デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1433506

モバイル暗号化- 市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024年~2029年)

Mobile Encryption - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 132 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.88円
モバイル暗号化- 市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 132 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

モバイル暗号化市場規模は2024年に44億3,000万米ドルと推定され、2029年までに152億米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に27.98%のCAGRで成長します。

モバイル暗号化- 市場

組織がますます広範囲にわたる規制とコンプライアンスの義務、およびより厳格な内部ポリシーに適応するにつれて、重要な企業では暗号化の導入の数と範囲が増加しています。

主なハイライト

  • モバイル暗号化は、適切な復号キーを持つ許可された個人のみが解読できる言語またはコードでデータをエンコードするプロセスです。データのセキュリティとプライバシーに対する懸念の高まりにより、市場は急速に拡大しています。ほとんどの人が財務データ、個人情報、企業機密情報などの機密情報を保存するためにモバイルデバイスを利用するため、モバイル暗号化ソリューションの需要はますます重要になっています。
  • 高度な脅威の増加と進化、クラウドサービスの導入の強化、モバイルデバイスの普及、仮想化は、モバイル暗号化市場に破壊的な変化を引き起こす主な要因です。厳格なコンプライアンスと規制要件の必要性、および知的財産のセキュリティとプライバシーに対する懸念の高まりが、市場を牽引する主な要因です。また、さまざまなエンドユーザー業界におけるモノのインターネットの台頭傾向は、モバイル暗号化市場の拡大を促進する重要な要素です。
  • モバイル暗号化は、部外者には理解できないようにすることで顧客データを保護し、データのプライバシーと安全性を確保します。スマートフォン決済の利用増加により、デジタル決済の件数は飛躍的に増加しました。現在の決済システムを改善するために、企業はブロックチェーンとモバイル決済を統合しています。ブロックチェーンの最も重要な特徴は、安全で確実なトランザクションのベンチマークを確立するその有効性です。
  • 「BYOD(Bring Your Own Device)」現象と、ほぼすべての組織によるその信じられないほどの迅速かつ広範な導入により、セキュリティアプローチの根本的な再考が必要となり、組織が多数の異種の暗号化プラットフォームを導入していることが判明しました。その結果、ポリシーとキーを効率的かつ安全に管理することは、ますます困難な課題となっています。
  • 組織のモバイル従業員の導入が進むにつれて、モバイル暗号化の需要はここ数年で劇的に増加しています。モバイル労働力には、生産性の向上、経費の削減、柔軟性の向上など、多くの利点があります。より多くの企業がモバイル労働力を採用し続けるにつれ、市場は過去数年間で大幅な拡大を経験しており、この傾向は今後も続くと予測されています。
  • 暗号化の包括的な使用方法は、業界セグメントによって大きく異なります。具体的には、金融サービスやITサービスなど、規制が厳しくモバイルに依存する業界の使用率が最も高く、製造業や消費者製品などの規制が緩い業界の使用率が最も低くなります。
  • さらに、大きな障壁の1つは、組織がモバイル暗号化ソリューションの重要性を認識していないことです。暗号化ソリューションの複雑さ、暗号化テクノロジの業界標準の不在、およびデバイスのパフォーマンスに対する暗号化の影響の可能性に関する懸念がさらにいくつかあります。
  • 新型コロナウイルスのロックダウンと制限により、モバイルテクノロジーの使用が通常よりも増加しました。セキュリティデバイスの相互運用性のニーズが高まり、新しい標準になるにつれて、モバイル暗号化の需要が大幅に増加するでしょう。

モバイル暗号化市場の動向

BFSIは主要な市場シェアを保持すると予想される

  • モバイルアプリのセキュリティを確保するために、銀行は多くの暗号化技術を採用しています。転送中のデータの場合、一般的な技術にはTransport Layer Security(TLS)やSecure Sockets Layer(SSL)が含まれますが、保存中のデータの場合、一般的な技術にはAdvanced Encryption Standard(AES)またはRSAが含まれます。顧客情報をさらに保護するために、銀行は多要素認証やデバイスのフィンガープリンティングなどの追加のセキュリティ対策を追加で採用する場合があります。銀行業界では、消費者により安全なサービスを提供するために決済セキュリティソリューションに対する要件が拡大しており、これが成長の原因となっています。
  • この市場セグメントに影響を与えている現在確認されている動向の1つとして、暗号化されたOTP SMSの使用と、フィッシング、中間者攻撃、マルウェアトロイの木馬などの可能性のある攻撃を回避するためのPINの使用が挙げられます。顧客の銀行口座情報やパスワードの多くがモバイルデバイスに保存されるようになるにつれて、(オンラインでローンを申請する際の)個人の写真さえもセキュリティ上の大きな懸念事項となっています。 SSL/TLSを使用すると、クレジットカードの詳細、パスワード、機密の個人情報などの個人データをインターネット上で安全に送信できます。
  • 銀行や金融機関は、アクセスの制御、機密性の保護、プロトコル固有の攻撃への露出の軽減など、これらの複数の問題に対処するためにSSL/TLSを使用してトラフィックを暗号化します。オンライン取引の高度化に伴い、決済プロバイダーはより優れたセキュリティを提供するテクノロジーを追い求めています。現在、オンライン支払いの大部分はモバイルまたはアプリ内支払いです。従来のPCI-DSS標準を適切にアップグレードする必要があります。
  • さらに、人工知能(AI)の追加により、金融暗号化ソフトウェアの効率と有効性が高まると予測されています。同時に、組織や顧客がデータ保護に対する高まる需要を満たすのに役立ちます。その結果、人工知能を活用した暗号化ソフトウェアが銀行および金融部門ですぐに採用されることが予想されます。
  • データの完全性は、データの存続期間中、銀行によって維持される必要があります。そのため、銀行はニーズに応じて適切な脅威の検出と対応手順を導入することが不可欠です。したがって、銀行によるデータマスキングや暗号化ソフトウェアなどのさまざまなセキュリティ標準を課すことにより、データの完全性を維持できます。その結果、銀行、金融、保険(BFSI)業界では、金融暗号化ソフトウェアの需要が増加すると予想されます。
  • 時代遅れのSSL標準により、EMVスリードメインセキュア(3DS)などの新しい取り組みが使用できなくなります。EMVスリードメインセキュア(3DS)は、カードを提示しないオンライン購入の際に顧客がカード発行会社に本人認証できるようにするメッセージングメカニズムです。現在、並行して機能する暗号化が最も強力な暗号化であると考えられており、暗号学者はダブルセル暗号化が予測期間中もその状態が続くと予測しています。

北米が主要な市場シェアを保持すると予想される

  • 北米地域では、米国のビジネス部門が日常業務を遂行するためにコンピューターネットワークと電子データへの依存度が高まっており、増大する個人情報や財務情報のプールも電話を使用して転送され、クラウドに保存されています。さらに、BYOD動向の大幅な増加により、機密情報へのアクセスやクライアントサーバーへのログインに、スマートカード、物理トークン、KPIなどの高度な認証方法が必要な状況も促進されています。
  • この優位性は、銀行にデータプライバシーの強化を義務付けるカナダや米国などのより厳格な規制基準に起因すると考えられます。プライバシーを保護するために、公的銀行と民間銀行の両方が暗号化ソフトウェアの需要を高めています。さらに、サイバー攻撃の急増とビジネスクリティカルな情報への脅威によって、地域市場の拡大が加速すると予想されます。
  • 米国のモバイルデバイスの約51%はフルディスク暗号化を備えていると推定されており、今後数年間で増加すると予想されます。しかし、フルディスク暗号化の採用が進むと、これらのデバイスのほとんどすべてが法執行機関にアクセスできなくなる可能性があります。その結果、政府は暗号化市場を規制しています。 Googleやその他のテクノロジー大手の企業は、制限や障害に直面しています。
  • AAG IT Servicesは、2021年に米国のインターネットユーザーの2人に1人がアカウント侵害を受けたと推定しています。米国企業の10社に1社はサイバー攻撃に対する保護を持っていません。さらに、サイバー犯罪は、2022年上半期に米国の5,335万人の個人に影響を及ぼしました。したがって、プライバシー法とモバイル決済テクノロジーの強化により、この地域で新たな産業の展望が開かれると予想されます。
  • Appleはモバイルフルディスク暗号化の最大のプロバイダであり、米国のモバイルデバイスの約55%がiOSで実行されています。北米地域では悪意のあるデータ侵害が増加しており、暗号化サービスの最大の市場となっています。

モバイル暗号化業界の概要

モバイル暗号化エコシステムはさまざまなモバイル暗号化ソリューションとサービスプロバイダーで構成されているため、世界のモバイル暗号化市場は細分化されています。大手企業は、新製品の発売や臨床試験などのさまざまな戦略を展開しており、また、研究開発、合弁事業、提携、買収などへの多額の支出を通じて市場へのイニシアチブやイノベーションを実施して、この市場での拠点を拡大しています。市場の主要なプレーヤーには、IBM Corporation、HP Enterprises、Dell、Symantec、Checkpoint Softwareなどがあります。

  • 2022年 10月- サイバーセキュリティソリューションの世界トッププロバイダーであるCheck Point Software Technologies Ltdは、開発者によって開発者のために作成された開発者優先のセキュリティツールの主要なイノベーターであるイスラエルのスタートアップであるSpectralを買収しました。この買収により、チェック・ポイントは、自社のクラウド・ソリューションであるチェック・ポイント・クラウドガードの開発者優先のセキュリティ機能を強化し、コードとしてのインフラストラクチャ(IaC)スキャンやハードコードされた秘密の検出など、最も広範なクラウド・アプリケーション・セキュリティのユースケースを提供することが期待されていました。
  • 2022年 12月-RingCentral, Inc.は、同社の主力製品であるRingCentral MVP製品のエンドツーエンド暗号化(E2EE)機能を拡張し、ビデオに加えて電話とメッセージングの両方を包含すると発表しました。 E2EEテクノロジーは、ユーザーの通信コンテンツが権限のない者によるアクセスから保護されます。これにより、外部からの侵入や攻撃に対する保護が提供されるほか、セキュリティを重視する組織に特権的な議論のプライバシーが提供されます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 調査の前提
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因と市場抑制要因のイントロダクション
  • 市場促進要因
    • 企業における安全な通信に対する需要の高まり
    • データセキュリティと知的財産のプライバシーに対する関心の高まり
  • 市場抑制要因
    • 認識と熟練労働力の不足
  • バリューチェーン/サプライチェーン分析
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション

  • コンポーネント
    • ソリューション
    • サービス
  • 用途
    • ディスク暗号化
    • ファイル/フォルダ暗号化
    • ウェブ通信暗号化
    • クラウド暗号化
    • その他の用途
  • 展開タイプ
    • オンプレミス
    • クラウド
  • 企業規模
    • 中小企業
    • 大企業
  • エンドユーザー
    • BFSI
    • 航空宇宙・防衛
    • ヘルスケア
    • 政府・公共機関
    • 電気通信
    • 小売
    • その他のエンドユーザー
  • 地域
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Dell
    • Check Point Software Technologies, Ltd
    • Hewlett Packard Enterprise
    • IBM Corporation
    • KoolSpan, Inc.
    • MobileIron, Inc.
    • SecurStar GmbH
    • Silent Circle, LLC
    • Sophos Ltd.
    • Symantec Corporation
    • T-Systems International GmbH

第7章 投資分析

第8章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 62322

The Mobile Encryption Market size is estimated at USD 4.43 billion in 2024, and is expected to reach USD 15.20 billion by 2029, growing at a CAGR of 27.98% during the forecast period (2024-2029).

Mobile Encryption - Market

As organizations have adapted to increasingly pervasive regulatory and compliance mandates and more stringent internal policies, encryption deployments have increased in number and scope in significant enterprises.

Key Highlights

  • Mobile encryption is the process of encoding data in a language or code only authorized individuals with the right decryption key can decipher. Due to increased worries about data security and privacy, the market is expanding quickly. The demand for mobile encryption solutions is becoming increasingly critical as most people utilize mobile devices to store sensitive information like financial data, personal information, and confidential corporate information.
  • Increasing and evolving advanced threats, the enhanced adoption of cloud services, mobile device proliferation, and virtualization are the major factors creating disruptive changes in the mobile encryption market. The need for stringent compliance and regulatory requirements and increasing concern for the security and privacy of intellectual property are the major factors driving the market. Also, the rising trend of the Internet of Things among various end-user verticals is a crucial factor facilitating the expansion of the mobile encryption market.
  • Mobile encryption safeguards customer data by making it unintelligible to outsiders, ensuring it remains private and secure. The number of digital payments has increased dramatically as a result of the rise in smartphone payment usage. To improve the present payment system, businesses are integrating blockchain with mobile payment. The most important feature of blockchain is its effectiveness, which establishes a benchmark for safe and secure transactions.
  • The "bring your own device" (BYOD) phenomenon and its incredibly fast and pervasive adoption by almost every organization necessitated a fundamental rethinking of security approaches, and it has been found that organizations are deploying many disparate encryption platforms. As a result, managing policies and keys efficiently and securely is an increasingly troublesome challenge.
  • The demand for mobile encryption has grown dramatically over the years as organizations increasingly deploy a mobile workforce. A mobile workforce has many advantages, including increased productivity, lower expenses, and more flexibility. As more businesses continue to employ a mobile workforce, the market has consequently experienced considerable expansion over the past few years, and this trend is projected to continue in the years to come.
  • The comprehensive use of encryption varies considerably by industry segment. Specifically, heavily regulated and mobile-dependent industries, such as financial services and IT services, have the highest use rate, and less regulated industries, such as manufacturing and consumer products, have the lowest use rate.
  • Additionally, one major barrier is that organizations do not recognize the importance of mobile encryption solutions. Concerns regarding the complexity of encryption solutions, the absence of industry standards for encryption technology, and the possible effects of encryption on device performance are some further limitations.
  • COVID Lockdowns and limitations increased mobile technology use more than usual. As the need for security device interoperability grows and becomes the new standard, there will be a significant rise in demand for mobile encryption.

Mobile Encryption Market Trends

BFSI is Expected to Hold a Major Market Share

  • For the security of their mobile apps, banks employ a number of encryption techniques. For data in transit, common techniques include Transport Layer Security (TLS) and Secure Sockets Layer (SSL), whereas for data at rest, common techniques include Advanced Encryption Standard (AES) or RSA. To further safeguard customer information, banks may additionally employ extra security measures like multi-factor authentication and device fingerprinting. The banking industry's expanding requirement for payment security solutions to offer its consumers a more secure service is what is causing the growth.
  • Among the current identified trends influencing this segment of the market, the usage of encrypted OTP SMS is one of them, along with a PIN to avoid any possible attacks like phishing, man-in-the-middle attacks, and malware Trojans. As more of the bank account information and passwords of customers come on mobile devices, even personal pictures (while applying for loans online) have become a major security concern. SSL/TLS enables secure transmissions of private data over the internet, including credit card details, passwords, and sensitive personal information.
  • Banks and financial institutions use SSL/TLS to encrypt their traffic to address these multiple issues, including controlling access, protecting confidentiality, and reducing exposure to protocol-specific attacks. With the increased sophistication of online transactions, payment providers are catching up with the technologies to provide better security. The majority of online payments are now mobile or in-app payments; the traditional PCI-DSS standards have to be suitably upgraded.
  • Moreover, it is projected that the efficiency and effectiveness of financial encryption software would grow with the addition of artificial intelligence (AI). At the same time, it helps organisations and customers meet the growing demand for data protection. As a result, it is anticipated that encryption software powered by artificial intelligence would be quickly adopted by the banking and finance sector.
  • The integrity of the data must be maintained by the banks throughout the life of the data. As a result, it is essential for banks to put in place the appropriate threat detection and response procedures in accordance with their needs. Thus, by imposing various security standards, such as data masking and encryption software by banks, the data integrity can be preserved. As a result, it is anticipated that the banking, finance, and insurance (BFSI) industry will see an increase in demand for financial encryption software.
  • The outdated SSL standards prevent the use of new initiatives like EMV Three-Domain Secure (3DS), a messaging mechanism that enables customers to authenticate themselves with their card issuer when making card-not-present online purchases.. Communication that uses two algorithms for encryption that work side-by-side is currently considered the strongest encryption, with cryptologists predicting double-cell encryption to remain so over the forecast period.

North America is Expected to Hold a Major Market Share

  • In the North American region, the United States business sector increasingly depends on computer networks and electronic data to conduct its daily operations, and growing pools of personal and financial information are also transferred and stored in the cloud using phones. Furthermore, a significant increase in the BYOD trend is also favoring the conditions for advanced authentication methods, such as smart cards, physical tokens, and KPIs, to access sensitive information or log in to client servers.
  • The dominance can be attributed to the more stringent regulatory standards in nations like Canada and the United States, which oblige banks to increase data privacy. In order to protect privacy, both public and private banks have increased their demand for cryptographic software. Additionally, the regional market expansion is anticipated to be fueled by the surge in cyberattacks and the threat to business-critical information.
  • It is estimated that around 51% of mobile devices in the United States have full disk encryption, which is expected to increase in the coming years. However, with the growth in the adoption of full disk encryption, almost all these devices could become inaccessible to law enforcement. As a result, the government is regulating the encryption market. Companies like Google and other tech giants are facing restrictions and obstacles.
  • AAG IT Services estimates that in 2021, 1 in 2 American internet users had their accounts breached. One in ten US businesses do not have any protection against cyberattacks. In addition, cybercrime had an impact on 53.35 million US individuals in the first half of 2022. Therefore, rising privacy laws and mobile payment technology are anticipated to open up new industry prospects in the area.
  • Apple is the largest provider of mobile full-disk encryption, and around 55% of the mobile devices in the United States run on iOS. With increased malicious data breaches occurring in the North American region, it has become the largest market for encryption services.

Mobile Encryption Industry Overview

The Global Mobile Encryption Market is fragmented, as the mobile encryption ecosystem comprises various mobile encryption solutions and service providers. The major players deploy various strategies, such as new product launches and clinical trials, and are also taking market initiatives and innovations through high expenditure on research and development, joint ventures, partnerships, acquisitions, and others to increase their footprints in this market. Some of the major players in the market are IBM Corporation, HP Enterprises, Dell, Symantec, and Checkpoint Software, among others.

  • October 2022 - Check Point Software Technologies Ltd., a top global provider of cyber security solutions, acquired Spectral, an Israeli startup that was a key innovator in developer-first security tools created by developers for developers. With this purchase, Check Point was expected to increase the developer-first security capabilities of its cloud solution, Check Point CloudGuard, and offer the broadest range of cloud application security use cases, including infrastructure as code (IaC) scanning and hardcoded secret detection.
  • December 2022 - RingCentral, Inc. announced that it is extending End-to-End Encryption (E2EE) capabilities in its flagship RingCentral MVP product to encompass both phone and messaging in addition to video. E2EE technology shields users' communication content from being accessed by unauthorised parties. This offers protection against infiltration and attacks from outside parties as well as privacy for privileged discussions for security-conscious organisations.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Introduction to Market Drivers and Restraints
  • 4.3 Market Drivers
    • 4.3.1 Growing demand for secure communication in enterprises
    • 4.3.2 Increasing concern for data security and privacy of intellectual property
  • 4.4 Market Restraints
    • 4.4.1 Lack of awareness and skilled workforce
  • 4.5 Value Chain / Supply Chain Analysis
  • 4.6 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.6.1 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.6.2 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.6.3 Threat of New Entrants
    • 4.6.4 Threat of Substitute Products
    • 4.6.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Component
    • 5.1.1 Solutions
    • 5.1.2 Services
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Disk Encryption
    • 5.2.2 File/Folder Encryption
    • 5.2.3 Web Communication Encryption
    • 5.2.4 Cloud Encryption
    • 5.2.5 Other Applications
  • 5.3 Deployment Type
    • 5.3.1 On-premise
    • 5.3.2 Cloud
  • 5.4 Enterprise Size
    • 5.4.1 SMEs
    • 5.4.2 Large Enterprises
  • 5.5 End Users
    • 5.5.1 BFSI
    • 5.5.2 Aerospace and Defense
    • 5.5.3 Healthcare
    • 5.5.4 Government and Public Sector
    • 5.5.5 Telecom
    • 5.5.6 Retail
    • 5.5.7 Other End Users
  • 5.6 Geography
    • 5.6.1 North America
    • 5.6.2 Europe
    • 5.6.3 Asia Pacific
    • 5.6.4 Latin America
    • 5.6.5 Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Dell
    • 6.1.2 Check Point Software Technologies, Ltd
    • 6.1.3 Hewlett Packard Enterprise
    • 6.1.4 IBM Corporation
    • 6.1.5 KoolSpan, Inc.
    • 6.1.6 MobileIron, Inc.
    • 6.1.7 SecurStar GmbH
    • 6.1.8 Silent Circle, LLC
    • 6.1.9 Sophos Ltd.
    • 6.1.10 Symantec Corporation
    • 6.1.11 T-Systems International GmbH

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS