デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1435974

スマートウィンドウ:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Global Smart Window - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.94円
スマートウィンドウ:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界のスマートウィンドウ市場規模は、2024年に55億9,000万米ドルと推定され、2029年までに88億9,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に9.75%のCAGRで成長します。

世界スマートウィンドウ-マーケット

多くの高度な自動化システムとスマートデバイスが急速に家庭に設置されています。ベンダーは、窓覆いをスマートにするためのリンクされた自動ソリューションを提供することで、これらの多数のシェードや窓覆いの提供を改善しています。スマートホームテクノロジーにおける音声アシスタントの普及が進んでいることにより、音声で起動するスマートシェードは今後数年間で人気が高まると予測されており、音声アシスタントを備えたスマートスピーカーはスマートホームテクノロジーの大部分の制御ハブになると予想されています。

主なハイライト

  • 家庭における従来のソリューションの大部分はデザインや革新の点でさまざまな変化を遂げていますが、換気や採光などさまざまな目的での窓の使用は変わらないと予想され、その結果、カーテンの需要が高まると予想されます。、カーテン、シェード。平均的な世帯の窓口負担額は、今後数年間で北米や欧州などの地域で増加すると予想されます。
  • 全国エンベロープ・窓金属建設産業連合によると、これらの地域でのスマートホームの普及拡大により、スマート窓覆いやコネクテッド製品の需要が増大すると予想されています。2019年、イタリアではこの需要から30億ユーロが生み出されました。住宅建築物の窓、ドア、カーテンウォールなどに。住宅および非住宅用建物の窓、ドア、カーテンウォールの売上高は今後2年間で増加し、2021年にはそれぞれ32億ユーロと19億ユーロに達すると予測されました。
  • アジア太平洋は、窓覆い材の主要な消費国および生産国です。経済成長と核家族化に伴い、住宅ソリューションの需要は増加すると予想されます。このような発展により、この地域では電動式のネット式窓覆いを提供する地元ベンダーの数が急増すると予想されています。オンラインショッピングに対する消費者の傾向の高まりにより、消費者間の製品に対する認知度が高まることが予想され、そのためベンダーはオンラインプラットフォームでのソリューションの提供に注力するようになりました。
  • 完全な電動窓覆いユニットは従来の窓覆いに比べて比較的高価であり、市場の成長に課題。しかし、さまざまな新しいベンダーが、従来のカーテンをスマートソリューションに変えることができる小型デバイスを提供しています。このほど、既存のカーテンレールにフィットし、電動でカーテンをスマートに変えるSwitchBorカーテンが発売されました。
  • 2021年 5月、IITグワハティの研究者は、エネルギーを節約し炭素排出量を削減する、建物内のスマート気候制御システムの設計を支援する材料を開発しました。 IIT Guwahatiは、印加された電圧に応じて窓を通過する熱と光の量を効果的に管理できるスマートウィンドウ素材を作成しました。研究者らによると、そのような材料は建物内の効果的な自動空調システムの開発に役立つ可能性があるといいます。

スマートウィンドウ市場動向

電動ローラーシェードが近い将来に大きな市場シェアを獲得

  • モーター駆動のローラーシェードは、上げ下げするときにスムーズな回転運動をもたらし、気を散らしたり、突然注意を必要としたりすることのない、フレンドリーでハイテクな雰囲気を作り出します。そのため、電動ローラーシェードはオフィスの窓、リビングルーム、キッチンエリアに最適です。米国国勢調査局によると、2022年3月の米国の新築住宅建設許可件数は前月と比べて約8,000戸増加しました。
  • 2022年 3月、オンライン窓装飾小売業者であるSelectBlinds.comは、新しいEve MotionBlindsとApple HomeKitテクノロジーを活用した2つの新しい電動アーキテクトローラーシェード製品のリリースを発表しました。 Eve MotionBlindsモーターは、ThreadスマートホームテクノロジーとそのBluetooth機能をサポートする、市場初のリンクされたブラインドとシェードモーターです。
  • 2021年 11月、世界の窓覆い会社であるRollease Acmedaは、同社の自動電動ローラーシェードインテリア製品がCEE Integrated Home競合のデザインおよびエンジニアリングにおけるイノベーションに対する特別表彰を受賞したと発表しました。
  • カナダのシェードとブラインドのオンライン小売業者Zebrablinds.caは、他の競合他社よりも安価なカスタムメイドの電動ローラーウィンドウシェードなど、製品の品揃えを拡大して市場に参入しています。同社は、シェード自体と、シェードを自動技術と統合する可能性の両方で消費者に大ヒットしました。これは、COVID-19感染症のパンデミックにより、多くの人が仕事を休みながら自宅でアップデートを行っているときに起こります。
  • オンタリオ州ミシサガに本拠を置く同社は、窓のタイプに応じて注文の仕様に合わせてシェードをカスタムメイドしています。窓にはさまざまなサイズや形があることを考慮して、Zebrablinds.caでは、ほとんどすべての装飾に合う色の幅広い素材を提供しながら、ぴったり合うシェードをカスタムメイドできます。

欧州が市場シェアを独占すると予想される

  • 英国の家庭におけるスマートホーム製品の高い普及と、先進的な窓覆い製品の採用の増加は、英国のスマートウィンドウ市場を推進する主な要因の一部です。スマートウィンドウは、住宅所有者に窓の「開閉」ステータスを常に更新するなどの機能を有効にしています。これにより、英国市場で多大な関心が高まっています。これは、新しいテクノロジーが住宅所有者に不動産の管理において提供する利点だけでなく、大家族の家の安全も見守ることができるという事実のためでもあります。
  • 国連の予測によると、2050年までに10人中7人以上が都市に住むことになります。これにより、大規模な集合住宅、高層ビル、巨大な公共建築物を備えた巨大都市の開発が推進されることになります。デジタル化はこれらすべての建物において重要な役割を果たすことになります。欧州電気通信ネットワーク事業者協会によると、2025年までに、スマートビルディングでは約1億5,400万のアクティブなIoT接続が存在すると予想されます。このようなデジタル化政策は、調査対象の市場を推進するでしょう。
  • 最近の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行は世界の製造業に影響を及ぼしており、そのため英国への安価な輸入品が入手可能となり、中期的には英国製窓覆い製品の需要増加につながる可能性があります。これにより、スマートウィンドウ製品の現地製造も促進されることが期待されます。
  • 近年、地元メーカーはブラインドやシェードの製品を革新しており、完全自動化された製品にますます重点を置いています。スマートウィンドウソリューションの採用もこの国で増加しており、シェード、ブラインド、カーテンが接続されたホームインテリアエクスペリエンスをもたらし、快適性と利便性が大幅に向上します。
  • さらに、ドイツ、イタリア、ロシア、オランダ、スイス、デンマーク、スウェーデンなどの国々では、近年、スマートウィンドウの採用が大幅に増加しています。多機能製品、高い製品革新率、音声アシスタントなどの機能に対する需要の高まりは、その他欧州でスマートウィンドウの成長を促進する主な要因の一部です。

スマートウィンドウ業界の概要

市場は細分化されており、多数の大小のベンダーが存在しますが、この製品は市場のさまざまな地域での導入の初期段階にあり、複数の企業が製品を提供する可能性があります。すでにこの分野で事業を展開しているベンダーは、戦略的なM&A活動とともに、その存在感を拡大し、新しいソリューションを立ち上げようとしています。

  • 2022年 8月:Josh.aiは、家庭における人工知能の機能と範囲をさらに拡大するために、世界中で屋内窓覆いおよび屋外日よけシステム用の管状モーターのメーカーであるSomfyと統合しました。このコラボレーションは、設計、構築コミュニティに焦点を当てたカスタム統合チャネルで2つの有名な企業を統合するだけでなく、いくつかのシェードとスクリーニング製造業者に提案された音声制御プラットフォームも提供します。
  • 2022年 7月:スマートホームビジネス Aqaraのレトロフィットカーテンソリューションが米国と欧州で利用可能になりました。 Aqaraカーテン 促進要因E1の価格は89.99ドルで、既存のカーテンレールまたはカーテンロッドに取り付けてカーテンを自動的に開閉します。以前は中国でのみ利用可能でした。 Aqaraエコシステムのほか、AppleのHomeKit、AmazonのAlexa、Google Home、およびIFTTTと互換性があります。 Aqaraは、新しいスマートホーム規格が今秋後半にリリースされる際には、Matterとも互換性があると主張しています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
    • 代替品の脅威

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • スマートホームの注目度の高まりによる自動ブラインドとシェードへの強い需要の高まり
  • 市場抑制要因
    • アプリケーションと初期コストの基準の欠如

第6章 市場セグメンテーション

  • 製品タイプ
    • 電動ローラーシェード
    • 電動ゼブラシェード
    • 電動カーテンシステム
    • その他の製品タイプ(接続可能なコントローラを含む)
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • フランス
      • その他欧州
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • その他アジア太平洋地域
    • 世界のその他の地域

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Inter IKEA Systems BV
    • Springblinds
    • Lutron Electronics Co. Inc.
    • Somfy Systems Inc.
    • Griesser AG
    • Hunter Douglas
    • The Shade Store LLC

第8章 投資分析

第9章 市場の見通し

目次
Product Code: 71727

The Global Smart Window Market size is estimated at USD 5.59 billion in 2024, and is expected to reach USD 8.89 billion by 2029, growing at a CAGR of 9.75% during the forecast period (2024-2029).

Global Smart Window - Market

Many advanced automation systems and smart devices are rapidly being installed in homes. Vendors are improving their offers with these numerous shades and window coverings by giving linked and automated solutions to make window coverings smart. Due to the increasing penetration of voice assistants in smart home technologies, voice-activated smart shades are projected to gain popularity in the coming years, and smart speakers with voice assistants are expected to be the control hubs for a large part of smart home technologies.

Key Highlights

  • Even though a significant share of conventional solutions in households see various changes in terms of design and innovation, the use of windows for various purposes, such as ventilation and light, is expected to remain the same and, in turn, drive the demand for curtains, drapes, and shades. The average household window covering spending is expected to increase in regions, such as North America and Europe, over the coming years.
  • The growing smart home penetration in these regions is expected to augment the demand for smart window coverings and connected products, according to the National Union of the Metal Construction Industries of the Envelope and Windows.EUR 3 billion was created in Italy in 2019 from the demand for windows, doors, and curtain walls for residential structures. It was predicted that sales of windows, doors and curtain walls for residential and non-residential buildings would increase during the next two years, reaching EUR 3.2 billion and EUR 1.9 billion, respectively, in 2021.
  • Asia-Pacific is one of the major consumers and producers of window coverings. With the growing economies and number of nuclear families, the demand for housing solutions is expected to increase. Due to such developments, the region is expected to see a surge in the number of local vendors offering motorized and connected window coverings. The growing consumer propensity toward online shopping is expected to increase the awareness of products among consumers, thus pushing vendors to focus on offering their solutions on online platforms.
  • The complete motorized window covering units are comparatively costlier than the conventional coverings, which challenges the market's growth. However, various new vendors are offering smaller devices capable of turning conventional curtains into smart solutions. Recently, SwitchBor Curtain was released, which fits into the existing curtain rods and turns the curtains into smart ones with its motorized movements.
  • In May 2021, Researchers at IIT Guwahati developed materials to aid in the design of smart climate control systems in buildings that save energy and reduce carbon emissions. IIT Guwahati created a smart window material that can effectively manage the quantity of heat and light that passes through the windows in response to a voltage applied. According to the researchers, such materials can aid in the development of effective automatic climate control systems in buildings.

Smart Window Market Trends

Motorized Roller Shades to Hold Significant Market Share in Near Future

  • Motorized roller shades give a smooth rolling motion when one raises or lowers them, creating a friendly, high-technology vibe that does not distract or demand sudden attention. This makes motorized roller shades perfect for office windows, living rooms, and kitchen areas. According to U.S. Census Bureau, building permits for new residential construction in the U.S. increased by roughly 8,000 units in March 2022 in comparison to the previous month.
  • In March 2022, SelectBlinds.com, an online window decor retailer, announced the release of two new Motorized Architect Roller Shades products, which are driven by new Eve MotionBlinds and Apple HomeKit technology. The Eve MotionBlinds motors are the first linked blinds and shades motors on the market to support Thread smart home technology and their Bluetooth capabilities.
  • In November 2021, Rollease Acmeda, a worldwide window coverings company, announced that it's Automated Motorized Roller Shade interior product had won the CEE Integrated Home Competition Special Recognition for Innovation in Design and Engineering Award.
  • Canadian online retailer of shades and blinds Zebrablinds.ca is making inroads into the market with an expanded assortment of products, including its custom-made motorized roller window shades that are less costly than the other competitors. The company witnessed a huge hit with consumers, both for the shades themselves and the potential to integrate the shades with automatic technology. This comes when many update their homes while off work, owing to the COVID-19 pandemic.
  • Based in Mississauga, Ontario, the company custom makes the shades to the ordered specifications depending on the window type. Given that windows come in different sizes and shapes, Zebrablinds.ca can custom-make shades that would fit while offering a wide range of materials in colors that would go with almost any decor.

Europe Expected to Dominate Market Share

  • High penetration of smart home products among UK households and growing adoption of advanced window covering products are some of the major factors driving the smart windows market in the United Kingdom. Smart Windows are enabling features such as constantly updating homeowners regarding their windows' 'open or close' status. This has developed a tremendous interest in the UK market, not just because of the benefits the new technology offers to the homeowner in caring for their property but also of the fact that they can watch over the security of their extended families' homes too.
  • According to the United Nations projections, by the year 2050, more than seven out of ten people will live in cities. This will push the development of megacities with large apartment blocks, high-rise buildings, and massive public buildings. Digitalization will play a crucial role in all of these buildings. According to the European Telecommunications Network Operators' Association, by 2025, there will be around 154 million active IoT connections in smart buildings. Such Digitalization policies will drive the studied market.
  • The recent COVID-19 outbreak has affected global manufacturing, hence the availability of cheaper imports into the United Kingdom, which could lead to increased demand for UK-produced window coverings products in the medium-term. This is also expected to boost the local manufacturing of smart window products.
  • In recent years, local manufacturers have been innovating blinds & shades products with their increasing focus on fully automated products. The adoption of smart window solutions is also rising in the country as it brings home interior experiences with connected shades, blinds, and curtains, significantly enhancing comfort and convenience.
  • Furthermore, countries like Germany, Italy, Russia, Netherlands, Switzerland, Denmark, and Sweden, among others, have witnessed a significant rise in the adoption of smart windows in recent years. The growing demand for multifunctionality products, high rate of product innovation, and features like voice assistants are some of the major factors driving the growth of smart windows in the rest of Europe.

Smart Window Industry Overview

Though the market is fragmented and is home to numerous small and large vendors, the product, in its initial stages of adoption in various regions of the market, is open to several players offering their products. The vendors that are already operating in this space are looking to expand their presence and launch new solutions, along with strategic M&A activities.

  • August 2022: Josh.ai has integrated with Somfy, the producer of tubular motors for indoor window coverings and outside shading systems in the world, to further increase the capabilities and scope of artificial intelligence in the home. The collaboration not only unites two well-known firms in the design-build community-focused custom integration channel, but it also offers several shades and screening fabricators a suggested voice control platform.
  • July 2022: The retrofit curtain solution from smart home business Aqara is now available in the US and Europe. The Aqara Curtain Driver E1 costs USD 89.99 and fits into an existing curtain track or rod to automatically open and close curtains. It was previously only available in China. It is compatible with the Aqara ecosystem as well as HomeKit from Apple, Alexa from Amazon, Google Home, and IFTTT. Aqara claims that when the new smart home standard launches later this fall, it will also be compatible with Matter.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Intensity of Competitive Rivalry
    • 4.2.5 Threat of Substitutes

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Growing Prominence of Smart Homes Drives Strong Demand for Automated Blinds and Shades
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Lack of Standards in Applications and Initial Costs

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 Product Type
    • 6.1.1 Motorized Roller Shades
    • 6.1.2 Motorized Zebra Shades
    • 6.1.3 Motorized Drapery Systems
    • 6.1.4 Other Product Types (Includes Connectable Controllers)
  • 6.2 Geography
    • 6.2.1 North America
      • 6.2.1.1 United States
      • 6.2.1.2 Canada
    • 6.2.2 Europe
      • 6.2.2.1 United Kingdom
      • 6.2.2.2 France
      • 6.2.2.3 Rest of Europe
    • 6.2.3 Asia Pacific
      • 6.2.3.1 China
      • 6.2.3.2 Rest of Asia Pacific
    • 6.2.4 Rest of the World

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles*
    • 7.1.1 Inter IKEA Systems BV
    • 7.1.2 Springblinds
    • 7.1.3 Lutron Electronics Co. Inc.
    • 7.1.4 Somfy Systems Inc.
    • 7.1.5 Griesser AG
    • 7.1.6 Hunter Douglas
    • 7.1.7 The Shade Store LLC

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OUTLOOK