デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1432900

フェムトセル:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)

Femtocells - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.88円
フェムトセル:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

フェムトセル市場規模は2024年に50億1,000万米ドルと推定され、2029年には124億1,000万米ドルに達すると予測され、予測期間中(2024-2029年)のCAGRは19.88%で成長します。

Femtocells-Market

フェムトセルは、モバイル機器に無線接続を提供するセルラー基地局です。フェムトセルは、モバイル信号の弱い地域で使用されます。このアクセスポイントは、音声とデータサービスへの実現可能なアクセスを容易にし、スケーラブルな展開、マクロセル技術との互換性、送信電力の削減、デバイスの携帯性、モバイルバッテリーの長寿命化につながるカバレッジの改善を可能にします。

主なハイライト

  • フェムトセル技術の進歩とフェムトセル・デバイスの低価格化により、フェムトセル市場は成長しています。住宅分野でのフェムトセル採用の増加と企業分野からの需要の増加が市場を拡大させています。
  • フェムトセル市場の主な促進要因は、消費電力の制限です。フェムトセルの送信電力はマクロセルネットワークよりも比較的小さいため、フェムトセルの消費電力は少ないです。フェムトセルの消費電力は7W未満で、各レンジで複数の接続をサポートします。
  • 付加価値サービスを利用するためのスマートフォン・アプリケーションの成長が、フェムトセル市場の成長を促進しています。携帯電話、ラップトップ、その他のデバイスのコスト削減が市場の需要を高めています。
  • COVID-19の流行は、フェムトセル技術が大容量のインターネット・トラフィック需要に対応するビジネスを支援するため、フェムトセル市場の拡大にプラスの影響を与えています。ほとんどのインターネットおよびデータ・サービス・プロバイダーは、COVID-19パンデミックに関連した過去1年間の世界のインターネット・トラフィックの増加や、製造業、eコマース、輸送・物流などさまざまな産業分野での産業オートメーションの導入に気づいており、モノのインターネット接続用のフェムトセルの需要が増加すると予想されます。

フェムトセル市場動向

商業セグメントが大幅な成長を遂げる見込み

  • モバイル・トラフィックの増加と、マルチテナント・ビル、ホテル、オフィス・タワーにおけるネットワーク増強の必要性が、商業セグメントにおけるフェムトセルの成長の原動力となっています。フェムトセルは安価で柔軟性が高いなどの利点があり、市場の成長をさらに後押ししています。
  • IoTの登場は、ビジネスモデル、バリューチェーン、業界構成を再構築することで産業を変革しています。今年6月のEricsson Mobility Reportによると、ブロードバンドIoT(4G/5G)は昨年、全セルラーIoTデバイスの最大シェアを接続した技術だった。
  • インダストリー4.0導入の増加やBYODを推進する企業など、さまざまな要因が市場の成長を後押ししています。市場促進要因には、革新的な都市構想が含まれ、ベンダーはスマートシティなどのアプリケーションに特化した製品の開発を促しています。
  • 例えば、NXP Semiconductorは最近、高帯域幅、低消費電力のベースバンド・アプリケーションをターゲットにしたフェムトセル・ソリューションを発表しました。このソリューションはLTEとWCDMA(HSPA+)に最適化されており、革新的な都市開発に最適なコストと電力を提供します。
  • フェムトセル技術により、通信事業者は固定モバイルの代替などのメリットを享受し、ARPUの増加を促進することができます。フェムトセル技術は、屋内環境や郊外のような遠隔地でのレベルを向上させる。

著しい成長が期待される欧州

  • 欧州では、英国がテクノロジーとサービスのフロントランナーであり、GDP成長率は1.6%を記録しました。消費者支出の低迷とBrexit交渉の結果による政治的・経済的不確実性により、景気は小幅にとどまると予想されます。
  • 英国セグメントは、ベライゾンのような市場リーダーの存在により、強固な技術とインフラによって支えられています。また、モバイルとブロードバンドの両分野における激しい競合が特徴です。これが、同国の携帯電話普及率が欧州平均を上回り、比較的低い消費者価格に支えられている理由の1つです。
  • スマートフォンの普及が進み(約80%)、これらのモバイル機器の機能が進歩し、地域全体に4G技術が浸透したことで、データ利用が堅調に推移しています。今後数年間で、英国の家庭の50%近くがスマートホームになると予想されています。この動向は、フェムトセルの採用に大きな可能性が存在することを示しています。
  • 英国セグメントの成長は、住宅および商業部門における無線ネットワークに対する堅調な需要、モバイル機器における堅調なデータ利用、スマートホームの採用増加によって牽引されると予想されます。

フェムトセル産業の概要

フェムトセル市場は断片化されています。市場のプレーヤーは多くの技術革新をもたらし、さまざまな合併や買収が行われています。この市場で事業を展開するプレーヤーは、コスト効率が高く、一貫性があり、拡張性のある機器を提供することで、競争優位性を獲得することができます。

  • 2023年6月- 産業開発局(IDB)および台湾情報産業院(III)と提携する業界をリードする一連の企業は、COMNEXT Tokyo 2023で革新的な産業および企業向け5G接続ソリューションを展示しました。展示会では、LITE-ON Technology Corp.をはじめ、台湾と日本の次世代通信業界の動向について議論が行われました。LITEON RANソリューションは、包括的な5G/O-RAN SA準拠の製品ポートフォリオを提供します。LITEON FlexFi AIO &Femtocellは、n78/n79のサブ6Gバンドをサポートし、柔軟で高性能、かつコスト効率の高いアーキテクチャを採用しています。
  • 2022年11月- シスコはスペインに次世代半導体デバイス設計センターを開設する計画を明らかにしました。シスコは、信頼性が高く、スケーラブルで持続可能な世界半導体サプライチェーンを実現する世界戦略の一環として、次世代半導体デバイスの作成と試作を行うエンジニアリング・デザイン・センターの設立を計画しています。これは、マイクロエレクトロニクスと半導体の回復と経済変革のためのスペイン戦略プロジェクトの枠組みの中で行われます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 調査の前提
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因と市場抑制要因のイントロダクション
  • 市場促進要因
    • 4Gと5Gの継続におけるフェムトセルの役割の増大
    • ヘテロジニアスネットワークへの需要
  • 市場抑制要因
    • 各業界における専門技術者の不足
  • 業界バリューチェーン分析
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 技術スナップショット

第6章 市場セグメンテーション

  • 用途別
    • 商業
    • 住宅
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Nokia Corporation
    • Samsung Electronics
    • Cisco
    • Qualcomm
    • Airvana Inc.
    • CommScope Inc.
    • Fujitsu Ltd.
    • ZTE Corporation
    • Netgear Inc.

第8章 投資分析

第9章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 55378

The Femtocells Market size is estimated at USD 5.01 billion in 2024, and is expected to reach USD 12.41 billion by 2029, growing at a CAGR of 19.88% during the forecast period (2024-2029).

Femtocells - Market

Femtocells are cellular base stations providing wireless connectivity for mobile devices. Femtocells are used in areas with weak mobile signal. The access points facilitate feasible access to voice and data services, enabling a scalable deployment, compatibility with the macrocellular technology, reduced transmission power, device portability, and improved coverage that results in prolonged mobile battery life.

Key Highlights

  • Femtocells market is growing due to advancements in femtocell technology and the low cost of femtocell devices. Increased adoption of femtocells in the residential segment and increasing demand from the enterprise segment augment the market.
  • The primary driving factor for the femtocells market is limited power consumption. Femtocells consume less power as the transmission power of femtocells is comparatively less than macrocell networks. A femtocell consumes less than 7 W and support several connections in each range.
  • Growth in the applications of smartphones for availing value-added services is propelling the growth of the femtocell market. Reductions in the cost of mobile phones, laptops, and other devices have increased the demand for the market.
  • The COVID-19 pandemic has had a positive impact on the femtocell market's expansion as femtocell technologies assist businesses in meeting the high-capacity internet traffic demand. Most internet and data service providers noticed increased worldwide internet traffic over the past year related to the COVID-19 pandemic and the adoption of industrial automation across various industry verticals, including manufacturing, e-commerce, and transit and logistics, which is expected to increase demand for femtocells for Internet of Things connectivity.

Femtocells Market Trends

Commercial Segment Expected to Witness Significant Growth

  • The increased mobile traffic and the need for more networks in multitenant buildings, hotels, or office towers are drivers of the growth of femtocell in the commercial segment. Benefits such as it can be cheaper and more flexible are further bolstering the market growth.
  • The advent of IoT is transforming industries by reshaping business models, value chains, and industry configurations. Femtocells offers indoor coverage and satisfies the needs of smart devices, ensuring affordable connectivity throughout enterprises. according to Ericsson Mobility Report in June this year, broadband IoT (4G/5G) was the technology that connected the largest share of all cellular IoT devices last year.
  • Rising Industry 4.0 adoption as well as business organizations promoting BYOD, various factors have been augmenting the market's growth. Significant market drivers include innovative city initiatives, encouraging vendors to develop products specific to applications such as smart cities.
  • For instance, NXP Semiconductor recently introduced a femtocell solution that targets high-bandwidth, low-power baseband applications. The solution is optimized for LTE and WCDMA (HSPA+), offering optimized cost and power for innovative city development.
  • Femtocell technology enables carriers to enjoy benefits, such as fixed mobile substitution, driving incremental ARPU. Femtocell technology raises the bar in indoor environments and remote areas, such as the suburbs.

Europe Expected to Witness Significant Growth

  • In Europe, the United Kingdom is a front-runner in technology and services and recorded GDP growth of 1.6%. The economy is expected to be modest, owing to the subdued consumer expenditure and the political and economic uncertainty of the outcomes of Brexit negotiations.
  • The UK segment is buoyed by the presence of robust technologies and infrastructure, owing to the presence of market leaders like Verizon. It is characterized by intense competition in the mobile and broadband sectors. This is one of the reasons why mobile penetration in the country is higher than the European average, supported by relatively low consumer prices.
  • With the increasing smartphone penetration (which is around 80%), advancements in the capabilities of these mobile devices and the penetration of the 4G technology across the region have led to robust data usage. In the next few yaers, nearly 50% of UK households are expected to be smart homes. This trend indicates that there exists a significant potential for the adoption of femtocells.
  • The growth of the UK segment is anticipated to be driven by the robust demand for wireless networks in the residential and commercial sectors, robust data usage on mobile devices, and the increasing adoption of smart homes.

Femtocells Industry Overview

The femtocells market is fragmented. The players in the market are bringing many innovations, and there are various mergers and acquisitions. The market players operating in this market can achieve a competitive advantage by providing cost-efficient, consistent, and scalable equipment.

  • June 2023 - A series of industry-leading companies in partnership with the Industry Development Bureau (IDB) and the Institute for Information Industry (III), Taiwan, showcased their innovative industrial and enterprise 5G connectivity solutions at COMNEXT Tokyo 2023. The exhibition included LITE-ON Technology Corp., among others and a discussing regarding the next generation communication industry trends in Taiwan and Japan. LITEON RAN solution provides a comprehensive 5G/O-RAN SA compliant product portfolio. LITEON FlexFi AIO & Femtocell support sub-6G bands across n78/n79, using a flexible, high performance, and cost-effective architecture.
  • November 2022 - Cisco revealed plans to open a next-generation semiconductor device design center in Spain. Cisco plans to establish an engineering design center to create and prototype next-generation semiconductor devices as part of its global strategy to enable a dependable, scalable, and sustainable global semiconductor supply chain. This will be done within the framework of the Spanish strategic project for the Recovery and Economic Transformation of Microelectronics and Semiconductors.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Introduction to Market Drivers and Restraints
  • 4.3 Market Drivers
    • 4.3.1 Increasing Role of Femtocells in the Continuity of 4G and 5G
    • 4.3.2 Demand for Heterogeneous Networks
  • 4.4 Market Restraints
    • 4.4.1 Lack of Skilled Professional Across Industries
  • 4.5 Industry Value Chain Analysis
  • 4.6 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.6.1 Threat of New Entrants
    • 4.6.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.6.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.6.4 Threat of Substitute Products
    • 4.6.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 TECHNOLOGY SNAPSHOT

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Application
    • 6.1.1 Commercial
    • 6.1.2 Residential
  • 6.2 Geography
    • 6.2.1 North America
    • 6.2.2 Europe
    • 6.2.3 Asia-Pacific
    • 6.2.4 Latin America
    • 6.2.5 Middle East & Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Nokia Corporation
    • 7.1.2 Samsung Electronics
    • 7.1.3 Cisco
    • 7.1.4 Qualcomm
    • 7.1.5 Airvana Inc.
    • 7.1.6 CommScope Inc.
    • 7.1.7 Fujitsu Ltd.
    • 7.1.8 ZTE Corporation
    • 7.1.9 Netgear Inc.

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS