市場調査レポート
商品コード
1432984

ライドシェア:世界市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)

Global Ridesharing - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
ライドシェア:世界市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界のライドシェアの市場規模は、2024年に476億2,000万米ドルと推定され、2029年までに869億9,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年~2029年)中に12.81%のCAGRで成長する見込みです。

世界ライドシェア-市場

主なハイライト

  • ライドシェア市場は、費用対効果が高く時間を節約できる移動手段に対する需要の増加によって推進されると考えられています。自動車所有コストの上昇、環境上の理由から交通量を最小限に抑える必要性、ライドシェアサービスを奨励する政府の規則はすべて、ライドシェアサービスの世界の普及を促進する重要な要因です。
  • Waze、Carma、eRideShare、CarpoolWorldなどは、デジタルネットワークとスマートフォンがライドシェア市場を牽引すると信じているアメリカの新興企業です。欧州では相乗りなどの動向が進んでいます。フランスのBlaBlaCarはすでに世界中で4,000万人のユーザーを誇っています。英国では50万人以上がLiftshareを利用しています。ライドシェアサービスの必要性を促進するもう1つの要因は交通量です。たとえば、ロサンゼルスでは、平均通勤時間は53.68分です。欧州では、英国人は最長45分の通勤に直面しています。その結果、多くの政府がライドシェアシステムを推進しています。サンフランシスコ(BART)のベイエリア高速交通システムは、相乗りを促進する新しいプログラムを開始しました。
  • アジア太平洋とラテンアメリカでは、公共交通機関の劣悪さ、人口と事業運営の増加により、手頃な価格で効果的なモビリティに対する需要が大幅に高まっています。東南アジアでは、ここ2年から3年でライドシェア市場が劇的に増加しました。多くの世界のベンダーが、この地域での相乗りサービスの人気の高まりを利用し、この地域での存在感を高めています。
  • これらの要因がライドシェアアプリの成長を促進し、急速にこの地域のスマート交通の基盤となりつつあります。Daliaの調査によると、この地域のスマートフォンを所有する都市人口の45%がライドシェアのアプリまたはサイトを利用したことがあり、メキシコが58%でトップとなっています。
  • 最近のCOVID-19のパンデミックと世界中での全国的なロックダウンは、ライドシェア業界にも影響を与えています。市場のベンダーのほとんどは、コロナウイルスの蔓延を阻止するために営業を変更または停止しています。最近のロックダウン中、多くの地域ではライドシェアの需要が減少し、現時点ではこれらのサービスは必要ないほどになっています。COVID-19の流行により、顧客の関心は配車サービスからレンタカーや車の所有へと移っています。これにより、これらの顧客の一部が相乗りサービスに誘導されると予測されており、そこでは顧客が主に 促進要因を確認します。その結果、車両の長期サブスクリプションや高級車のレンタルのサプライヤーが成長を遂げています。たとえば、インドの自動運転レンタカー会社ZoomCarは、ロックダウン後にパーソナルモビリティの需要が大幅に増加すると予想しており、その需要は3倍から4倍に増加すると予想しています。こうした動向、ユーザーが配車サービスから相乗りサービスに移行する可能性もあります。
  • 給与水準の向上と規制を要求する相乗り業者のストライキの増加、プロ以外の 促進要因の刑事告発、従来の交通サービスからの抵抗、複雑な交通規則はすべて、ライドシェア市場の成長を妨げる可能性があります。

ライドシェア市場の動向

COVID-19は市場に重大な脅威をもたらしている

  • 最近のCOVID-19の流行により、配車サービスやライドシェアの需要は大幅に減少しています。しかし、現在多くの人が自家用車に移行しているため、ライドシェア市場が再び台頭する可能性があると多くの人が信じています。
  • この要因により、固定ライドシェアや企業ライドシェアなどのライドシェアサービスが増加する可能性があります。 2020年3月中旬にCars.comが行った最近の世界的調査によると、回答者の40%以上が、伝染性ウイルスに感染する可能性を減らすためにライドシェアや配車サービスの利用を中止しました。90%以上が車を使い始めたと回答し、回答者の20%はすでに新車の購入への投資を検討し始めています。
  • 多くの政府も、汚染レベルを抑制するためにライドシェアや配車サービスを縮小しています。ハーバード大学の公衆衛生学部T.H.チャン氏の研究によると、大気汚染レベル(PM 2.5)が高い都市は、COVID-19症の影響を受けやすくなっています。同様に、欧州公衆衛生同盟(EPHA)によれば、大気汚染はCOVID-19の影響を増大させる可能性があります。
  • 2020年4月、疾病管理予防センターは、ライドシェアのドライバーやその他の運転職業(タクシー、リムジンなど)向けの新しいガイドラインを発行しました。 CarGurusによる最近のCOVID-19センチメント調査では、自動車販売が長期的にはパンデミックの影響を受ける可能性は低いことが示されています。回答者の約79%がパンデミックの影響で車の購入を延期しました。一方、39%は配車サービスの利用を減らすか、完全に利用をやめるつもりだと回答しました。
  • しかし、今後数カ月のうちに、COVID-19パンデミックにより、特に中国やインドなどの人口密度の高い国で運輸部門が変化することは間違いありません。自動車販売の変動とウーバーなどの配車サービスに対する信頼の低下により、他の相乗りやライドシェアサービスの余地が生まれる可能性があります。
  • 多くのマーケットベンダーもCOVID-19のパンデミックの中で提供内容を変更しており、これによりブランドイメージが確立され、顧客の信頼を得ることが期待されています。たとえば、ドイツでは、Berliner Verkerhsbetriebe(BVG)が、BerlKonigというライドシェアサービスを提供しています。COVID-19の流行中は通常業務を停止しました。その代わり、同社は夕方と夜間に医療スタッフに無料リフトを提供しています。

欧州が大きな市場シェアを占める

  • 都市化により都市交通システムが強調され、人々の生活の質に影響を与える傾向があります。移動オプションの減少、不十分な交通インフラ、渋滞の増加、汚染、交通安全の問題は、体系的なアプローチを必要とするいくつかの重要な問題です。
  • フランスは有数の観光地であり、最も美しい都市はエッフェル塔、ルーブル美術館、ディズニーランドのあるパリです。パリ市は電気自動車シェアリングとEV購入奨励金を通じて持続可能な交通を奨励する意向で、シェアリング文化を浸透させるために世界初の完全電気自動車シェアリングサービス「Autolib」を開始しました。さらに、使いやすいネットワークを提供し、顧客が公共交通機関、カーシェアリング、自転車シェアリングプログラムの料金を支払うことができるようにすることで、高い顧客満足度を保証するNavigo決済システムを構築しました。これらの計画はライドシェア市場の拡大を刺激する可能性が高いです。
  • EU28か国地域における自動車所有台数は2000年から2019年の間に大幅に増加し、住民1,000人あたり411台から516台以上に増加しました。しかし、業界は現在、パリ協定に沿って二酸化炭素排出量を削減することが期待されています。たとえば、欧州の多くの都市は低排出ゾーンを採用しています。
  • さらに、MaaS(Mobility as a Service)は、多くのモビリティサービスが単一のアプリまたは同等のアプリを通じて提供される、簡素化された独自のマーケットプレースを作成することを目指しています。最近の調査によると、欧州人の59%がMaaSタイプのアプリの使用に興味を持っています。
  • 欧州では、ライドシェアの覇権を争う競争相手には、アメリカ企業や大陸生まれの企業が含まれており、それぞれ独自の言語、行動、法的特徴を持ち、さまざまな国で事業を展開しています。 2021年2月、中国の配車大手Didi Chuxing Technology Co.は西欧でのデビューを計画していました。北京に本拠を置くDidiは、今年前半までに英国、フランス、ドイツを含む市場でライドシェアサービスを展開することを検討しています。
  • さらに、パンデミックの影響で、多くの企業が新たな支援サービスを提供し始めています。たとえば、2020年8月、フランスのライドシェア会社BlaBlaCarは、ユーザーをその場しのぎのボランティアネットワークに変えたと発表しました。 促進要因は、乗車料金を受け取る代わりに、BlaBlaHelpをダウンロードすることで、必要なアイテムを必要とする人々に届けることを申し出ました。この困難な時期における技術的ショートカットとヘルプはユーザーの共感を呼び、72時間以内に20,000人以上がプラットフォームに登録し、公開以来数千人がフォローしています。

ライドシェア業界の概要

世界のライドシェア市場は、大手企業間で激しい競合が行われているため、非常に細分化されています。この市場は活況を呈しているため、より多くの新規参入者が市場に参入し、さまざまな独自のアプローチで競合が激化しています。そして大手企業は、ライドシェアアプリを利用できる複数のオファーを提供することでユーザーベースを増やそうとしています。

  • 2021年11月 - Mahindra Logistics Ltd.(MLL)は、ライドシェア会社であるMeru Cabsを買収しました。 MLLブランドにMeruが加わることで、MLLのモビリティ事業はさらに強化されることになります。 MLLはすでに、「Alyte」ブランドで運営されているエンタープライズモビリティサービス(ETMS)ビジネスのリーダーです。この買収により、MLLは企業顧客と電動モビリティに戦略的に重点を置き、モビリティソリューションの範囲を強化します。
  • 2021年9月 - UCRはCommute with Enterpriseと提携し、近隣に住む通勤者にバンプールサービスを提供し、UCRキャンパスへの往復の乗車を相乗りできるようにします。バンプールは、お金を節約し、個人の車の磨耗を減らし、通勤時間を短縮し、空気をよりきれいに保ち、温室効果ガスの排出量を減らし、交通と駐車場の混雑を軽減するのに役立ちます。
  • 2021年7月 - Lyft、Argo AI、およびフォードモーターカンパニーは、米国で自動運転ライドシェアサービスを開始し、Argo自動運転システムを搭載したフォードの自動運転車をLyftのライドシェアネットワークに導入するという共同の約束を果たしました。 Lyftとそのパートナーとのコラボレーションの一環として、このサービスのデビューは、マイアミで初めて自動運転車がライドシェアに利用可能となることを示しています。このユニークなパートナーシップは、拡張可能なビジネスをサポートし、素晴らしい乗客エクスペリエンスを提供するために必要な自動運転技術、車両群、輸送ネットワークなど、持続可能な自動運転配車サービスを構築するために必要なすべてのコンポーネントを統合します。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 業界の魅力度 - ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ
  • 業界バリューチェーン分析
  • COVID-19の業界への影響評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • コスト優位性とカープール/企業プールサービスの利用可能性の増加
    • フランスなどの主要市場で政府が提供するインセンティブとリベート
    • 自動車保有コストの上昇と環境面でのメリット
  • 市場の課題
    • ラストワンマイル接続への懸念と業界のダイナミックな性質、ライドヘイリング・ベンダーのクラウド化が課題として浮上
  • 市場機会

第6章 市場セグメンテーション

  • 会員タイプ別
    • 固定型ライドシェア
    • ダイナミック・ライドシェア
    • 法人向けライドシェア
  • サービスタイプ別
    • ウェブベース
    • アプリベース
    • ウェブ・アプリベース
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • 世界のその他の地域

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Zimride Inc.
    • Kangaride Canada Co.
    • CarpoolWorld(Datasphere Corporation)
    • Via Transportation Inc.
    • SPLT(Bosch)
    • Scoop Technologies Inc.
    • BlaBlaCar(Comuto SA)
    • KINTO Join Limited
    • GoMore
    • Klaxit SAS(formerly Wayzup)
    • Flinc GmbH(Daimler Mobility Services)
    • Wunder Mobility Solutions GmbH
    • Didi Chuxing Technology Co.
    • HyreCar Inc
    • Vride Inc(Acquired by Enterprise Holdings Inc)

第8章 投資分析

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 57008

The Global Ridesharing Market size is estimated at USD 47.62 billion in 2024, and is expected to reach USD 86.99 billion by 2029, growing at a CAGR of 12.81% during the forecast period (2024-2029).

Global Ridesharing - Market

Key Highlights

  • The Ridesharing market will be driven by increased demand for cost-effective and time-saving transportation. The rising expense of car ownership, the need to minimize traffic for environmental reasons, and government rules encouraging ridesharing services are all significant factors driving the global adoption of ridesharing services.
  • Waze, Carma, eRideShare, and CarpoolWorld are some American startups that believe digital networks and smartphones will drive the ridesharing market. Trends such as carpooling are growing on in Europe; French BlaBlaCar already boasts 40 million users globally. Over 500,000 people in the UK use Liftshare. Another factor that will drive the need for ridesharing services is traffic. In Los Angeles, for example, the average commute time is 53.68 minutes. In Europe, Britons face the longest commute of up to 45 minutes. As a result, many governments are pushing ridesharing systems. San Francisco's (BART) Bay Area Rapid Transit system launched a new program to encourage carpooling.
  • Due to bad public transportation systems and growing populations and business operations in Asia-Pacific and Latin America, the demand for affordable and effective mobility is developing significantly. Southeast Asia has seen a dramatic ridesharing market increase in the last 2-3 years. Many global vendors have taken advantage of the region's growth in popularity of ridesharing services and are growing their presence in the region.
  • These factors fuel the ridesharing app's growth, rapidly becoming the foundation for smart transportation in the region. According to the Dalia survey, 45% of the region's smartphone-owning urban population has used a ridesharing app or site, with Mexico leading the way at 58%.
  • The recent COVID-19 pandemic and nationwide lockdown across the world have impacted the ridesharing industry, too. Most of the market vendors have modified or suspended their businesses in an attempt to help stop the spread of coronavirus. In many regions during the recent lockdown, the demand for ridesharing has dropped to the point that these services aren't needed right now. The COVID-19 outbreak has turned customer attention away from ride-hailing services to car rental and owning a car. This is projected to drive some of these customers to ridesharing services, where the customer primarily verifies the driver. As a result, suppliers of longer-term vehicle subscriptions and rentals for premium cars are seeing growth. For example, ZoomCar, an Indian self-drive car rental company, anticipates a huge increase in demand for personal mobility post-lockdown and expects a 3-4 times increase in demand. These trends can also shift users away from ride-hailing services toward ridesharing services.
  • Rising carpool operator strikes demanding better and regulated pay rates, criminal charges for nonprofessional drivers, resistance from traditional transportation services, and complex transportation rules may all hamper the growth of the ridesharing market.

Ridesharing Market Trends

COVID-19 Has Posed Significant Threat to the Market

  • Due to the recent COVID -19 outbreak, ride-hailing and ridesharing have witnessed massive declines in demand. However, many believe the ridesharing market can emerge again, as many people are now shifting to personal cars.
  • This factor may boost ridesharing services, like fixed ridesharing and corporate ridesharing. According to the recent global survey by Cars.com in mid-March 2020, over 40 % of the respondents had stopped using ridesharing and hailing services to reduce the odds of catching the contagious virus. Over 90% said that they had started using their cars, and 20 % of the respondents had already started looking at investing in buying a new vehicle.
  • Many governments are also declining ridesharing and hailing services to control pollution levels. According to a study by Harvard University's T. H . Chan School of Public Health, cities with higher air pollution levels (PM 2.5) are more susceptible to COVID-19. Similarly, as per the European Public Health Alliance (EPHA), air pollution can increase the impact of COVID-19.
  • In April 2020, the Centers for Disease Control and Prevention issued new guidelines for rideshare drivers and other driving occupations (taxis, limousines, etc.). CarGurus's recent COVID -19 sentiment study shows that car sales are unlikely to be affected by the pandemic in the long term. Around 79% of respondents delayed their car purchases due to the pandemic. Meanwhile, 39% said they would reduce their ride-hailing service consumption or stop using them entirely.
  • However, in the coming months, the COVID-19 pandemic will undoubtedly change the transport sector, especially in population-dense countries, like China and India. The fluctuating vehicle sales and reduced trust in ride-hailing services like Uber may develop a space for other carpooling and ridesharing services.
  • Many market vendors are also changing their offerings amid the COVID-19 pandemic, which is expected to create a brand image and help them gain customers' trust. For instance, in Germany, Berliner Verkerhsbetriebe (BVG) offers BerlKonig, a rideshare service. It suspended its regular operations during the COVID-19 outbreak. Instead, the company offers free lifts to medical staff during evening and nighttime hours.

Europe to Account for Significant Market Share

  • Urbanization has stressed the urban transportation systems that tend to affect the population's quality of life. The reduced mobility options, inadequate transportation infrastructure, increasing congestion, pollution, and traffic safety problems, are a few crucial problems that need a systematic approach to be resolved.
  • France is one of the most prominent tourist spots, the most beautiful city is Paris with Eiffel Tower, Louvre museum, and Disneyland. Paris intends to encourage sustainable transport through electric carsharing and EV purchase incentives and has launched the world's first fully electric carshare service, Autolib, to inculcate sharing culture. Furthermore, it has created a Navigo payment system that ensures great customer satisfaction by providing an easy-to-use network and allowing customers to pay for public transportation, car sharing, and bike-sharing programs. These plans are likely to stimulate the expansion of the ridesharing market.
  • Car ownership in the EU-28 area increased considerably between 2000 and 2019, growing from 411 cars per thousand inhabitants to more than 516. However, the industry is now expected to reduce its carbon emissions in line with the Paris Agreement. Many European cities, for example, have adopted low-emission zones.
  • Moreover, MaaS (Mobility as a Service) aims to create a simplified and unique marketplace where many mobility services will be offered through a single app or equivalent. According to a recent survey, 59% of Europeans are interested in using a MaaS-type app.
  • In Europe, the contenders for ridesharing supremacy include American companies and those born on the continent, operating in various countries, all with their own linguistic, behavioral, and legal particularities. In February 2021, Chinese ride-hailing giant Didi Chuxing Technology Co. planned to make its debut in Western Europe. Beijing-based Didi is considering rolling out ridesharing services in markets that could include the UK, France, and Germany by the first half of this year.
  • Furthermore, due to the pandemic, many companies have begun to offer new services to assist. For instance, in August 2020, the French ridesharing company BlaBlaCar announced that it had turned its users into a makeshift volunteer network. Instead of being paid for the rides, drivers offered to deliver the essential items to people who needed them by downloading BlaBlaHelp. This tech shortcut and the help in these difficult times struck a chord within the users, as more than 20,000 people registered on the platform within 72 hours, and thousands have followed since the launch.

Ridesharing Industry Overview

The Global Ridesharing Market is quite fragmented, as there is high competition in the market among major players. Since this market is booming, more new entrants are entering the market, creating more competition with their various unique approaches. And the major players are trying to increase their user base by providing multiple offers where they could utilize the ridesharing apps.

  • November 2021 - Mahindra Logistics Ltd. (MLL) acquired Meru Cabs, a ridesharing company. Adding Meru under the MLL brand will further strengthen MLL's mobility business. MLL is already a leader in its Enterprise Mobility Service (ETMS) business, which operates under the 'Alyte' brand. With this acquisition, MLL will enhance its range of mobility solutions with a strategic focus on enterprise customers and electric mobility.
  • September 2021 - UCR Partners with Commute with Enterprise to provide vanpool services to commuters living within close proximity of each other and allows them to share the ride to and from the UCR campus. Vanpooling can save their money, reduce wear and tear on their personal vehicle, reduce commute time, help keep the air-breathing cleaner, lower greenhouse gas emissions, and reduce both traffic and parking congestion.
  • July 2021 - Lyft, Argo AI, and Ford Motor Company have launched autonomous ridesharing services in Miami, United States, fulfilling a joint commitment to deploy Ford's autonomous vehicles, powered by the Argo Self-Driving System on Lyft's ridesharing network. As part of the collaboration between Lyft and its partners, the debut of this service marks the first time autonomous vehicles are available for ridesharing in Miami. The unique partnership will bring together all components required to build a sustainable autonomous ride-hailing service, including the self-driving technology, vehicle fleet, and transportation network needed to support a scalable business and provide an amazing rider experience.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Assessment of the COVID-19 Impact on the Industry

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Cost Advantage and Increasing Availability of Carpooling/Corporate Pooling Services
    • 5.1.2 Incentives and Rebates Provided by Governments in Major Markets, such as France
    • 5.1.3 Increasing Cost of Vehicle Ownership and Environmental Benefits
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 Last-mile Connectivity Concerns and Dynamic Nature of the Industry and Increasing Cloud of Ride-hailing Vendors to Pose a Challenge
  • 5.3 Market Opportunties

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Membership Type
    • 6.1.1 Fixed Ridesharing
    • 6.1.2 Dynamic Ridesharing
    • 6.1.3 Corporate Ridesharing
  • 6.2 By Service Type
    • 6.2.1 Web Based
    • 6.2.2 App Based
    • 6.2.3 Web and App Based
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Asia Pacific
    • 6.3.4 Rest of the World

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Zimride Inc.
    • 7.1.2 Kangaride Canada Co.
    • 7.1.3 CarpoolWorld (Datasphere Corporation)
    • 7.1.4 Via Transportation Inc.
    • 7.1.5 SPLT (Bosch)
    • 7.1.6 Scoop Technologies Inc.
    • 7.1.7 BlaBlaCar (Comuto SA)
    • 7.1.8 KINTO Join Limited
    • 7.1.9 GoMore
    • 7.1.10 Klaxit SAS (formerly Wayzup)
    • 7.1.11 Flinc GmbH (Daimler Mobility Services)
    • 7.1.12 Wunder Mobility Solutions GmbH
    • 7.1.13 Didi Chuxing Technology Co.
    • 7.1.14 HyreCar Inc
    • 7.1.15 Vride Inc (Acquired by Enterprise Holdings Inc)

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET