デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1433874

スマートシティプラットフォーム:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024~2029年)

Smart City Platform - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.58円
スマートシティプラットフォーム:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界のスマートシティプラットフォームの市場規模は、2024年に420億1,000万米ドルに達し、2024~2029年の予測期間中にCAGR 35.55%で成長し、2029年までに1,922億2,000万米ドルに達すると予測されております。

スマートシティプラットフォーム- 市場

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより、公衆衛生と安全への懸念を軽減する接続インフラストラクチャとソリューションへの投資の必要性が高まりました。人々がより適切な情報に基づいて公共旅行を決定できるよう、混雑、アクセスの問題、遅延に関するリアルタイムの警告を提供することで、システムの安全性を高めるために、安全でセキュアな交通機関と接続されたアプリケーションに対する需要が高まりました。

主なハイライト

  • スマートシティは都市化により世界的に成長しており、それが市場の成長を可能にしています。国連の予測によると、インドでは4億400万人、中国では2億9,200万人、ナイジェリアでは2億1,200万人の都市居住者が2050年までに既存の人口に追加されると予想されています。
  • また、政府の取り組みと支出は、他のスマートソリューションの拡張性と統合により、スタンドアロンのスマートソリューションよりもプラットフォームプロバイダーにはるかに大きな重要性を与えています。たとえば、2022年1月の時点で、インド政府は100のスマートシティにINR 28,413.6を発表しました。
  • スマートシティプラットフォームは、分析、リモート資産監視、パフォーマンス管理、意思決定サポート、プレゼンテーションコンポーネントなどのさまざまな機能を実行します。技術的に先進的な都市のほとんどは、モノのインターネットプラットフォームを使用して都市インフラを監視し、交通の流れや駐車場から水質や大気質まで管理し、得られたスマートデータを使用して環境の持続可能性に関する長期的な計画決定に取り組んでいます。
  • スマートシティプラットフォームは、都市インフラ、アプリケーション、サービス、および都市固有のさまざまな機能の基盤を提供します。都市における市場の成長を促進すると予想される重要な要因の1つは、拡張性と他のスマートソリューションの統合により、スタンドアロンのスマートソリューションと比較してプラットフォームプロバイダーを優先することです。
  • 世界中でスマートシティプロジェクトが成長し、そのペースが速くなるにつれ、主要なビジョン、テクノロジー、地上レベルの現実は階層化し、対処がより複雑になりました。さらに、これらの複雑さを簡素化するために、市場では、生成された膨大な量のデータを収集および分析するための機械学習ソリューションの採用の増加など、より直観的なプロセスの使用に向けた強力な推進が見られるでしょう。

スマートシティプラットフォームの市場動向

スマートガバナンスが主要な応用分野となる

  • スマートシティプラットフォームは、政府プログラムの効率を高め、受益者に届けるのに役立ちます。一部のスマートシティでは、持続可能な開発を支援するために公共部門の効率を向上させ、政府システムを合理化する電子政府イニシアチブを通じて、テクノロジーを利用して住民を関与させようとしています。
  • eGovernmentは、オンラインのワンステップゲートウェイを使用して、国民が主要な政府サービスに迅速かつ簡単にアクセスできるようにします。一例として、地方自治体が、出生、結婚、死亡などのライフイベントの記録を紙のファイルではなくクラウドに保存し、政府職員や職員が簡単にアクセスできるようにすることが考えられます。
  • Huawei e-Governmentは、政府ネットワーク、クラウド、共同オフィス、多次元セキュリティ、業務効率のための統合プラットフォームです。インドでは、CiscoはWi-Fi、リモート電子ガバナンス、citizen kiosksなどのソリューションを、Cisco Kinetic for Citiesおよび都市コマンドアンドコントロールセンター(C-4)の分析ソリューションと組み合わせて導入しました。
  • Huawei Technologiesは、Horizon Digital Platformに基づいて、データとさまざまなICTテクノロジーの統合を最適化し、サービスプロセスと情報フローの転送を合理化し、新しいサービスの使用の敷居を下げる「HiCity」インテリジェントシティソリューションの発売を発表しました。テクノロジーと統合を容易にします。同社はエコシステムパートナーと協力して、スマートシティのガバナンスとイノベーションをより適切にサポートすることを目指しています。
  • 地域の活性化や安全性の向上など、現代の都心部が抱える課題を解決するため、IoT技術を活用し、地域や都市の複数の拠点から、防災、観光、エネルギーなど、さまざまな分野・領域のデータを網羅的に収集します。
  • European Telecommunications Network Operations(ETNO)によると、IoTスマートビルディングのアクティブな接続の数は年々増加すると予想されています。 2019年の接続数は1,599万で、2025年までに1億5,406万に達すると予想されています。

北米が市場を独占すると予想される

  • 北米は、スマートシティソリューションの広範な導入、政府機関における多額のICT投資、および地域全体のリンクされたソリューションに対する高い需要により、収益の点でスマートシティの支配的な地域市場として浮上しました。
  • スマートシティプラットフォームの開発において先進的な地域の一つです。 IoTスマートシティのテクノロジーは、都市がリソースをより効率的に使用し、大気や水質から交通、エネルギー、通信システムに至るまであらゆるものを改善するのに必要な最先端のインテリジェンスと柔軟性を実現します。 Smart Americaによると、米国の都市の政府は、IoTのメリットを活用するためにインフラをアップグレードするために、今後20年間で約41兆米ドルを投資する可能性があります。
  • さらに、この地域にはベンダーの強力な足場があり、調査対象の市場の成長に貢献しています。ベンダーには、Microsoft Corporation、Cisco Systems Inc.、GE Current、IBM Corporationなどがあります。
  • インターネットの普及の増加も、スマートシティプラットフォームの確立において重要な役割を果たし、スマートシティプラットフォームの基盤として機能するIoT接続を可能にします。韓国の通信プロバイダーKTの革新的なテクノロジー「GiGa Wire」の最初の回線が米国に設置されました。光ファイバーケーブルなしで最大1 Gbpsのインターネット速度を提供します。この取り組みは、ネットワークインフラストラクチャの改善を目的としたボストンデジタルエクイティプロジェクトに沿ったものです。
  • 2021年には、ラスベガスとニューヨーク市がデジタルツインテクノロジーを採用し、フェニックスやその他の米国と欧州の都市もこれに続くと予想されています。ただし、アーバンデジタルツインプラットフォームをリードする米国のCityzenithは、2021年末までに10都市に、2024年までに100都市にテクノロジーを寄贈する予定です。
  • 2021年3月、Nokiaは代替エネルギーシステムプロバイダーであるクリアワールドと、Nokiaのスマートシティソリューションポートフォリオの一部としてスマートポールを米国の都市や軍事基地に販売する再販契約を締結しました。公園、駐車場、道路に配備される予定です。 ClearWorldに接続されたデジタルポールは、ビデオ分析、Wi-Fiアクセスポイント、銃声検出、スマート照明、ナンバープレート読み取りなどのアプリケーションをサポートします。
  • さらに、都市化は交通量の増加と気候変動をもたらし、次世代の交通監視および管理ソリューションの緊急の必要性を高めています。都市への交通カメラの導入は、クラウドアクセスや大規模な高帯域幅のインターネットインフラストラクチャを必要とする自律型ビデオ監視システムが不足しているか、標準以下であることが妨げになっています。

スマートシティプラットフォーム業界の概要

スマートシティプラットフォーム市場は競争が激しく、世界中で多くの企業がそのようなプラットフォームを提供しています。市場関係者は、世界中で市場シェアの大半を獲得するために、提供するソリューションを継続的に進化させ、革新しています。企業は、さまざまなテクノロジーを統合して新しいソリューションを革新するための研究開発に巨額の資金を費やしており、競争の激しい市場となっています。

  • 2021年 11月 - マニラ市政府は、21世紀の経済を構築し、市政府内部の取り組みを強化するというMicrosoftの目標を加速するために、Microsoftとパートナーシップを締結しました。また、このパートナーシップは、市全体のデジタルデータインフラストラクチャイニシアチブである市の「GoManila」プラットフォームを最適化し、データガバナンスポリシーを強化することを目的としています。マイクロソフトは、政府固有のリソースと人工知能に関する専門知識へのアクセスを提供し、将来のデジタル計画の視野を広げます。
  • 2021年 10月 - Cytaは、ニコシア自治体での統合オペレーションセンター(IOC)ソリューションの提供にNokiaを選択しました。これにより、ニコシアはスマートシティへの変革を進め、市民サービスを強化し、環境の持続可能性を向上させることができます。 Nokia IOCはまた、都市モビリティ、スマートパーキング、インテリジェント街路照明、環境センサー、持続可能な廃棄物管理、デジタルサイネージ、情報サービスなど、さまざまな新しいデジタルサービスを提供します。
  • 2021年 3月 - Nokiaは、ニコシアの長期スマートシティ戦略の一環として、ニコシアにスマートシティ管理プラットフォームを提供すると発表しました。このプラットフォームは既存の市民サービスを強化し、市当局がモビリティ、スマートパーキング、インテリジェント照明、持続可能な廃棄物管理などの分野でさまざまな新しいサービスを提供できるようにします。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • インターネットとIoTデバイスの普及拡大
    • 政府によるスマートシティへの注目の高まり
  • 市場抑制要因
    • 政府によるスマートシティへの注力の高まり
  • バリューチェーン/サプライチェーン分析
  • 業界の魅力度 - ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • プラットフォームタイプ
    • コネクティビティマネジメントプラットフォーム
    • 統合プラットフォーム
    • デバイス管理プラットフォーム
    • データ管理プラットフォーム
    • セキュリティ管理プラットフォーム
  • アプリケーション
    • スマートモビリティ/トランスポーテーション
    • スマートセキュリティ
    • スマートユーティリティ
    • スマートガバナンス
    • スマートインフラ
    • スマートヘルスケア
    • その他のアプリケーション
  • 導入
    • オンプレミス
    • クラウド
  • 地域
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Siemens AG
    • Schneider Electric SE
    • Microsoft Corporation
    • Hitachi Ltd
    • Huawei Technologies
    • Cisco Systems Inc.
    • Current, Powered by GE
    • IBM Corporation
    • Alibaba Group Holding Limited

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 66665

The Smart City Platform Market size is estimated at USD 42.01 billion in 2024, and is expected to reach USD 192.22 billion by 2029, growing at a CAGR of 35.55% during the forecast period (2024-2029).

Smart City Platform - Market

The COVID-19 pandemic heightened the need to invest in connectivity infrastructure and solutions that alleviate public health and safety concerns. The demand for safe and secure transport and connected applications rose to make systems safer by providing real-time warnings about crowding, access problems, or delays to help people make better informed public travel decisions.

Key Highlights

  • Smart cities are growing globally due to urbanization, which is enabling market growth. According to projections by the United Nations, in India, 404 million, China, 292 million, and Nigeria, 212 million urban dwellers are expected to be added to the existing populations by 2050.
  • The government initiatives and spending are also giving much more significance to platform providers than standalone smart solutions because of the scalability and integration of other smart solutions. For instance, as of January 2022, the Indian government has released INR 28,413.6 crore for 100 smart cities.
  • Smart city platforms perform various functions, such as analytics, remote asset monitoring, performance management, decision support, or presentation components. Most technologically advanced cities use the Internet of Things platform to monitor city infrastructure, manage traffic flows and parking to water and air quality, and use the resulting smart data to tackle longer-term planning decisions around environmental sustainability.
  • The smart city platforms offer a foundation for urban infrastructure, applications, services, and various city-specific functions. One of the significant factors expected to drive the market's growth in cities is giving priority to platform providers compared to standalone smart solutions because of the scalability and integration of other smart solutions.
  • As smart city projects across the world have grown and have taken up the pace, the primary vision, the technologies, and the realities on the ground level have become layered and more complex to deal with. Furthermore, to simplify these complexities, the market will witness a strong drive toward the usage of more intuitive processes, which includes the increased adoption of machine learning solutions to gather and analyze the huge amount of generated data.

Smart City Platforms Market Trends

Smart Governance to be the Major Application Area

  • The smart city platform increases the efficiency of government programs and helps them reach their beneficiaries. Some smart cities are trying to put technology to use to engage their citizens through eGovernment initiatives, which improve public sector efficiency and streamline government systems to support sustainable development.
  • eGovernment uses online, one-step gateways for citizens to access primary government services quickly and easily. An example would be a local government keeping records of life events - births, marriages, deaths - in the cloud, rather than in paper files, for easy access for government officials and employees.
  • Huawei e-Government is an integral platform for government networks, cloud, collaborative offices, multi-dimensional security, and operational efficiency. In India, Cisco has implemented solutions such as Wi-Fi, remote e-governance, and citizen kiosks, coupled with Cisco Kinetic for Cities and analytics solutions at City Command and Control Centre (C-4).
  • Based on the Horizon Digital Platform, Huawei Technologies Co. Ltd announced the launch of the "HiCity" Intelligent City Solution that optimizes the integration of the data and a variety of ICT technologies to streamline service processes and transfer information flows, reducing the threshold for the use of new technologies and making integration easier. Together with ecosystem partners, the company aims better to support the governance and innovation of smart cities.
  • To help solve some of the issues faced in modern urban centers, such as the revitalization of communities and enhancement of safety, this service uses IoT technology to collect comprehensive data in numerous fields and spheres (for example, disaster management, tourism, energy, etc.) from multiple locations throughout the region and city.
  • As per European Telecommunications Network Operations (ETNO), the number of IoT smart buildings' active connections was expected to increase through the years. It was 15.99 million connections in 2019 and is expected to reach 154.06 million by 2025.

North America Expected to Dominate the Market

  • North America emerged as the dominant regional market for smart cities in terms of revenue, owing to widespread adoption of smart city solutions, high ICT investment among government organizations, and high demand for linked solutions across the region.
  • It is one of the leading regions in terms of the development of smart city platforms. IoT Smart Cities' technology enables the cutting-edge intelligence and flexibility necessary to help cities use resources more efficiently and improve everything, from air and water quality to transportation, energy, and communication systems. According to Smart America, the governments in the cities of the United States may invest approximately USD 41 trillion over the next 20 years to upgrade their infrastructure to leverage the benefits of the IoT.
  • Furthermore, the region has a strong foothold of vendors, contributing to the market studied's growth. Some vendors include Microsoft Corporation, Cisco Systems Inc., GE Current, and IBM Corporation.
  • Increasing internet penetration also plays a crucial role in establishing smart city platforms, enabling IoT connections that act as a base for smart city platforms. The first line of South Korean telecom provider KT's innovative technology, 'GiGa Wire, was installed in the United States. It provides an internet speed of up to 1 Gbps without any fiber-optic cable. This initiative is in line with the Boston Digital Equity Project, which is aimed to improve network infrastructure.
  • In 2021, Las Vegas and New York City adopted the Digital Twin technology, with Phoenix and other U.S. and European cities expected to follow. However, Cityzenith, United States, the leading Urban Digital Twin platform, plans to donate the technology to 10 cities by the end of 2021 and 100 cities by 2024.
  • In March 2021, Nokia signed a reseller agreement with ClearWorld, an alternative energy systems provider, to sell smart poles to U.S. cities and military bases as part of Nokia's smart city solutions portfolio. It will be deployed in parks, parking lots, and roadways; the ClearWorld connected digital pole supports applications such as video analytics, Wi-Fi access points, gunshot detection, smart lighting, and license plate reading.
  • Furthermore, urbanization results in increased traffic and climate change which drives the urgent need for a next-generation traffic monitoring and management solution. The deployment of traffic cameras in cities is hampered by a lack of or subpar autonomous video monitoring systems that require cloud access or extensive high-bandwidth internet infrastructure.

Smart City Platforms Industry Overview

The Smart City Platform Market is highly competitive, with many companies providing such platforms across the globe. The market players are consistently evolving and innovating the solutions they provide to attract most of the market share globally. Companies are spending huge sums of money on R&D to innovate new solutions by integrating different technologies, making it a highly competitive market.

  • November 2021 - The Manila Municipal Government formed a partnership with Microsoft to accelerate Microsoft's goal of building a 21st-century economy and strengthening how the city government works internally. Also, the partnership aims to optimize the city's "GoManila" platform, a city-wide digital data infrastructure initiative, and strengthen its data governance policy. Microsoft will provide access to government-specific resources and expertise in artificial intelligence, broadening the horizons of future digital plans.
  • October 2021 - Cyta chose Nokia to deliver its Integrated Operations Center (IOC) solution in the Municipality of Nicosia. This enables Nicosia to advance its smart city transformation, enhancing citizen services and improving environmental sustainability. Nokia IOC will also deliver a range of new digital services, including urban mobility, smart parking, intelligent street lighting, environmental sensors, sustainable waste management, digital signage, and information services.
  • March 2021 - Nokia has announced to deliver a smart city management platform for Nicosia as a part of Nicosia's long-term smart city strategy. The platform will enhance existing citizen services and enable city authorities to deliver a range of new ones in areas such as mobility, smart parking, intelligent lighting, and sustainable waste management.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Rising Adoption of Internet and IoT Devices
    • 4.2.2 Governments Increasing Focus on Smart City
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Governments Increasing Focus on Smart City
  • 4.4 Value Chain / Supply Chain Analysis
  • 4.5 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.5.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.5.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.5.3 Threat of New Entrants
    • 4.5.4 Threat of Substitutes
    • 4.5.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Platform Type
    • 5.1.1 Connectivity Management Platform
    • 5.1.2 Integration Platform
    • 5.1.3 Device Management Platform
    • 5.1.4 Data Management Platform
    • 5.1.5 Security Management Platform
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Smart Mobility/Transportation
    • 5.2.2 Smart Security
    • 5.2.3 Smart Utilities
    • 5.2.4 Smart Governance
    • 5.2.5 Smart Infrastructure
    • 5.2.6 Smart Healthcare
    • 5.2.7 Other Applications
  • 5.3 Deployment
    • 5.3.1 On-premise
    • 5.3.2 Cloud
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
    • 5.4.2 Europe
    • 5.4.3 Asia Pacific
    • 5.4.4 Latin America
    • 5.4.5 Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Siemens AG
    • 6.1.2 Schneider Electric SE
    • 6.1.3 Microsoft Corporation
    • 6.1.4 Hitachi Ltd
    • 6.1.5 Huawei Technologies
    • 6.1.6 Cisco Systems Inc.
    • 6.1.7 Current, Powered by GE
    • 6.1.8 IBM Corporation
    • 6.1.9 Alibaba Group Holding Limited

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS