デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1435810

エンタープライズパフォーマンス管理:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)

Enterprise Performance Management - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 127 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=159.16円
エンタープライズパフォーマンス管理:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 127 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

エンタープライズパフォーマンス管理市場規模は、2024年に75億3,000万米ドルと推定され、2029年までに118億6,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に9.5%のCAGRで成長します。

エンタープライズパフォーマンス管理- 市場

透明性のあるビジネス戦略に対するニーズの高まり、コアビジネスへの注力の高まり、全体的なパフォーマンスの向上、組織内でのデータ主導の意思決定の増加が、EPM市場の成長を推進しています。

主なハイライト

  • 世界中でクラウドベースのEPMの採用が増加しており、市場の牽引力が高まっています。たとえば、ジェイテクトは2022年7月に、Oracle Cloud EPMソフトウェアとその関連機能をビジネス、財務、情報技術、そして人材。
  • 企業のパフォーマンス管理にロボティックプロセスオートメーション(RPA)ツールを統合することは、成長に影響を与えるEPM市場の重要な動向の1つです。企業のパフォーマンス管理プロセスにRPAを組み込むことで、従業員は中核業務により集中できるようになります。
  • さらに、大手企業は新しいインフラストラクチャパフォーマンス管理(IPM)ソリューションを統合しています。たとえば、2022年 11月、AI主導のハイブリッドクラウド管理および監視ソリューションの大手サプライヤーであるVirtanenは、同社の主力インフラストラクチャパフォーマンス管理(IPM)製品であるVirtualWisdomがVirtanaプラットフォームに統合されると発表しました。 Virtanaプラットフォームは、多くの製品を1つのソリューションに組み合わせることで、ユーザーがツールのスプロール化に関連する問題に対処できるようにするSoftware-as-a-Service(SaaS)プラットフォームです。
  • 業界全体で生成されるデータの量と機密性の増加により、規制要件が増大しており、EPMソフトウェアの導入が促進されています。さらに、両社はさまざまな合併・買収戦略に適応して新製品を開発し、EPM製品のさまざまなデータ分析機能にポートフォリオを拡張しています。
  • ただし、企業はEPMソフトウェアの多大な利点を認識する必要があります。企業はまだ、新しいテクノロジーと組み合わせたリアルタイムの利点を活用して、ビジネス指標を事前に分析し、透明性を高めて意思決定プロセスを合理化することができていません。 EPMソフトウェアプロバイダーは、より手頃な価格のサービスパッケージを導入することで、クライアント間で製品を販売できます。
  • COVID-19は、調査対象の市場にプラスの影響を与えると予想されます。一部の企業における財務上の混乱は前例のないものであるため、企業は影響分析のためにEPMソフトウェアを導入することが期待されています。 TCSのような多くの企業はすでにビジネスプロセスの再構築を計画しており、リモートパフォーマンス管理モジュールが既存のEPMツールに追加される可能性があります。

エンタープライズパフォーマンス管理(EPM)市場動向

BFSIセクターが主要な市場シェアを占めると予想される

  • 世界の金融危機の後、銀行は経済的繁栄と流動性を活用してバランスシートのリスクを軽減し、コスト基盤を再構築するのに役立つ手段を非常に意識するようになりました。しかし、多くの銀行は、銀行の商業化に伴うローン債務の増加など、顧客の財務状況に対して脆弱なままであり、熾烈な競合を引き起こしています。
  • そのため、BFSI分野の企業は財務計画や予算編成のプロセスを合理化するためにEPMアプリケーションを導入するケースが増えています。スウェーデンとタイの銀行は、中核業務に進捗管理ソリューションを導入し始めています。
  • また、クラウドベースのオーダーメイドソリューションのイントロダクション、業界全体でEPMソリューションをより広範に導入できるようになりました。たとえば、2022年7月にOracle CorporationがSAP顧客向けに発行したアップデートによると、Oracle Exodata Database MachineはSAPデータベースと非SAPデータベースをプライベートのDatabase Cloud形式に統合し、ほぼ10倍以上高速にデータを処理します。これは、システムのパフォーマンスを最適化するために、SAPやその他のOracleツールでさらに分析するためのデータの保存の循環と利用に役立ちます。
  • 同様に、オラクルは、事業計画や分析から財務管理、共同財務業務まであらゆるものをカバーするERP財務管理および会計ソフトウェアソリューションであるSAP S/4HANA Financeを提供しています。クラウドの統合により、パフォーマンス関連の情報にリモートでアクセスできるようになります。
  • さらに、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界のパンデミックにより、BFSI部門の事業運営に混乱が生じているため、企業はビジネスへの影響分析のためにEPMソフトウェアを導入できるようになることが期待されています。さらに、さまざまな企業がリモートで作業しているため、EPMソフトウェアはビジネス要件を維持するために切望されているサポートを提供します。たとえば、Oracle Hyperion EPMはユーザー環境を評価し、リモート・ユーザーのエクスペリエンスを最適化するために調整する必要があるかどうかを判断します。

アジア太平洋地域は最も急成長する市場になると予想される

  • 市場の成長は、エンドユーザーセグメントの発展によって促進されると予想されます。小売およびeコマースの分野は、予測期間中にこの地域で最大の市場規模を保持すると予想されます。
  • この地域のインドなどの新興国では規制管理が強化されており、業界全体で急速かつ競争の激しいビジネスが展開されており、ビジネス戦略の指針の必要性が高まっており、金融専門家に対する前例のない容赦ないプレッシャーがEPMソリューションの需要を押し上げています。
  • エコノミック・タイムズ紙によると、2022年4月、パフォーマンス管理ソフトウェアを提供するインドの新興企業Mesh, Incは、アジア太平洋および米国への拡大計画のためにRTLグループ主導で1,100万米ドルの資金を調達しました。同様に、2021年6月に同社はシードラウンドの一環として510万米ドルを調達しました。同社はまた、収益が設立以来16倍に成長したと報告しました。
  • また、成長する5Gネットワークは、その結果を利用するソフトウェアと関連ツールのクラウド反復を活用して、銀行などのエンドユーザーセグメントでのそのようなソフトウェアのリモート展開を支援すると期待されています。 gadgets360.comによると、ウェブサイトは2022年 8月、電気通信省が電波チャネルの入札者にスペクトル割り当ての書簡を発行し、インドの13都市が翌月に高速インターネットサービスを利用できることを確認したと報じた。
  • さらに、中国政府は製造業の競争力を向上させるために「中国製造2025」構想を立ち上げました。国の製造能力を向上させるという目標は、ビジネスを効果的に管理するための他の利点を活用して、情報に基づいた成長と意思決定を強化するためのEPMのようなソフトウェアの導入をさらに進めることにつながると予想されます。

エンタープライズパフォーマンスマネジメント(EPM)業界の概要

エンタープライズパフォーマンス管理市場は適度に細分化されており、サービスプロバイダー間で激しい競合が行われています。ベンダーは、顧客のパフォーマンス管理を向上させるために、既存のソリューションに新しいモジュールを継続的に追加しています。戦略的な買収やパートナーシップによりエコシステムが形成され続けており、企業は組織の規模や要件に応じてカスタマイズされたサービスを選択しています。また、クラウドなどの最新技術の導入も見られ、システムの高度化が図られています。

  • 2022年 8月- 日産自動車は、世界中の世界データを収集および分析するためにAnaplan, Inc.を選択しました。日産は、Anaplanを使用して事業全体にわたる世界データを収集および分析することで、複雑な業務を合理化し、より多くの情報に基づいた迅速なビジネス上の意思決定を行い、リアルタイムのパフォーマンス管理と将来に向けたより迅速なビジネス上の意思決定を可能にすることを目指していました。
  • 2022年 7月-Oracle CorporationはEnterprise Performance Management(EPM)11.2.10をリリースし、Oracle Software Delivery Cloudでダウンロードできるようになりました。新しいバージョンには、Java 8 Update 331、EPMセキュリティガイドの更新されたウォレット作成セクション、Oracle 21cデータベースサポートなどの機能が含まれています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章イントロダクション

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 新規参入業者の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • 業界バリューチェーン分析
  • COVID-19の業界への影響評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 運用コストの最小化の必要性
    • データ主導の意思決定の普及
  • 市場抑制要因
    • 企業の認識・知識不足

第6章 市場セグメンテーション

  • 展開
    • オンプレミス
    • クラウド
  • 企業規模
    • 中小規模
    • 大企業
  • エンドユーザー業種
    • BFSI
    • 通信
    • ヘルスケア
    • 製造業
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • 世界のその他の地域

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • IBM Corporation
    • SAP SE
    • CA Technologies(Broadcom Inc.)
    • Oracle Corporation
    • Capgemini SE
    • Anaplan Inc.(Thoma Bravo)
    • Workiva Inc.
    • HCL Technologies Limited
    • Adaptive Insights Inc.(Workday Inc.)
    • Vena Solutions
    • Talentia Software

第8章 投資分析

第9章 市場の将来展望

目次
Product Code: 69608

The Enterprise Performance Management Market size is estimated at USD 7.53 billion in 2024, and is expected to reach USD 11.86 billion by 2029, growing at a CAGR of 9.5% during the forecast period (2024-2029).

Enterprise Performance Management - Market

The increasing need to have a transparent business strategy, growing focus on core business, overall improvement in performance, and rising data-driven decision-making in the organization are driving the growth of the EPM market.

Key Highlights

  • The increase in the adoption of cloud-based EPM worldwide is gaining market traction. For instance, in July 2022, JTEKT reported a 25% reduction in budgeting time, reduced project delivery time, and improved forecast and assertiveness, as the company utilized Oracle Cloud EPM software and its related features in areas like business, finance, information technology, and human resources.
  • Integrating Robotic Process Automation (RPA) Tools in enterprise performance management is one of the critical EPM market trends influencing growth. Including RPA in the enterprise's performance management processes will enable employees to focus more on core operations.
  • Moreover, the leading companies are integrating new infrastructure performance management (IPM) solutions. For instance, in November 2022, a Leading supplier of AI-driven hybrid cloud management and monitoring solutions, Virtanen, announced that its flagship Infrastructure Performance Management (IPM) product, VirtualWisdom, would be integrated into the Virtana Platform. The Virtana Platform is a Software-as-a-Service (SaaS) platform that enables users to address the problems associated with tool sprawl by combining many products into a single solution.
  • The increasing regulatory requirements owing to the rising volume and sensitive nature of data being generated across industries are prompting the deployment of EPM software. Moreover, the companies adapt to various merger and acquisition strategies to develop new products and expand their portfolio to different data analytics features in EPM products.
  • However, enterprises still need to be made aware of the tremendous benefits of EPM software. The companies are yet to leverage the real-time benefits, coupled with the new technologies, to analyze their business metrics in advance and streamline their decision-making processes with added transparency. The EPM software providers can market the products among clients by introducing more affordable service packages.
  • COVID-19 is expected to have a positive impact on the market studied. Since the financial disruption for some of the businesses is unprecedented, companies are expected to deploy EPM software for impact analysis. With many companies, like TCS, already planning to restructure business processes, remote performance management modules will likely be added to the existing EPM Tools.

Enterprise Performance Management (EPM) Market Trends

BFSI Sector is Expected to Account for Major Market Share

  • Later the global financial crisis, the banks have become very conscious about the measure that helps them reduce risk on their balance sheet and restructure their cost bases by leveraging economic prosperity and liquidity. However, many banks remain vulnerable to customers' financial circumstances, such as loan debts added with the commercialization of banks, giving rise to cut-throat competition.
  • Thereby, companies in the BFSI sector are increasingly deploying EPM applications to streamline financial planning and budgeting processes. Swedish and Thai banking have started implementing progress management solutions into their core operations.
  • Also, the introduction of cloud-based bespoke solutions has enabled the broader deployment of EPM solutions across the industry. For instance, according to the update issued by Oracle Corporation for SAP customers in July 2022, Oracle Exodata Database Machine consolidated SAP and non-SAP Databases into private Database Cloud form, handling the data almost ten times faster or more. This helps in the circulation and utilization of storing the data for further analytics in SAP and other Oracle tools for optimizing system performance.
  • Similarly, Oracle offers SAP S/4HANA Finance, an ERP financial management and accounting software solution that covers everything from business planning and analysis to treasury management and joint finance operations. The integration of the cloud helps access performance-related information remotely.
  • Additionally, the global COVID-19 pandemic causing the disruption in business operations in the BFSI sector is expected to enable companies to deploy EPM software for business impact analysis. Moreover, with various companies working remotely, the EPM software provides much-needed support to maintain business requirements. For instance, Oracle Hyperion EPM evaluates the user environment and determines the needs to be tuned to optimize the experience of remote users.

Asia Pacific is Expected to be the Fastest-Growing Market

  • The market growth is expected to be driven by the development of the end-user segments. The retail and E-commerce vertical is expected to hold the largest market size in the region during the forecast period.
  • As emerging countries such as India in the region with growing regulatory controls, rapid and highly competitive business across the industries has increased the need for the guidance of business strategies added to the unprecedented and unrelenting pressure on finance professionals is driving the demand for EPM solutions.
  • According to The Economic Times, in April 2022, Mesh, Inc, an Indian start-up providing Performance Management software, raised USD 11 million in funding led by RTL Group for plans to expand across the Asia Pacific and the United States. Similarly, in June 2021, the company raised USD 5.1 million as a part of its seed round. The company also reported its revenue to have grown 16 times since its foundation.
  • Also, the growing 5G networks are expected to aid the remote deployment of such software in end-user segments like banking, leveraging the cloud iterations of the software and related tools utilizing the outcomes. According to gadgets360.com, in August 2022, the website reported that the Department of Telecom confirmed 13 Indian cities to get high-speed internet services the following month as it issued spectrum assignment letters to the bidders for radio wave channels.
  • Besides, China's government has launched the 'Made in China 2025' initiative to improve the country's manufacturing competitiveness. The goal of upgrading the nation's manufacturing capacity is expected to lead to higher deployment of software like EPM to bolster informed growth and decision-making, leveraging other benefits for managing businesses effectively.

Enterprise Performance Management (EPM) Industry Overview

The enterprise performance management market is moderately fragmented, with intense competition among the service providers. The vendors continually add new modules to their existing solutions to aid better performance management of customers. Strategic acquisitions and partnerships continue to shape the ecosystem, with companies opting for services customized as per the size and requirements of the organizations. Also, incorporation of the cloud and other latest technologies is seen for upgrading the

  • August 2022 - Nissan Motor Co., Ltd selected Anaplan, Inc. to collect and analyze global data worldwide. Nissan aimed to streamline complex operations, making more informed and prompt business decisions by using Anaplan to collect and analyze global data across its businesses, enabling real-time performance management and faster business decisions for the future.
  • July 2022 - Oracle Corporation released Enterprise Performance Management (EPM) 11.2.10, available for download on Oracle Software Delivery Cloud. The new version included features like Java 8 Update 331, an updated Wallet creation section in the EPM Security guide, Oracle 21c database support, and other features.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Threat of New Entrants
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.2.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Assessment of Impact of Covid-19 on the Industry

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Need for Minimizing Operational Expenses
    • 5.1.2 Proliferation of Data Driven Decision Making
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Lack of Awareness and Knowledge Among Enterprises

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 Deployment
    • 6.1.1 On-premise
    • 6.1.2 Cloud
  • 6.2 Size of Enterprise
    • 6.2.1 Small and Medium
    • 6.2.2 Large
  • 6.3 End-user Industry
    • 6.3.1 BFSI
    • 6.3.2 Telecommunication
    • 6.3.3 Healthcare
    • 6.3.4 Manufacturing
    • 6.3.5 Other End -user Industries
  • 6.4 Geography
    • 6.4.1 North America
    • 6.4.2 Europe
    • 6.4.3 Asia-Pacific
    • 6.4.4 Rest of World

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 IBM Corporation
    • 7.1.2 SAP SE
    • 7.1.3 CA Technologies (Broadcom Inc.)
    • 7.1.4 Oracle Corporation
    • 7.1.5 Capgemini SE
    • 7.1.6 Anaplan Inc. (Thoma Bravo)
    • 7.1.7 Workiva Inc.
    • 7.1.8 HCL Technologies Limited
    • 7.1.9 Adaptive Insights Inc. (Workday Inc.)
    • 7.1.10 Vena Solutions
    • 7.1.11 Talentia Software

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OUTLOOK OF THE MARKET