デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1435973

スマートホームセーフティ:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Smart Home Safety - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 80 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.94円
スマートホームセーフティ:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 80 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

スマートホームセーフティ市場規模は、2024年に325億1,000万米ドルと推定され、2029年までに627億6,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に14.06%のCAGRで成長します。

スマートホームの安全性- 市場

より多くの人が自宅をより安全で安心なものにしたいと考えるようになり、近年、スマートホーム安全装置の人気が高まっています。これらのデバイスは、高度なテクノロジーを使用して、家庭用セキュリティカメラ、煙感知器、スマートロックなど、スマートフォンやその他のモバイルデバイスを使用してリモート制御できるさまざまな安全機能を提供します。スマートホーム安全装置の主な利点の1つは、住宅所有者が世界中のどこからでも自宅を監視できるようになり、そもそも事故や緊急事態の発生を防ぐのにも役立つことです。

主なハイライト

  • スマートホーム安全デバイスはWi-Fiに接続でき、スマートフォン、スマートウォッチ、音声などのスマートデバイスを使用してどこからでもアクセスできます。スマートホームセーフティ市場は、世界の犯罪率の増加によって牽引されており、人々は特に住宅地におけるセキュリティと安全システムに注目する必要があります。
  • フォーブス誌によると、米国では平均して年間100万件を超える住宅侵入が発生しており、米国で最も多い犯罪の種類は財産犯罪です。特に、米国人は自分自身と自分自身を守るためのセキュリティ機器とシステムに年間200億米ドル以上を費やしています。彼らの財産。
  • さらに、強盗や住居侵入者の大多数は、犯罪を犯すために最も抵抗の少ない道を選択します。たとえば、ロックされたドアや窓は、ほとんどの犯罪者にとってわずかな抑止力にすぎません。したがって、ホームセキュリティシステム、特に屋外カメラ、動体検知、適切な照明を組み込んだシステムは、最良の犯罪抑止力であると考えられています。 2022年に実施された米国Newsのホームセキュリティ調査によると、ホームセキュリティカメラを所有している米国の約2,000人は、自己防衛を行う主な理由として、次に犯罪抑止という別の回答が続いています。
  • ホワイトペーパーによると、ホームセキュリティ:選択は究極の価値提案であり、Ring Alarm、SimpliSafe、AbodeなどのDIY設置型セキュリティシステムや、ComcastやADTなどのナショナルブランドのDIY製品により、このカテゴリに対する消費者の認知度が拡大しています。さらに、家を守るために手頃な価格で設置が簡単なソリューションを求める消費者が増えています。
  • 安全装置を含むスマートホームデバイスの導入が進むにつれて、データ漏洩も大幅に増加していることが観察されています。これは、ランサムウェアやフィッシングを使用して個人を特定できる情報を漏洩させることによって引き起こされました。したがって、顧客はスマートホーム安全ソリューションの導入においてプライバシーを引き続き優先すると予想されており、これが調査対象市場の成長の主要な抑制要因となっています。
  • スマートホームセキュリティ市場では、一部の世帯主がCOVID-19感染症にさらされるリスクを嫌がり、接続や修理技術者が家に入るのを避けたが、自己設置型セキュリティシステムを購入する傾向が高まったため、COVID-19感染症の重大な影響が観察されています。したがって、住宅顧客は在宅中の安心感を高めることを望んでおり、そのためスマートホームセキュリティ市場は大きなチャンスとなりました。

スマートホームセーフティ市場の動向

ホームセキュリティシステムに対する意識の高まり

  • 接続されたデバイスを導入して使用する消費者の傾向が高まっているため、調査対象の市場の需要が増大しています。たとえば、Jaze Networksによると、世界の1人当たりのインターネット接続デバイスは2030年までに15台に達すると予想されています。
  • さらに、National Council for Home Safety and Securityの統計によると、米国のミレニアル世代の47%がスマートデバイスを所有しており、すでに1つのスマート製品を所有している人の70%は、他のスマートデバイスを選択する可能性が高いとされています。
  • このような動向は、コネクテッドデバイスが家庭で大きなメリットと利便性を提供するため、調査対象市場の成長にとってより有利なエコシステムを生み出します。これらがもたらす新しい機能、接続機能、および機能により、スマートホーム安全デバイスの実装タスクがより簡単かつシンプルになります。
  • さらに、Continental Automated Buildings Association(CABA)によると、米国のスマートホームデバイスの設置台数は2023年に26億9,180万台に達すると予想されています。 Hippo Insuranceの最近の調査によると、消費者にとって利便性が最も重要な要素です。スマートホームデバイスを追加する(46%)。火災警報システムが保護デバイスのトップにランクされ(37%)、続いて35~54歳の男女の36%が、カメラが家を最もよく保護してくれると考えています。一方、25~34歳の女性の14%は、最も保護されるスマートホームデバイスとして自動ロックを選択しています。さらに、Hippo Insuranceによると、2022年には火災および盗難警報器が最も需要の高いホームセキュリティ製品(34%)となり、次いでカメラ(31%)、ビデオドアベル(16%)などが続きました。

アジア太平洋地域が大きな市場シェアを占める

  • 中国は最新の技術革新の導入において最前線に立っています。 AIテクノロジーの採用の増加により、国内のスマートホーム市場の需要が増加しています。中国国務院は最近、1,500億米ドル規模の国家AI産業を構築することで、2030年までに主要なAI超大国になる戦略を詳細に発表しました。
  • 有利な政策とIoTの開始により、この国のスマートホーム市場の強固な基盤が築かれました。 GSMAは、2025年までに中国のIoT接続が約41億件、世界のIoT接続のほぼ3分の1を占める可能性があると推定しています。さらに、スマートシティプロジェクト、国家新型都市化計画、中国製造2025戦略などの取り組みも行われています。中国のスマートホームセーフティ市場を活性化すると予想されています。
  • AIを活用した防犯カメラが家庭に設置されることが増え、タイムリーな侵入者への警告や愛する人の帰宅時の通知など、改善されたセキュリティ機能を住宅所有者に提供するなか、企業はこの市場での権益を争っています。
  • 新製品の発売は、市場での存在感を拡大するためのベンダーの主要なビジネス戦略の1つです。たとえば、2022年 7月、EZVIZはインドでのスマートホーム安全ソリューションの製品ラインをEZVIZ TY1、Wi-Fiパン&チルトカメラで拡張しました。この4MPカメラは、優れた屋内ホームセキュリティエクスペリエンスを提供します。 360度の視野、スマートトラッキング機能、H.265ビデオテクノロジーを備えたこれらの製品により、ユーザーは常に2K解像度で施設を監視できます。

スマートホームセーフティ業界の概要

スマートホームセキュリティ市場は、参入障壁が低いため、非常に細分化されています。さらなる戦略的パートナーシップとイノベーションが業界の原動力となっており、市場はテクノロジーと機能の面でより速く進化しています。主要企業は、ADT Inc.、Honeywell International Inc.、Hangzhou Hikvision Digital Technology、Abode Systems Inc.などです。

2023年 5月、WiZは、ユーザーが自宅を安全に保つために動作検出と光の力を使用する、新しい独自のホームモニタリング技術の発売を発表しました。同社の新しいスマートホームモニタリング屋内カメラは、スマートホーム安全ソリューションのポートフォリオを補完する最初のホームモニタリング製品の1つです。

2023年 4月、ADT Incは、Google Nestスマートホーム製品と連携して、新しいADT Self Setupスマートホームセキュリティシステムの提供を発表しました。これは、ビデオ検証を含む同社の最も先進的で完全なDIYシステムの1つであり、警察の対応に役立ちますより早く、より早く助けが得られます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)がスマートホームセーフティ市場に与える影響

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • ホームセキュリティシステムに対する意識の高まり
  • 市場抑制要因
    • 高額な初期コストとサイバーセキュリティの懸念

第6章 市場セグメンテーション

  • デバイスの種類別
    • スマートアラーム
    • スマートロック
    • スマートセンサーと検出器
    • スマートカメラと監視システム
    • 他のデバイスタイプ
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • フランス
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • その他アジア太平洋地域
    • 世界のその他の地域

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • ADT Inc.
    • Honeywell International Inc.
    • Johnson Controls International PLC
    • Hangzhou Hikvision Digital Technology Co. Ltd.
    • Abode Systems Inc.
    • Frontpoint Security Solutions LLC
    • Vivint Smart Home Inc
    • Simplisafe Inc.
    • CPI Security Systems Inc.
    • Ring Inc.(Amazon.com Inc.)

第8章 投資分析

第9章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 71719

The Smart Home Safety Market size is estimated at USD 32.51 billion in 2024, and is expected to reach USD 62.76 billion by 2029, growing at a CAGR of 14.06% during the forecast period (2024-2029).

Smart Home Safety - Market

Smart home safety devices have been gaining popularity in recent years as more and more people seek to make their homes safer and more secure. These devices use advanced technology to provide a range of safety features, such as home security cameras, smoke detectors, and smart locks, that can be controlled remotely using a smartphone or other mobile device. One of the main advantages of smart home safety devices is that they allow homeowners to monitor their homes from anywhere in the world and also help to prevent accidents and emergencies from occurring in the first place.

Key Highlights

  • Smart home safety devices can be connected to Wi-Fi and accessed from anywhere using smart devices, such as smartphones, smartwatches, or voices. The smart home safety market is driven by the increasing crime rates worldwide, forcing people to focus on security and safety systems, especially in residential areas.
  • According to the Forbes Magazine, on average, over one million home burglaries happen annually in the U.S. and property crimes are the most common type of crime in the U.S. Notably, americans spend over USD 20 billion annually on security devices and systems to protect themselves and their property.
  • Furthermore, a majority of burglars or home invaders significantly choose the path of least resistance to commit their crime. For instance, locked doors and windows are only a slight deterrent for most criminals. Thus, home security systems, especially ones that incorporate exterior cameras, motion detection and adequate lighting, are considered the best criminal deterrents. As per the US News home security survey done in 2022, about 2,000 U.S.having home security cameras pension the leading reason to do self-protection followed by another answer which was to deter criminals.
  • According to The whitepaper, Home Security: Choice is the Ultimate Value Proposition, DIY-installed security systems, like Ring Alarm, SimpliSafe and Abode, and DIY offerings from national brands such as Comcast and ADT, have expanded consumer familiarity with the category. Moreover, a growing number of consumers are seeking affordable, easy-to-install solutions to protect their homes.
  • With the growing adoption of smart home devices, including safety devices, data leaks have also been observed to have increased significantly. This has been led by using ransomware and phishing to expose personally identifiable information. Therefore, customers are expected to continue to prioritize privacy for smart home safety solution adoption, which is a key restraining factor to the studied market's growth.
  • The smart home security market has observed a significant impact of COVID-19 as some householders were reluctant to risk exposure to COVID-19, avoiding connection and even repair technicians entering their homes, but heightening the inclination to acquire self-install security systems. Thus, housing customers wanted to increase their sense of security while at home, due to which the smart home security market became a huge opportunity.

Smart Home Safety Market Trends

Growing Awareness Regarding Home Security Systems

  • The growing consumer propensity toward adopting and using connected devices is augmenting the demand in the market studied. For instance, as per Jaze Networks, the global internet-connected devices per person is expected to reach 15 by 2030.
  • Furthermore, the statistics from the National Council for Home Safety and Security suggest that 47% of millennials in the United States own smart devices, while 70% of those who already have one smart product portray a likeliness to opt for other smart devices.
  • Such trends create an ecosystem more favorable to the growth of the studied market, as connected devices offer a significant benefit and convenience at home. The new features, connectivity capabilities, and functionalities they bring make the implementation task of smart home safety devices easier and simpler.
  • Moreover, according to the Continental Automated Buildings Association (CABA), the installed bases of smart home devices in the United States are expected to reach 2691.8 million in 2023. According to a recent survey by Hippo Insurance, convenience is the most significant factor for consumers to add smart home devices (46%), with fire-theft alarm systems ranking as the top protective device( 37%) followed by 36% of men and women ages 35 to 54 having a thought that cameras provide the most protection for their homes, while 14% of women ages 25 to 34 opting automatic locks as the most protective smart home device. Additionally, according to Hippo Insurance, in 2022, fire and theft alarm was among the most demanded (34%) home security product, followed by Camera (31%), and Video doorbells (16%), among others.

Asia-Pacific Accounts for Significant Market Share

  • China is at the forefront when it comes to the adoption of the latest technological innovation. The increasing adoption of AI technology leads to a rise in demand for the smart home market in the country. The State Council of China recently detailed its strategy to become the leading AI superpower by 2030 by building a USD 150 billion national AI industry.
  • The favorable policies and the onset of IoT laid a solid foundation for the smart home market in the country. GSMA estimates that China may account for approximately 4.1 billion IoT connections, almost one-third of the global IoT connections, by 2025. Furthermore, initiatives such as Smart Cities Projects, National New-type Urbanization Plan, and the Made in China 2025 strategy are expected to fuel China's smart home safety market.
  • Companies are fighting for a stake in this market as more AI-powered security cameras are installed in homes, providing homeowners with improved security features, including timely intruder alerts or notifications when their loved ones arrive home.
  • New product launches are among vendors' major business strategies to expand their market presence. For instance, in July 2022, EZVIZ expanded its product line of smart home safety solutions in India with the EZVIZ TY1, Wi-Fi Pan & Tilt Camera. This 4MP camera provides a superior indoor home security experience. With a 360-degree field of vision, smart tracking function, and H.265 Video Technology, these products allow users to monitor their premises in 2k resolution at all times.

Smart Home Safety Industry Overview

The Smart Home Security Market is highly fragmented due to low entry barriers. Further strategic partnerships and innovations are the driving force for the industry, and the market is evolving faster in terms of technology and features. Key players are ADT Inc., Honeywell International Inc., Hangzhou Hikvision Digital Technology Co. Ltd., and Abode Systems Inc., among others.

In May 2023, WiZ announced the launch of a new unique home monitoring technology that uses motion detection and the power of light to help a user keep his home safe. The company's new smart home monitoring indoor camera is among the first home monitoring products to complement its portfolio of smart home safety solutions.

In April 2023, ADT Inc, in collaboration with Google Nest smart home products, announced the availability of the new ADT Self Setup smart home security system, which is one of its most advanced and complete DIY systems, including Video Verification and helps police to respond faster, to get help sooner.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Impact of COVID-19 on the Smart Home Safety Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Growing Awareness Regarding Home Security Systems
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 High Initial Costs and Cybersecurity Concerns

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Device Type
    • 6.1.1 Smart Alarms
    • 6.1.2 Smart Locks
    • 6.1.3 Smart Sensors and Detectors
    • 6.1.4 Smart Camera and Monitoring Systems
    • 6.1.5 Other Device Types
  • 6.2 By Geography
    • 6.2.1 North America
      • 6.2.1.1 Unites States
      • 6.2.1.2 Canada
    • 6.2.2 Europe
      • 6.2.2.1 United Kingdom
      • 6.2.2.2 France
      • 6.2.2.3 Spain
      • 6.2.2.4 Rest of Europe
    • 6.2.3 Asia-Pacific
      • 6.2.3.1 China
      • 6.2.3.2 Japan
      • 6.2.3.3 Rest of Asia-Pacific
    • 6.2.4 Rest of the World

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 ADT Inc.
    • 7.1.2 Honeywell International Inc.
    • 7.1.3 Johnson Controls International PLC
    • 7.1.4 Hangzhou Hikvision Digital Technology Co. Ltd.
    • 7.1.5 Abode Systems Inc.
    • 7.1.6 Frontpoint Security Solutions LLC
    • 7.1.7 Vivint Smart Home Inc
    • 7.1.8 Simplisafe Inc.
    • 7.1.9 CPI Security Systems Inc.
    • 7.1.10 Ring Inc. (Amazon.com Inc.)

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS