デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1433756

インテリアデザインソフトウェア:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)

Interior Design Software - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 115 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
インテリアデザインソフトウェア:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 115 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

インテリアデザインソフトウェア市場規模は、2024年に61億3,000万米ドルと推定され、2029年までに105億4,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に11.44%のCAGRで成長します。

インテリアデザインソフトウェア-市場

世界規模のインフラの発展により、より優れたインテリアデザインと装飾の必要性が高まっています。また、クラウドベースのソフトウェア使用量の継続的な増加と、より優れたインテリアデザインと装飾に対する需要の高まりが、市場の成長を促進すると予想されます。

主なハイライト

  • インテリアデザインソフトウェアの需要増加の主な要因の1つは、事務処理や文書への依存を最小限に抑えることで得られる生産性の向上です。また、高度な予算編成ツールを提供することで、組織がインテリアデザインに関連する全体的なコストを削減するのにも役立ちます。さらに、このソフトウェアを使用すると、建築家は正確な寸法、床材、窓、壁、ドア、照明、キャビネット、家具などの詳細なフロアレイアウトを作成できます。
  • 建築家はインテリアデザインソフトウェアを使用することで問題が発生する前に検出できるため、改修や建設の必要性が軽減されます。世界中でインテリアデザイン会社の数は着実に増加しており、会社が生み出す収益も増加しています。さらに、5Gの開発とデバイスのコンピューティング能力の向上により、インテリアデザインソリューションにおけるVRは予測期間中に劇的に増加すると予想されており、ビジュアルをより迅速に、よりリアルにレンダリングできるようになります。
  • 仮想ウォークスルーは、ビジネスの成長と顧客の真の理解に役立つため、アーキテクチャ会社の間で非常に人気が高まっています。たとえば、米国のWHAアーキテクチャは、Autodesk CAD、Sketchup、Lumion、およびVrayソリューションを使用して、プロジェクトの仮想 360度視覚化をクライアントに提供しています。
  • このようなインテリアデザインの需要の高まりを受けて、内部デザインソフトウェアを提供するさまざまなベンダーも投資の大幅な増加を観察しています。たとえば、2022年 1月、クラウドベースのインテリアデザインソフトウェアプラットフォームであるInfurniaは、BSE Startup Platformでの新規株式公開(IPO)で40 Crを調達する計画であると宣言しました。スタートアップによると、これは今年これまでのBSE SMEおよびBSE Startupカテゴリーで最大の資金調達イベントだといいます。同社は、Jaipur Rugs氏、取締役のYogesh Chaudhary氏、および一部の既存投資家が主導したPre-IPO資金調達ラウンドで4クローナ・インドルピー(53万米ドル)を調達しました。
  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより、多くの中小企業や大企業が閉鎖を余儀なくされた一方、他の多くの企業もバーチャル化することで対応しました。現在の環境の需要に適応することで完全な閉鎖を回避できた業界の1つがインテリアデザインです。クライアントがデザインを探している場所のバーチャルツアーは、インテリアデザイナーによって実施されます。 Zoom通話は取引だけでなく、相談や会話にも利用されます。しかし、収入の減少とロックダウン中の営業停止により、商業建築業界が最も大きな打撃を受けると予想されています。

インテリアデザインソフトウェア市場動向

住宅部門が最高の成長を遂げる

  • 住宅部門は、主に人口の増加と快適で快適な生活空間に対する需要の高まりにより、予測期間中に最大の成長率を示すと予想されています。さらに、技術革新が進むにつれ、家はもはや家庭内の問題ではなくなりました。現在のシナリオでは、型破りな生活パターンを持つミレニアル世代は、家の装飾が自分たちの個性を反映していると考えています。ほとんどの住宅所有者は、自分たちのビジョンを理解し、キッチン、リビングルーム、ワードローブなどの費用対効果の高いデザインを企画してくれる設計会社を好みます。
  • さらに、インテリアデザイン会社は、拡張現実、仮想現実、クラウドコンピューティング、3Dテクノロジーを利用して、高まる需要を捉え、顧客にシームレスな住宅インテリアとリノベーションの体験を提供しています。 Cedroなど、さまざまな3Dプラットフォームベンダーが存在します。Cedroは、プロの住宅建設業者、リフォーム業者、インテリアデザイナーが2Dおよび3Dのフロアプランや内外装のレンダリングを作成するために使用するオンライン3Dホームデザインプラットフォームです。また、Livspace、HomeLane、Bonito Designs、Infurnia、Spacejoyなどの新興企業は、資金を活用してユーザーベースを拡大することで、この分野の大幅な成長を目指しています。これらの企業は、顧客の把握から設計、実装、最終製品の提供に至るまで、この分野の投資家を大きく惹きつけていると同時に、さまざまな新鮮な才能に多くの機会を創出しています。
  • 先進新興経済諸国全体で住宅建設が増加しているため、調査対象市場の採用が促進されています。米国国勢調査局によると、2022年6月の民間住宅完成件数は季節調整済み年率1,365,000戸で、2021年6月の1,305,000戸を4.6%上回っています。
  • さらに、現代の住宅における建築基準と建築基準の急速な世界化と今世紀中の人口増加により、結果として生じる建築上の居住地の不足を満たすための空間合理化の観点から、設計者に対する即時対応の要求が高まっています。さらに、アジア太平洋地域およびラテンアメリカ地域では今後のスマートシティやスマートホームプロジェクトが予定されており、住宅部門の市場は予測期間中に成長すると見込まれています。米国インテリアデザイナー協会の調査によると、住宅建築部門のさまざまな分野で堅調かつ漸進的な変化が見られ、新築建設については前向きな見通しが立っています。
  • 今日、世界の人口の半分は、急速に拡大する都市に住んでいます。多くの場合、東京、上海、メキシコシティなど、数千万人が住む巨大都市に住んでいます。大都市に住む人の数は地方を犠牲にしてさらに増加するため、驚くべき数字が増加しています。国連 DESAが起草した都市化に関する報告書である最新の世界都市化見通しによると、2045年には60億人を超える人々が都市に住むことになります。また、アジア全域の中国やインドなどの第2層および第3層の都市に広がるにつれ、住宅需要も急激に増加しています。インテリアデザインソフトウェアの市場は、これらの国々の都市化によって牽引されています。

アジア太平洋地域が最高の成長を記録

  • アジア太平洋セグメントは、予測期間中に最大の成長率を示すと予想されます。中国やインドなどの国々でのインフラ建設計画が修正され、アジア太平洋地域の拡大に大きく貢献することになった。市場調査によると、インドは2030年までに1,100万棟の建物の建設を目指し、建設量で第3位にランクされると推定されており、市場の明るい見通しが強調されています。
  • 東京、北京、中国、日本、インドのムンバイなどのアジア太平洋地域の主要都市における人口増加と都市化により、住宅部門の増加が加速しました。最近、中国の5か年国家発展戦略が発表されたばかりです。第14次5カ年計画(2021~2025年)では65%の都市化を目標に、政府は2025年末まで毎年1,000万人の都市居住者を増加させるとしています。
  • 新興企業が地元のインテリアデザイン業界に変革をもたらしています。 Livspaceは、インドの主要な住宅インテリアデザインおよびリフォームプラットフォームの1つに成長しました。このビジネスは、合計 200万平方フィートを超える5,000戸を超える住宅を手がけ、2,000人を超える他のデザイナーとコラボレーションしています。このビジネスは、タイムズグループの戦略的投資部門であるブランドキャピタルとの提携により、強力なブランドプレゼンスを構築することに成功しました。
  • 東南アジアは、タイ、インドネシア、ベトナム、フィリピン、マレーシアなどの都市化の進行、人口急増、経済成長により、市場拡大の可能性が最も大きいと推定されています。さらに、連邦住宅都市省によると、インドの将来都市の70%は、増え続ける国の都市人口に対応するために開発する必要があり、それによってインテリアデザインソフトウェア市場に幅広い成長機会が創出される今後数日以内に。

インテリアデザインソフトウェア業界の概要

インテリアデザインソフトウェアの市場には、かなりの競合があります。世界の大手企業と比較して、地域のサプライヤーは、限られた運営能力で費用対効果の高いソリューションを提供しています。 Autodesk Inc.、Dassault Systemes SE、Trimble Inc.は重要な市場参入企業です。

  • 2022年 3月-Autodesk, Inc.は、クラウド接続の拡張現実(XR)プラットフォームであるThe Wildを買収する最終契約に署名したと発表しました。これには、同社の同名ソリューションであるThe WildとIrisVRが含まれます。この買収により、オートデスクはAEC業界内で増大する拡張現実(AR)および仮想現実(VR)テクノロジーの進歩に対するニーズに応え、プロジェクト実施ライフサイクル全体を通じてAEC顧客をさらにサポートできるようになります。
  • 2021年 10月-SmartDrawは、インテリアデザインソフトウェアをアップグレードしてGoogleスプレッドシートの接続を統合し、ユーザーがグラフを作成したり、図形にデータを追加したりできるようにしました。また、ユーザーはデータ駆動型の図を作成し、データを特定の条件に関連付けて、さらなる洞察を得ることができます。
  • 2021年 9月-Trimble Inc.は、インテリア建築家、デザイナー、エンジニア、建設業界の専門家がいつでもどこでもSketchUpモデルを構築、共同作業、修正できるようにするiPad用 SketchUpのベータ版をリリースしました。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
    • 代替品の脅威

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • より良いインテリアデザインと装飾へのニーズ
    • 世界の建設・不動産促進のための政府イニシアチブの台頭
  • 市場の課題
    • インテリアデザインソフトウェアとの相互運用性の問題

第6章 COVID-19が市場に与える影響の評価

第7章 市場セグメンテーション

  • エンドユーザー別
    • 住宅分野
    • 非住宅分野
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第8章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Autodesk Inc.
    • Dassault Systemes SE
    • Trimble Inc.
    • SmartDraw LLC
    • Foyr LLC
    • Roomtodo OU
    • ECDESIGN Sweden AB
    • RoomSketcher AS
    • Asynth(Space Designer 3D)
    • BeLight Software Ltd
    • Chief Architect Inc.
    • Infurnia Technologies Pvt. Ltd
    • EasternGraphics GmbH
    • Topping Homestyler(Shanghai)Technology Co. Ltd.

第9章 投資分析

第10章 市場の将来

目次
Product Code: 63829

The Interior Design Software Market size is estimated at USD 6.13 billion in 2024, and is expected to reach USD 10.54 billion by 2029, growing at a CAGR of 11.44% during the forecast period (2024-2029).

Interior Design Software - Market

The development of infrastructure on a global basis has increased the need for better interior design and decoration. Also, the continuous increase in cloud-based software usage and rising demand for better interior design and decoration are expected to drive the market's growth.

Key Highlights

  • One of the key drivers behind the rise in the demand for interior design software is the improved productivity gained by minimizing dependency on paperwork and documentation. This also assists the organizations in lowering their overall cost related to interior design by providing advanced budgeting tools. In addition, the software enables architects to prepare a detailed floor layout, including accurate measurements, flooring, windows, walls, doors, lighting, cabinets, and furniture.
  • Architects can detect problems before they arise by using interior design software, thereby cutting down on the need for renovation and construction. Around the world, the number of interior design firms is steadily growing, and the revenues generated by the firms are also increasing. Additionally, VR in interior design solutions is anticipated to dramatically increase over the projection period due to the development of 5G and the growing computing power of devices, enabling the visuals to render more quickly and with greater realism.
  • Virtual walkthroughs are becoming highly popular among architecture firms as they help businesses grow and obtain a true understanding of their clientele. For instance, WHA Architecture in the US offers its clients a virtual 360-degree visualization of the project using Autodesk CAD, Sketchup, Lumion, and Vray solutions.
  • Owing to such growth in demand for interior design, various vendors offering internal design software are also observing a significant increase in investments. For instance, in January 2022, Infurnia, a cloud-based interior design software platform, declared that it plans to raise INR 40 Cr in an initial public offering (IPO) on the BSE Startup Platform. According to the startup, this is the largest fundraising event in the BSE SME and BSE Startup categories so far this year. It raised INR 4 Cr ($530k) in a Pre-IPO funding round led by Jaipur Rugs, its director Yogesh Chaudhary, and some existing investors.
  • Many small and large businesses were forced to close due to the COVID-19 pandemic, while many others reacted by going virtual. One industry that has avoided a total shutdown by adapting to the demands of the current environment is interior design. Virtual tours of the places their clients are searching for a design are conducted by interior designers. Zoom calls are utilized for transactions as well as consultations and conversations. However, due to the declining income and the stoppage of their operations during the lockdown, the commercial building industry is anticipated to suffer the most.

Interior Design Software Market Trends

Residential Sector to Witness the Highest Growth

  • The residential sector is anticipated to have the largest growth rate over the forecast period, mainly due to the growing population and rising demand for a pleasant and comfortable living space. Moreover, with increasing technological innovation, a home is no longer a household affair. In the current scenario, millennials with unconventional living patterns consider their home decor to reflect their personality. Most homeowners prefer design firms that can understand their vision and curate cost-effective designs for kitchens, living rooms, wardrobes, etc.
  • Furthermore, interior design companies use augmented and virtual reality, cloud computing, and 3D technology to capture the growing demand and offer customers seamless home interiors and renovation experiences. There are various 3D platform vendors, such as Cedro, an online 3D home design platform used by professional home builders, remodelers, and interior designers to create 2D and 3D floor plans and interior and exterior renderings. Also, startups such as Livspace, HomeLane, Bonito Designs, Infurnia, and Spacejoy, are eyeing significant growth in the segment by leveraging funds to increase their user base. From getting to know the customer to design and implementing to deliver the final product, these firms are significantly attracting investors in the sector while creating a chunk of opportunities for various fresh talents.
  • The increasing residential construction across the developed and developing economies is driving the adoption of the market studied. According to the US Census Bureau, the privatelyowned housing completions in June 2022 were at a seasonally adjusted annual rate of 1,365,000, which is 4.6 per cent above the June 2021 rate of 1,305,000.
  • Furthermore, the rapid globalization of building standards and codes in contemporary housing and the growth of populations during this century has increased the demand for an immediate response from designers in terms of space rationalizing to fulfil the resulting lack of architectural habitat. Moreover, with the upcoming smart cities and smart home projects in the Asia-Pacific and Latin American regions, the residential segment's market is set to grow over the forecast period. According to the American Society of Interior Designers study, there is a positive outlook on new construction with a robust and progressive shift in various sectors in the residential building segment.
  • Today, half of the world's population lives in rapidly expanding cities: often in a megalopolis with dozens of millions of inhabitants, such as Tokyo, Shanghai, and Mexico City. Impressive figures are on the rise, as the number of people living in metropolises will increase further at the expense of rural areas. According to the latest World Urbanization Prospects, the report on urbanization drafted by the UN DESA, over 6 Bn people will live in cities in 2045. Also, there has been a sharp growth in housing demand as Tier 2 and Tier 3 cities spread across Asian nations like China and India. The market for interior design software is being driven by urbanization in these nations.

Asia Pacific to Register the Highest Growth

  • The Asia Pacific segment is anticipated to have the largest growth rate during the forecasted period. Building infrastructure plans in the nations like China and India are revised to be a significant contributor to the expansion of the Asia-Pacific segment. As per the market study, India is presumed to rank 3rd in terms of construction volumes by 2030 with the aim of 11 Mn buildings to be constructed, therefore highlighting bright prospects for the market.
  • Growing population and urbanization in major cities in the Asia Pacific region, such as Tokyo, Beijing, China, Japan, and Mumbai, India, led to an augmented increase in residential sectors. Recently, China's five-year national development strategy was just unveiled. With the aim of 65% urbanization in its 14th Five-Year Plan (FYP) (2021-2025), the government will add 10 million urban dwellers annually through the end of 2025.
  • Start-ups are upending the local interior design industry. Livspace has developed into one of India's major home interior design and remodelling platforms. The business has created over 5,000 residences totalling over 2 million square feet, and it collaborates with over 2,000 other designers. The business successfully built a strong brand presence due to its partnership with Brand Capital, The Times Group's strategic investment arm.
  • Southeast Asia is estimated to have the largest potential for market expansion due to its increasing urbanization, burgeoning population, and economic growth in countries such as Thailand, Indonesia, Vietnam, the Philippines, and Malaysia. In addition, according to the Union Ministry of Housing and Urban Affairs, 70% of India's future cities have to be developed to meet the country's ever-growing urban population, which will thereby create a wide range of growth opportunities for the Interior Design Software Market in the next upcoming days.

Interior Design Software Industry Overview

The market for interior design software has a fair amount of competition. Compared to the global giants, regional suppliers offer cost-effective solutions with constrained operating capabilities. Autodesk Inc., Dassault Systemes SE, and Trimble Inc. are significant market participants.

  • March 2022 - Autodesk, Inc. announced that it had signed a definitive agreement to acquire The Wild, a cloud-connected, extended reality (XR) platform, which includes its namesake solutions, The Wild, and IrisVR. This acquisition enables Autodesk to meet increasing needs for augmented reality (AR) and virtual reality (VR) technology advancements within the AEC industry and further support AEC customers throughout the project delivery lifecycle.
  • October 2021 - SmartDraw upgraded its interior design software to integrate Google Sheets connectivity, which enables users to make charts or add data to shapes. It also allows the users to create data-driven diagrams and connect data to particular conditions for further insights.
  • September 2021 - Trimble Inc. launched a beta version of SketchUp for iPad that allows interior architects, designers, engineers, and construction industry professionals to build, collaborate, and modify SketchUp models anytime and anywhere.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Intensity of Competitive Rivalry
    • 4.2.5 Threat of Substitutes

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Want for better interior design and decoration
    • 5.1.2 Rise in Government Initiatives for Promoting Construction and Real-estate Worldwide
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 Interoperability Issues with Interior Design Software

6 ASSESMENT OF THE IMPACT OF COVID-19 ON THE MARKET

7 MARKET SEGMENTATION

  • 7.1 By End-user
    • 7.1.1 Residential Sector
    • 7.1.2 Non-residential Sector
  • 7.2 By Geography
    • 7.2.1 North America
    • 7.2.2 Europe
    • 7.2.3 Asia Pacific
    • 7.2.4 Latin America
    • 7.2.5 Middle East and Africa

8 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 8.1 Company Profiles
    • 8.1.1 Autodesk Inc.
    • 8.1.2 Dassault Systemes SE
    • 8.1.3 Trimble Inc.
    • 8.1.4 SmartDraw LLC
    • 8.1.5 Foyr LLC
    • 8.1.6 Roomtodo OU
    • 8.1.7 ECDESIGN Sweden AB
    • 8.1.8 RoomSketcher AS
    • 8.1.9 Asynth (Space Designer 3D)
    • 8.1.10 BeLight Software Ltd
    • 8.1.11 Chief Architect Inc.
    • 8.1.12 Infurnia Technologies Pvt. Ltd
    • 8.1.13 EasternGraphics GmbH
    • 8.1.14 Topping Homestyler (Shanghai) Technology Co. Ltd.

9 INVESTMENT ANALYSIS

10 FUTURE OF THE MARKET