デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1432425

スマートパッケージング:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024年~2029年)

Smart Packaging - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 144 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.58円
スマートパッケージング:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 144 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

スマートパッケージングの市場規模は2024年に226億7,000万米ドルと推定され、2029年までに319億8,000万米ドルに達し、予測期間(2024年~2029年)中に7.12%のCAGRで成長します。

スマートパッケージング-市場

スマートパッケージングとは、食品や医薬品などのさまざまな品目に使用される、センサーを備えた特定のタイプのパッケージングシステムを指します。スマートパッケージングで使用されるテクノロジーは、製品の品質、賞味期限、鮮度の監視、顧客と製品の安全性の向上に役立ちます。インテリジェントテクノロジーを使用して製品が包装されると、これらのシステムは製品の品質と鮮度に関する詳細を提供します。

主なハイライト

  • スマートパッケージング市場の成長は、急速な都市化と最先端の統合イノベーションによる個別化された個人アイテムの使用の増加によってもたらされた消費者のライフスタイルの変化によって推進されています。さらに、世界のパッケージング市場のビジネスは、成長のために市場の競合他社に大きな扉を提供する未開発の地理的領域に依存しています。特にパンデミック以降、健康衛生に対する懸念が高まっているため、世界中で持続可能な方法で包装されたオーガニック食品への需要が高まっています。
  • Global Organic Trade Guideによると、米国におけるオーガニック加工食品の消費額は2016年に149億6,000万米ドル相当と推定され、2022年には210億米ドルを超えると予想されています。さらに、インドのような新興諸国でも、中国、タイ、インドネシアでは、オーガニック加工食品の市場規模はここ数年プラスとなっています。これにより、これらの国で将来にわたってスマートパッケージングの需要が高まった可能性があります。
  • 世界中のいくつかのスマートパッケージングメーカーは、スマートパッケージングの取り組みと組み合わせて環境の持続可能性をサポートする一貫した取り組みにより、製品を常に革新しています。 2022年12月、3Dスキャンおよび検査ソリューションのメーカーであるLMI Technologies(LMI)は、製品パッケージにおける使い捨てのプラスチックベースの発泡体およびその他のプラスチック素材の使用を中止し、すべての製品の梱包と出荷を開始したと発表しました。 100%リサイクル可能で生分解性の素材を使用しています。新しいエコスマートパッケージへの移行が進行中であり、同社は2023年の初めまでに製品の大部分が切り替わると予想していました。新しいエコスマートパッケージは、箱の外側にQRコードが印刷されているのが特徴です。現在利用可能なすべての製品クイックスタートガイド(QSG)が含まれるWebページに接続します。お客様は、スマートフォンで箱のQRコードをスキャンし、関連するホームページでQSGを閲覧することで、新しいLMI製品に対応するPDFバージョンをすぐにダウンロードできます。
  • しかし、分割払いの資本コストの高さ、セキュリティの問題、現在のパッケージング規格と互換性のあるセンサーやインジケーターを製造するための新しい技術、消費者の意識などが、市場の成長に対する主要な制約と課題となっています。
  • パンデミック発生後、欧州包装環境機関は欧州委員会に対し、生鮮品、特に食料品と同様に、途切れることのない商品の流れを維持するために、包装が重要とみなされる製品群の不可欠な構成要素であると認識するよう求めました。これに関連して、欧州諸国にソリューションを提供するStePacは、食品の熟成および老化プロセスを効果的に軽減する、先進的なガス置換包装を開発しました。
  • 将来市場を牽引すると予想されるもう1つの要因は、eコマースまたはオンライン購入です。これまで、食料品のオンライン購入は国際都市や大都市に限定されていましたが、近いうちに小さな都市や町でも好まれる購入方法になるかもしれません。これにより、パッケージング分野の成長がさらに促進され、アクティブでインテリジェントなパッケージングの開発が促進されることが期待されています。

スマートパッケージング市場の動向

アクティブパッケージングが市場で大きなシェアを獲得

  • アクティブパッケージは、製品を収容して保護するだけではありません。パッケージの内容物と相互作用して鮮度を高めたり、賞味期限を延ばしたりします。パッケージには、湿度、酸素レベル、臭い、風味などの条件を調整するために追加または削除された成分が含まれています。アクティブパッケージは主に食品・飲料に使用されます。
  • アクティブパッケージングは、パッケージ内にアクティブな要素を配置することで機能します。小さなパケット、封筒、またはラベルが製品と一緒にパッケージの中に入れられます。これにより、たとえば、抗菌剤を放出して腐敗プロセスを遅らせたり、酸素を除去して食品の腐敗を防ぐことができます。活性包装が機能するもう1つの方法は、押出、ラミネート、または印刷によって包装材料に活性要素を組み込むことです。このメカニズムは、パッケージに紛らわしいものや奇妙なものがないため、消費者にとってより魅力的です。
  • アクティブパッケージングテクノロジーは、パッケージ化された製品に機能を追加し、その作用モードを製品の保護機能とニーズに適合させ、単なる封じ込め、保護、伝達を超えて破壊的なプロセスを制限することにより、従来のパッケージングの概念に基づいて構築されています。したがって、アクティブパッケージングは、現在の製造システムを維持しながら、サプライチェーンでの需要増加時に食品の無駄と損失を削減するための新しいアプローチを提供します。
  • さらに、セキュリティおよび追跡ソリューションに対する需要の増加により、アクティブでインテリジェントなパッケージング市場の成長が促進されます。たとえば、RFIDタグは食品サプライチェーンを識別、制御、管理する機能を提供します。これらは、従来のバーコードタグよりも高度で信頼性が高く、食品のトレーサビリティにおいて効率的です。製品の温度、相対湿度、圧力、pH、および光への曝露を監視するためのRFIDタグはすでに市場で入手可能であり、食品の品質と安全性の向上に役立ちます。 2022年 4月、世界の大手食品チェーンのチポトレメキシカングリルは、シカゴ流通センターとシカゴ大都市圏の約200軒のレストランの在庫と追跡可能性システムを改善するために、RFIDテクノロジーの検討を開始しました。
  • 米国に本拠を置く製造会社ZebraTechnologiesの調査によると、2024年までに、市場をリードするパッケージングメーカーとエンドユーザーは、より包括的な自動車ソリューションの導入に引き寄せられる可能性があります。レポートによると、RFID、センサー、拡張現実などのテクノロジーへの投資は、2019年のそれぞれ29%、29%、22%から、2024年には35%、35%、29%に増加すると予想されています。 欧州では、より多くのアウトバウンド活動でRFIDと位置情報テクノロジーが利用されると予想されており、5人に1人以上が梱包(25%)、在庫管理(20%)、ピッキング(19%)にRFIDを利用すると予想しています。 2024年。

北米はかなりの市場シェアを保持すると予想される

  • 有利な規制条件、持続可能性への注目の高まり、さまざまなエンドユーザーセグメント、特に食品およびヘルスケア業界にわたるアクティブでインテリジェントなパッケージングに対する需要の高まりにより、米国のスマートパッケージング市場はここ数年で大幅な成長を遂げています。
  • 米国食糧農業機関によると、米国では推定1,330億ポンド、金額にして1,610億米ドルの食料が毎年無駄にされています。食品廃棄物を削減するための取り組みは、食品からフードバンクへの転用の増加、教育と支援、食品ラベルの日付表示の標準化への取り組みなど、多面的です。さらに、スマートパッケージングを使用した食品廃棄物の削減は、米国で大きな注目を集めています。
  • さらに、食品業界におけるインテリジェントパッケージングの成長は政府の取り組みによるところが大きく、食品廃棄物の削減や食品の安全性の確保に役立つだけでなく、食品の位置と状態を追跡することもできます。たとえば、米国国防総省(DOD)と食品医薬品協会(FDA)は、サプライチェーン管理とスマートパッケージングを必要とする製品の追跡および追跡にRFIDテクノロジーを使用することを奨励しています。
  • カナダは、予測期間中に大幅な成長を記録すると予想されます。汚染からの安全性を確保し、賞味期限を長くするために効果的に包装された、より健康的で加工の少ない食品への移行は、全国のスマート包装ソリューションに対する顧客の好みを示しています。
  • カナダプリンタブルエレクトロニクス産業協会は、新しいインテリジェントパッケージング製品および用途の採用を加速するために、パッケージングコンソーシアムであるPACと提携してIntelliPACK Leadership Councilを設立しました。共同IntelliPACKプログラムは、印刷可能、フレキシブル、または有機エレクトロニクス(PE)を使用して実現されるインテリジェントパッケージングの開発と導入を促進するために2017年に開始されました。
  • さらに、intelliPACKビジネスネットワークは、カナダでプリンタブルおよびオーガニックエレクトロニクス(PE)を使用したインテリジェントパッケージングを可能にする機能の開発を支援できる組織と協力しています。たとえば、これらの組織は最近、カナダ全土でのアクティブでインテリジェントなパッケージングの普及を促進するために、PAC、パッケージングコンソーシアム(PAC)、およびIntelliFLEXと戦略的協力協定を締結しました。さらに、カナダ政府は、経済と将来の世代に利益をもたらす、農業問題に対する環境に配慮したアプローチを特定する業界の取り組みを支援しています。

スマートパッケージング業界の概要

調査されたスマートパッケージング市場における競争企業間の競合関係の激しさは適度に高く、予測期間中も同程度であると予想されます。市場の主要な企業には、Sealed Air Corporation、Amcor PLC、Ball Corporation、BASF SE、Huhtamaki OYJなどがあります。市場企業は、自社の製品提供を強化し、持続可能な競争上の優位性を獲得するために、パートナーシップ、イノベーション、買収などの戦略を採用しています。

2023年 5月、責任あるパッケージングソリューションの設計と製造における世界的企業であるAmcor PLCは、ModaSystemsを買収するための最終契約を締結したと発表しました。 ModaSystemsは、最先端の自動タンパク質包装機のメーカーです。 ModaSystemsは、食肉、鶏肉、乳製品業界向けの革新的で高性能なモジュール式真空包装ソリューションを開発、組み立て、サポートしています。

2023年 3月、Avery Dennison Corporationは、ブランドのサプライチェーンの変革を支援するための、Atma-ioに接続された製品クラウドの最新アップデートを発表しました。このプラットフォームは、アパレル、小売、食品、ヘルスケアにわたるブランドの280億点を超えるアイテムを管理しています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • 業界バリューチェーン分析
  • COVID-19後のスマート包装市場への影響評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 品質検査のための食品パッケージング技術の先進化
    • 食品の安全性に関する意識の高まり
    • スマート包装の様々な応用による印刷産業の発展
  • 市場抑制要因
    • 初期要件によるコスト高

第6章 市場セグメンテーション

  • 技術別
    • アクティブパッケージング
    • インテリジェントパッケージング
  • 業界別
    • 食品
    • 飲料
    • ヘルスケア
    • パーソナルケア
    • その他
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • その他アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Sealed Air Corporation
    • Amcor PLC
    • Ball corporation
    • BASF SE
    • Huhtamaki OYJ
    • Stora Enso
    • Avery Dennison Corporation
    • Zebra Technologies Corporation
    • 3M Company
    • International Paper Company

第8章 投資分析

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 48513

The Smart Packaging Market size is estimated at USD 22.67 billion in 2024, and is expected to reach USD 31.98 billion by 2029, growing at a CAGR of 7.12% during the forecast period (2024-2029).

Smart Packaging - Market

Smart packaging refers to a specific type of sensor-equipped packaging system used for various items, including food and medication. The technology used in smart packaging helps to increase product quality, shelf life, freshness monitoring, and customer and product safety. When products are packaged using intelligent technology, these systems provide details about the product's quality and freshness.

Key Highlights

  • The smart packaging market's growth is driven by consumer lifestyle changes brought on by rapid urbanization and increased use of individualized personal items with cutting-edge integrated innovation. In addition, the global packaging market business depends on the untapped geographic areas that offer enormous open doors for market competitors for its growth. Owing to increasing concern about health hygiene, especially after the pandemic, there has been an increased demand for sustainably packaged organic food worldwide.
  • According to the Global Organic Trade Guide, the consumption of organic packaged foods in the United States was estimated to be worth USD 14.96 billion in 2016, and it is expected to have surpassed USD 21 billion in 2022. Moreover, even in developing countries like India, China, Thailand, and Indonesia, the market size for organic packaged food has been positive in the past few years. This may have consequently pushed the demand for smart packaging in these countries for the future.
  • Several smart packaging manufacturers across the globe are constantly innovating products with their consistent effort to support environmental sustainability coupled with smart packaging initiatives. In December 2022, LMI Technologies (LMI), the manufacturer of 3D scanning and inspection solutions, announced that it had stopped using single-use, plastic-based foams and any other plastic materials in product packaging and had begun packaging and shipping all its products with 100% recyclable and biodegradable materials. The transition to the new eco-smart packaging was underway, and the company anticipated to have switched over the great majority of its products by the beginning of 2023. The new eco-smart packaging features a printed QR code on the outside of the box that connects to a webpage with all the product quick start guides (QSG) that are currently available. Customers can quickly download the PDF version corresponding to their new LMI product by scanning the QR code on the box with their smartphone and then perusing the QSGs on the associated homepage.
  • However, the high cost of capital for instalments, security issues, new techniques for fabricating such sensors and indicators compatible with current packaging standards, and awareness among consumers are key restraints and challenges to the market's growth.
  • After the pandemic outbreak, the European Organization for Packaging and the Environment called on the European Commission to recognize packaging as an essential component of the product groups identified as critical, like perishable goods, especially food items, to maintain the uninterrupted flow of goods. In this context, StePac, which supplies its solutions in European countries, developed an advanced modified atmosphere packaging, effectively reducing the food products' ripening and ageing processes.
  • Another factor expected to drive the market in the future is e-commerce or online purchasing. Until now, online buying of groceries was limited only to cosmopolitan or metro cities, but soon, it may be a preferred mode of buying in small cities and towns. This is further anticipated to create growth in the packaging sector and boost the development of active and intelligent packaging.

Smart Packaging Market Trends

Active Packaging to Hold Major Share in the Market

  • Active packaging does more than contain and protect the product. It interacts with the contents of the package to enhance freshness or extend shelf life. The packaging includes added or removed ingredients to adjust conditions such as humidity, oxygen levels, odors, and flavors. Active packaging is mainly used for food and beverages.
  • Active packaging works by placing the active element inside the package. A small packet, envelope, or label is placed inside the package with the product. This can, for instance, release antibacterial agents to slow the spoilage process or remove oxygen to keep food from spoiling. Another way active packaging works is by incorporating active elements into the packaging material by extrusion, lamination, or printing. This mechanism is more appealing to consumers as there are no confusing or odd items on the packaging.
  • Active packaging technology builds on the traditional concept of packaging by adding functionality to the packaged product, adapting its mode of action to the protective function and needs of the product, and going beyond mere containment, protection, and transmission to limit destructive processes. Active packaging, therefore, offers a new approach to reducing food waste and loss during increased demand in the supply chain while maintaining current manufacturing systems.
  • Furthermore, increasing demand for security and tracking solutions drives growth for the active and intelligent packaging market. For instance, RFID tags provide the ability to identify, control, and manage the food supply chain. These are more advanced, reliable, and efficient for food traceability than conventional barcode tags. RFID tags for monitoring the products' temperature, relative humidity, pressure, pH, and light exposure are already available on the market, aiding in enhancing food quality and safety. In April 2022, major worldwide food chain Chipotle Mexican Grill started exploring RFID technology to improve its inventory and traceability systems at its Chicago distribution center and roughly 200 restaurants in the greater Chicago area.
  • According to the research of ZebraTechnologies, a US-based manufacturing company, by 2024, the market-leading packaging manufacturers and end users are likely to gravitate toward incorporating more comprehensive automotive solutions. According to the report, the investment in technologies, including RFID, sensors, and augmented reality, is expected to be up from 29%, 29%, and 22%, respectively, in 2019 to 35%, 35%, and 29% in 2024. In Europe, it is expected that more outbound activities may employ RFID and location technology, with more than one in five expecting to utilize it for packaging (25%), inventory management (20%), and picking (19%) by 2024.

North America is Expected to Hold Significant Market Share

  • Due to favorable regulatory conditions, a growing focus on sustainability, and rising demand for active and intelligent packaging across various end-user segments, particularly the food and healthcare industries, the smart packaging market in the United States has experienced significant growth over the past few years.
  • According to the Food and Agriculture Organization of the United States, in the US, an estimated 133 billion pounds of food, at a value of USD 161 billion, is wasted yearly. Efforts to reduce food waste are multifaceted, including increased diversion of food-to-food banks, education and outreach, and efforts to standardize date markings on food labels. Further, reducing food waste using smart packaging is gaining significant traction in the United States.
  • Moreover, the growth of intelligent packaging in the food industry is significantly attributed to government efforts, as beyond reducing food waste or helping to ensure food safety, intelligent packaging also can track the location and condition of food. For instance, the US Department of Defense (DOD) and the Food and Drugs Association (FDA) have encouraged using RFID technology for supply chain management and tracking and tracing products requiring smart packaging.
  • Canada is expected to register significant growth over the forecast period. The shift towards healthier, less processed food that has been effectively packaged to ensure safety from contamination and lengthen the shelf life indicates customer preferences towards smart packaging solutions nationwide.
  • The Canadian Printable Electronics Industry Association has formed the IntelliPACK Leadership Council, in partnership with PAC, Packaging Consortium, to speed up the adoption of new intelligent packaging products and applications. The joint IntelliPACK program was launched in 2017 to drive the development and adoption of intelligent packaging enabled with printable, flexible, or organic electronics (PE).
  • Further, the intelliPACK Business Network is working with organizations that can help develop the capability to enable intelligent packaging using Printable and Organic Electronics (PE) in Canada. For instance, the organizations recently made a strategic collaboration agreement with the PAC, Packaging Consortium (PAC), and intelliFLEX to facilitate the widespread adoption of active and intelligent packaging across Canada. Furthermore, the Canadian government assists industry efforts to identify environmentally sound approaches to agricultural problems that will benefit the economy and future generations.

Smart Packaging Industry Overview

The intensity of competitive rivalry in the Smart Packaging Market studied is moderately high and is expected to remain the same during the forecast period. Some of the major players in the market are Sealed Air Corporation, Amcor PLC, Ball Corporation, BASF SE, and Huhtamaki OYJ. Players in the market are adopting strategies such as partnerships, innovations, and acquisitions to enhance their product offerings and gain sustainable competitive advantage.

In May 2023, Amcor PLC, a global player in the design and manufacture of responsible packaging solutions, announced that it signed a definitive agreement to acquire ModaSystems. ModaSystems is a manufacturer of state-of-the-art automated protein packaging machines. ModaSystems develops, assembles, and supports innovative, high-performance, modular vacuum packaging solutions for the meat, poultry, and dairy industries.

In March 2023, Avery Dennison Corporation announced its latest Atma-io-connected product cloud updates to help brands transform their supply chains. The platform manages over 28 billion items for brands across apparel, retail, food, and healthcare.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Threat of New Entrants
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Assessment of the Post-COVID-19 Impact on the Smart Packaging Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Advancement in Technology in Food Packaging for Quality Inspection
    • 5.1.2 Rising Awareness Regarding Food Safety
    • 5.1.3 Development in the Printing Industry Due to Various Applications of Smart Packaging
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 High Costs Due to Initial Requirement

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Technology
    • 6.1.1 Active Packaging
    • 6.1.2 Intelligent Packaging
  • 6.2 By End-user Vertical
    • 6.2.1 Food
    • 6.2.2 Beverage
    • 6.2.3 Healthcare
    • 6.2.4 Personal Care
    • 6.2.5 Other End-user Verticals
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 North America
      • 6.3.1.1 United States
      • 6.3.1.2 Canada
    • 6.3.2 Europe
      • 6.3.2.1 Germany
      • 6.3.2.2 United Kingdom
      • 6.3.2.3 France
      • 6.3.2.4 Rest of Europe
    • 6.3.3 Asia-Pacific
      • 6.3.3.1 China
      • 6.3.3.2 Japan
      • 6.3.3.3 India
      • 6.3.3.4 Rest of Asia-Pacific
    • 6.3.4 Latin America
    • 6.3.5 Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Sealed Air Corporation
    • 7.1.2 Amcor PLC
    • 7.1.3 Ball corporation
    • 7.1.4 BASF SE
    • 7.1.5 Huhtamaki OYJ
    • 7.1.6 Stora Enso
    • 7.1.7 Avery Dennison Corporation
    • 7.1.8 Zebra Technologies Corporation
    • 7.1.9 3M Company
    • 7.1.10 International Paper Company

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET