デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1436141

商業用照明:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Commercial Lighting - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 160 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
商業用照明:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 160 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

商業用照明市場規模は2024年に159億3,000万米ドルと推定され、2029年までに411億9,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に20.93%のCAGRで成長します。

商業用照明- 市場

調査対象市場の成長は、いくつかの国で進行中および今後のスマートシティプロジェクト、世界中の政府のエネルギー消費への関心の高まり、屋外用途のLEDライトと照明器具の需要の高まり、規格の受け入れの拡大によって大きく加速されています。照明制御システム用のプロトコル。

商業用照明は、用途に応じてあらゆる施設やその運用に合わせてカスタマイズできます。メンテナンス要件、明るさレベル、保証はすべて、商業用照明における重要な要素です。商業施設には、買い物、就職、娯楽、検査など、さまざまな目的で多くの人が滞在することができます。照明設計会社は、施設内で行われる活動を反映した設計を作成し、作業者が快適に過ごせるようにし、ルクスレベルの要件とエネルギー効率の基準が適切であることを保証します。

商業用照明の設計では、照明器具の用途、特性、目的を考慮する必要があります。 T5およびコンパクト蛍光灯は典型的な業務用照明器具ですが、低価格のためLED照明器具の人気が高まっています。

優れたデザインの照明器具は部屋の周囲を照らし、ポジティブな雰囲気を作り出します。病院、ホテル、クラブ、オフィス、小売店、その他の商業施設の照明デザインは慎重に検討する必要があります。これは、ビジネスオーナーが、適切に設計された商業用照明フレームワークを使用して、その場所がゲストやクライアントを歓迎しているように見えるようにするためです。

さらに、人工知能やLED照明などのテクノロジーの進歩により、企業がインテリアを強調したり、機能的なワークスペースを設計したりすることがより簡単になりました。商業用照明業界は、エネルギーコストを削減するために常に革新を行っており、照明製品に大きな影響を与えています。

商業用照明市場の動向

商業オフィスセグメントが市場シェアを最大化

商業オフィスの照明は、作業環境において最も頻繁に無視され、過小評価されている要素の1つです。適切な職場の照明器具を選択することは、財務上の最も賢明な決定の1つである可能性があります。前者に加えて、顧客の幸福度、建物のセキュリティ、従業員の士気、生産性にも影響を与える可能性があります。

政府機関、医療施設、職場、小売店、機関、その他の場所では、商業用オフィス照明が頻繁に使用されています。商用グレードの照明は堅牢であり、効率と使いやすさを高めるために最先端のテクノロジーが使用されている場合があります。オフィスの照明は、訪問者や従業員の気分に影響を与え、生産性を向上させ、エリアの視覚的な魅力を向上させる可能性があります。理想的な職場照明は、安全基準に準拠し、快適な環境を作り出し、自然光と人工光を適切に組み合わせたものです。

商用照明システムには、センサー、調光器、タイマー、プログラム可能な照明システム、LEDテクノロジーなどのインテリジェントな制御機能が搭載されている場合もあります。これらの制御は、占有率、日照レベル、時間帯に基づいて照明設定を自動的に変更することで、エネルギー消費の最適化を支援し、さらなるエネルギー節約を実現します。商業エリアは、カスタマイズされた照明設定、リモート制御、および他のビル管理システムとの相互作用を提供するインテリジェントな照明制御の恩恵を受けることができます。

主な成長促進要因は、非効率な照明システムに関する法律の強化と、持続可能な開発を促進するための政府の取り組みの強化です。市場の上昇は、発光ダイオード(LED)価格の大幅な引き下げと世界のエネルギー政策の変更によって促進されています。さらに、LED照明の使用に対して各国政府が提供する魅力的なインセンティブやリベートを利用すれば、需要が高まるでしょう。

ミリ秒でオン/オフを切り替える機能やコストを節約し製品寿命を延ばす機能など、LED照明が提供する利点により、この技術に対する市場の需要が高まります。指向性と制御された光の利点により、需要が増加すると予測されています。技術開発と、採光、占有感知、調光機能、タイマーなどのコンパクトな形状と特性による器具や照明のさまざまな設計代替品の利用可能性が、成長に好影響を与えると予測されています。この業界は、商業環境の人々や企業に金銭的インセンティブや魅力的な払い戻しを提供する政府の省エネ取り組みのおかげでさらに成長しました。

EPRAによると、世界の商業用不動産市場の価値は、前年の約34兆米ドルから2022年には35兆米ドルに達すると予測されています。市場規模は12兆米ドルを超え、アジア太平洋地域は規模の点で北米を上回っています。

さらに、オフィススペースは、個別のキュービクル環境からオープンオフィス環境へと進化しています。この新しいオープンな環境では、部屋のアンビエント照明は、部屋と従業員の間に一体感とコミュニティを生み出すことに焦点を当てています。

アジア太平洋地域で最も高い成長率を示す中国

照明用製品は、インフラ、日常生活、産業にとって重要です。中国経済と生活水準の向上に伴い、本土の照明の必要性が高まっています。中国は、照明産業の急速な発展により、過去20年間、世界トップの照明生産国および消費国であり続けています。

有機発光ダイオード(OLED)、コンパクト蛍光ランプ(CFL)、無電極放電ランプ(EDL)、および発光ダイオード(LED)は、最も人気のある製品の一部です。顧客を呼び込むため、中国企業は照明モールへの投資を増やしています。オフィス、学校、病院の照明はすべて大幅に改善されました。

中国は環境保護と省エネを推進しています。中華人民共和国の省エネ法や省エネ・環境保護産業の発展加速に関する意見などの相次ぐ政策や規制により、環境保護サービスの発展が推進されています。同時に、省エネで環境に優しい製品の推進により、エネルギー効率の高い照明に対する需要が高まっています。中国は省エネ・環境保護産業の育成政策を優先し、LED照明の開発を推進しています。

さらに、中国ではLED照明が従来の照明製品に急速に取って代わりつつあります。中国政府も、LED製品の採用に対して大規模な補助金を提供することで、この分野の成長を大きく推進しています。さらに、中国政府は白熱電球も禁止しており、国家発展改革委員会は2011年11月に白熱電球の段階的廃止ロードマップを初めて発表しました。

中国のLED照明企業は徐々に成熟し、積極的に海外市場を開拓し始めています。たとえば、Forest LightingはドイツのLEDVANCEと合併し、Ople Lightingはいくつかの海外子会社を設立しました。一方、本土の照明会社は展示センターを設立し、専門店を増設することで国内での存在感を拡大しています。将来的に、本土の企業は製品の付加価値を高め、競争力を高めるために、技術とイノベーションへの投資を増やすことが予想されます。

商業用照明業界の概要

市場では大手ベンダー間で激しい競合が行われています。商業用照明製品のサプライヤーは多岐にわたるため、購入者は多数のベンダーから選択することができ、製品ポートフォリオと地理的範囲において同等のレベルのベンダー間で熾烈な競合が生まれます。さらに、企業はさまざまなコネクテッド照明製品に関して革新を行っています。 WiproやSignifyなどの企業は、小売店や病院などの商業用途にスマート照明製品を提供しようとしています。

2022年 6月、ウィプロライティングは、商業用照明と座席ソリューションを統合する新しいビジネスユニットの設立を発表しました。ウィプロの共有販売店ネットワークを活用し、顧客サービスを提供することで、より良い提携を提供し、成長を促進するために新しい組織が設立されました。

2022年 1月、著名な産業テクノロジー企業であるAcuity Brands, Inc.は、Microsoftとのパートナーシップを拡大し、Acuity Brandsの高輝度照明、ビルオートメーションソリューション、照明制御に新しい機能を導入すると発表しました。 MicrosoftのCloud for SustainabilityおよびMicrosoft Azure IoTの機能をAcuity Brandsの顧客ソリューションと統合することで、Acuity BrandsとMicrosoftは共同で、さまざまな種類の施設や建物を運営するエンドカスタマーが、これらの新しい照明が環境および財務に与える影響の計算と予測を促進します。とビル管理テクノロジーが実現します。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • 業界エコシステム分析
  • LED貿易分析と米中貿易戦争がLED市場に与える影響(定性的動向)
  • COVID-19によるLED照明・非常用照明市場への影響

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 意識の高まりとスマートオフィスへの取り組みにより、エネルギー効率の高いコネクテッド照明ソリューションへの移行
    • この分野の段階的な技術進歩と相まって、標準化された機能としてLEDベースの照明ソリューションが利用可能
  • 市場の課題
    • このセクターは建設活動など、より広範な状況の影響を受けやすい

第6章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • ランプ
    • 照明
  • 照明タイプ別
    • LEDベース照明
    • 従来型
  • エンドユーザー別
    • 商業オフィス
    • 小売
    • ホスピタリティとレジャー(レストランとスポーツ施設)
    • ヘルスケア
    • その他
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • その他アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Signify NV(Philips Lighting)
    • WAC Lighting
    • Cree Lighting(IDEAL INDUSTRIES INC.)
    • Siteco GmbH
    • Wipro Lighting Limited
    • Acuity Brands Inc.
    • Hubbell Incorporated
    • Zumtobel Group AG
    • ABB
    • Honeywell LED Lighting

第8章 投資分析

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 72467

The Commercial Lighting Market size is estimated at USD 15.93 billion in 2024, and is expected to reach USD 41.19 billion by 2029, growing at a CAGR of 20.93% during the forecast period (2024-2029).

Commercial Lighting - Market

The growth of the studied market is being significantly fueled by the ongoing and upcoming smart city projects in several nations, the increased focus of governments worldwide on energy consumption, the rising demand for LED lights and luminaires for outdoor applications, and the expanding acceptance of standard protocols for lighting control systems.

Commercial lighting may be customized to fit any facility and its operations based on use. Maintenance requirements, brightness level, and warranties are all significant factors in commercial lighting. Many people can be accommodated in a commercial facility for various activities, including shopping, employment, entertainment, and medical inspection. A lighting design company creates designs that reflect the activity carried out in the facility to ensure that workers are comfortable and that the lux level requirements and the energy efficiency criteria are adequate.

Commercial lighting design must consider light fixtures' use, characteristics, and purpose. T5 and compact fluorescent lights are typical business lighting design fixtures, although LED light fixtures are gaining popularity because of their lower prices.

Well-designed lighting fixtures may illuminate a room's surroundings and create a positive atmosphere. The lighting design at hospitals, hotels, clubs, offices, retail stores, and other commercial facilities must be carefully considered. This is so that business owners may make their location seem welcoming to guests or clients by using a well-designed commercial lighting framework.

Furthermore, it is now simpler for firms to highlight their interiors and design a functional workspace thanks to technology advancements like artificial intelligence and LED lighting. The commercial lighting industry always innovates to lower energy costs, greatly impacting lighting products.

Commercial Lighting Market Trends

Commercial Offices segment to maximum market share

Commercial office lighting is one of the work environment's most frequently disregarded and undervalued elements. Picking the appropriate workplace lighting fixtures might be among the wisest financial decisions. It can affect customer happiness, building security, personnel morale, and productivity in addition to the former.

Government structures, medical facilities, workplaces, retail establishments, institutions, and other locations frequently employ commercial office lighting. Commercial-grade lighting is robust and may use cutting-edge technologies to boost efficiency and user-friendliness. Office lighting may influence visitors' and employees' moods, improve productivity, and improve the visual attractiveness of the area. The ideal workplace lighting conforms with safety standards, creates a comfortable environment, and offers an appropriate mix of natural and artificial light.

Commercial lighting systems could also have intelligent controls, including sensors, dimmers, timers, programmable lighting systems, and LED technology. By automatically altering lighting settings based on occupancy, daylight levels, or time of day, these controls can assist in optimizing energy consumption and produce additional energy savings. Commercial areas can benefit from intelligent lighting controls that provide customized lighting settings, remote control, and interaction with other building management systems.

The main growth drivers are tightening laws regarding inefficient lighting systems and increasing government initiatives to promote sustainable development. The market's rise has been fueled by a sharp reduction in Light-Emitting Diode (LED) pricing and global energy policy changes. Furthermore, using attractive incentives and rebates offered by the governments of various nations for the use of LED lighting would boost demand.

The advantages that LED lighting provides, like its ability to switch on and off in a millisecond and its capacity to save money and extend product life, drive market demand for the technology. Demand is predicted to increase due to the benefit of directed, controlled light. Technological developments and the availability of different design alternatives for fixtures and lights owing to their compact shape and characteristics, such as daylighting, occupancy sensing, dimmability, and timer, are projected to affect the growth favorably. The industry has grown further due to governments' energy conservation initiatives, which offer financial incentives and enticing refunds to people and businesses in commercial settings.

According to EPRA, The value of the worldwide commercial real estate market is predicted to reach USD 35 trillion in 2022, up from around USD 34 trillion the previous year. With a market size of over USD 12 trillion, the Asia-Pacific area outpaced North America in terms of size.

Moreover, office spaces are evolving away from the individual cubicle setting in favor of an open-office environment. In this new, open environment, the ambient room lighting is focused on creating a sense of unity and community in the room and among workers.

China in the Asia-Pacific region to exhibit highest growth rate

Products for lighting are crucial for infrastructure, daily living, and industry. The mainland's need for illumination is growing along with China's economy and rising living standards. China has been the world's top producer and consumer of lighting for the past 20 years because of the lighting industry's fast development.

Organic light-emitting diodes (OLEDs), compact fluorescent lamps (CFLs), electrodeless discharge lamps (EDLs), and light-emitting diodes (LEDs) are some of the most popular items. To draw clients, Chinese businesses are investing more money in lighting malls. Office, school, and hospital lighting have all significantly improved.

China has been promoting environmental protection and energy conservation. A succession of policies and regulations, such as The Energy Conservation Law of the People's Republic of China and Opinions on Accelerating the Development of Energy-saving and Environmental Protection Industries, is driving the development of environmental protection services. At the same time, promoting energy-saving and eco-friendly products is creating greater demand for energy-efficient lighting. The priority given by China to the policy of developing energysaving and environmental protection industries is propelling the development of LED lighting.

Moreover, LED lights are rapidly replacing conventional lighting products in China. The Chinese government is also significantly driving the sector's growth by offering large-scale subsidies for adopting LED products. Moreover, the Chinese government has also banned incandescent bulbs, with the National Development and Reform Commission first announcing the country's incandescent bulb phase-out roadmap in November 2011.

As China's LED Lighting enterprises have gradually come of age, they have begun aggressively developing overseas markets. For example, Forest Lighting has merged with Germany's LEDVANCE, while Opple Lighting has set up several overseas subsidiaries. Meanwhile, mainland lighting companies have expanded their domestic presence by setting up display centers and adding specialty stores. In the future, mainland enterprises are expected to invest more in technology and innovation to increase the added value of their products and raise their competitiveness.

Commercial Lighting Industry Overview

There is intense competition among major vendors in the market. Due to a broad range of suppliers of commercial lighting products, buyers can choose from numerous vendors, creating cut-throat competition among vendors of equal caliber in product portfolio and geographical reach. Further, companies are innovating in terms of various connected lighting products. Players like Wipro and Signify are trying to provide smart lighting products for commercial applications like retail, hospitals, etc.

In June 2022, Wipro Lighting announced the establishment of a new business unit integrating Commercial Lighting and Seating solutions. Utilizing Wipro's shared dealership network and providing customer service, the new entity was established to provide better alliances and expedite growth.

In January 2022, Acuity Brands, Inc., a prominent industrial technology company, announced that it is expanding its partnership with Microsoft to bring new capabilities to Acuity Brands' bright lighting, building automation solutions, and lighting controls. By integrating the power of Microsoft's Cloud for Sustainability and Microsoft Azure IoT with Acuity Brands customer solutions, Acuity Brands and Microsoft would jointly facilitate end customers, operating numerous types of facilities and buildings, to calculate and forecast the environmental and financial impacts that these new lighting and building management technologies deliver.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Ecosystem Analysis
  • 4.4 LED Trade Analysis and the Impact of US-China Trade War on the LED Market (Qualitative Trends)
  • 4.5 Impact of COVID-19 on the LED Lighting/Emergency Lighting Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Move toward Energy-efficient and Connected Lighting Solutions driven by Growing Awareness and Smart Office Initiatives
    • 5.1.2 Availability of LED-based Lighting Solutions as a Standardized Feature Coupled with Incremental Technological Advancements in the Sector
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 The Sector is Susceptible to Broader Conditions, such as Construction Activity

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Type
    • 6.1.1 Lamps
    • 6.1.2 Luminaries
  • 6.2 By Lighting Type
    • 6.2.1 LED-based lighting
    • 6.2.2 Traditional
  • 6.3 By End-user
    • 6.3.1 Commercial Offices
    • 6.3.2 Retail
    • 6.3.3 Hospitality and Leisure (Restaurants and Sporting facilities)
    • 6.3.4 Healthcare
    • 6.3.5 Other End-users
  • 6.4 By Geography
    • 6.4.1 North America
      • 6.4.1.1 United States
      • 6.4.1.2 Canada
    • 6.4.2 Europe
      • 6.4.2.1 United Kingdom
      • 6.4.2.2 Germany
      • 6.4.2.3 France
      • 6.4.2.4 Rest of Europe
    • 6.4.3 Asia-Pacific
      • 6.4.3.1 China
      • 6.4.3.2 Japan
      • 6.4.3.3 India
      • 6.4.3.4 Rest of the Asia Pacific
    • 6.4.4 Latin America
    • 6.4.5 Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Signify NV (Philips Lighting)
    • 7.1.2 WAC Lighting
    • 7.1.3 Cree Lighting (IDEAL INDUSTRIES INC,)
    • 7.1.4 Siteco GmbH
    • 7.1.5 Wipro Lighting Limited
    • 7.1.6 Acuity Brands Inc.
    • 7.1.7 Hubbell Incorporated
    • 7.1.8 Zumtobel Group AG
    • 7.1.9 ABB
    • 7.1.10 Honeywell LED Lighting

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET