デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1434490

バイオメトリクス:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Biometrics - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 220 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.10円
バイオメトリクス:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 220 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

バイオメトリクス市場規模は2024年に511億5,000万米ドルと推定され、2029年までに1,042億2,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に15.30%のCAGRで成長します。

バイオメトリクス- 市場

バイオメトリクス市場は、テロ活動の増加と、国家安全保障に関する懸念を引き起こしている重要なデータや情報に関連する盗難行為の増加により、大幅な成長率で発展すると予想されています。

主なハイライト

  • 調査対象の市場で観察された重要な動向の1つは、プライバシーを強化し、セキュリティの脅威を減らすというビジネス上の議論におけるモデルシフトです。エンドユーザーは、従来の方法に依存するのではなく、統合されたソリューションをますます求めています。
  • 消費者向けのバイオメトリクスアプリケーションは、モバイルデバイスの採用の増加に伴い、近年急速に拡大しています。家庭用電化製品分野は、バイオメトリクスシステムの採用により、セキュリティおよびアクセス制御デバイスが主に占めています。したがって、市場の成長をサポートします。たとえば、人気のメッセージングアプリであるWhatsAppは、Androidプラットフォーム上で追加のプライバシー対策を開始しました。同社は、ユーザーは間もなく指紋センサーによるバイオメトリクスの形で自分のアカウントを保護できるようになるだろうと主張しています。
  • さらに、最近では、マルチモデルまたはハイブリッドバイオメトリクスシステムが、認証目的で重要な識別技術となっています。マルチモデルのバイオメトリクスシステムは、さまざまな機能(顔、虹彩、指紋)を使用してユーザーを認証します。これにより、さまざまな物性への対応が求められる大規模システムや、厳密な本人確認が求められる利用シーンにおいて、より信頼性の高い、高速・高精度な認証が可能になります。
  • 信頼性が高く効率的なバイオメトリクスの採用が増えていることにより、ハイブリッドバイオメトリクスシステムのCAGRが最も急速に成長していると考えられています。マルチレベル認証を通じて、マルチモーダルバイオメトリクステクノロジーは、なりすましや改ざんに対するセキュリティを強化します。現在、ハイブリッドバイオメトリクスシステムは幅広いモダリティ(音声、顔、虹彩)で構成されており、世界中の政府機関が国境警備、法執行機関、人事、国防、医療、ヘルスケアのさまざまなセキュリティ関連業務でハイブリッドバイオメトリクスシステムを採用しています。そしてエンタープライズセキュリティ。
  • たとえば、EUは2021年 8月に、データフローを改善するためにマルチモデルのバイオメトリクスシステムの相互運用性要件を採用しました。 Multiple Identity Detector(MID)データベースは、他のさまざまなデータベースを評価して、検索が行われたIDデータが複数の情報システムで利用可能かどうかを確認します。

バイオメトリクス市場動向

ソフトウェアおよびサービス部門が最大の市場シェアを占める

  • バイオメトリクスソフトウェアにより、バイオメトリクスデバイスと、それらが接続されているコンピュータおよびネットワークが相互に互換性を持ち、動作可能になります。また、異なるオペレーティングシステム上のさまざまなアプリケーションソフトウェアとの互換性が可能になり、効率的な接続が可能になります。ソフトウェアはバイオメトリクスシステムの重要な部分です。たとえば、署名検証システムのソフトウェアは署名を比較し、原本性をチェックします。署名の不正は人間のオペレーターにとって必ずしも明らかではないため、人間の目で不正な署名を正確に識別することが困難になる場合があります。したがって、時間を節約し、署名プロセス中の人的ミスを防止し、詐欺の可能性を下げるため、署名検証ソフトウェアの採用が増えています。
  • バイオメトリクスのソフトウェアは、不正行為を検出するためにAIなどの高度なテクノロジーとさらに統合されています。たとえば、IntelliVisionの顔認識ソフトウェアは、人種的偏見なくすべての民族の顔を検出し、画像データベースから認識できる、インテグレーターおよび開発者向けの深層学習ベースの顔認識ソリューションです。公的標準データセットでは約99.5%の顔認識精度を実現します。さらに、サーバー上やクラウド上でも使用できます。
  • 2021年 9月、会話型AIおよび音声セキュリティ領域のプレーヤーであるGnani.aiは、音声バイオメトリクスソフトウェアであるChristened armour365の発売を発表しました。バイオメトリクスソリューションは、銀行、防衛、ヘルスケアなどの業界に適しています。
  • オンプレミスのバイオメトリクスシステムには、サーバーやネットワークなどのITインフラストラクチャが必要です。このインフラストラクチャは高価であり、メンテナンスも必要です。このように、バイオメトリクスサービスは、バイオメトリクスプロジェクトの導入に特別なITインフラストラクチャやメンテナンスを必要としないため、ますます注目を集めています。
  • さらに、企業は非常に拡張性の高いバイオメトリクスサービスを採用しています。登録者数は企業の規模に応じて異なります。バイオメトリクスサービスは、企業がニーズに応じてサービスに加入するのに役立ちます。サブスクリプションプランを変更することで、施設の拡大または縮小も非常に簡単です。
  • Aware Inc.などの企業は、独立したサプライヤー、つまりハードウェアベンダーやシステムインテグレータから独立したバイオメトリクスソフトウェア製品とサービスを提供しています。これらの利点には、ハードウェアとソフトウェアの陳腐化に関連するリスクとコストの軽減、およびパフォーマンスの低下やソリューションの寿命の短縮につながる可能性のあるシステムメンテナンスの課題の軽減が含まれます。

アジア太平洋地域は最も急成長する市場になると予想される

  • モバイル決済取引の増加と、バイオメトリクスシステムの導入に向けた民間企業や政府の取り組みの増加が、この地域のバイオメトリクス市場の主な推進力となると予想されます。戦略国際問題研究所(CSIS)2021年報告書によると、中国は世界のデジタル決済革命の最前線に立っています。
  • デジタルコマースとモバイル決済の取引額が5兆4,000億米ドルの世界市場に基づいて、中国企業は2020年に2兆9,000億米ドルの取引額を生み出すと予想されています。中国が世界のデジタルインフラ、eコマース、デジタル人民元や提案されている新知財などの新プロジェクトに影響を与えることに主に力を入れていることは、デジタル化へのより権威主義的な道につながる可能性があります。例えば、2021年には351万以上の企業ウォレットと2,087万以上の個人ウォレットが開設され、総取引量は7,075万、取引額は54億1,000万米ドル(345億人民元)に達しました。
  • 一方で、小売、ゲーム、銀行および金融部門、病院などを含むさまざまなエンドユーザーにわたるバイオメトリクスシステムの需要の増加は、全国の市場の成長に大きな影響を与えています。たとえば、中国建設銀行(CCB)は、IDEX Biometricsと協力してデジタル人民元の実験にバイオメトリクスカードを使用することを決定しました。同銀行はすでにデジタル人民元ウォレットアプリをリリースしています。 NFC対応のバイオメトリクススマートカードを使用すると、ユーザーはスマートフォンを必要とせずにデジタル通貨を利用できるようになります。これらのバイオメトリクスカードは、DCEPとして知られる中国のデジタル通貨トライアルのメンバーのデジタルハードウォレットとして機能します。指紋センサーとバイオメトリクスソフトウェアがこれらのスマートカードを保護します。
  • さらに、BFSIやヘルスケアなどのエンドユーザー産業には、多くの重要かつ非常に価値のある資産が存在します。セキュリティの侵害や失効は、収益の損失を伴う悲惨な損害とコストをもたらす可能性があります。そのため、国内のこれらの業界は、顧客の機密データを最先端のテクノロジーで保護するための厳格な対策を実施しています。たとえば、2021年 2月には、顧客は自分の顔と手のひらのスワイプを使用して本人確認を行うことで、日本の横浜テクノタワーホテルのGreen Leaves+ショップアンドゴーストアに入場できるようになります。スマホアプリの顔と手のひらの静脈認証情報を連携させたマルチバイオメトリクス技術を利用できます。 Green Leaves+アプリに表示されるQRコードをスキャンしてストアにアクセスすることもできます。
  • 同様に、2021年 7月に、Fingerprint Cards(スウェーデンのバイオメトリクス企業)とMorX(日本のエレクトロニクス企業)は、日本でバイオメトリクス決済カードを開発および発売するために協力関係を結びました。プレスリリースによると、新しいカードにはFingerprintsのT字型モジュールが搭載されており、これは超低消費電力で、通常の自動製造方法を使用して支払いカードに統合されるように設計されているといいます。さらに同社は、タッチレスで安全かつスムーズな支払い方法を求める「日本の消費者の間でカード取引に対する欲求が高まっている」と述べた。

バイオメトリクス業界の概要

バイオメトリクス市場は、NEC、富士通株式会社、Leidos Holdings Inc.、Gemalto NV(Thales Group)などのさまざまなベンダーが世界中に存在するため、非常に細分化されています。この市場では、さまざまなエンドユーザー業界でバイオメトリクスソリューションの採用が増えています。また、ベンダーは市場での存在感を拡大するために重要な製品開発を行っています。市場はまた、戦略的提携や買収を拡大のための有利な道として捉えています。

  • 2021年10月- タレスはInetumと提携し、旅行者のバイオメトリクスを目的とした自動出入国管理(ABC)システムの導入をスペインの3空港に拡大しました。これらのシステムには顔認識と文書検証が含まれます。これらにより、国境管理プロセスが迅速化され、旅行者の待ち時間が大幅に短縮されることが期待されています。
  • 2021年 10月-ImageWare Systemsは、バイオメトリクス対応のブロックチェーンを利用したセルフソブリンIDソリューションを開発し、セルフソブリンID市場に参入しました。 IDブロックチェーンにバイオメトリクス保護を追加すると、デジタルウォレット内のデータが安全になり、許可されたユーザーのみがアクセスできる保護の最終層が提供されます。
  • 2021年 6月-Phonexiaは、世界中の何百もの公安プロジェクトの経験を活用して、音声調査用の新しいソフトウェア Phoenixia Orbisを開発しました。このオンプレミスソリューションにより、法執行機関は大量の音声から複雑な洞察を自動的かつ効率的に抽出できるため、捜査が簡単かつ簡単になります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 消費者向けアプリケーションにおけるバイオメトリクスソリューションの需要増加
    • 新興国における公共部門と政府部門からの採用の増加
    • バイオメトリクスのコモディティ化につながる主な技術発展
  • 市場の課題
    • プライバシー、セキュリティ、ROIに関する運用上の懸念
  • 市場機会
  • 業界の利害関係者分析

第5章 COVID-19がバイオメトリクス市場に与える影響に関する主要テーマ

  • 技術革新の最前線に立つ音声・音声認識
  • モバイルバイオメトリクスの台頭
  • 非消費者向けバイオメトリクスが優位を保つ
  • 継続的認証が主要動向として浮上する
  • バイオメトリクスデータ収集に関する規制上の懸念が主要利害関係者が直面する主要課題であり続ける
  • ウェアラブルによる心拍検出など新分野への調査努力
  • Biometrics-as-a-Serviceは、消費者宅でバイオメトリクスソリューションを展開する従来のモデルに徐々に取って代わる

第6章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • ハードウェア
    • ソフトウェア&サービス(プロフェッショナル&マネージド)
  • バイオメトリクス・タイプ別
    • IRIS認識
    • ハンドジオメトリー
    • 顔認証
    • 署名検証
    • 指紋認証
      • 自動指紋識別システム
      • 非AFIS(自動指紋識別システム)
    • 音声認識
    • 手のひら静脈
  • 接触タイプ別
    • 接触式
    • 非接触型
  • エンドユーザー別
    • 政府および法執行機関
    • 商業および小売
    • ヘルスケア
    • BFSI
    • 旅行および移民
    • その他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • ロシア
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Gemalto NV(Thales Group)
    • Leidos Holdings Inc.
    • NEC Corporation
    • M2SYS Technology
    • BioEnable Technologies Pvt. Ltd
    • Phonexia SRO
    • ImageWare Systems Inc.
    • S.I.C. Biometrics Global Inc.
    • Fujitsu Limited
    • Aware Inc.
    • Nuance Communications Inc.
    • IDEMIA France SAS
    • Cognitec Systems GmbH
    • BioID AG
    • Assa Abloy AB
    • Hitachi Corporation

第8章 投資の展望

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 67904

The Biometrics Market size is estimated at USD 51.15 billion in 2024, and is expected to reach USD 104.22 billion by 2029, growing at a CAGR of 15.30% during the forecast period (2024-2029).

Biometrics - Market

The biometrics market is anticipated to develop at a significant growth rate, owing to the rising number of terrorist activities and the increasing theft activities pertaining to crucial data and information that have raised concerns regarding national security.

Key Highlights

  • One of the key trends witnessed in the market studied is a model shift in business discourse toward more privacy and fewer security threats. The end-users are increasingly looking for integrated solutions rather than depending on conventional methods.
  • Consumer biometric applications have expanded rapidly over the recent years, with the increased adoption of mobile devices. The consumer electronics sector is dominated majorly by security and access control devices, owing to the adoption of biometric systems. Thus, it supports the growth of the market. For instance, WhatsApp, a popular messaging app, launched an additional privacy measure on the Android platform. The company claims that users will soon be able to secure their accounts in the form of biometric authentication through fingerprint sensors.
  • Additionally, multi-model or hybrid biometric systems have recently become a vital identification technique for authentication purposes. The multi-model biometric recognition system uses various features (facial, iris, and fingerprint) to authenticate users. This allows more reliability, high-speed, and high-precision authentication in large-scale systems that must respond to a variety of physical properties, as well as in usage scenarios that demand tight identity verification.
  • The increasing adoption of reliable and efficient biometrics is credited with the fastest growing CAGR for hybrid biometric systems. Through multi-level authentication, multimodal biometric technologies provide increased security against spoofing or falsification. Nowadays, hybrid biometric systems comprise a wide range of modalities (voice, facial, and iris), and government agencies worldwide employ them in a variety of security-related tasks, including border control, law enforcement, human resources, national defense, healthcare, and enterprise security.
  • For instance, in August 2021, the EU adopted interoperability requirements for multi-model biometric systems to improve data flows. The Multiple Identity Detector (MID) database evaluates a variety of other databases to see if the identity data for which the search was done is available in more than one information system.

Biometrics Market Trends

Software and Services Segment to Account for Largest Market Share

  • Biometric software allows biometric devices and the computers and networks they are connected to be compatible and operable with each other. It also allows various application software on different operating systems to be compatible and allows for an effective connection. Software is an important part of biometric systems. For instance, software in signature verification systems compares signatures and checks for originality. As signature fraud is not always evident to human operators, it can become difficult for the human eye to identify fraudulent signatures accurately. Thus, signature verification software is being increasingly adopted, as it saves time, prevents human error during the signature process, and lowers the chances of fraud.
  • Software in biometrics is further integrated with advanced technologies such as AI to detect fraud. For instance, IntelliVision's face recognition software is a deep learning-based facial recognition solution for integrators and developers that can detect faces of all ethnicities without racial bias and recognize them from the database of images. It provides facial recognition accuracy of about 99.5% on public standard data sets. Moreover, it can also be used on-server and in-cloud.
  • In September 2021, Gnani.ai, a player in the conversational AI and voice security domain, announced the launch of its voice biometrics software, Christened armour365. The biometric solution is suitable for industries such as Banks, Defense, Healthcare, among others.
  • The on-premise biometric systems need IT infrastructures, such as servers and networks. This infrastructure is expensive and requires maintenance. Thus, biometric service is increasingly gaining traction, as it does not need any specialized IT infrastructure or maintenance for the deployment of a biometric project.
  • Moreover, companies are embracing biometric service as it is extremely scalable. The number of enrollments varies from business to business, according to their size. Biometric service helps companies to subscribe to services as per their needs. It is also very easy to scale up or scale down the facilities by changing the subscription plan.
  • Companies, such as Aware Inc. and others, offer biometrics software products and services as independent suppliers, i.e., independent from hardware vendors and system integrators. These benefits include the mitigation of risks and costs associated with hardware and software obsolescence and system maintenance challenges that have the potential to weaken the performance and shorten the life of a solution.

Asia Pacific is Expected to be the Fastest Growing Market

  • Increasing mobile payment transactions coupled with increasing private corporations and government initiatives towards adopting biometric authentication systems are expected to be the major drivers for the biometrics market in the region. According to the Center for Strategic & International Studies Report (CSIS) 2021, China is at the forefront of the global digital payment revolution.
  • Chinese enterprises generated an anticipated USD 2.9 trillion in transaction value in 2020, based on a global market of USD 5.4 trillion in transaction value in digital commerce and mobile payments. China's major emphasis on influencing global digital infrastructure, e-commerce, and new projects like the digital yuan and the proposed new IP could lead to a more authoritarian path for digitization. For instance, in 2021, more than 3.51 million corporate wallets and 20.87 million personal wallets were opened, with a total transaction volume of 70.75 million and a transaction value of USD 5.41 billion (RMB 34.5 billion).
  • On the other hand, the increasing demand for biometric authentication systems across various end-users, including retail, gaming, banking and financial sector, hospitals, etc., are significantly influencing the market's growth across the country. For instance, The China Construction Bank (CCB) has decided to use biometric cards in its digital renminbi experiments in collaboration with IDEX Biometrics. The bank has already released a digital yuan wallet app. The NFC-enabled biometric smart card will allow users to utilize digital currency without the need for a smartphone. These biometric cards will serve as digital hard wallets for members of the Chinese digital currency trial, known as DCEP. Fingerprint sensors and biometric software will protect these smart cards.
  • Additionally, end-user industries, such as BFSI and healthcare, are home to many critical and highly valuable assets. Any breach or lapse in security can be disastrous and costly, with revenue loss. Thus, these industries in the country are enforcing stringent measures to protect sensitive customer data with cutting-edge technology. For instance, in February 2021, customers can enter the Green Leaves+ shop-and-go store at Japan's Yokohama Techno Tower Hotel using their faces and a swipe of their palms to verify their identity. Customers can use the smartphone application's multi-biometric authentication technology, connecting their face and palm vein recognition information. Customers can also scan a QR code displayed on the Green Leaves+ app to access the store.
  • Similarly, in July 2021, Fingerprint Cards (a Swedish biometrics company) and MoriX (a Japanese electronics company) formed cooperation to develop and launch biometric payment cards in Japan. According to the press release, the new card will have Fingerprints' T-Shape module, which has ultra-low power consumption and is designed to be integrated into payment cards using normal automated manufacturing methods, according to the business. Furthermore, the company stated that there is an "increasing desire for card transactions among Japanese consumers," who seek touchless, secure, and frictionless payment methods.

Biometrics Industry Overview

The Biometrics Market is highly fragmented due to the presence of various vendors like NEC Corporation, Fujitsu Limited, Leidos Holdings Inc., Gemalto NV (Thales Group), etc., across the world. The market features increasing adoption of Biometrics solutions in various end-user industries. Also, the vendors are making significant product developments to expand their market presence. The market is also viewing strategic partnerships and acquisitions as a lucrative path for expansion.

  • October 2021 - Thales partnered with Inetum to expand the deployment of its Automated Border Control (ABC) system to three Spanish airports for biometric authentication of travelers. These systems include facial recognition and document verification; these are expected to speed up the border control process, significantly reducing travelers' wait times.
  • October 2021 - ImageWare Systems developed a biometrically enabled Blockchain-Powered Self Sovereign Identity solution and entered the Self Sovereign Identity market. Adding biometric protection to the identity blockchain provides the final layer of protection the data is secure in digital wallets and only accessible to authorized users.
  • June 2021 - Phonexia developed new software for audio investigations - Phoenixia Orbis by leveraging its experience from hundreds of public security projects worldwide. This on-premises solution enables law enforcement agencies to extract complex insights from substantial amounts of audio automatically and efficiently, making investigations effortless and straightforward.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 MARKET INSIGHTS

  • 3.1 Market Overview
  • 3.2 Industry Attractiveness- Porter's Five Forces Analysis
    • 3.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 3.2.2 Bargaining Power of Consumers
    • 3.2.3 Threat of New Entrants
    • 3.2.4 Threat of Substitutes
    • 3.2.5 Intensity of Competitive Rivalry

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Drivers
    • 4.1.1 Increasing Demand for Biometric Solutions in Consumer-facing Applications
    • 4.1.2 Rising Adoption from the Public and Government Sectors in Emerging Countries
    • 4.1.3 Key Technological Developments Leading to the Commodification of Biometrics
  • 4.2 Market Challenges
    • 4.2.1 Operational Concerns Related to Privacy, Security, and ROI
  • 4.3 Market Opportunities
  • 4.4 Industry Stakeholder Analysis

5 KEY THEMES RELATED TO THE IMPACT OF COVID-19 ON THE BIOMETRICS MARKET

  • 5.1 Voice and Speech Recognition to be at the Forefront of Technological Change
  • 5.2 Rise of Mobile Biometrics
  • 5.3 Non-consumer Biometrics to Retain Dominance
  • 5.4 Continuous Authentication to Emerge as the Key Trend
  • 5.5 Regulatory Concerns around the Collection of Biometric Data to Remain a Key Challenge Faced by the Major Stakeholders
  • 5.6 Research Efforts to Focus on New Areas, such as Heartbeat Detection through Wearables
  • 5.7 Biometrics-as-a-Service to Gradually Replace Traditional Model of Deploying Biometric Solutions at the Consumer Premises

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Type
    • 6.1.1 Hardware
    • 6.1.2 Software and Services (Professional & Managed)
  • 6.2 By Biometric Type
    • 6.2.1 IRIS Recognition
    • 6.2.2 Hand Geometry
    • 6.2.3 Facial Recognition
    • 6.2.4 Signature Verification
    • 6.2.5 Fingerprint
      • 6.2.5.1 Automated Fingerprint Identification System
      • 6.2.5.2 Non-AFIS (Automated Fingerprint Identification System)
    • 6.2.6 Voice Recognition
    • 6.2.7 Palm Vein
  • 6.3 By Contact Type
    • 6.3.1 Contact-based
    • 6.3.2 Non-contact based
  • 6.4 By End-User
    • 6.4.1 Government and Law Enforcement
    • 6.4.2 Commercial and Retail
    • 6.4.3 Healthcare
    • 6.4.4 BFSI
    • 6.4.5 Travel and Immigration
    • 6.4.6 Other End-Users
  • 6.5 By Geography
    • 6.5.1 North America
      • 6.5.1.1 United States
      • 6.5.1.2 Canada
    • 6.5.2 Europe
      • 6.5.2.1 United Kingdom
      • 6.5.2.2 Germany
      • 6.5.2.3 France
      • 6.5.2.4 Russia
      • 6.5.2.5 Rest of Europe
    • 6.5.3 Asia Pacific
      • 6.5.3.1 China
      • 6.5.3.2 Japan
      • 6.5.3.3 South Korea
      • 6.5.3.4 Rest of Asia Pacific
    • 6.5.4 Latin America
    • 6.5.5 Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Gemalto NV (Thales Group)
    • 7.1.2 Leidos Holdings Inc.
    • 7.1.3 NEC Corporation
    • 7.1.4 M2SYS Technology
    • 7.1.5 BioEnable Technologies Pvt. Ltd
    • 7.1.6 Phonexia SRO
    • 7.1.7 ImageWare Systems Inc.
    • 7.1.8 S.I.C. Biometrics Global Inc.
    • 7.1.9 Fujitsu Limited
    • 7.1.10 Aware Inc.
    • 7.1.11 Nuance Communications Inc.
    • 7.1.12 IDEMIA France SAS
    • 7.1.13 Cognitec Systems GmbH
    • 7.1.14 BioID AG
    • 7.1.15 Assa Abloy AB
    • 7.1.16 Hitachi Corporation

8 INVESTMENT OUTLOOK

9 FUTURE OF THE MARKET