デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1436007

海上貨物輸送:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024-2029)

Maritime Freight Transport - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 150 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
海上貨物輸送:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024-2029)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 150 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

海上貨物輸送市場規模は2024年に3,816億9,000万米ドルと推定され、2029年までに4,718億1,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に4.33%のCAGRで成長します。

海上貨物輸送- 市場

海上貨物輸送業界は、世界貿易の約90%の輸送を担っています。海上貿易は拡大を続けており、競争力のある運賃コストを通じて世界中の消費者に利益をもたらしています。輸送手段としての海運効率の向上と経済自由化の推進により、この業界のさらなる成長の見通しは引き続き強いです。

主要な輸出入貿易を含むすべての貿易チェーンが破綻に直面しています。この逆境の時期と状況の緊急性により、他の港から運航されているコンテナや船舶、特に中国から輸送されるコンテナや船舶の入国が各国によって禁止されていました。

50,000隻以上の商船が国際貿易を行っており、あらゆる種類の貨物を輸送しています。世界の船団は150か国以上で登録されており、ほぼあらゆる国籍の100万人以上の船員が乗務しています。

具体的には、2022年初頭の穀物価格と 促進要因ルク運賃の上昇が消費者食品価格の1.2%上昇に寄与したと推定されています。 2021年のコンテナ船の港滞在時間は2020年と比べて13.7%長くなり、遅延と不足が悪化しました。昨年、世界の船舶からの温室効果ガス総排出量は4.7%増加しました。

UNCTADによる海上輸送のレビューと題された報告書によると、長年にわたり最も急成長している分野はコンテナ貿易であり、2023年の成長率は1.9%に達すると予想されています。

海上貨物輸送市場動向

コンテナ化は動向として進化しています

UNCTAD(国連貿易開発会議)によると、国際海上貿易は、特にコンテナ貨物、 促進要因ルク貨物、ガス貨物の成長によって推進されています。しかし、地政学的な緊張や新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のような世界のパンデミックなどの不確実性は、依然として現在の海上輸送環境において最優先のテーマであり、リスクは下方に傾いています。

一般貨物のコンテナ化は長期的には右肩上がりの傾向にあります。世界化されたコンテナ貿易の大部分は、引き続き主要な東西コンテナ貿易動脈、すなわちアジア-欧州、環太平洋、および大西洋を横断して運ばれました。コンテナ貿易と 促進要因ルク貿易は、予測期間中にそれぞれ4.5%と3.9%の年間複合成長率を記録すると予想されます。

現在、世界中で1,700万個を超える輸送コンテナが使用されており、コンテナは常に進化しています。世界貿易が急速に拡大するにつれ、効率的な貨物輸送に対する需要も高まる一方です。

最初にコンテナが標準化されて以来、需要と供給によって成長と変化が促進されてきましたが、コンテナ船に搭載されるコンテナの数に影響を与える要因はそれだけではありません。長年にわたるコンテナのサイズもその数に影響を与えています。

アジア太平洋は最も急成長している市場

アジア太平洋地域は、中国やインドなど、世界で最も急速に成長している経済諸国で構成されています。貿易交流はこれらの国々による海運部門の成長を支えており、国際貿易の大部分は海上ルートで行われています。

世界のコンテナ港湾取り扱い活動の動向は、世界貿易と海運におけるアジアの中心的な役割も浮き彫りにしています。アジア諸国では域内貿易が大幅に増加していますが、これは主に製造業貿易に基づいており、一般に部品がアジアの複数の場所で製造され、別の場所で組み立てられる断片的な生産プロセスを反映しています。これにより、海上輸送による貿易の拡大も期待されます。需要の伸びは主にアジアで生じており、進行中のエネルギー政策の転換とオーストラリアと米国の輸出能力の増加によって支えられています。

アジア太平洋地域は、海上貨物輸送市場に相当な船舶価値を提供する主要国の存在が特徴です。中国、日本、シンガポール、韓国は世界の船舶所有国のトップ10に入っています。

例えば、2021年1月時点で、中国の艦隊資産総額は1,960億米ドルに達したが、日本の艦隊資産総額は1,880億米ドル、シンガポールの艦隊資産総額は790億米ドル、韓国の艦隊資産総額は596億米ドルに達しました。

これらの市場に加えて、インド、インドネシア、ベトナム、マレーシア、フィリピン、タイなど、海洋分析の採用が期待できる新興国市場がいくつかあります。国内通貨基金(IMF)によると、2022年12月時点で海上貿易国の上位10カ国には中国、韓国、マレーシア、台湾が含まれていました。

海上貨物輸送業界の概要

海運市場はかなり集中しており、少数のプレーヤーが市場のかなりのシェアを占めています。市場における著名な企業としては、MSC、COSCO、AP Mollerなどがあります。

海上輸送は、海運の本質的な国際性と複数の利害関係者の側面により、複雑な活動分野です。この部門の企業は現在、同部門が二酸化炭素排出量と環境汚染への影響を削減する計画の実施に向けて動いているため、2020年1月から国際海事機関が定める船舶燃料に対する世界の硫黄分上限の引き下げに準拠することに重点を置いています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

  • 分析調査手法
  • 調査段階

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学と洞察

  • 現在の市場シナリオ
  • 市場力学
    • 促進要因
      • 世界貿易の増加
      • コスト効率の高い輸送の需要
    • 抑制要因
      • 市場の成長に影響を与える規制の増加
      • 燃料費の高騰が市場に影響
    • 機会
      • 市場を後押しする新技術の利用
      • 世界中で高まる海上貿易の需要
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • バリューチェーン/サプライチェーン分析
  • 技術の進歩
  • 政府の規制と主な取り組み
  • 積み替え貿易に関する洞察
  • コンテナ化および非コンテナ化貨物に関する洞察
  • 運賃と海上輸送費
  • 複合一貫輸送/コンテナ利用に関する洞察
  • 需給分析
  • COVID-19の市場への影響

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • コンテナ化
      • 一般的
      • 冷凍車
    • 非コンテナ化
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • 北米のその他の地域
    • 欧州
      • ドイツ
      • ロシア
      • フランス
      • 英国
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • オーストラリア
      • インド
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東とアフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • コロンビア
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 市場集中の概要
  • 企業プロファイル
    • AP Moller(Maersk)
    • Mediterranean Shipping Company SA(MSC)
    • CMA-CGM
    • China Ocean Shipping(Group)Company(COSCO)
    • Hapag-Lloyd
    • ONE-Ocean Network Express
    • Evergreen Line
    • HMM Co. Ltd
    • Yang Ming Marine Transport
    • Zim
    • Wan Hai Lines
    • PIL Pacific International Line*

第7章 市場の将来

第8章 付録

目次
Product Code: 72048

The Maritime Freight Transport Market size is estimated at USD 381.69 billion in 2024, and is expected to reach USD 471.81 billion by 2029, growing at a CAGR of 4.33% during the forecast period (2024-2029).

Maritime Freight Transport - Market

The maritime freight transport industry is responsible for the carriage of around 90% of world trade. Seaborne trade continues to expand, bringing benefits for consumers across the world through competitive freight costs. Thanks to the growing efficiency of shipping as a mode of transport and increased economic liberalization, the prospects for the industry's further growth continue to be strong.

All the trade chains, including the major import and export trade, face a downfall. During this adverse time and the urgency of the situation, a ban had been imposed by various countries on the entry of containers and vessels that are being operated from other ports, especially those that are transported from China.

Over 50,000 merchant ships are trading internationally, transporting every kind of cargo. The world fleet is registered in over 150 nations and manned by over a million seafarers of virtually every nationality.

Concretely, it was estimated that higher grain prices and dry bulk freight rates in early 2022 contributed to a 1.2% increase in consumer food prices. Container ships spent 13.7% longer in port in 2021 compared to 2020, exacerbating delays and shortages. During the last year, total greenhouse gas emissions from the world fleet increased by 4.7%.

For many years, the fastest-growing segment was containerized trade, for which growth in 2023 is expected to reach 1.9%, according to a report titled Review of Maritime Transport by UNCTAD.

Maritime Freight Transport Market Trends

Containerization is Evolving as a Trend

According to UNCTAD (United Nations Conference on Trade and Development), international maritime trade is driven in particular by growth in containerized, dry bulk, and gas cargo. However, uncertainties like geopolitical tensions and global pandemics like COVID-19 remain an overriding theme in the current maritime transport environment, with risks tilted to the downside.

The long-term trend toward the containerization of general cargo is upward rising. A large share of globalized containerized trade continued to be carried across the major East-West containerized trade arteries, namely Asia-Europe, the Trans-Pacific, and the Transatlantic. Containerized and dry bulk trades are expected to register a compound annual growth rate of 4.5% and 3.9%, respectively, over the forecast period.

Today, over 17 million shipping containers are used worldwide, which is evolving constantly. With global trade expanding rapidly, the demand for efficient cargo transport will only grow as well.

Supply and demand have facilitated growth and change since the first standardized containers, but they're not the only factors that have impacted how many containers are on a container ship. The size of containers over the years has affected the number as well.

Asia-Pacific is the Fastest Growing Market

The Asian-Pacific region consists of some of the fastest-growing economies in the world, like China and India. The trade exchanges support this growth in the maritime transportation sector by these countries, of which the majority of international trade takes place via sea routes.

Trends in global container port-handling activities also highlight the central role of Asia in global trade and shipping. Asian countries are experiencing a large increase in intra-regional trade, mostly based on manufacturing trades and reflecting fragmented production processes, where parts are generally manufactured in multiple locations across Asia and assembled in another location. This is also expected to increase trade, supported by marine transportation. Demand growth originated mostly in Asia, bolstered by ongoing energy policy shifts and rising export capacity in Australia and the United States.

The Asia Pacific region is characterized by the presence of some major countries that contribute substantial fleet value to the maritime freight transport market. China, Japan, Singapore, and South Korea are among the top ten ship-owning countries worldwide.

For instance, as of January 2021, China's total fleet asset value reached USD 196 billion, whereas Japan's total fleet asset value reached USD 188 billion, Singapore's total fleet asset value was USD 79 billion, and South Korea's total fleet asset value reached USD 59.6 billion.

In addition to these markets, there are several other potential developing markets for the adoption of maritime analytics, such as India, Indonesia, Vietnam, Malaysia, the Philippines, and Thailand. As per the Internal Monetary Fund (IMF), in December 2022, the top 10 sea trading countries included China, South Korea, Malaysia, and Taiwan.

Maritime Freight Transport Industry Overview

The maritime transport market is fairly concentrated, with a few players accounting for significant amounts of shares in the market. Some of the prominent companies in the market are MSC, COSCO, and AP Moller.

Maritime transport is a complex activity area, owing to the inherently international nature of shipping and its multi-stakeholder dimension. The companies in the sector currently are focusing on complying with the International Maritime Organization's lower global sulfur cap on marine fuels from January 2020 as the segment moves towards implementing the plans to reduce its carbon footprint and contribution to pollution.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

  • 2.1 Analysis Methodology
  • 2.2 Research Phases

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS AND INSIGHTS

  • 4.1 Current Market Scenario
  • 4.2 Market Dynamics
    • 4.2.1 Drivers
      • 4.2.1.1 Increasing global trade
      • 4.2.1.2 Demand for cost-effective transportation
    • 4.2.2 Restraints
      • 4.2.2.1 Increasing regulations affecting the growth of the market
      • 4.2.2.2 Surge in fuel costs affecting the market
    • 4.2.3 Opportunities
      • 4.2.3.1 Usage of new technologies boosting the market
      • 4.2.3.2 Increasing demand for maritime trade across the globe
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Threat of New Entrants
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.4 Value Chain/Supply Chain Analysis
  • 4.5 Technological Advancements
  • 4.6 Government Regulations and Key Initiatives
  • 4.7 Insights into Transshipment Trade
  • 4.8 Insights into Containerized and Non-containerized Shipments
  • 4.9 Freight Rates and Maritime Transport Costs
  • 4.10 Insights into Intermodal/Container Utilization
  • 4.11 Demand-Supply Analysis
  • 4.12 Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Type
    • 5.1.1 Containerized
      • 5.1.1.1 General
      • 5.1.1.2 Reefer
    • 5.1.2 Non-containerized
  • 5.2 By Geography
    • 5.2.1 North America
      • 5.2.1.1 United States
      • 5.2.1.2 Canada
      • 5.2.1.3 Rest of North America
    • 5.2.2 Europe
      • 5.2.2.1 Germany
      • 5.2.2.2 Russia
      • 5.2.2.3 France
      • 5.2.2.4 United Kingdom
      • 5.2.2.5 Rest of Europe
    • 5.2.3 Asia-Pacific
      • 5.2.3.1 China
      • 5.2.3.2 Japan
      • 5.2.3.3 Australia
      • 5.2.3.4 India
      • 5.2.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.2.4 Middle East and Africa
      • 5.2.4.1 Saudi Arabia
      • 5.2.4.2 South Africa
      • 5.2.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.2.5 South America
      • 5.2.5.1 Brazil
      • 5.2.5.2 Colombia
      • 5.2.5.3 Argentina
      • 5.2.5.4 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Market Concentration Overview
  • 6.2 Company Profiles
    • 6.2.1 AP Moller (Maersk)
    • 6.2.2 Mediterranean Shipping Company SA (MSC)
    • 6.2.3 CMA-CGM
    • 6.2.4 China Ocean Shipping (Group) Company (COSCO)
    • 6.2.5 Hapag-Lloyd
    • 6.2.6 ONE - Ocean Network Express
    • 6.2.7 Evergreen Line
    • 6.2.8 HMM Co. Ltd
    • 6.2.9 Yang Ming Marine Transport
    • 6.2.10 Zim
    • 6.2.11 Wan Hai Lines
    • 6.2.12 PIL Pacific International Line*

7 FUTURE OF THE MARKET

8 APPENDIX