デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1435197

量子暗号:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024年~2029年)

Quantum Cryptography - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 100 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.89円
量子暗号:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 100 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

量子暗号市場規模は2024年に8億8,000万米ドルと推定され、2029年までに46億8,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に39.69%のCAGRで成長します。

量子暗号- マーケット

主なハイライト

  • ネットワークとアプリケーションのセキュリティを強化するために、世界中の組織が量子暗号ソリューションを導入するケースが増えています。政府およびBFSI業界でのこれらのソリューションの採用の増加により、市場には新たな機会が生まれると予想されます。業界関係者は、セキュリティを向上させ、安全なトランザクションを実現するための高度なソリューションに焦点を当てています。
  • デジタル化の加速に伴うサイバー攻撃の増加、サイバーセキュリティ関連資金の増加、クラウドやIoT技術に対する次世代セキュリティソリューションの需要増加、次世代ワイヤレスネットワーク技術の開発が、世界の量子暗号市場の成長を促進すると予測されています。
  • ワイヤレスネットワークテクノロジーの進化により、量子暗号の開発と採用が促進されました。 Wi-Fi、Bluetooth、携帯電話ネットワークなどのワイヤレスネットワークは、現代社会のいたるところに普及しています。それらの使用により、ワイヤレスで送信されるデータ量が増加しました。
  • 実装と設置のコストが高いことが、量子暗号の採用を抑制する要因の1つです。量子暗号は、特殊なハードウェアとソフトウェアを必要とする比較的新しいテクノロジーです。このハードウェアは高価である可能性があり、設置とメンテナンスのコストも高額になる可能性があります。さらに、この技術はまだ開発の初期段階にあるため、量子暗号を組み込んだソリューションやサービスの利用は現在限られています。
  • パンデミックにより、リモートワークへの移行が加速し、コミュニケーションとコラボレーションのためのデジタルテクノロジーの使用が増加しました。これにより、従来の暗号化方式よりも高いセキュリティレベルを提供する量子暗号など、安全な通信技術に対する需要が高まっています。
  • パンデミック後の時代には、モノのインターネット(IoT)、自動運転車、スマートシティなどの新興テクノロジーから量子暗号の需要が高まると考えられます。これらのテクノロジーは大量の機密データを生成および交換するため、サイバー攻撃から保護するための堅牢なセキュリティ対策が必要です。

量子暗号市場動向

サイバー攻撃の増加が市場の成長を促進すると予想される

  • サイバー攻撃の増加により、量子暗号の開発と導入が促進されています。量子暗号は、量子力学の原理を使用して通信チャネルを保護する技術です。従来の暗号化方式では妥協できない高レベルのセキュリティを提供します。
  • サイバー攻撃の頻度と巧妙化により、従来の暗号化手法は攻撃に対して脆弱になっています。たとえば、従来の暗号化方法は数学的アルゴリズムに依存しているため、より高速な計算能力や高度なアルゴリズムを破壊する可能性があります。一方、量子暗号は、通信チャネルのセキュリティを確保するために量子力学の原理に依存しています。
  • 量子暗号には、従来の暗号手法に比べていくつかの利点があります。たとえば、高い機密性が提供されます。つまり、無制限のコンピューティング能力があっても、盗聴者は暗号化されたメッセージを読み取ることができません。量子暗号化されたメッセージを盗聴しようとすると通信が中断され、関係する正当な当事者に警告が発せられます。
  • その結果、量子暗号は、通信チャネルに高レベルのセキュリティを必要とする政府、軍事組織、金融機関、その他の組織で採用されることが増えています。ただし、このテクノロジーはまだ初期段階にあり、広く採用される前にいくつかの課題に対処する必要があります。これらの課題には、実装コストの高さ、特殊なハードウェアの必要性、量子暗号化通信の伝送距離の制限などが含まれます。
  • 組織は常に警戒を怠らず、量子暗号で保護された通信チャネルを含む通信チャネルのセキュリティを継続的に評価する必要があります。また、量子暗号の脆弱性を特定して対処し、新たな脅威に確実に先手を打つために、継続的な研究開発に投資する必要があります。セキュリティに対して積極的なアプローチをとることで、サイバー攻撃の数が増加しているにもかかわらず、組織はデータ侵害のリスクとコストを最小限に抑えることができます。 IBMによると、2020年 5月から2022年 3月までの世界の平均データ侵害コストは435万米ドルでした。

北米はかなりの市場シェアを保持すると予想される

  • 北米は、サイバー攻撃の増加、エンドユーザーによるサイバーセキュリティへの関心の高まり、データプライバシーへの投資の増加などの要因により、世界の量子暗号市場で大きなシェアを占めています。さらに、北米における主要な量子暗号市場ベンダーの大きな存在感が、この地域の市場成長を後押ししています。
  • さらに、特に米国におけるデータセキュリティに対する政府規制の支援により、北米は量子暗号市場の主要セグメントとなっています。
  • たとえば、2022年 7月、米国商務省の国立標準技術研究所(NIST)は、量子コンピューティングを利用した将来のサイバー攻撃に耐えるように設計された最初の4つの暗号化ツールを発表しました。選択された4つの暗号化アルゴリズムは、NISTのポスト量子暗号標準の一部となり、2年以内に完成する予定です。
  • この地域ではデータ侵害やネットワーク侵入が非常に頻繁に発生しています。スマートデバイスの導入とデジタルテクノロジーの広範な使用により、サイバー攻撃の数が増加しています。量子暗号技術は、こうした進化する脅威からデータを守ることができます。
  • この地域では、従業員の暗号化スキルを向上させるための実習プログラムを促進および開発するために、複数のパートナーシップやコラボレーションが見られます。このようなプログラムは、必要なスキルを提供し、より多くの企業がこれらのテクノロジーを採用することを奨励することで、市場の全体的な成長に役立つことが期待されています。

量子暗号業界の概要

量子暗号市場は細分化されており、QuintessenceLabs、Crypta Labs、ID Quantique、MagiQ Technologies, Inc.、NuCryptなどの大手プレーヤーが存在します。市場のプレーヤーは、自社の製品提供を強化し、持続可能な競争上の優位性を獲得するために、パートナーシップ、イノベーション、買収などの戦略を採用しています。

  • 2023年 2月-MWC23で、ID Quantique、KCS、SK Telecomは新しい量子強化暗号ハードウェアを発表しました。 IDQの量子乱数生成器(QRNG)テクノロジーとKCSの暗号通信半導体テクノロジーが1つのセキュリティチップセットに統合されています。次世代のセキュリティチップは、ハッカーからの保護と、IoTおよびリンクされたデバイスに対する最も重要なセキュリティを提供します。
  • 2022年 11月- 量子サイバーセキュリティ業界のリーダーの1つであるQuintessenceLabsは本日、Quantum World Congressで、同社のqOptica量子鍵配布(QKD)ソリューションが、「今すぐ収穫し、「後で復号化する」(HNDL)脅威では、後で量子技術を使用して復号化する目的で独自のデータが今盗まれます。 qOptica QKDの2番目のバージョンは、従来型または量子コンピューターによる総当たり攻撃やアルゴリズム攻撃に耐性のあるキーマテリアルを安全に提供しながら、セキュリティを強化します。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ
  • 業界バリューチェーン分析
  • COVID-19の業界への影響評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • サイバー攻撃の増加
    • クラウドとIoT技術に対する次世代セキュリティソリューションのニーズの高まり
    • ワイヤレスネットワーク技術の進化
  • 市場の課題
    • 導入・設置コストの高さ
    • 熟練した専門家の不在と技術的課題

第6章 市場セグメンテーション

  • コンポーネント別
    • ソリューション
    • サービス別
  • アプリケーション別
    • ネットワークセキュリティ
    • アプリケーションセキュリティ
    • データベースセキュリティ
  • エンドユーザー別
    • IT・通信
    • BFSI
    • 政府・防衛
    • ヘルスケア
    • その他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • 南米
    • 中東・アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • QuintessenceLabs
    • Crypta Labs
    • ID Quantique
    • MagiQ Technologies, Inc.
    • NuCrypt
    • PQ Solutions Limited
    • ISARA Corporation
    • QuantumCTek Co., Ltd.
    • Quantum XC
    • QuNu Labs Pvt Ltd
    • qutools GmbH
    • AUREA Technology
    • Infineon Technologies AG
    • Toshiba Corporation
    • Mitsubishi Electric Corporation
    • IBM Corporation
    • NEC Corporation

第8章 投資分析

第9章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 68137

The Quantum Cryptography Market size is estimated at USD 0.88 billion in 2024, and is expected to reach USD 4.68 billion by 2029, growing at a CAGR of 39.69% during the forecast period (2024-2029).

Quantum Cryptography - Market

Key Highlights

  • Organizations across the globe increasingly implement quantum cryptography solutions to boost network and application security. The market is expected to witness new opportunities owing to the increasing uptake of these solutions in the government and BFSI verticals. The industry players focus on advanced solutions to improve security and secure transactions.
  • The rising incidents of cyber-attacks with acceleration in digitalization, growing cybersecurity funding, increasing demand for next-generation security resolutions for cloud and IoT technologies, and the development of next-generation wireless network technologies are anticipated to propel the growth of the global quantum cryptography market.
  • The evolution of wireless network technologies has driven the development and adoption of quantum cryptography. Wireless networks like Wi-Fi, Bluetooth, and cellular networks have become ubiquitous in modern society. Their use has led to an increase in the amount of data being transmitted wirelessly.
  • The high implementation and installation costs are one of the factors that restrain the adoption of quantum cryptography. Quantum cryptography is a relatively new technology requiring specialized hardware and software. This hardware can be expensive, and the cost of installation and maintenance can also be high. Additionally, the technology is still in the early stages of development, so the availability of sollutions and services incorporating quantum cryptography is currently limited.
  • The pandemic has accelerated the shift towards remote work and increased the use of digital technologies for communication and collaboration. This has led to an increased demand for secure communication technologies, including quantum cryptography, which offers a higher security level than traditional cryptographic methods.
  • The post-pandemic era would likely increase demand for quantum cryptography from emerging technologies such as the Internet of Things (IoT), autonomous vehicles, and smart cities. These technologies generate and exchange massive amounts of sensitive data, which requires robust security measures to protect against cyber-attacks.

Quantum Cryptography Market Trends

Rising Number of Cyber Attacks is Expected to Drive the Market Growth

  • The rising number of cyber attacks has driven the development and adoption of quantum cryptography. Quantum cryptography is a technology that uses the principles of quantum mechanics to secure communication channels. It offers a high level of security that traditional cryptographic methods cannot compromise.
  • The increasing frequency and sophistication of cyber-attacks have made traditional cryptographic methods vulnerable to attacks. For example, conventional encryption methods rely on mathematical algorithms, which can break faster computing power or advanced algorithms. Quantum cryptography, on the other hand, depends on the principles of quantum mechanics to ensure the security of communication channels.
  • Quantum cryptography offers several advantages over traditional cryptographic methods. For example, it provides high secrecy, meaning an eavesdropper cannot read the encrypted message, even with unlimited computing power. Any attempt to eavesdrop on a quantum-encrypted message will also disrupt communication, alerting the legitimate parties involved.
  • As a result, quantum cryptography is being increasingly adopted by governments, military organizations, financial institutions, and other entities that require high levels of security for their communication channels. However, the technology is still in its early stages, and some challenges need to be addressed before it can be widely adopted. These challenges include the high cost of implementation, the need for specialized hardware, and the limited distance over which quantum-encrypted communication can be transmitted.
  • Organizations must remain vigilant and continuously assess the security of their communication channels, including those secured with quantum cryptography. They should also invest in ongoing research and development to identify and address quantum cryptography vulnerabilities and ensure they stay ahead of emerging threats. By taking a proactive approach to security, organizations can minimize the risk and cost of a data breach, even in the face of a rising number of cyber-attacks. According to IBM, the global average data breach cost from May 2020 to March 2022 was USD 4.35 Million.

North America is Expected to Hold Significant Market Share

  • North America accounts for a significant share of the global quantum cryptography market owing to the factors such as the rising number of cyber-attacks, increasing focus on cyber security by end-users, and growing investments in data privacy. Furthermore, the significant presence of major quantum cryptography market vendors in North America boosts the market growth in the region.
  • Furthermore, supportive government regulations for data security, especially in the United States, make North America a leading segment in the quantum cryptography market.
  • For instance, in July 2022, the US Department of Commerce's National Institute of Standards and Technology (NIST) revealed the first four encryption tools designed to withstand future cyber attacks powered by quantum computing. The four selected encryption algorithms would become part of NIST's post-quantum cryptographic standard, which is expected to be finalized in two years.
  • Data breaches and network intrusions are very recurrent in the region. The adoption of smart devices and extensive use of digital technologies have increased the number of cyber-attacks. Quantum cryptography technology can defend data against these evolving threats.
  • The region is seeing multiple partnerships and collaborations to promote and develop apprenticeship programs to enhance the workforce's skills in cryptography. Such programs are expected to help the collective growth of the market by providing the necessary skills and encouraging more companies to adopt these technologies.

Quantum Cryptography Industry Overview

Quantum Cryptography Market is fragmented, with the presence of major players like QuintessenceLabs, Crypta Labs, ID Quantique, MagiQ Technologies, Inc., and NuCrypt. Players in the market are adopting strategies such as partnerships, innovations, and acquisitions to enhance their product offerings and gain sustainable competitive advantage.

  • February 2023 - At MWC23, ID Quantique, KCS, and SK Telecom launched new quantum-enhanced cryptography hardware. IDQ's quantum random number generator (QRNG) technology and KCS' cryptographic communication semiconductor technology are combined into a single security chipset. The next-generation security chip offers protection against hackers and the most significant security for IoT and linked devices.
  • November 2022 - QuintessenceLabs, one of the quantum cybersecurity industry leaders, announced today at Quantum World Congress that its qOptica Quantum Key Distribution (QKD) solution provides enhanced key enabling technology to assist in improving security against harmful cyber-attacks such as "harvest now, decrypt later" (HNDL) threats, in which proprietary data is stolen now with the intent of decrypting it later with quantum technology. The second version of qOptica QKD offers greater security while safely providing key material resistant to brute force and algorithmic assaults by conventional or quantum computers.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Threat of New Entrants
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Industry

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Rising Number of Cyber Attacks
    • 5.1.2 Growing Need for Next Generation Security Solutions for Cloud and IoT Technologies
    • 5.1.3 Evolution of Wireless Network Technologies
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 High Implementation and Installation Costs
    • 5.2.2 Absence of Skilled Expertise and Technological Challenges

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Component
    • 6.1.1 Solutions
    • 6.1.2 Services
  • 6.2 By Application
    • 6.2.1 Network Security
    • 6.2.2 Application Security
    • 6.2.3 Database Security
  • 6.3 By End-users
    • 6.3.1 IT and Telecommunication
    • 6.3.2 BFSI
    • 6.3.3 Government and Defence
    • 6.3.4 Healthcare
    • 6.3.5 Other End-users
  • 6.4 By Geography
    • 6.4.1 North America
    • 6.4.2 Europe
    • 6.4.3 Asia Pacific
    • 6.4.4 South America
    • 6.4.5 Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 QuintessenceLabs
    • 7.1.2 Crypta Labs
    • 7.1.3 ID Quantique
    • 7.1.4 MagiQ Technologies, Inc.
    • 7.1.5 NuCrypt
    • 7.1.6 PQ Solutions Limited
    • 7.1.7 ISARA Corporation
    • 7.1.8 QuantumCTek Co., Ltd.
    • 7.1.9 Quantum XC
    • 7.1.10 QuNu Labs Pvt Ltd
    • 7.1.11 qutools GmbH
    • 7.1.12 AUREA Technology
    • 7.1.13 Infineon Technologies AG
    • 7.1.14 Toshiba Corporation
    • 7.1.15 Mitsubishi Electric Corporation
    • 7.1.16 IBM Corporation
    • 7.1.17 NEC Corporation

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS