デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1432952

感情検出および認識(EDR)-市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)

Emotion Detection And Recognition (EDR) - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 100 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.16円
感情検出および認識(EDR)-市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 100 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

感情検出および認識(EDR)市場規模は、2024年に572億5,000万米ドルと推定され、2029年には1,394億4,000万米ドルに達すると予測され、予測期間(2024-2029年)のCAGRは19.49%で成長すると予測されます。

Emotion Detection And Recognition(EDR)-Market

感情検出および認識(EDR)市場は、人間の感情を識別・分析できる技術の開発と実装を伴う急成長分野です。EDRシステムは、表情認識、音声分析、生理学的信号、自然言語処理などさまざまな技術を活用して、感情の状態を検出・解釈します。

主なハイライト

  • 企業は、自社の製品、サービス、総合的な顧客体験を向上させるために、顧客の感情を理解することの重要性をますます認識するようになっています。EDR技術により、企業は顧客の感情や心情を分析することで貴重な知見を収集できます。
  • スマートウォッチやフィットネストラッカーなどのウェアラブルデバイスの普及により、EDR技術に新たな機会が生まれています。これらのデバイスは、心拍数や皮膚コンダクタンスなどの生理学的データを収集することができ、感情検出アルゴリズムに使用することができます。
  • 高度なマーケティング・ツールに対するニーズの高まりが、感情検出および認識(EDR)市場を大きく牽引しています。感情検出・認識技術により、マーケティング担当者は顧客の感情、心情、嗜好についてより深い洞察を得ることができます。マーケティング担当者は、マーケティング・キャンペーン、広告、製品体験に対する感情的な反応を分析することで、顧客が自社ブランドにどのように関与しているかを理解することができます。このデータは、よりパーソナライズされた、ターゲットを絞ったマーケティング戦略の立案に役立ち、顧客エンゲージメントとコンバージョン率を向上させます。
  • 感情検出・認識システムは、表情、音声記録、生理的信号、テキストデータなどの個人データを収集・分析します。このようなセンシティブな個人情報の収集と使用は、プライバシーに関する懸念を引き起こします。個人はデータの権利をますます意識するようになり、個人情報の管理強化を求めるようになっています。
  • COVID-19のせいで、マスクの着用が社会参加に必要なものとなり、日常生活における感情認識の妨げとなっているため、市場は減速しています。さらに、マスクの設定下では識別率が最も低く、異なる感情タイプが顔の異なる部分と関連していたため、検出率が妨げられました。パンデミック後、コネクテッドデバイスの増加により市場は急成長しています。

感情検出および認識(EDR)市場動向

市場成長を牽引するIoT主導型ウェアラブルデバイスの採用

  • IoTデバイスとウェアラブルデバイスの接続性と統合性の高まりは、EDRシステムが人間の感情に関する貴重な洞察を提供するために活用できる膨大な量のデータを提供します。このデータ主導のアプローチは、ヘルスケア、ゲーム、スマートホーム、パーソナライズされた体験など、さまざまな業界に革命をもたらす可能性があります。
  • IoTは、デバイスやモノが互いに接続し、通信する方法に革命をもたらしました。GSMAによると、世界のIoT接続数は2025年までに250億に達すると推定され、IoT市場の収益は同期間までに1兆1,000億米ドルを超えると予想されています。スマートフォン、スマートホームシステム、コネクテッドカーなどのIoT機器にEDR技術が統合されることで、さまざまな文脈で感情を検出・分析することが可能になります。例えば、IoT対応のスマートホームシステムは、EDRを利用して居住者の感情状態を把握し、それに応じて環境を調整することで、快適性と幸福感を高めることができます。
  • さらに、接続されたウェアラブルデバイスの数も増加しています。こうした機器には、心拍数、脈拍、体温などの生体バイタルを収集、監視、分析するセンサーが搭載されています。シスコシステムズによると、接続されたウェアラブルデバイスの数は、2022年には世界で11億500万台に達すると予想されています。
  • スマートウォッチ、フィットネストラッカー、バーチャルリアリティヘッドセットなどのウェアラブルデバイスは、最近大きな人気を博しています。これらの機器には、心拍数、皮膚コンダクタンス、体温などの生理学的データを収集するセンサーが含まれていることが多いです。これらの生理信号を他のデータと組み合わせて分析することで、EDRシステムは装着者の感情状態を推測することができます。ウェアラブルデバイスは、感情検出と認識のためのデータを収集する便利で非侵入的な方法を提供します。
  • EDR技術をIoTやウェアラブル機器と統合することは、ヘルスケアや福祉分野で特に関連性があります。EDRは患者の感情状態を監視・分析するために利用でき、メンタルヘルス診断、ストレス管理、個別化された治療計画に貴重な洞察を提供します。EDR機能を備えたウェアラブル・デバイスは感情パターンを追跡し、個人の幸福をよりよく理解するのに役立ちます。
  • IoT機器やウェアラブル機器に統合されたEDR技術は、ユーザー体験を大幅に向上させる可能性を秘めています。例えば、EDRはバーチャル・リアリティ・アプリケーションにおいて、仮想環境をユーザーの感情反応に適応させることを可能にし、より没入感のある魅力的な体験を生み出すことができます。さらに、EDRをヒューマン・コンピュータ・インターフェースに使用することで、デバイスやシステムがユーザーの感情にインテリジェントに反応できるようになり、インタラクションや全体的なユーザー満足度が向上します。

北米が最大市場を記録する見込み

  • 北米は、EDR技術の市場規模と成長において主要地域のひとつです。大手テクノロジー企業、革新的新興企業、研究機関の存在が、この地域におけるEDRソリューションの開発と採用に貢献しています。同市場は、高度なマーケティングツール、パーソナライズされた顧客体験、ヘルスケアとウェルネスにおけるアプリケーションの需要に牽引され、着実な成長を遂げています。
  • 北米は、EDR技術の開発に不可欠な人工知能(AI)、機械学習(ML)、コンピュータビジョンなどの技術進歩の最前線にあります。この地域には、EDRシステムの継続的な革新と改善に貢献する研究開発センター、大学、ハイテク企業の強固なエコシステムがあります。
  • この地域のIoT接続は、2025年までに59億に達すると予想されています。このような成長により、マーケティング担当者は本物の消費者インサイトを獲得し、広告ターゲティングを改善できると期待されています。このようなIoT、スマートウェアラブル、小売販売、広告支出の需要拡大に伴い、同地域には主要な厳しいデータ規制がなく、これがさらに成長に影響を与えています。
  • 北米のEDR市場は、高度なマーケティング・広告ツールに対するニーズの高まりによって活性化しています。顧客の感情や心情を分析することで、EDR技術はマーケティング担当者がパーソナライズされた魅力的なキャンペーンを作成し、広告効果を最適化し、顧客体験を向上させることを可能にします。小売、eコマース、エンターテインメントなど、さまざまな業種の北米企業が、市場での競争力を高めるためにEDRソリューションを採用しています。
  • 北米のEDR市場は、同地域の技術の進歩、高度なマーケティングツールやパーソナライズされた体験に対する市場の強い需要、ヘルスケアへのEDR技術の応用から利益を得ています。しかし、企業はこの地域で責任ある透明性の高いEDR技術の利用を確保するために、データプライバシー規制を乗り越え、倫理的配慮に対処する必要があります。

感情検出および認識(EDR)産業の概要

感情検出・認識市場は、複数のベンダーが存在するため半固定化しています。さらに、投資額が高く、熟練技術者の需要が高いため、新規参入は依然として困難です。市場参入企業は、製品ラインナップを強化し、持続可能な競争優位性を獲得するために、提携や買収などの戦略を採用しています。

  • 2023年1月- 人間行動分析AI事業の大手であるnViso SA(NVISO)は、CES2023のSocionext展示でNeuro SDKを発表すると発表しました。NVISOは、BrainChip Akidaイベントベースの完全デジタル・ニューロモーフィック処理プラットフォームでサポートする人間行動AIアプリケーションのスペクトルを拡大し、そのポートフォリオから新しいAIアプリケーションを移しました。これらの機能には、評価キット(EVK)バージョンのリリースに伴い、既に発表済みのHeadpose、Facial Landmark、Gaze、Emotion AI Appsに加え、Action Units、Body Pose、Gesture Recognitionが含まれます。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • 技術スナップショット
  • 市場促進要因
    • IoTを活用したウェアラブルデバイスの普及
    • 高度なマーケティングツールへのニーズの高まり
  • 市場の課題
    • データプライバシーへの懸念と世界のデータ規制の導入
  • COVID-19の市場への影響評価

第5章 市場セグメンテーション

  • ソフトウェアとサービス別
    • ソフトウェア
      • 顔認識
      • 音声認識
      • バイオセンシング
    • サービス
  • 業界別
    • 政府機関
    • ヘルスケア
    • 小売
    • エンターテイメント
    • 運輸
    • その他のエンドユーザー業界別
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • ドイツ
      • フランス
      • 英国
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • インド
      • 中国
      • 日本
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ
      • アラブ首長国連邦
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ
    • 世界のその他の地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Affectiva Inc.(Smart Eye)
    • Emotibot Technologies Limited
    • iMotions
    • Noldus
    • Sightcorp.
    • Realeyes OU
    • NVISO SA
    • Kairos AR Inc.
    • Nemesysco Ltd
    • audEERING GMBH

第7章 投資分析

第8章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 55780

The Emotion Detection And Recognition Market size is estimated at USD 57.25 billion in 2024, and is expected to reach USD 139.44 billion by 2029, growing at a CAGR of 19.49% during the forecast period (2024-2029).

Emotion Detection And Recognition (EDR) - Market

The Emotion Detection and Recognition (EDR) market is a rapidly growing sector that involves developing and implementing technologies capable of identifying and analyzing human emotions. EDR systems utilize various techniques such as facial expression recognition, speech analysis, physiological signals, and natural language processing to detect and interpret emotional states.

Key Highlights

  • Businesses increasingly recognize the importance of understanding customer emotions to enhance their products, services, and overall customer experience. EDR technologies enable companies to gather valuable insights by analyzing customer emotions and sentiments.
  • The widespread use of wearable devices, such as smartwatches and fitness trackers, has created new opportunities for EDR technology. These devices can collect physiological data, such as heart rate and skin conductance, which can be used in emotion detection algorithms.
  • The increasing need for advanced marketing tools drives the Emotion Detection and Recognition (EDR) market significantly. Emotion detection and recognition technology enables marketers to gain deeper insights into customer emotions, sentiments, and preferences. Marketers can understand how customers engage with their brand by analyzing emotional responses to marketing campaigns, advertisements, and product experiences. This data helps create more personalized and targeted marketing strategies, improving customer engagement and conversion rates.
  • Emotion detection and recognition systems collect and analyze personal data, including facial expressions, voice recordings, physiological signals, and textual data. The collection and use of such sensitive personal information raise privacy concerns. Individuals are becoming increasingly aware of their data rights and are demanding greater control over their personal information.
  • Due to COVID-19, the market is slowdown because wearing masks has become necessary for social engagement, interfering with emotional recognition in everyday life. Furthermore, it hindered detection rates because identification rates were lowest under mask settings, and different emotion types were associated with different parts of the face. Post-pandemic, the market is growing rapidly due to increased connected devices.

Emotion Detection and Recognition (EDR) Market Trends

Adoption of IOT driven Wearable Devices Driving the Market Growth

  • The increasing connectivity and integration of IoT devices and wearable devices offer a vast amount of data that EDR systems can leverage to provide valuable insights into human emotions. This data-driven approach can revolutionize various industries, including healthcare, gaming, smart homes, and personalized experiences.
  • The IoT has revolutionized the way devices and objects connect and communicate with each other. According to GSMA, the global IoT connections are estimated to reach 25 billion by 2025, and the IoT market revenue is expected to cross USD 1.1 trillion by the same period. With the integration of EDR technology into IoT devices, such as smartphones, smart home systems, and connected cars, it becomes possible to detect and analyze emotions in various contexts. For example, IoT-enabled smart home systems can use EDR to understand the emotional state of residents and adjust the environment accordingly for enhanced comfort and well-being.
  • Additionally, the number of connected wearable devices is also increasing. Such devices have sensors that collect, monitor, and analyze biological vitals, such as heart rate, pulse, and body temperature. According to Cisco Systems, the number of connected wearable devices globally is expected to reach 1,105 million in 2022.
  • Wearable devices, including smartwatches, fitness trackers, and virtual reality headsets, have recently gained significant popularity. These devices often include sensors that collect physiological data, such as heart rate, skin conductance, and body temperature. By analyzing these physiological signals in conjunction with other data, EDR systems can infer the wearer's emotional state. Wearable devices offer a convenient and non-intrusive way to gather data for emotion detection and recognition.
  • Integrating EDR technology with IoT and wearable devices has particular relevance in the healthcare and well-being sectors. EDR can be utilized to monitor and analyze the emotional state of patients, providing valuable insights for mental health diagnosis, stress management, and personalized treatment plans. Wearable devices with EDR capabilities can track emotional patterns and help individuals better understand their well-being.
  • EDR technology integrated into IoT devices and wearable devices has the potential to enhance user experiences significantly. For instance, EDR can enable virtual environments to adapt to the user's emotional responses in virtual reality applications, creating more immersive and engaging experiences. Additionally, EDR can be used in human-computer interfaces to enable devices and systems to respond intelligently to the user's emotions, improving interaction and overall user satisfaction.

North America is Expected to Register the Largest Market

  • North America has been one of the leading regions in market size and growth for EDR technology. The presence of major technology companies, innovative startups, and research institutions has contributed to the development and adoption of EDR solutions in the region. The market has witnessed steady growth driven by the demand for advanced marketing tools, personalized customer experiences, and applications in healthcare and wellness.
  • North America has been at the forefront of technological advancements, including artificial intelligence (AI), machine learning (ML), and computer vision, which are critical for developing EDR technology. The region has a robust ecosystem of research and development centers, universities, and tech companies that contribute to the continuous innovation and improvement of EDR systems.
  • The IoT connections in the region are expected to reach 5.9 billion by 2025. Such growth is expected to enable marketers to attain authentic consumer insights and improve ad targeting. In line with such growth in the demand for IoT, smart wearables, retail sales, and ad spending, the region does not have major stringent data regulations, which further influences the growth.
  • The North America EDR market has been fueled by the increasing need for advanced marketing and advertising tools. By analyzing customer emotions and sentiments, EDR technology enables marketers to create personalized and engaging campaigns, optimize advertising effectiveness, and enhance customer experiences. North American companies across various industries, including retail, e-commerce, and entertainment, are adopting EDR solutions to gain a competitive edge in the market.
  • The North America EDR market benefits from the region's technological advancements, strong market demand for advanced marketing tools and personalized experiences, and the application of EDR technology in healthcare. However, companies need to navigate data privacy regulations and address ethical considerations to ensure the responsible and transparent use of EDR technology in the region.

Emotion Detection and Recognition (EDR) Industry Overview

The emotion detection and recognition market is semi-consolidated owing to the presence of multiple vendors in the market. Moreover, market entry for new entrants remains challenging due to higher investment and demand for skilled technicians. Players in the market are adopting strategies such as partnerships and acquisitions to enhance their product offerings and gain sustainable competitive advantage.

  • January 2023 - nViso SA (NVISO), one of the leading Human Behavioural Analytics AI businesses, announced that its Neuro SDK would be presented at the Socionext display at CES2023. NVISO has expanded the spectrum of Human Behavioural AI Apps that it supports on the BrainChip Akida event-based, fully digital neuromorphic processing platform by transferring new AI Apps from its portfolio. These features include Action Units, Body Pose, and Gesture Recognition, in addition to the previously announced Headpose, Facial Landmark, Gaze, and Emotion AI Apps with the release of the Evaluation Kit (EVK) version.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Technology Snapshot
  • 4.4 Market Drivers
    • 4.4.1 Adoption of IOT driven Wearable Devices
    • 4.4.2 Increasing Need for Advanced Marketing Tools
  • 4.5 Market Challenges
    • 4.5.1 Data Privacy Concerns and data Regulation Adoption across the World
  • 4.6 Assessment of Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Software and Services
    • 5.1.1 Software
      • 5.1.1.1 Facial Recognition
      • 5.1.1.2 Speech and Voice Recognition
      • 5.1.1.3 Bio-sensing
    • 5.1.2 Services
  • 5.2 By End-user Vertical
    • 5.2.1 Government
    • 5.2.2 Healthcare
    • 5.2.3 Retail
    • 5.2.4 Entertainment
    • 5.2.5 Transportation
    • 5.2.6 Other End-user Verticals
  • 5.3 By Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 France
      • 5.3.2.3 United Kingdom
      • 5.3.2.4 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia Pacific
      • 5.3.3.1 India
      • 5.3.3.2 China
      • 5.3.3.3 Japan
      • 5.3.3.4 Rest of Asia Pacific
    • 5.3.4 Latin America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of Latin America
    • 5.3.5 Middle East & Africa
      • 5.3.5.1 UAE
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.3.6 Rest of the world

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Affectiva Inc. (Smart Eye)
    • 6.1.2 Emotibot Technologies Limited
    • 6.1.3 iMotions
    • 6.1.4 Noldus
    • 6.1.5 Sightcorp.
    • 6.1.6 Realeyes OU
    • 6.1.7 NVISO SA
    • 6.1.8 Kairos AR Inc.
    • 6.1.9 Nemesysco Ltd
    • 6.1.10 audEERING GMBH

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS