました。 ADNOCの制御および監視システムには、すでに合計約1,000万個のタグが含まれています。同社は、新しいモーターとドライブベースの制御システムの導入により、その数が増加すると予想しています。同社は、最適化により6,000万米ドルから1億米ドルの設備投資を節約できると見積もっています。
  • さらに、パンデミックの第2波の終わりに、インドの大手燃料小売業者であるインディアン石油公社(IOC)は、同国初の製油所タービン用の遠隔監視および動作制御システムの立ち上げを発表しました。 General Electric、BHEL、IndianOilのプロアクティブな予測分析に基づいて、専門家が共同で自動異常検出を開発しました。この技術により、ハイデラバードの遠隔監視および動作制御センターは、全国の8つのIndianOil製油所の27台のガスタービンからデジタル的に受信するガスタービン運用データを継続的に分析できるようになります。

アジア太平洋は最も急成長する市場になると予想される

  • アジア太平洋は、調査対象市場にとって最も重要な市場の1つです。この地域は、この地域のさまざまなエンドユーザー業界全体で自動化の導入が進んでいることにより、調査対象の市場ベンダーに大きな成長の可能性をもたらします。また、この地域におけるエネルギーへの懸念により、低電圧電気機器の採用が増加しており、多くの企業がエネルギー効率が高くコンパクトな電気機器やデバイスを開発する動機となっており、モーションコントロールの成長をさらに推進しています。
  • この地域は多くの世界市場の製造拠点でもあり、これらの施設では自動化が不可欠となっています。製造業は中国経済に大きく貢献しており、急速な変革を迎えています。この国の産業制御システムは、エネルギー、交通、水道、地方自治体などのさまざまな分野にわたって登場しています。 IoTの高度な統合と急速な発展により、ネットワーク化された制御システムが中国の産業オートメーションの発展動向になりつつあり、モーションコントロールセンターのスペースがさらに発展しています。
  • 2022年 6月、中国政府は、同国が2025年までに世界のロボット技術革新の主要な発信源になると発表しました。さらに、工業情報技術省によると、中国は今後3年間で世界で最もロボット集約的な国になるでしょう。これにより、この地域のロボット向けサーボモーターベースのモーションコントロールシステムの需要が大幅に加速すると予想されます。
  • インドは、太陽光発電と風力発電を含む再生可能エネルギーの導入容量を2022年までに175GWに達する計画を立てています。現在、インドの風力発電の総導入容量は39.25GW(2021年3月31日現在)で、これは世界で4番目に高いです。、新再生可能エネルギー省による。この国は、2030年までにエネルギーの40%を再生可能資源から得る計画です。これらのエネルギー製造目標を達成するために、メーカーは政府の支援とともに、産業オートメーションソリューションに多額の投資を行っています。
  • さらに、NASSCOMがキャップジェミニと協力して2022年3月に発行したレポートでは、インドの製造業によるクラウドやIoTなどのテクノロジーへの投資の増加が強調されており、21年度にはインダストリー4.0に55億米ドルから65億米ドルが費やされました。政府によるこうした取り組みは、調査対象となっている地域の市場を強化することになります。

モーションコントロール業界の概要

モーションコントロール市場は競争が激しく、いくつかの主要企業で構成されています。市場で卓越したシェアを持つこれらの大手企業は、海外にも顧客基盤を拡大しています。これらの企業は、市場シェアを拡大し、収益性を高めるために、戦略的な協力イニシアチブを活用しています。市場における最近の動向には次のようなものがあります。

  • 2021年 12月-ACSモーションコントロールは、EtherCATベースのモーションコントローラーおよびモータードライブのSPiiPlusシリーズに2つの新製品をリリースしました。 CMxaおよびUDMxaは、ミクロンからナノメートルの分解能アプリケーションを対象としており、レーザー微細加工、計測、検査、位置合わせ、およびその他の高精度産業アプリケーションにおける標準的な速度制御要件を要求します。
  • 2021年 11月- 世界のモーションコントロールおよびサーボソリューション企業であるSTXI Motionは、SPS 2021で分散型アーキテクチャ向けのさまざまな低電圧モーションソリューションを発表しました。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
    • 代替品の脅威
  • 業界のバリューチェーン分析
  • 技術の進歩
  • COVID-19感染症が業界に与える影響の評価
  • モーションコントロール- システムタイプ分析
    • オープンループ
    • クローズドループ

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 製造分野における高精度自動化プロセスのニーズの高まり
    • メーカー各社の産業用ロボット需要の増加
    • モーションコントロールシステムと統合したIIoTデバイスの活用を加速
  • 市場の課題
    • モーションコントロールシステムの交換とメンテナンスの高額なコスト
    • オートメーション分野における熟練労働力の不足
  • 市場機会
    • 製造企業によるインダストリー4.0の採用

第6章 市場セグメンテーション

  • 製品タイプ
    • モーター
    • ドライブ
    • 位置制御
    • アクチュエーターと機械システム
    • センサーとフィードバックデバイス
  • エンドユーザー産業
    • エレクトロニクスおよび半導体
    • 製薬/ライフサイエンス/医療機器
    • 石油ガス
    • 金属と鉱業
    • 飲食品
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Siemens AG
    • Schneider Electric SE
    • Mitsubishi Electric Corporation
    • ABB Ltd.
    • Omron Corporation
    • Parker Hannifin Corp
    • Yaskawa Electric Corporation
    • Robert Bosch GMBH
    • Rockwell Automation, Inc.
    • Fanuc Corporation
    • Novanta Inc.

第8章 市場の将来展望

目次
Product Code: 92230

The Motion Control Market size is estimated at USD 17.33 billion in 2024, and is expected to reach USD 22.09 billion by 2029, growing at a CAGR of 4.97% during the forecast period (2024-2029).

Motion Control - Market

The increasing adoption of Industrial IoT (IIoT) and the growing number of smart factories are further expanding the growth of the market studied. Smart factories are becoming significant adopters of motion control products. The industrial IoT further increased the need and demand for connected machines in industries. These connected machines alone are not enough to accomplish pure digital transformation; organizations are developing a seamless ecosystem of humans and machines, performing optimized, end-to-end processes.

Key Highlights

  • Governments across the globe have enacted various policies supporting automation to improve energy efficiency while significantly reducing the costs incurred. For instance, the Malaysian government launched a National Policy on Industry 4.0 (Industry4WRD). A budget of over USD 1.2 billion was allocated to help businesses adopt Industry 4.0. Within the allocated budget, a total of USD 720 million was allocated to boost the adoption of smart technologies such as robotics, automation and artificial intelligence (AI) under the name Industry Digitalization Transformation Fund. About USD 480 million was allocated under the Business Loan Guarantee Scheme (SJPP) for SMEs planning to invest in automation and modernization.
  • Additionally, the increasing trend of warehouse automation and growth in trends, such as digital twins, edge computing, and predictive manufacturing, is also developing space for advanced motion control devices. Robots have become a significant automation trend across the world. In advanced automotive manufacturing, robots have become an essential component. Companies like Amazon are also heavily increasing, and robots, like collaborative robots and AGVs, are becoming the center of attraction in the manufacturing industry.
  • Also, in January 2021, The Information Technology Industry Development Agency (ITIDA), through the 'Egypt Makes Electronics' EME Initiative, launched the Industry 4.0 Implementation program in cooperation with Industry 4.0 service provider Fraunhofer IPK Germany aiming at transforming traditional mechanisms and standard practices of manufacturing electronics and home appliances to industry 4.0 techniques and methods, to bring about a qualitative transformation in the industry and to keep up with the international competition. These initiatives are also boosting g the studied market.
  • In May 2021, Performance Motion Devices, Inc. (PMD), a provider of motion control ICs, modules, and boards, announced the availability of ION/CME N-Series Digital Drives, new members of the ION Digital Drive family that provide high-performance motion control, network connectivity and amplification. N-Series ION digital drives feature a patented, ultra-rugged PCB-mountable package with three power output levels - 75, 300, and 1,000 watts. All ION/CME N-Series Digital Drives support Brushless DC, DC Brush, and step motors.
  • Further, the outbreak of the COVID-19 pandemic has necessitated the implementation of automation, digitalization, and AI, in the manufacturing sector as these are proven to improve resilience to future pandemics. Due to the disruptions in the supply chain and the suspension of manufacturing activities attributed to social distancing norms, several industry players are looking for different solutions to avoid such situations in the future. Adopting automation and robotics in such a situation can reduce dependence on human labor, increase productivity, and reduce the chances of plant shutdowns. Adopting automation and other technologies, such as digitization and AI, will help industries continue their production without the need for human supervision.
  • Moreover, the COVID-19 pandemic has created economic turmoil for small, medium, and large-scale industries worldwide. Additionally, the previous country-wide lockdown has drilled many manufacturing industries. This has fluctuated the demand for motion control devices across some sectors.

Motion Control Market Trends

Oil & Gas Segment to Witness Considerable Growth

  • In the current market scenario, oil & gas industries face multiple issues related to business performance, the total cost of operation (TCO), energy efficiency, and safety in upstream and downstream processes. In addition to producing oil & gas, the industry also uses oil & gas in its operations, and efficiency can significantly reduce the industry's impact.
  • As traditional hydrocarbon energy resources are depleted, energy production from ever more sensitive and challenging environments is becoming increasingly complex. Motion control and motor systems are observing an unprecedented adoption rate by the oil & gas industry as it focuses efforts on energy efficiency. The industry strives to ensure the availability of oil & gas while addressing energy security and environmental concerns cost-effectively.
  • Many compressor stations use motion control devices like servo motors to turn the centrifugal compressor. This type of compression does not require using any natural gas from the pipe. For turbine-driven compressors, a dedicated speed governor handles the fuel valves and other controls on the turbine to maintain efficiency. This function is enabled with IIOT systems driven by sensors for servo motors.
  • Moreover, many oil & gas firms are increasingly investing in predictive maintenance to realize significantly less CAPEX, which is further anticipated to propel the demand for motors and drives. For instance, during the time of the pandemic, the state-owned oil company of Abu Dhabi, ADNOC, collaborated with AVEVA on reducing downtime through predictive maintenance with the company's predictive asset analytics solution. ADNOC's control and monitoring systems already encompass some 10 million tags in total. The company expects the number to increase because of the new motor and drive-based control system deployment. The company estimates USD 60 to USD100 million in CAPEX savings through optimization.
  • Further, at the end of the second pandemic wave, Indian Oil Corp (IOC), India's leading fuel retailer, announced the launch of the country's first remote monitoring and motion control system for oil refinery turbines. Professionals jointly developed automated Anomaly Detection based on Proactive Predictive Analytics from General Electric, BHEL, and IndianOil. This technology will allow the Remote Monitoring and Motion Controlling Center in Hyderabad to continuously analyze the Gas Turbine Operational Data coming in digitally from the 27 gas turbines of the eight IndianOil refineries throughout the nation.

Asia-Pacific is Expected to be the Fastest Growing Market

  • Asia-Pacific is one of the most important markets for the market studied. The region offers massive growth potential to the studied market vendors, owing to the growing adoption of automation across the various end-user industries in the region. The energy concern in the region is also increasing the adoption of low voltage electrical equipment and motivating many companies to develop energy-efficient and compact electrical equipment and devices, further driving the motion control growth.
  • The region is also a manufacturing hub for many global markets, and automation has become essential in these facilities. Manufacturing is a significant contributor to China's economy and is undergoing a rapid transformation. The industrial control system in the country has emerged across various fields, like the energy, transportation, water, and municipal sectors. Due to the deep integration and rapid development of the IoT, the networked control system is becoming the development trend of industrial automation in China, further developing space for motion control centers.
  • In June 2022, the Chinese government announced that the country would be a key source of global robotics innovation by 2025. Further, per the Ministry of Industry and Information Technology, China will become the most robot-intensive country in the world within the next three years, which is expected to accelerate the demand for servo motors-based motion control systems for robotics in the region considerably.
  • India is planning to achieve 175 GW of installed renewable capacity, which includes solar and wind power, by 2022. Currently, India has a total wind installed capacity of 39.25 GW (as of 31st March 2021), which is the fourth highest in the world, per the Ministry of New and Renewable Energy. The country plans to derive 40% of its energy from renewable sources by 2030. To achieve these energy manufacturing goals, manufacturers, along with the government's help, are making significant investments in industrial automation solutions.
  • Further, a report published in March 2022 by NASSCOM, in collaboration with Capgemini, highlights the increased investment in technologies like cloud and IoT by the Indian manufacturing sector, with USD 5.5 - USD 6.5 billion spent on Industry 4.0 in FY21. These initiatives by the government will bolster the studied market in the region.

Motion Control Industry Overview

The motion control market is highly competitive and consists of several major players. These major players with a prominent share in the market are expanding their customer base across foreign countries. These companies are leveraging on strategic collaborative initiatives to increase their market share and increase their profitability. Some of the recent developments in the market are:

  • December 2021 - ACS Motion Control has released two new products in the SPiiPlus series of EtherCAT-based motion controllers and motor drives. The CMxa and UDMxa are intended for micron to nanometer resolution applications and demand velocity control requirements standard in laser micromachining, metrology, inspection, alignment, and other high-precision industrial applications.
  • November 2021 - STXI Motion, a global motion control and servo solution company, presented a range of low-voltage motion solutions for decentralized architecture at SPS 2021.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Intensity of Competitive Rivalry
    • 4.2.5 Threat of Substitutes
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Technological Advancements
  • 4.5 An Assessment of the Impact of COVID-19 on the Industry
  • 4.6 Motion Control - Systems Types Analysis
    • 4.6.1 Open Loop
    • 4.6.2 Closed Loop

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Growing need for high-precision automated processes in manufacturing sector
    • 5.1.2 Increasing demand for industrial robots by manufacturers
    • 5.1.3 Accelerating utilization of IIoT devices integrated with motion control systems
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 High replacement and maintenance costs of motion control systems
    • 5.2.2 Lack of skilled workforce in automation field
  • 5.3 Market Opportunities
    • 5.3.1 Adoption of Industry 4.0 by manufacturing firms

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 Product Type
    • 6.1.1 Motors
    • 6.1.2 Drives
    • 6.1.3 Position Controls
    • 6.1.4 Actuators & Mechanical Systems
    • 6.1.5 Sensors and Feedback Devices
  • 6.2 End-user Industry
    • 6.2.1 Electronics & Semiconductor
    • 6.2.2 Pharmaceutical/Life Sciences/Medical Devices
    • 6.2.3 Oil & Gas
    • 6.2.4 Metal & Mining
    • 6.2.5 Food & Beverage
    • 6.2.6 Other End-user Industries
  • 6.3 Geography
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Asia Pacific
    • 6.3.4 Latin America
    • 6.3.5 Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Siemens AG
    • 7.1.2 Schneider Electric S.E
    • 7.1.3 Mitsubishi Electric Corporation
    • 7.1.4 ABB Ltd.
    • 7.1.5 Omron Corporation
    • 7.1.6 Parker Hannifin Corp
    • 7.1.7 Yaskawa Electric Corporation
    • 7.1.8 Robert Bosch GMBH
    • 7.1.9 Rockwell Automation, Inc.
    • 7.1.10 Fanuc Corporation
    • 7.1.11 Novanta Inc.

8 FUTURE OUTLOOK OF THE MARKET