デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1433001

クリティカルケア診断:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)

Critical Care Diagnostics - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 114 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
クリティカルケア診断:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 114 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

クリティカルケア診断の市場規模は、2024年に13億6,000万米ドルと推定され、2029年までには17億8,000万米ドルに達すると予測され、予測期間中(2024年~2029年)のCAGRは5.5%で成長する見込みです。

Critical Care Diagnostics-Market

COVID-19は調査した市場に大きな影響を与えました。COVID-19の負担が大きいため、世界中のヘルスケアシステムは、診断だけでなく治療にもクリティカルケアセンターを導入していました。例えば、2021年11月、インドのグジャラート州政府は、専門医が不足している農村部や遠隔地の政府病院や保健センターの負担を軽減するため、遠隔ICUサービスを開始しました。さらに2022年7月、欧州集中治療医学会(ESICM)は、COVID-19パンデミックの初期に欧州連合の支援を受けて、集中治療室(ICU)に定期的に勤務していない、あるいは新たに勤務することになった看護師や医師のための臨床学習の方向づけと補足を目的としたC19スキル準備コース(C19_SPACE)を開発しました。このように、前述の要因を考慮すると、パンデミックは調査した市場にかなりの影響を与えました。現在、市場はパンデミック以前の状態にまで回復しており、今後数年間は健全な成長が見込まれます。

クリティカルケア診断市場は、慢性疾患や生活習慣病の世界の蔓延の増加、電子カルテ(EHR)との相互運用性を通じたデータ管理と接続性の向上、診断技術の進歩などが主な要因となっています。米国疾病予防管理センター(CDC)が2022年7月に更新したデータによると、米国では成人の10人に6人が慢性疾患に罹患しており、10人に4人が2つ以上の慢性疾患(心臓病、がん、脳卒中、慢性閉塞性肺疾患、糖尿病など)を抱えています。そのため、慢性疾患や生活習慣病の世界の増加に伴い、これらの患者を対象としたクリティカルケア診断に対する需要が増加しており、予測期間中に市場が急増すると予想されます。

さらに、WHOが2021年10月に発表したデータによると、高齢化のスピードは過去に比べてはるかに速く、2030年には世界の6人に1人が60歳以上になると報告されています。WHOはまた、60歳以上の人口に占める割合が増加し、2050年までに12%から22%へとほぼ倍増すると述べています。高齢化が進むと、健康に関連する問題、特に心血管疾患や神経疾患の増加が生じ、患者の入院も増加すると予想されます。この入院は重症患者の診断の必要性につながり、これが重症患者診断市場を牽引すると予想されます。

したがって、上記の要因により、同市場は予測期間中に成長すると予想されます。しかし、診断検査にかかるコストが高いことや、重症患者診断薬を扱う熟練した専門家の不足が、市場の成長を阻害する可能性が高いです。

クリティカルケア診断市場の動向

集中治療室セグメントは予測期間中に大きな成長が見込まれる

集中治療とは、急性の体調不良で重篤な医療ケアを必要とする患者に施される専門的な治療を指します。集中治療室(ICU)は、急性疾患や傷害を負った患者に重篤な治療と生命維持を提供します。

神経疾患、呼吸器疾患、心血管系疾患、悪性腫瘍の症例数の増加、手術件数の増加により、予測期間中にICUの需要が高まると予想されています。例えば、2022年1月にCDCが発表した報告書によると、2021年には0歳から17歳の小児の約0.6%が活動性てんかんを患っていました。また、同出典によると、2021年には米国で約47万人の小児が活動性てんかんに罹患し、約300万人の成人が活動性てんかんに罹患していました。さらに、米国における高齢者のてんかん発症率は、年間10万人当たり240人に上ります。したがって、米国ではこのように神経疾患の有病率が高いため、このセグメントは今後数年間で大幅な成長が見込まれます。

さらに、2022年3月、Royal PhilipsのCollaboration Liveは、追加のモバイルプラットフォームでの遠隔診断用としてFDAから承認を受けました。Philips Ultrasound Systems EPIQとAffinitiで利用可能なCollaboration Liveは、臨床医が同僚とリアルタイムで協力し、場所に関係なく画像取得と診断を完了することを可能にします。

さらに、医療費は世界中で増加しており、ICUセグメントの成長を促進しています。医療支出が増加するにつれて、病院では救命救急医療の提供に重点が置かれるようになり、その結果、ICUの数が大幅に増加しています。たとえば、2021年11月に発表されたカナダ健康情報研究所のデータによると、2021年にカナダでは約23万米ドルが医療に費やされました。このような支出により、ICUケアの導入が実現でき、これがセグメントの成長を促進すると考えられています。

北米がクリティカルケア診断市場を独占する見込み

北米は安定した成長を遂げていましが、地域差が大きいです。米国の病院は、手術室の物理的インフラストラクチャに多額の投資を行っています。

米国では自動車事故による負傷者数の増加により、クリティカルケア診断の需要が高まり、市場の成長をさらに押し上げました。2022年3月に安全な国際道路旅行協会(ASIRT)が発表したデータによると、米国では年間440万人が治療を必要とする重傷を負っています。したがって、これらの損傷には迅速な治療のために迅速な診断が必要です。そのため、この地域ではクリティカルケア診断が急増すると予想されます。

さらに、2022年8月、Oncocyte Corporationは、米国最大の統合ヘルスケアシステムである米国退役軍人省(VA)が、同社のDetermaRxテストの連邦供給スケジュール契約を獲得したと発表しました。契約期間は5年間です。このような事例は、予測期間中にこの地域の調査対象市場の成長を促進すると予想されます。

高額な医療費、インフラの改善、政府のさらなる関与により、北米市場の成長が促進されると予想されます。

クリティカルケア診断産業の概要

クリティカルケア診断市場競争は中程度です。市場シェアの面では、適度な統合が進んでいます。主要企業は、市場での存在感を高めるために、新製品の発売、パートナーシップ、コラボレーションなどにも取り組んでいます。市場の主要企業は、Abbott、Beckman-Coulter、Rocheなどです。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 慢性疾患と生活習慣病の有病率の上昇
    • 電子カルテ(EHR)との相互運用性を通じたデータ管理と接続性の向上
    • 遠隔医療サービスと遠隔通信の採用増加
  • 市場抑制要因
    • 分子診断ツールの高コスト
    • 熟練した専門家の不足
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション

  • 検査タイプ別
    • フローサイトメトリー
    • 血液学検査
    • 微生物・感染症検査
    • 凝固検査
    • 免疫タンパク質
    • ルーチンおよび特殊化学検査
    • その他
  • エンドユーザー別
    • 手術室
    • 緊急治療室
    • 集中治療室
    • その他
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋
    • 中東・アフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東・アフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Abbott
    • Bayer AG
    • Becton, Dickinson & Company
    • bioMerieux SA
    • Bio-Rad Laboratories, Inc.
    • Chembio Diagnostic Systems, Inc.
    • Danaher Corporation
    • F. Hoffmann-La Roche
    • Siemens Healthineers
    • Sysmex Corporation

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 60433

The Critical Care Diagnostics Market size is estimated at USD 1.36 billion in 2024, and is expected to reach USD 1.78 billion by 2029, growing at a CAGR of 5.5% during the forecast period (2024-2029).

Critical Care Diagnostics - Market

COVID-19 had a significant impact on the market studied. Owing to the high burden of COVID-19, healthcare systems across the globe were implementing critical care centers for diagnosis as well as therapeutics. For instance, in November 2021, the Gujarat government in India initiated tele-ICU services to ease the pressure on government hospitals and health centers in rural and remote areas with a dearth of specialized doctors. Moreover, in July 2022, with the support of the European Union early in the COVID-19 pandemic, the European Society of Intensive Care Medicine (ESICM) developed the C19 Skills Preparation Course (C19_SPACE) to orientate and supplement clinical learning for nurses and doctors not regularly or newly engaged in intensive care units (ICUs). Thus, given the aforementioned factors, the pandemic considerably impacted the market studied. Currently, the market has reached its pre-pandemic nature in terms of demand for critical care diagnostics and is expected to witness healthy growth in the coming years.

The critical care diagnostics market is primarily driven by the increasing global prevalence of chronic and lifestyle-related disorders, an increase in data management and connectivity through interoperability to Electronic Health Records (EHR), and advancements in diagnostic technologies. According to the Centers for Disease Control and Prevention (CDC), data updated in July 2022, in the United States, 6 in 10 adults have a chronic disease, and 4 in 10 adults have two or more chronic diseases, which include heart disease, cancer, stroke, chronic obstructive pulmonary disease, and diabetes. Therefore, with the increasing chronic and lifestyle diseases worldwide, there is an increased demand for critical care diagnostics for these patients; thereby, the market is expected to see a surge over the forecast period.

Moreover, the data published in October 2021 by WHO reported that the pace of population aging is much faster than in the past, and 1 in 6 people in the world will be aged 60 years or over by 2030. WHO also stated that the share of the population aged 60 years and above will increase and nearly double from 12% to 22% by 2050. As the aging population creates an increase in health-related issues, especially cardiovascular and neurological diseases, the hospitalization of patients is also expected to rise. This hospitalization is likely to lead to the requirement for the diagnosis of critically ill patients, and this is expected to drive the critical care diagnostics market.

Therefore, owing to the factors mentioned above, the studied market is expected to grow over the forecast period. However, the high cost of the diagnostic test and the lack of skilled professionals in handling critical care diagnostics are likely to impede the market's growth.

Critical Care Diagnostics Market Trends

Intensive Care Unit Segment is Expected to Witness Considerable Growth Over the Forecast Period

Intensive care refers to the specialized treatment given to patients who are acutely unwell and require critical medical care. An Intensive Care Unit (ICU) provides critical care and life support for acutely ill and injured patients.

Growth in the number of cases of neurological disorders, respiratory disorders, cardiovascular diseases, malignancy, and the increasing number of surgeries is expected to rise the demand for ICU settings in the market during the forecast period. For instance, as per the report published by the CDC in January 2022, about 0.6% of children aged 0-17 years suffered from active epilepsy in 2021. The same source also stated that around 470,000 children had active epilepsy, and about 3.0 million adults in the United States had active epilepsy in 2021. In addition, the incidence of epilepsy in the United States in seniors is up to 240 per 100,000 per year. Hence, with such a high prevalence of neurological diseases in the United States, the segment is expected to witness substantial growth in the coming years.

Moreover, in March 2022, Royal Philips's Collaboration Live received approval from FDA for remote diagnostic use on additional mobile platforms. Available on Philips Ultrasound Systems EPIQ and Affiniti, Collaboration Live allows clinicians to collaborate in real-time with colleagues to complete image acquisition and diagnosis regardless of location.

Additionally, health expenditure is rising across the globe, fueling the growth of the ICU segment. As health expenditure increases, the focus of hospitals on providing critical care also increases, resulting in a drastic rise in the number of ICUs. For instance, as per the data from Canadian Institute for Health Information published in November 2021, approximately USD 230,000 were spent on healthcare in Canada during the year 2021. With such expenditure, the implementation of ICU care can be achieved, which is believed to propel segment growth.

North America is Expected to Dominate the Critical Care Diagnostics Market

North America has been witnessing stable growth but with substantial regional variations. Hospitals in the United States have made substantial investments in the physical infrastructure of their operating rooms.

The increasing number of injuries due to vehicle crashes in the United States resulted in the growing demand for critical care diagnostics, further boosting the market's growth. According to the data published in March 2022 by Association for Safe International Road Travel (ASIRT), annually, 4.4 million are injured seriously enough to require medical attention in the United States. Thus, these injuries require a quick diagnosis for quick treatment. Therefore, critical care diagnostics is expected to see a surge in the region.

Additionally, in August 2022, Oncocyte Corporation announced that the United States Department of Veterans Affairs (VA), the largest integrated healthcare system in the United States, was awarded a Federal Supply Schedule Contract for the Company's DetermaRx test. The contract is for five years. Such instances are expected to boost the growth of the studied market in the region over the forecast period.

The high healthcare expenditure, better infrastructure, and additional involvement by the government are expected to drive the growth of the market in North America.

Critical Care Diagnostics Industry Overview

The Critical Care Diagnostics Market is moderately competitive. In terms of market share, there is moderate consolidation in the market. The market players are involved with government initiations, through funding and collaboration, which can help the Critical Care Diagnostics market to garner significant growth. Top players are also engaged in new product launches, partnerships, collaborations, etc., to enhance their market presence. Key players in the market are Abbott, Beckman-Coulter, and Roche, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Rise in the Prevalence of Chronic Diseases and Lifestyle-related Disorders
    • 4.2.2 Increase in Data Management and Connectivity through Interoperability to Electronic Health Record (EHR)
    • 4.2.3 Rising Adoption of Telehealth Services and Remote Communications
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High Cost of Molecular Diagnostics Tools
    • 4.3.2 Lack of Skilled Professionals
  • 4.4 Porter's Five Force Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Test Type
    • 5.1.1 Flow Cytometry
    • 5.1.2 Hematology Test
    • 5.1.3 Microbiology and Infectious Test
    • 5.1.4 Coagulation Test
    • 5.1.5 Immunoprotein
    • 5.1.6 Routine and Special Chemistry
    • 5.1.7 Others
  • 5.2 By End User
    • 5.2.1 Operating Room
    • 5.2.2 Emergency Room
    • 5.2.3 Intensive Care Unit
    • 5.2.4 Others
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Spain
      • 5.3.2.6 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 South Korea
      • 5.3.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Middle East and Africa
      • 5.3.4.1 GCC
      • 5.3.4.2 South Africa
      • 5.3.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.3.5 South America
      • 5.3.5.1 Brazil
      • 5.3.5.2 Argentina
      • 5.3.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Abbott
    • 6.1.2 Bayer AG
    • 6.1.3 Becton, Dickinson & Company
    • 6.1.4 bioMerieux SA
    • 6.1.5 Bio-Rad Laboratories, Inc.
    • 6.1.6 Chembio Diagnostic Systems, Inc.
    • 6.1.7 Danaher Corporation
    • 6.1.8 F. Hoffmann-La Roche
    • 6.1.9 Siemens Healthineers
    • 6.1.10 Sysmex Corporation

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS